<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アタックNo.1 第7話

猪野熊監督の意外な真実?!の巻
(ほんとのタイトルは違います)
八木沢さんは先週とは違い
「元気やったか」と気軽に声をかけてくれますが
目つきはきつく「絶対負けへんから」とリベンジを宣言。
本郷コーチはまた猪野熊に絡んでますが、キライならいちいち
会いに行かなくてもいいんじゃ。。。
「おれは柴田のような犠牲者をださずに勝ってみせる」というコーチに
「能書きは勝ってから言え」と猪野熊。

みどりは三条からこずえの様子をききますが
こずえがキャプテンになってきいてびっくり。
「もうあの人たちとは関係ないから」と冷たい言い方。
(本心からの言葉ではないとはいえ、今週のカチンときた発言その1・笑)
週末富士見に戻るといっていたので、
次のシーンでバスがうつったときにみどりかと思ったら、
シルエットが違〜う。
子どもから「みどり?」と声がでたけどこの足はみどりじゃない、、
バスからおりたのはなぜか猪野熊監督。
何しに富士見まで??

寺堂院戦・三位一体攻撃にそなえて、
大沼さんがつくってきた寺堂院のデータは素晴らしい詳細さ!!
それをみた本郷コーチは、真理をレシーバーとして
レギュラーに抜擢します。
本郷の特訓がはじまって、真理はヘトヘト。
努のラーメン屋によって、こずえとともに気合をいれていますが
その帰りに、こずえは猪野熊監督を目撃!
猪野熊といっしょにいたのは、あのクソオヤジ。(失礼)
例の大沼キャプテンをやめさせろとごねたオヤジです。
その2人が密談していたときいた本郷は、この事件をしかけたのは
猪野熊では、と怒ります。
しかしもしそうだとしたらえらい手がこんでますね^^;
からむところから頼んだんじゃなくて大沼さんの件だけかな?

特訓が続き、真理はだんだん体力も続かず疲れ気味。
本郷の命令で、レギュラーは体育館で合宿をすることになりました。
(どっから布団もってくるんだろう、、、?)
合宿の荷造りをするときは、真理はまだ枕(クッション?)を
入れるくらいの余裕がありますが、ハードな練習と
レシーブも思うように拾えないので自信をなくしてしまいます。
大沼さんも試合にはでられないのに合宿につきあって夜食の差し入れ。
試合にはでられなくても最高のメンバーに恵まれた、と
今週も素晴らしい発言をしてくれます。
でもほんとはプレイヤーなんですから、試合でたいだろうし
だしてあげたいなあ。。
猪野熊の仕組んだことだとしたらこずえの才能をのばすために(?)
大沼さんのバレー人生はどうなってもいいのか??
体育館へ、餃子の差し入れをもってきてくれる努。
こずえとの仲を先輩にからかわれてますが。。。
努を見送りにいったとき、いきなり真面目モードで
こずえとみつめあい、
「おれ・・」と何?いきなり告白タイム?!
と思ったら、かなりじらしたあとに「おれ・・がんばる」と
あわててバイクにのり行ってしまいました。
こずえもちょっと拍子抜けってかんじがしてましたね。
恋愛要素なくっても楽しめますけど、ドラマ^^;

ここで、真理がいなくなったことが発覚。
さっきからいなかったんですけど。。
自信をなくした真理は公園のブランコでひとり悩んでいます。
地面にバレーボールを描いてそれを×印で消して・・・
そして努のところへやってきたみどりとばったりあって
ふたりでみどりの家にいきました。
負けたら自分のせいだと責任を感じている真理が弱音をはくと
「真理って意外と弱いとこあったんだ」と
あんたが言うか?というカチン発言その2。
でも、みどりも充分苦しんでいるようです。
「真理のせいじゃなく自分のせいだ」というみどり。
「逃げるのも勇気がいるよね。
 今逃げたら絶対後悔するよ」と真理に言います。
みどり、後悔してるなら今からでも謝ってしまえばいいのに。。
さっきお母さんがちゃんと話をしようといわれたときにも
避けてたし。。。
(みどりの母もようやく母らしくなってきました。)

一方、真理をさがして夜通し走り回るこずえ。
先輩たちも一晩中寝ずに待ってくれていました。
朝になって帰ってきた真理を誰も責めず、こずえも笑顔で迎えます。
しかし徹夜がこたえてレギュラー陣は疲労が隠せず。
それをコーチに指摘されても、何もいわないこずえをみて
真理はますます気にしてしまいます。
そして真理は、自分には責任が重過ぎるし、
みどりを説得して、みどりに戻ってきてもらったほうが
いいのではといいますが
それをきいたこずえはいきなり真理の腕をつかんで
体育館にひっぱっていきます。
そして真理の荷物をつきつけ「帰んな!」と突き放します。
「試合にもでなくてもいいから。
 もうバレー部に顔ださないでいいから!!」と
怒って真理を帰そうとするこずえ、猪野熊監督に似てきました!?
「いつまで甘えてんの!」と思いを真理にぶつけるこずえ。
試合にでられるということは出られない人がいるということ、
出られなくてもみんなチームのために協力してがんばっていること、
悔しい思いをしていてもみんな真理のことを応援してくれたこと、
「怖いのはみんないっしょなんだよ。
 だからみんながんばって練習している、
 それに耐えられないのなら、やめたほうがいい」と
みんながどんなに真理を心配していたか、
先輩たちが寝ないで待っていてくれたことを話します。
「みんな真理のことを信じていたんだよ!」という
こずえの目には涙が。。。
こずえの言葉をきいて、真理の目にも涙があふれ
「すいませんでした。。
もう一度、やらせてください」と頭をさげました。
ほんとにキャプテンらしくなったというか
成長したなあと感心するシーンでした。
今週の感動シーンですね。

そしてひとつ壁をのりこえたのか、真理の動きもよくなり
レシーブもかなり拾えるようになってきました。
そしてインターハイへ。
こずえ母の着ぐるみはパンダです!

試合前に猪野熊監督にあったこずえは
猪野熊監督から「鮎原、ちょっといいか」と声をかけますが
実は昔、本郷コーチの親友柴田も同じように声をかけられて
そのあと事故にあったという経緯があったようで、
コーチが、「今は試合前だから」とひきとめます。
猪野熊は「精神面がもろいと動揺するからな」みたいなことをいい
それをきいたこずえは勝気なところをみせ
「わたし大丈夫です」と話をきこうとしますが、
猪野熊は「まあやめておこう」とその場を去ります。
このあとで衝撃の事実発覚。
猪野熊監督の回想で、柴田をよびとめてお酒を酌み交わす2人。
「代表をはずされてどうだ?
 おまえは日本をしょってたつ男だ。
 結果をだせ」と
あえて苦難の道を歩ませ、
実は期待をかけていたからだということを
伝えていたのでした。
そしてそれをきいて喜び、
猪野熊監督にお礼をいって別れる柴田は、
すでにかなり酔っていて千鳥足、
それで事故にあったのでした。
このシーン、以前の本郷コーチの想像とかなり違う!!
コーチの想像では絶望した柴田が心ここにあらずというかんじで
歩いていて事故にあったというかんじだったのに。
ものすごい誤解をしてるよ、コーチ・・・!!
今週も猪野熊のやり方に対して電話で抗議してたし。
「こんな思いさせて選手が強くなるんですか?
 もうやめませんか?と」と好き勝手にいわれてたけど
何ひとついいわけしない猪野熊監督、
実はいい人でしたか。。??
そして猪野熊監督は、心の中でこずえに
「鮎原、結果をだせ」と声援をおくっていました。

一回戦がはじまるまえ、八木沢さんの手には元監督の母の遺影・・・
お母さん、なくなってたのですね。
これはお母さんのためにも負けられないと気合がはいります。

試合がはじまり、でました!
八木沢三姉妹の三位一体!
(CGとかじゃなかったのですが、こんなものかしら・・)
すばやい攻撃に富士見は苦戦し、1セット目をおとしてしまいます。
しかしコーチから「拾って拾ってひろいまくれ」と言われ
真理もだんだんレシーブできるようになってきました。
こずえのアタックもきまりだし、
なかなかいい試合になってきたところで
むこうの監督の「このままじゃ、八木沢監督うかばれへんぞ」という
声を聞いてしまったこずえは、八木沢さんのお母さんが
亡くなっていたことに動揺をかくせず。。。
あっというまに追い上げられてしまいます。
やっぱ精神面弱いし・・・(-_-;)

会場に姿をみせず、こずえが気にしていた努は、
実は父が倒れそのつきそいで病院にいっていました。
容態はかなり悪そうですが、それ以上に驚きなのは次回予告。
努が事故に〜〜〜〜〜〜〜〜!!
みどり泣いてるし!!

アタックNo.1 全7巻セット
アタックNo.1 全7巻セット
浦野 千賀子
2005.05.27 Friday 09:46 | comments(2) | trackbacks(4) | 
<< わがままフェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ NO.6 | main | ハツカレ 5巻発売 >>
三味線屋 (2005/05/27 7:00 PM)
どうも三味線屋です。TB返しに参りました。

来週の予告は気になりますね。一ノ瀬親子の生死が
ドラマのポイントになりそうですね。
本郷の誤解がどんなタイミングで解けるかもポイントだと
思っています。
honey (2005/05/27 7:48 PM)
こんばんは〜。

いや〜、原作だと努は○○なんですけど
お父さんまで危篤っぽいしどうなんでしょうね。
本郷コーチは最後までひっぱりそうな気も。
このぶんだともう一回選抜やる時間があるのかどうかも
謎ですね。









「アタックNo.1」 第7回
ゴリがプレッシャーに負けてしまう前半とインハイの始まった後半って感じでしたね。前半は思いっきり青春って感じでこれもなかなか良かったですけどやっぱり後半ですよね〜(^.^)猪野熊監督が登場する曲ってFF7のレッドサーティーみたいな感じですね。ドンドコドコド
| PLAMODELING NOAH BLOG | 2005/05/27 1:03 PM |
「アタックNo.1」第7回
もうビックリっすよ!今週はおやびんがプチ猪野熊化しちゃったっすよ! 「みどり先輩に戻ってもらいましょうよ、自分には荷が重すぎるっす」って提案したら、おやびんプッチー切れちゃって、自分の腕ギューつかんでバレーコートに投げ捨てられたっすよ!まじ痛かったっ
| TVウォッチャーの日々 | 2005/05/27 5:43 PM |
アタックNo.1にアタック No.7
『アタックNo.1』 第7回。詳しいあらすじはこちら。
| 三味線屋始末帳@WebryBlog | 2005/05/27 6:57 PM |
アタックNO1 
今週は猪熊監督の過去が少し垣間見えた。この監督もしかしていい人? 鮎原に何を伝えたかったのか 『結果を出せ』だろうね。 来週は大阪寺堂院との勝負に勝てるのか? 来週も目が離せないアタックNO1でした。
| 自動車屋さんのひとりごと | 2005/05/28 11:21 AM |