<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

オーラの泉 原沙知絵

[ 脳と心 ]
ゲストは原沙知絵さん。
番組冒頭に、オーラの色と自分の部屋のインテリアとの
関係について話がありました。
それはおなじ時と真逆なときがあるそうです。
クールダウンした時には赤ではなくブルーやグリーンを
選ぶといいという話。

スピリチュアルチェック
 ☆自分の性格を一言でいうと  熱しやすく冷めやすい。
 ☆怖いもの 水の中
 ☆好きな男性のタイプ 自分より背の高い人 
 ☆猛烈に腹が立つ時  突然轟音をだしてバイクがはしりこんできたとき
 ☆不思議体験 小学生のとき、母の実家にお盆に帰省していて
   夜中に鈴の音がして母にたずねたら
  「おぼんだからおじいちゃんが帰ってきてるんじゃない」
   といわれたこと。

突然の騒音に腹が立つということは
自分の領域を犯されたり、指図されたりするのがキライだから。
指図されるとむかっとするタイプで、ガードも固いので
いつも江原さんがしている家宅侵入も不可能。

水の中がこわいのは、胎内にいたときもそうで
「おなかの中になんかいたくない」と思っていたし
出産も難産だったそう。
水がこわいというか、水面上は大丈夫で
水面下がだめな原さんは、シャワーシーンもだめだそうです。
それは水がだめなんじゃなくて、水圧がだめで
圧力のかかるものが苦手だから。

不思議体験は、祖父のほかにも、祖母の葬儀に
眠くなって寝ていて、目をさまして祭壇をみたら
1部分の花がゆれていて、おばあちゃんがいるかもと思ったそう。
トランス状態の説明がありましたが
現実感がなくなり自分の意識と無関係に動いてしまう睡眠に似た状態
だそうです。
冷媒体質の人にはよくあるそうです。
亡くなった人はありえない形でメッセージをおくろうとするそうで
花がゆれていたのも何かを通してのメッセージ。
また昔撮った写真に、足がうつっていなかったということがあるけど
それは昔のことだしもう気にしなくてよしといわれました。
当時は足に注意とかそういうことだったかもしれないけど
たいていの心霊写真は因縁居士のたぐいだそうで
本当にそういう写真だったらお焚きあげをしたらいいとのこと。
また、写真に白い玉がうつることがあるけど
それはオーブで、それも気にしないでよし。

オーラのカルテ
 ☆オーラの色 
 神々しい赤(情熱的)
 グリーン(おだやかで平和的)
 くすんだ赤と茶

 しずかにみえて中味はもえているそうですが 
 ときどきまのぬけていることもある。
 根に持つタイプだそうで、過去を忘れず
 プライドが高い方執念深くなるそうです。
 これは本人もかえたいとおもっていて 
 江原さんから、まずお母さんとの間から
 かえていくようにといわれていました。
 ありがとうとごめんなさいを素直にいえること。
 お母さんとは似たもの同士の学びなので
 見たくない姿がそのまま前にあり
 近親憎悪みたいになっているところがあるけど
 本当は愛しているので、愛情を素直に表すことが大事だそうです。
 
 ☆守護霊 
  十二単を着た高貴な女性。
  今まで番組に出た人の中で一番高貴。
  扇で顔をかくしているくらいのやんごとないおうち(公家)の方。

 みやびなことが好きで、友達も踊りをしていたり
 そういうかんじの人が多いとか。

 ☆前世
  男性で、茶坊主。
  お城の中にいて、大名たちにだすお茶をとりしきったお坊さん。
  人嫌いで孤独を好み、静寂の中で過ごしたひと。

 美輪さんの衣装も、このために、わびさびの色、御納戸色に
 なってしまったそうです。
 原さんは本当の孤独を知っているので、
 友人からはたよりになる人で
 本当に辛い人の気持ちがわかり、そういうひとに
 よりそってあげることができる。
 また、一人で羽目をはずすのも好きで
 先日はじめてした一人旅で
 初めてオフになりきれたそうです。
 羽目をはずすのは自己解放。

 結婚願望の話になりますが、
 男っぽい人で、シリアスで現実的という意味では女性的。
 いろんな条件を男性に対してもっていて
 最初はよくてもすぐに欠点を数えだすようになるんだとか。
 それでも今は毎日幸せだけど、何かたりないものがあり
 それをかえるには自分をかえること。
 自分を解放して素直になること。 
 家族といえど、「良い人どうしでいましょうね」という
 視点になれば自然にいられるし
 そうすれば、まわりのものすべてに感謝するようになり
 いろんなことが全部感謝にすりかわる。

ドラマでおみかけするくらいでしたが
いわれていることにいちいちうなづき
実際には素直な方なんじゃないかと感じました。

まわりのものすべてに感謝、っていいことですね。
 
2006.02.24 Friday 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 白夜行 第7話 | main | ハツカレ ドラマ 第11話 >>