<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

白夜行 第10話

第10話
公式サイトよりストーリー

医療ミスで礼子(八千草薫)が亡くなったと聞いた篠塚(柏原崇)は、
雪穂(綾瀬はるか)が何か関わっているのではと
笹垣(武田鉄矢)にその旨を知らせた。
反対されながらも雪穂に近づくため礼子の葬儀場を訪れる篠塚。
でも、普通に親切に接してくる篠塚に疑惑を抱いた雪穂は、
電話で亮司(山田孝之)にそのことを報告する。
その時の亮司の様子が違うことに不安を覚える。
その頃、亮司は典子(西田尚美)の元に戻っていた。
青酸カリのビンを返された典子は、
泣きながら亮司を信じたことを喜び、幸せを感じていた。
そして、亮司は、自分の気持ちを小説にたとえ典子に話し出していた。
一方、笹垣は、弥生子(麻生祐未)に
もう亮司をかばうのはやめるよう説得に行く。
弥生子は、真文(余貴美子)が訪ねてきた時に渡された
亮司から送られたメールの写しを笹垣に見せる。
そこで大江図書館と表示を見た笹垣は、早速真文を訪ね、
昔の二人の様子など聞きつつ何か連絡が来たら知らせて欲しいと頼む。
だが、亮司の変化に不安を覚えたのか、
雪穂は葬儀が終わると電池が切れたように倒れてしまう。
そして、笹垣が再び弥生子を訪ねると、
そこには自ら命を絶った弥生子が…。


雪穂の母の死に不審なものを感じる篠塚。
葬儀にやってきて、倒れた雪穂につきそいます。
雪穂は、母の遺影をみつめながら
「本当の優しさと強さをもっていたひとだった」
と涙をみせますが、そんな母をも殺してしまわねば
ならなかったとは。。
さらに昔の記憶を思いおこし
「私、役立たずだった。
 子どもは親の役に立たなきゃいけなかったのに
 何一つお返しできなかった」
という雪穂。
雪穂の過去を、笹垣からきいている篠塚は
神妙にきいていましたが、雪穂は実母に対して
本当にすまなかったと後悔しているのでしょうか。
どんな親でも子どもは親が好きなんだときいたことがありますが。。。
今もなお、そんなことで苦しんでいるとしたら
雪穂がかわいそうすぎます。

篠塚はなぜこんなに雪穂にかかわろうとするのかと
思っていましたが、
自分と似たものを感じていたからなのですね。
眠っている雪穂に語りかける篠塚は
生まれたときから会社のために、
役に立たなければいけない子どもでした。
親を恨んではいないけれど寂しかったという篠塚。
でも篠塚には友達がいました。
「欠点でも抱きしめてもらえるやつはいっぱいいたから。
 だけど、唐沢、本当におまえひとりだったのか?」
雪穂の友達は共犯者でもある亮司だけでしたから。。。。
「俺たちは似たもの同士だ。
 そう思わないか、スカーレット」
というメモを残し立ち去る篠塚。
篠塚は、雪穂の落ちた穴はもしかしたら
自分も落ちていたかもしれない穴かもしれず
だから目をそらしてはいけないと笹垣にいいます。
笹垣がいっしょに穴に落ちないようにと忠告をしますが
この人は最後まで大丈夫な気がします。
(犠牲者になるという意味でも)

亮司のほうは、雪穂の母を殺した後
さらに罪を重ねたことでまたしても苦しみを
深くしたようです。
そんな愛し方しか知らなかった、と亮司は語ります。
笹垣を殺すための青酸カリだけ手に入れ、
典子のもとに戻った亮司。
亮司が話した小説の主人公は、
悪いことをしても気づかれない男。
しかしそれは気づかれないのではなく
気づいてもらえなかったんだ、と亮司はいいます。
それは幽霊だから・・と典子。
そんな幽霊にただひとり気づいた男がいて
その男を殺すために青酸カリが必要になるのですが
「幽霊は気づいてもらって涙がでるほど嬉しかったんじゃないかな」
と典子がいいました。
それはまさしく核心をついていたようでした。
典子のやさしさが胸にしみた亮司は
決して相手を幸せにしないし、求めてはいけないと
わかっていてもすがりついてしまいそうになります。
亮司は、良心を捨てたといい罪をかさねてきましたが
やはり根底には心がしっかり残っているようで
雪穂ほどクールになりきれないというか
常に悩んで苦しんでいるのが、本当に哀れです。
雪穂が苦しんでいないというわけではないのですが。。

たずねてきた真文に「息子は私が殺した」と語る弥生子。
笹垣がきたときに、真文にもらったメールの写しをみせますが
このときも精神状態はかなり危ういものでした。
そして笹垣が再び亮司の母をたずねると
弥生子は自殺をはかっていました。
「あの子は今もダクトの中にいる。
 押し込めたのは私。
 こんな人生しかあげられなくてごめんね・・・」
特に松浦の死後、アル中のようになっていた弥生子。
最初は息子の前で平気で浮気をしているような母だったけど
根っからの悪人ではなく、常に後悔の人生だったのでしょう。
母として息子を守ってやれなかったことが
一番悔やまれることで、この人もかわいそうな人生でした。
弥生子の骨は笹垣がひきとり
いつか亮二にわたしてやるからと誓いました。

笹垣は図書館をたずねていって真文に話をきき、
二人の出会いの話からその後の話をきき
二人の犯行に確信をもちました。
雪穂と亮司のことが気になった真文は上京して
笹垣をたずねます。
そこ二人が今までに犯してきた罪をきかされ
驚く真文。
「悪いの親じゃないですか。
 気がつかなかった私じゃないですか。
 たった11歳で・・」という真文に
それは違うという笹垣。
人を殺す知恵はあるのに自首する知恵はない。
人の人生を壊してどうなるかという想像力がない。
「ともに責めを負うものがいるとしたら私。
 あの日、あいつらをつかまえてやれなかった私です。」
笹垣の行動の裏にあるものも、また後悔。
あのときしっかり自分が見抜いていたら
こんなに罪をかさねさせることはなかったという
思いでしょうか。

笹垣を殺そうと青酸カリをしかけた亮司は
部屋で母の遺影とメモをみつけ愕然とし
さらにそばにあった亮司と雪穂の犯行ノートを目にします。
ノートには二人の犯行が克明にしるされていて
ここまで気づいてもらえていたことに驚きとともに
たぶん感動もしたんじゃないでしょうか。
こんなにも自分たちのことをおもっていてくれている
人間を、こんな殺し方ではだめだと、
「血と肉にまみれて殺したかった」と
笹垣を部屋で待ち伏せし、いつも持ち歩いていた
あのはさみをふりかざし襲い掛かっていきました。

それぞれの登場人物がかかえるそれぞれの思い。
どれも重く、苦しく、切ない。
単にこの二人が悪いといいきれないものがあります。
子どもを守れなかった大人たちの悔恨も深い。
亮司が利用するだけのつもりだった典子もまた
幽霊だったような時期をすごしたことのある女性で
単なるサブキャラというだけではなくなっています。
そういう意味では篠塚もまた同じ。。。

来週、いよいよ最終回。
第一話ですでにラストシーンが描かれていますが
最後まで目が離せません。

影

柴咲コウ


白夜行
白夜行
東野 圭吾

風と共に去りぬ (1)
風と共に去りぬ (1)
マーガレット・ミッチェル, 大久保 康雄, 竹内 道之助, Margaret Mitchell

 

2006.03.16 Thursday 23:02 | comments(3) | trackbacks(33) | 
<< 無人惑星サヴァイヴ 第52話 最終話 | main | オーラの泉 木村多江さん >>
アンナ (2006/03/16 11:34 PM)
honeyさん こんばんは!

かなりキツイシーンが多かった白夜行もとうとう
来週で終わりですね。
笹垣のノートを読んで泣いた亮司に
なぜかホッとした私です。
泣きました。。。
愛し方を知らない2人。
こんな2人のような人生を歩いて欲しくないから
幽霊の遺言は伝えていかなくちゃ。
余さんの存在に救われた気分です。
癒しの余さん(^^)
夢子 (2006/03/16 11:59 PM)
初めまして。 ラストは、私たちが最初に見たものとは、少し違うらしいですが・・最後まで目が話せませんね。
最初は、2人がかわいそうで見ていたのですが、だんだん
雪穂に対して腹が立っています。
honey (2006/03/17 4:42 PM)
>アンナさん
 こんにちは。

 毎回毎回これでもかという暗い展開ですが
 目が離せませんね。
 亮司はまだ良心が残っているというか
 苦しみをかかえながら罪をかさねていくところが
 かわいそうです。
 余さんのようなひとがお母さんだったら、と思いますね。

>夢子さん
 こんにちは。
 初回とは違うのですか。
 それは・・どうなるんでしょう。
 雪穂はかわいそうな生い立ちで最初は同情してしまいますが
 そのあとは極悪非道な女を地でいってますもんね。
 母に対して涙をながしているあたり
 この人も心の底まで凍ってるわけでもないとは思うのですが。。
 
 









白夜行<第10話>
第10話「開く過去の扉」。 ついに亮司(山田孝之)は笹垣(武田鉄矢)に出くわしてしまいました。{/hiyoko_thunder/} 例のハサミで襲いかかる亮司。さて笹垣は・・・。
| のぶひさの日記 | 2006/03/16 11:06 PM |
【白夜行】第10話
あの子はまだダクトの中にいる。押し込めたのは私。こんな人生しかあげられなくてごめん。母に科せられた重みは、死を持ってしか解放されないほどの物だっただろう。息子のやった事を知ったその日から。その殺人現場に店を構え、守り、罪の重さに耐えられず酒に逃げる日
| 見取り八段・実0段 | 2006/03/16 11:10 PM |
「白夜行」10話〜開く過去の扉〜
人殺す知恵あんのに、自首する知恵ないはずがない。 人騙す計算出来んのに、人の人生が想像出来んはずがない。 もしともに責めを負うもんがおるとすればそれは私ですわ。あの日、あいつらを捕まえてやれんかった私ですわ。。。笹垣の言った言葉に泣けた。余貴美子さん
| アンナdiary | 2006/03/16 11:14 PM |
白夜行第10話
なんだかすごく疲れました。 見てるだけでこちらの魂まで抜けていく感じがしますよ。 なんとも不思議なドラマですね。 主人公はあれだけの凶悪殺人鬼なのになんだか同情できてしまう部分があったり、 なんだか応援してしまったり。 しかし亮司と雪穂は許
| 暇死人間ボヤキ日記 | 2006/03/16 11:26 PM |
「白夜行」 第十回
犯罪を正当化するつもりは全くないし、憎むべきものだと思っている。 思ってはいるのだが、雪穂と亮司に関して、彼らが行ってきた犯罪に対しては嫌悪感も抱くし、酷いことだと思ってはいるが、彼ら自身を憎むことはわたしにはできない。 それはドラマの中の出来事だか
| 山葵の無駄遣い日記 | 2006/03/16 11:40 PM |
ドラマ・白夜行 〜第10回〜
 今まで悲鳴をあげ続けていた子供の声に気づかなかった大人たちの悲しみがとても痛かったですね。雪穂と亮司のそれまでについて語っていた笹垣に向けて「あの子達は被害者じゃないですか?どうして気づいてあげられなかったんだろう・・・」という言葉は、亮司と雪穂に
| いわぴいのドラマ日記 | 2006/03/16 11:43 PM |
白夜行
図書館の谷口(余貴美子)が言うように、 悪いのは、あの子達の親、 そして、あの子達の発する信号に 気づいてやれなかった私が悪い・・ そうね、11歳のときのままなら、そうです。 あれは、絶対、 あの子達の親が悪い。 自分の娘を売る、母親。 また、11歳の女
| あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ | 2006/03/17 12:05 AM |
白夜行 10話
泣いた〜!!泣かされた〜!!しかも大嫌いな(武田鉄矢)笹垣に〜!!!!笹垣が事件の真相を掴み、その流れを追って想像していく間に「やめい!」と泣いた所。自殺した弥生子を抱きしめる笹垣。白夜行見ていて、初めて泣いたかなぁ。雪穂が篠塚へ本音を語る時も泣いたけど、笹
| 心動・・・。 | 2006/03/17 12:11 AM |
白夜行 第10話
もう、号泣です。 今までで一番泣いたかもしれません。 「白夜行」第10話。 ついに雪穂の母である礼子まで手にかけてしまいました。 もっとも殺して欲しくなかった人だったんですが…。 ついに亮司は笹垣を殺し、自分も死ぬことを決意する。 亮司との電話から、
| いつかのダイアリー | 2006/03/17 12:24 AM |
「白夜行」10
こんばんはー!! 「白夜行」10話を見ました。 大人たちの自責の念も 垣間見えて本当にせつない・・ あらすじと感想を書きました。
| 雅日記 | 2006/03/17 12:50 AM |
白夜行 第10話
今回は(も?)笹垣一色、と言う感じ。文字通り、最後の最後まで。 あれほどの“愛”に触れても、まだああいう結末しか見出せない亮司は、礼子の言うとおり「救えない」のだろうなあ。
| 日々御気楽也 | 2006/03/17 1:29 AM |
白夜行 第10話 「開く過去の扉」
「二人して、そのザマか、哀れやなぁ。」礼子(八千草薫)の医療器具を引き抜く亮司(山田孝之)。「本当の罰は心と記憶に下されると伝えてください。飲み込んだ罪は魂をむしばみ、やがてその身体さえ命さえ食い尽くす。」 弥生子(麻生祐未)に会いに来た谷口(
| テレビお気楽日記 | 2006/03/17 2:09 AM |
『白夜行』第10回 感想?
ラストへの扉を一気に開けるはず・・と思ってみてたんですが。 予告でなんとなくってところ。 そういや、もう一人いた。事実を知ってる人。 亮司のおかあさんが。・・って思ってたら、自決。 笹垣の場合、警察OBだからって話かもしれんが、他人の遺骨を持っていける
| つれづれなる・・・日記? | 2006/03/17 2:16 AM |
白夜行 第10話
 「白夜行」第10話を見ました。  前回、第9話で、亮司と雪穂はとうとう雪穂の育ての親、唐沢礼子まで手にかけてしまいます。その後、礼子はそのまま亡くなってしまうのですが…。
| あいりぶろぐ | 2006/03/17 7:34 AM |
TBS「白夜行」第10話:開く過去の扉
それは、あいつらがアホやったから。笹垣の痛烈なひと言でした。ふたりを追い続けて来た笹垣だからこそ言えたひと言かもしれませんが、にしても、酷な言葉に感じます。
| 伊達でございます! | 2006/03/17 7:40 AM |
「白夜行」第10話
雪穂の義母を殺害した亮司。雪穂は何事も無かったかのように葬儀を取り仕切る。一方、笹垣は着実に真実に近付きつつあった・・・。本当の罰は心と記憶に下されると伝えてください笹垣、脳内補完完了!全てのピースが繋がった!!一方、雪穂と亮司は・・・「雪穂、俺ね、
| 日々“是”精進! | 2006/03/17 8:18 AM |
白夜行
 第10話{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}  「たった一人気付いたやつを殺すんだ。」って亮君言ってたけど、それってやっぱり篠塚さんのこと?それとも武田鉄矢?{/kaeru_shock2/}  亮君死ぬつもりなの{/eq_1/}{/hiyo_cry1/}雪穂に邪魔な奴は確実にあいつと
| 私の趣味日記 | 2006/03/17 9:36 AM |
白夜行 第十話放送!
亮司と雪穂・・・二人に関わってきた大人たちが今回詳しく描かれていました。二人に対して自分を悔いる気持ちと痛々しいまでの悲しみ。後悔先に立たず・・・そんな言葉で言い表わせないほどの大きな痛みでした。 ここまでくると、単に純愛と呼んでいいものな
| 気まぐれ気ままなブログ | 2006/03/17 10:39 AM |
「白夜行」第10話
亮司と笹垣の直接対決!ですか!今回のお話(Yahoo!TVより)---生命維持装置が外れ、礼子(八千草薫)が死亡した。説明を求める雪穂(綾瀬はるか)に、病院は医療ミスを隠そうとする。篠塚(柏原崇)はその死を不審に思い、礼子の葬儀に向かう。そんな中、匿名の亮司(
| B級ポータル〜個人的ポータルサイトを目指します〜 | 2006/03/17 10:51 AM |
・「白夜行」第10話(3/16放送)
昨夜2006年3月16日(木)に放送されたTBSドラマ「白夜行」(びゃくやこう)第10話。以下、多少のストーリーと、感想を少し書きます(笑)。独り言なので、お許しをさて、最初に今回の10話を見て、個人感想を言えば、 「なあ雪穂。今日はプチ総集編だったの
| たまちゃんのてーげー日記 | 2006/03/17 12:06 PM |
「白夜行」#10
初めてというかようやくというか、このドラマのメッセージがぼんやりと見えてきたような気がします。 そして、初めて笹垣がいい人に見えました。
| 風の便り | 2006/03/17 12:22 PM |
白夜行第10話 タイムマシンにお願い
もしタイムマシンがあったなら、きっと亮司は11歳のあの場所に戻って、雪穂がたとえ一人でも白夜の中を歩かずにすむ人生を過ごせるよう笹垣に自首するんだろうか。それともやはり二人でいるために同じ道を選ぶんだろうか。 原作にない雪穂と亮司の視点から物語を描
| あの頃君は美味かった | 2006/03/17 1:07 PM |
白夜行 第10話
今日はまともにレビューが書ける様な精神状態じゃありません。ある意味、先週以上のダメージでぼろぼろです。先週は最後の10分での病院のシーンだけがぼろ泣きだったんですが、今週はほとんどずっと泣いてました。吐き気もしてきて、震えもきて(笑)。話自体は総集編+
| SARASA日より | 2006/03/17 1:11 PM |
白夜行 第10話
礼子にまで手をかけてしまった雪穂と亮司。もう二人には同情できません。いったいこの先どうなるの??   第10話の簡単なあらすじ   医療ミスで礼子(八千草薫)が亡くなったと聞いた篠塚(柏原崇)は、雪穂(綾瀬はるか)が何か関わっているのではと笹
| みんなのうた♪ | 2006/03/17 3:03 PM |
「白夜行」第十回
 谷口さん(余貴美子)は弥生子(麻生祐未)の所へ 亮司(山田孝之)のメールのコピーを持っていく。 だが弥生子は「私が殺したんです・・」と言うのみ。  礼子(八千草薫)の死を、病院側は医療ミスと思いこんだため 事なきを得る。  礼子の最期の言葉「救わ
| トリ猫家族 | 2006/03/17 3:27 PM |
白夜行 10話
   「私に・・何ができますか?     あの二人に関わった、一人の人間として、せめて何か・・」    「桐原亮司の言葉を皆に伝えてやってください。     これはあなたの言葉じゃないですか。     あいつらぎりぎりのところで化け物にせえへんかった
| くつろぎ日記 | 2006/03/17 5:28 PM |
白夜行 第十話
『開く過去の扉』 谷口真文(余貴美子)が持ってきた、掲示板の書き込みを印刷したものを 弥生子(麻生祐未)は必死に読んでいく。 谷口が心配そうに弥生子に言う。 「遺言って、書いてあるし・・・。 昔、お父さんの事件があった時、落ち込んだ亮司君に、 こういう
| どらま・のーと | 2006/03/17 7:18 PM |
白夜行第10話
最終回前ということで笹垣が綴ったノートと亮司の回想がありましたねでも私過去を振り返る映像のくりかえしってあんまり好きじゃないのでタルク感じちゃったよしかし雪穂は初期に比べて本当に雪穂って感じでよいです篠塚さん誘惑はなかったけれど・・・・てゆーか本当篠
|                 †DIARY†   | 2006/03/17 9:27 PM |
白夜行 第10話雑感
時効まで、あと2年・・でも他にも事件あるので、そうでもないか。本当の罰は心と記憶
| プリンのプールで泳ぎたい! | 2006/03/17 11:06 PM |
【テレビ】白夜行(第10話)
亮司の母、弥生子が、自殺を図った。笹垣が、店に行くと手首を切っていた。「「殺人現場に張り付いて、」亮司がさらに罪を重ねないように見張っているんだろうと、
| まぁ、お茶でも | 2006/03/18 5:28 PM |
「白夜行」第十話 〜我の母を拝みし刑事を殺してはならぬ〜
医療ミスで礼子(八千草薫)が亡くなったと聞いた篠塚(柏原崇)は、雪穂(綾瀬はるか)が何か関わっているのではと笹垣(武田鉄矢)にその旨を知らせた。反対されながらも雪穂に近づくため礼子の葬儀場を訪れる篠塚。でも、普通に親切に接してくる篠塚に疑惑を抱いた雪
| 混沌と勇気日記。 〜汝に混沌の祝詞を唄える勇気の時代在りし時〜 | 2006/03/19 2:32 AM |
白夜行・第10話
何をしても気づかれない男の話。 主人公は子供のころ、万引きするんだよ。 そして見つからないことを自分は賢いんだって勘違いしてさあ。 それから悪いことばっかりする。 しまいには人殺しまでやってしまう。 だけど、ある日気づく。 気づかれないんじゃなくて、
| なんくるないさぁ情報局。 | 2006/03/19 11:38 PM |
罰と救いの行方は!?白夜行最終回
今夜はドラマ「白夜行」最終回(第11話)です。 (私は谷山浩子さんのコンサートへ行っておりますので、リアルタイムでは見られないのですが・・・) 遂に遂に、固唾を呑んで見守り続けた白夜が明ける?沈む?日が来た! →「白夜行」本・ドラマ過去記事はこち
| のへぴょんのスゝメ | 2006/03/23 1:29 PM |