<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

1リットルの涙 第5話

早くも5話ですね。早い。
リハビリと治療をおえ、退院する亜也。
治療の効果がでているように思えないと亜也は浮かない顔です。
母は二学期を前に担任に現状を説明しに学校へ。
担任はクラスのみんなでフォローするというスタンス。
帰り際に体育館のバスケ部をみかけて
亜也が元気にクラブをしていた姿を思い浮かべてしまう母。。。
麻生君は先輩にチクリとイヤミをいいますが
先輩も気にはしてるような表情ですね。
あの行為は許せないけど、後ろめたくは思っているようにみえます。

退院を前に、主治医から、特定疾患と障害者手帳の申請を
すすめられる母。
今の亜也なら肢体不自由で6級認定がもらえるくらいだといいます。
母は「少し考えさせてください」といったん保留。。
これは「障害者」ということに抵抗があるせいでしょうか?
保健婦さんをしててもこんなものなのかな。

退院の手伝いには妹がきてくれていました。
いちいちあやまる姉に「さっきからごめんごめんて、うざいよ」
と素直に優しい言葉はかけられないけど、
姉のことを気づかう気持ちがうかがえます。
その妹は亜也の変な歩き方をみて目をみはります。
それにしてもはっきりと変だとわかる歩き方、
本当に進行が早い。。。。
妹はいたたまれずに先にいってしまいますが
かなりの不信感を抱いたのは確実でしょう。
自宅に戻って、素早く二段ベッドの上下もいれかえてくれたり
ぶっきらぼうな態度だけど、姉を気遣う気持ちは伝わってきます。

弟のスパイクに穴があいていることに気づいた母に
「一番安いの買うから」とここでも気づかう弟。
入院費や治療費がかかってたいへんそうだということを
感じているのでしょう。
(でも特定疾患に認定されると医療費はあまりいらないのでは。)
亜也をタクシーで登校させるため、貯金をくずそうという母。
手帳の話を夫にもちかけますが、取り付く島なし。
「こんなものはいらない!
 亜也のめんどうは俺がみる。
 国のやっかいになる必要なんかない!」
この父の態度も、また障害者手帳なんて・・という
偏見からきているのでしょうか?
なんでそんなに気にするんだろう。
障害者がそんなに悪いの?とちょっと思ったり。。

亜也も気兼ねしてあやまってばかり。
妹は、姉が全然よくなっていないと両親にといつめますが
ふたりしてまたごまかしてしまいます。
いつまでもこれは通用しないと思うけどな。

学校へいき、みんなにも簡単な説明があって
「よろしくおねがいします」という亜也。

母は職場で手帳をみせられ、つい考え込んでしまいます。

二学期のクラス委員選びで、一学期と同じでいいという意見があったけど
「池内には荷がおもい」という気配りのようで実は
傷つくような発言の担任。
麻生君狙いの子(富田さんというらしい)が立候補するも
麻生君はうまく逃げてしまいました。
学校でもいちいちあやまってばかりいる亜也に
友達は嫌な顔ひとつせず、
「いちいちあやまらない!
 もしサキが怪我して松葉杖ついたら
 亜也だって世話してくれるでしょ!」と
いい友達ですよねえ・・・(T_T)
麻生君をよびとめた亜也に気をきかせて
ふたりにしてくれるし。
亜也はこのあいだのおれいをいって
「あたし強くなる」と宣言。
もし今度泣いたら罰金500円という約束まで成立します。
麻生君の存在は頼もしいです。
亜也、歩くのもたいへんそうなのに部活に参加です。
もちろんみんなと同じことはできず。。。
父にむかえにきてもらいますが、校門に車をのりつけているのをみる
まわりのみんなの視線を感じている亜也は、
翌日は歩いて学校へいくといいます。
「自分の足であるきたいの。」
いずれ歩けなくなるのがわかっているから
なおさら歩ける時は歩いておきたいでしょう。

麻生パパは麻生君が亜也の病気をしらべているのに気づきます。
さて、どうでるか。。

亜也の病気の進行は早く、字をかくのもたいへんそう。
この学校進学校だったはずだけど、授業のノートとかとれないんじゃ
ないでしょうか。テストも時間内にかけなさそうだし。

「悔しくて 情けなかった。
 自分ひとりで苦しめばいいのに
 否応なしにまわりの人までひっぱりこんでしまう」

自分のせいで授業におくれたり、
家族に気をつかわせたりしているのが
情けなくてしょうがない亜也。
学校で体育の授業を見学中、倒れてしまいます。
ちょうどタイミングよくさぼっていた(本人は腹痛だといいますg)
麻生君がいたからいいようなものの。。
母が病院にかけつけると、なんと原因は脱水症状によるものでした。
まわりに迷惑をかけたくない一心で、トイレにいかなくていいように
水分をとるのをひかえていたそうです。
脱水になるまでしてしまうなんて。。。。。
みんなに迷惑をかけることを気にする亜也に
「迷惑をかけずに生きてきた人なんか誰もいない。
 それが社会だ。
 君だけが特別なはずじゃないはずだ!」

という先生。
そのとおり。
ここまで思い込んでしまっている亜也がかわいそうでした。

水野先生の部屋に勝手にはいって先生にといかける麻生くん。
「あいつの病気はなおらないんですか?」とたずね
「何年医者やってんだよ。!」とくってかかりますが

「医者は万能じゃない。
 医者にできることなんてたかがしれてるんだ。」

と答える水野先生が、
一番自分の無力さを歯がゆく思っているのかもしれません。
麻生君が廊下にでてみると、そこにはパパ。
「おまえが医者になって彼女の病気をなおしてやったらどうだ」と
なかなかナイス発言だと思ったら、
麻生君が亜也にかまうのは気まぐれや同情だと
「もう彼女にかかわるな。わかったな。」と命令口調です。
これは・・病気の子になんかかかわるな、ということか
それとも、治らない病気の子とつきあったら
本人も亜也も傷つくという深い思慮からきたものか・・?

手帳の申請のことでもめる両親に、とうとう亜湖が
きれてしまいます。
かくすならもっと完璧にかくしてよね、というのは
ほんとでしょうね。
もっと幼い子ならともかく、半端にかくされて
目の前にはどうみても今までとは違う姉をみて
とまどうばかりです。
しかし父の「障害者なんてレッテルをはりたいのか」というご意見。
世間では多いのでしょうか。
ちょっときいたことはありますが。
「手帳をもらってしまうと認めたことになるのでもらいたくなかった」
という経験者の言葉。
でも母はさらにその先を考えていました。
それは、亜也に正々堂々と生きてほしいから。
もめているのをききつけて、亜也が二階からおりてきます。
そしてまたあやまる。。。。
「ごめんね。あたしのせいで。
 みんなに嫌な思いさせちゃってほんとにごめん。」
亜也、今日の放送でいったい何度ごめんといったことでしょう。
「もうやめよ、あやまるの」と母がいいました。
「病気になったの、亜也のせいじゃないでしょう?」
うんうん、そうだよ(T_T)
「家族のみんなが助けるのあたりまえでしょう」
世の中にはいろんな人がいて、社会はそれで
成り立っているという母。
亜也に手帳の説明をしはじめます。
制度の目的を話し、亜也には努力することが認められている、と
「手帳は社会の一員であることの証明なの」といいます。
そしてきょうだいたちに、今日こそ真実を説明し
「(亜也は)何をするにも時間がかかるけど
 亜也だけが取り残されたりしないように力をかしてほしい。」
とたのみます。
「わかった、俺、亜也ねえの味方だから」と弟君。
「なおるんだよね?」と小さな声でつぶやく亜湖。
それに「なおらないんだって」とこたえた言葉が
亜湖だけじゃなく、亜也にも、両親にも
なんてつらいセリフだったんだろうと思ってしまいました。

「急にそんなこといわれても・・どうしたら」と戸惑う亜湖に
「困ってる人がいたら、おまえ、手さしのべるだろ。
 泣いてる友達がいたらどうしたのって声かけるだろ?
 おまえの心の中のやさしい気持ちを
 素直に行動にすればいいんだよ。」

やさしくなんかないと泣く亜湖をだきしめて
「おまえ、やさしいじゃねえかよ」という父、
なんていいこと言うんでしょう。
父・陣内孝則光ってる!!

「あたしはあたし。
 ごめんね、じゃなくて、ありがとうってことばを大切にする」
と亜也はまた一歩すすんだように思います。

学校で、様々な場面でさっそくありがとうを言う亜也。
麻生君にみはっててほしいと頼んで
先輩に別れの電話をかけます。
先輩は、ほっとしたのもあるかもしれないけど
「早く元気になれよ」は心からの言葉だと信じたい。
もうちょっとで涙がでそうになっていた亜也に
「(先輩のかわりに)うそでも泣いてやれよ」という麻生君。
クールなんだけど、こういうとこがすごく優しい。
でも罰金はらうのやだから、と結局亜也の笑顔をひきだしているし
麻生君がいてよかったなあ。。

「もうあの日にかえりたいなんていいません。
 今の自分を認めて生きていきます」

またひとつステップクリアした亜也ですが
来週は障害関係のいざこざありそうで。。。早くもブルー。
きょうだいがきょうだいの障害を恥ずかしく思うという
これまたありがちな予告。

1リットルの涙
1リットルの涙
木藤 亜也

ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック
ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

粉雪(初回限定盤)
粉雪(初回限定盤)
レミオロメン




2005.11.08 Tuesday 23:07 | comments(4) | trackbacks(26) | 
<< 読書の時間 ターシャの家 | main | I love マンガ ふたつのスピカ >>
lavish (2005/11/09 3:00 PM)
こんにちは。
TBありがとうございました!
私も、瑞生の障害者手帳に対する拒否反応は気になりました。
戸惑う亜湖の説明を聞いている限り、障害者に対する偏見とかではないのかなぁと思ったり。。

遥斗の存在は亜也にとって欠かせないものになってきましたね。
家族とは違った支え方をする彼は、これからどういう人生を歩んでいくのか楽しみです。
honey (2005/11/09 4:48 PM)
lavishさん、こんにちは。
障害者手帳への嫌悪感はかなり気になりましたよね。
障害者のレッテルをはる、とか
ドラマをみていた障害者は気分悪くしそうなセリフ。
亜湖に話すシーンではいいこといっているのにね。

遥斗がいてよかったと思います。
家族とはまた違いますもの。
ちーず (2005/11/09 7:26 PM)
honeyさん、こんばんは。
もしも私が瑞生だったとしても、自分の子供を障害者と認める勇気、
すぐには持てなかったと思います。
障害者に偏見を持っている気はないのだけど、人って無意識のうちに
そんなところがあるのかもしれない。
ただ、あのセリフで障害を抱える家族、ご本人が
悲しい気持ちにならなければいいですよね。
honey (2005/11/09 8:22 PM)
ちーずさん、こんばんは。
ああいう反応がやはり世間では多いのかもしれませんね。
私はそういうのは気にならないんですが、
まわりではきいたことあったので
テレビでみて「そうきたか!」と思いました。
本人と家族が、病気とともに障害もうけとめていかなければ
ならないんですね。
「障害者というレッテル」という言葉とともに気になりました。









1リットルの涙:第5話
やっぱり最初は なかなか「ありがとう」って言葉はでないもんやろうなぁ どうしても お世話してもらう→迷惑をかけてる→ごめんなさい てな感じになるんだろうなぁ。 「ありがとう」って言われるとこっちもやりがいがあるというか いい気分になれる。 亜湖は
| Nの鼓動 | 2005/11/08 11:17 PM |
1リットルの涙 〜第5回〜
 「ごめんね」とことあるごとに言ってしまう亜也の姿がとても痛々しく思えました。でも、この時点でまだ彼女には「言葉」が残されていました。「ごめんね」という気持ちを自分自身で伝えることが出来るだけ、彼女は幸せだったのかもしれませんね。生まれたときから障害
| いわぴいのドラマ日記 | 2005/11/08 11:18 PM |
「1リットルの涙」に涙が止まりません(;θ;)
昨日のフジテレビのドラマ「1リットルの涙」観ました? ぼくは1時間ずっと切なく辛かったです(;θ;) 亜也の体がどんどん悪くなっていってるんですよ。 何せ完治することはないとわかっている、事実を元にしたドラマですからね。 亜也の気持ちに対しても、家族の気
| Thanksgiving Day | 2005/11/09 2:06 AM |
【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第5話) 「障害者手帳」 今回は泣けた〜
 担当医の水野(藤木直人)から退院を許可され、亜也(沢尻エリカ)は自宅に戻った。妹の亜湖(成海璃子)は、退院しても回復したようには見えない姉のことが心配で仕方がない。一方、潮香(薬師丸ひろ子)は水野から、亜也の身体障害者手帳の申請についての説明を受ける。亜也
| 気ままなNotes... | 2005/11/09 3:21 AM |
●1リットルの涙#5『障害者手帳』
障害者という現実を受け入れるということ。。。障害者手帳にスポットが当てられました。 障害というと本人はしかり、親は、それを受け入れることを拒絶するのも、事実。ここでは、そういう障害を持った人に与えられた権利を掲げることで、社会で堂々と生きていく姿の、
| ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中) | 2005/11/09 4:07 AM |
1リットルの涙 第五話
第五話タイトル 「障害者手帳」 人気Ranking
| テレビ予想屋 | 2005/11/09 7:26 AM |
『1リットルの涙』第5回 「障害者手帳」感想
今までの中では一番涙なしで見れた方が多いのかな?個人的には一番危なかったけど。 どうも、このドラマ内では、あと1年以内の話としてまとめるようですね。てっきり数年に渡るものだと思っていたんですが。。。 と、なると、「1リットルの涙」を流して終わり?って
| つれづれなる・・・日記? | 2005/11/09 8:51 AM |
「脊髄小脳変性症」認める人々・認めない人々 【1リットルの涙 第5話】
やはり退院後、亜也の周りの人々の反応は変わっていた。 学校での謙遜振りや友達の親切でのプレッシャーと言う内容もありますが、ここでは家族と、病院での反応のみを重点的に取り上げます。
| The Natsu Style | 2005/11/09 9:45 AM |
1リットルの涙[第五話]
日付が変わってしまいましたがつい先程見終わりました。今週のテーマは迷惑をかけてごめんなさいから社会の一員としてのありがとうです。裏テーマとしは障害者手帳のあり方じゃないかな?と思う。見終わって涙ながらに今日は何を書こうと思案している時に手帳を持ってい
| [1リットルの涙を激しく応援します!!]   葎〇の楽天日記 | 2005/11/09 11:12 AM |
1リットルの涙<第5話>
今日の1リットルの涙はまた泣けちゃいました{/face_naki/}{/face_naki/} 障害者手帳に対する父親の抵抗{/ee_2/}{/ee_2/} 父親の気持ちはわかるけど、それを持つことによって本人がしっかり生きていける{/ee_2/}{/ee_2/} そのために持つんだからそれを否定しちゃいけ
| 凡人の平凡な日記 | 2005/11/09 12:00 PM |
1リットルの涙 5
『障害者手帳』 夏休みが終わり退院が決まるが、亜也は元気がない。 水野は潮香に今後も経過を気をつけて診ていくことと、障害者手帳の申請をすすめる。 二学期が始まり、学校生活を送る亜也だが、自分一人で出来ることが少なくなってきていること対して申し訳なさの気
| 思い立ったが吉日 | 2005/11/09 3:00 PM |
ありがとうを大切に・・・ 『1リットルの涙』#5
第五話  「障害者手帳」 亜矢ちゃん、退院しましたね。 普通であれば青春ど真ん中の夏休みを、彼女は人生で最後の夏休みと表現していました。 とても切ない気持ちで一杯です・・・。 障害者手帳を交付して貰うのは、そんなに問題なのですか? 亜矢の事を思う
| 私的空間.com | 2005/11/09 6:55 PM |
1リットルの涙 第5話
『障害者手帳』 亜也(沢尻エリカ)は、リハビリ科専門医・田辺(小林正寛)の指導を受けながら リハビリを続けていた。 しかし、亜也はいつもとようすが違い、リハビリにも身が入らない。 田辺と担当医の水野(藤木直人)はそんな亜也に、あと2回点滴が済めば 退院。
| どらま・のーと | 2005/11/09 7:43 PM |
「1リットルの涙」に教えられる大切な言葉、「ゴメン」じゃなくて「ありがとう」
ほんとに、もうあかんです。 涙ボロボロです。 鼻水までズルズルです。(←汚くてす
| 余は如何にして道楽達人になりしか | 2005/11/09 8:20 PM |
ごめんね…… (1リットルの涙)
「亜也ねぇペンギンさんみたい」って言う屈託の無い妹のことばにちょっとドキッとしましたょヾ(゜v ゜*)ノ ほんと子供は正直ですね。{/hiyob_hat/} どんどん体が不自由になっていく亜也…… それでも懸命にリハビリをしてて、ちょっと泪……(ρ_;)o 家族も病気のこ
| ちゅ〜かだんらん♪ | 2005/11/09 10:52 PM |
1リットルの涙・第5話
原作「1リットルの涙」の著者である故・木藤亜也さんが、なんと地元愛知県の出身だと知って驚きました!
| あずスタ | 2005/11/10 6:15 AM |
1リットルの涙 第5話
「ごめんね」ではなく「ありがとう」 どうしても精神的に弱くなっているときに、他人から優しくされると「ごめんね」という言葉が出そうになる。 今回の話を観てると、誰に対しても「ごめんね」という亜也の台詞が目立っていた。自分の不甲斐なさに腹立たしく感じるこ
| 自己満族 | 2005/11/10 7:50 AM |
1リットルの涙 5話
〜アンナパパも脊髄小脳変性症〜 「障害者手帳」 うちの父も一ヶ月の検査入院の後、神経内科の先生から 「脊髄小脳変性症」だと告げられ、1時間半も詳しくこの病気について 説明がありました。 その時に、特定疾患の書類と「障害者手帳」の申請の書類をもらい お父さ
| アンナdiary | 2005/11/10 8:02 PM |
・「1リットルの涙」第5話ストーリー
ドラマ「1リットルの涙」。第5話のストーリーを書きます! 長いので、お時間のある時にどうぞ。(多少、言葉使いとか違うかも知れません。はしょりもありますがご容赦下さい!)※このドラマは多くの方に見てもらいです。。。 ドラマの出演者は、沢尻エリカさん、薬
| たまちゃんのてーげー日記 | 2005/11/10 8:47 PM |
第5話 「障害者手帳」
先輩の出番がまたあるとは思ってなかったので ちょっとビックリ(゜.゜; 決着しましたね、自分からさよならするなんて 亜矢ちゃん括弧よかったよ(/_;) 足が動かなくなってきちゃってました、本当につらそうに見えて 悲しくなってしまった、あんなに頑張って学校行
| ブログ ド ガジュマル (新居) | 2005/11/10 10:29 PM |
1リットルの涙 第5話 亜也と遥斗の物語
アロハ♪GOです! 1リットルの涙って、大げさじゃいね。ホント、それくらい泣いちゃう。 家族愛も友情も全編、感動しました。 その中でも、亜也(沢尻エリカ)と遥斗(錦戸亮)の会話だけに フォーカスしたいと思います。 ○教室    亜也と遥斗が
| 文才がなくても描けるドラマ脚本術 | 2005/11/11 7:42 AM |
1リットルの涙 ~主題歌&挿入歌がいい!!~
重い方向に向かっている「1リットルの涙」 このドラマを盛り上げているのが、主題歌と挿入歌。 主題歌は、”K”の「Only Human」 Kは「H2」の主題歌「over...」でデビューした韓国出身の歌手。 「over...」もなか良かったし、これから注目すべき歌手の一
| ドラマ!テレビ!言いたい放題 | 2005/11/12 3:03 AM |
1リットルの涙第五話「障害者手帳」
「ボールを良ーく見て。」 ぼーるをつかむリハビリをする亜也(沢尻エリカ)。とり損ねて、ボールは転がる・・・。それに気づいた田辺(小林正寛)。 「疲れた?どうしたの?もうすぐ、退院なんだから、がんばんなきゃ。」
| 私でもいいですか? | 2005/11/12 11:32 AM |
「1リットルの涙」 再放送キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
早くも再放送決定だそうですよ!!! おばあちゃん情報ありがとうございます☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!! 凄いなぁ、やっぱり評判いいんでしょうねぇ(#^ー゚)v 日本もまだまだ捨てたもんじゃありませんよ!!(?) これでまた見てる人が増えるといいなぁ
| ブログ ド ガジュマル (新居) | 2005/11/12 8:44 PM |
フジテレビ「1リットルの涙」第5話:障害者手帳
亜也の病気のことが、ついに子供たちにも告げられました。そんな亜也を支える周囲の気持ちは、それに対する「ありがとう」の言葉。悲しいだけでは終わらないドラマです。
| 伊達でございます! | 2005/11/15 4:38 AM |
かなり前に買った本を発見
引越しの準備をしていたら かなり前に買った本を発見。 木藤 亜也 ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 ドラマでいろいろと話題になっていることに 見つけたときに気付きました(笑) ドラマは見ていないのですが、 ドラマに感動した
| 秋葉で働く部長のblog | 2005/11/20 1:27 AM |