<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

海猿 第7話

今さらなので感想だけ。
池澤たちが発砲したことにより、不審船は自爆し
二人は罪の意識に苦しみます。
もちろん罪には問われないし命令されてやったことですが
今の日本ではあんまりというかほとんどないような状況で
大輔たちのように苦悩する人物だからこそ
この仕事がまかせられるような気もしました。
(発砲して得意になってるような人間だとちょっと危ない。)
大輔も池澤も、支えになってくれる人がいて
本当によかった。
カンナも葛藤しつつ、決意を固めましたが
あそこで支えになる人がいなかったら
どうなってしまうんでしょう。
実際には保安庁におつとめの夫をおもちの方が
たくさんいるはずなので、なんとかなっているものだとは
思いますが。。。。
自分ひとりで乗り越えるには、苛酷な仕事だなあ。。


2005.08.19 Friday 21:35 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< LIVE8再放送 | main | 電車男 第7話 >>
gary87 (2005/08/19 11:01 PM)
こんにちは!
>発砲して得意になってるような人間だとちょっと危ない。
発砲したくてうずうずしてる人がいないとも限りませんよね。。。いたとしてもごく少数でしょうけど。こわいこわい。
命を守る仕事に就いている方は、そのご家庭も大変なんでしょうね。そういう意味では警察も自衛隊も山岳救助隊とかも変わらないですよね〜。敬服します。
honey (2005/08/19 11:15 PM)
gary87さん、こんばんは。
世の中いろんな人がいますから。
罪の意識にさいなまれるくらいでちょうどなのかもしれません。









海猿 Evolution 7
今回の海猿は最初から最後まで画面に目が釘付け、呼吸も忘れてしまうほど見入ってしまいました。 今回は「不審船沈没」と「海猿とその妻(恋人)」が二つの大きなテーマ。この二つのテーマが二重螺旋構造となってストーリーが展開されました。実によく練られた、そして
| TVウォッチャーの日々 | 2005/08/19 11:07 PM |