<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ダンドリ。第10話

第10話
 要(榮倉奈々)や双葉(加藤ローサ)たち
さつき高校チアダンス同好会『MAYFISH』に、
チアダンス大会の出場許可証が届いた。
奥村教頭(斎藤洋介)と校務員の田中(坂本あきら)のおかげで
練習場も広くなり、がぜん張り切るメンバーたち。
その際、麻紀(神原麻由)から、大会で着用するユニフォームは
どうするのか、と問われた要は、学校のジャージで出場する、
と皆に告げる。
 同じころ、三郎太(増田貴久)は、運送会社でアルバイトをしていた。
家族が農園を始める準備でブラジルに渡ったため、
現在ひとり暮らしをしている三郎太は、せめて生活費くらいは
自分で稼ごうとアルバイトを始めたのだ。
事情を知った担任の渡(国分太一)は、卒業まで
三郎太を自分の部屋に住まわせ、彼の面倒を見ることにする。
その夜、渡のもとに、深雪(菅野美穂)から電話が入る。
渡の父親で、日本舞踊・鷺村流家元の誠三(夏八木勲)が、
宗家の名を封印して、引退することを決意したのだという。

 要は、苦手なターンをマスターするために、
バレエを習っていたかしこ(木南晴夏)に付きまとい、
個人レッスンを頼む。要が、無理矢理かしこを練習場に連れて行くと、
そこには、一心不乱に日舞を踊っている渡の姿があった。
渡は、踊りを途中で投げ出してしまった自分にけじめをつけるため、
最後に一度だけ、誠三の前で踊ることを決意していた。
 そんなある日、要たちに朗報が届く。
さつき高校のOBが寄付を申し出てくれたため、
洋品店店主・古座野(六角精児)がチアダンス大会用のユニフォームを
オーダーしてくれるというのだ。要たちは、大喜びするが…。


キャスト

相川要 …… 榮倉奈々
末吉双葉 …… 加藤ローサ
池田まゆ実 …… 森田彩華
花上さやか …… 西原亜希
浜田教子 …… 悠城早矢
鈴木カルロス三郎太 …… 増田貴久
高宮深雪 …… 菅野美穂(特別出演)
相川ふさ江 …… 戸田恵子
石橋渡 …… 国分太一

【浜中荘の住人】
マコト …… 大倉孝二

【さつき高校・MAYFISH】
渡辺かしこ …… 木南晴夏
田島聖子 …… 松田まどか
松平乙女 …… ゆってん
高嶋千寿 …… 松本華奈
宮川葉月 …… 池田愛
早乙女はるか …… 岡西里奈
土屋志織 …… 仁平裕子
大川真澄 …… 山下幸乃
黒崎えりな …… 杉林沙織
石黒万里 …… 田野アサミ
江本香織 …… 徳永えり
白井麻紀 …… 神原麻由
小澤翔子 …… 福島彩子

ダンドリ。公式サイト

それぞれの親子。

カルロスは両親に負担をかけまいと
一人暮らしをしながらバイトにはげみますが
今、カルロスに大事なのは、高校生活をしっかりおくること
という石橋先生の言葉をしっかりうけとり、
両親の想いにこたえるようにします。

「僕は君を応援したいんです」

石橋先生は今日もいいですね。
生徒を応援してくれる先生、必要ですよねえ。

その石橋先生と父。
父が引退することになり、最後の舞台に必ずいくと
約束した先生ですが、要が怪我をしたことにより
間に合わず。。。最悪のタイミング。
渡がこないことを怒る父に

「あのときの渡さんとは違います。

 今の渡さんは絶対ににげません」

とかばうマコっちゃん。

要の怪我はたいしたことなく、
石橋先生の予定をつぶしてしまったことをあやまる要に

「相川さんが元気でよかったです。

 ここまできたんです、

 何があってもやりとげましょう」


と笑顔でこたえる先生は、
自分のほうこそみんなに感謝していると語ります。

「10年間ずっと中途半端にしてきたことに

 むきあうことができたのは皆さんのおかげです。

 悔いを残さないようにやりとげることの大事さを

 皆さんからおしえてもらったんです。

 それと、何ごとも前向きに楽しんでやること・・」


そういった先生のもとへ、マコっちゃんとともに家元の姿が。。

父に踊りをみせる先生。
チアのポンポンをもっていますが少しもおかしくない。
途中から家元も参加して、親子の舞です。

踊り終えたあと、土下座して、今までのことを
あやまる先生。

「でも、今の私はこの学校の教師なんです。

 この仕事でやっと夢と誇りがもてるようになりました。

 私はこの仕事をやりとげていくつもりです」


石橋先生の決意を家元もみとめてくれました。
扇子をわたされて涙をながす先生。。。

「皆さん、これからも渡のことをどうぞよろしくおねがいします」

家元も、みんなも深々とお辞儀。
10年の親子のわだかまりがようやくなくなりました。
それはみゆきさんの願いでもあり
みゆきさんは来週また出番がありそう。

そして要&父。
チアダンス同好会のみんながユニフォームをほしがっていることを
知った父は、こっそり資金提供し、ユニフォームを作ってあげます。
父がだまったままこの町を立ち去る日、その真実をしった要たち。

「何やってんだよ、要!行こうよ!」

カルロスもいいね!

足を怪我した要を自転車の後ろにのせ

「死んでも守る!

 そんで絶対間に合わせる!」


男をみせてくれました。

自転車をとばすカルロス。
父も川沿いの道をいき、要にあうことができました。

ユニフォームのお礼をいって、大会をみにきてほしいという要に
父は、今度あうときは胸を張って会えるように
もう一度やりなおしてくるといいます。

さらにさつき魚の話をする父。
川をくだって海にでて生まれ変るさつき魚なんて
ほんとは一握りだけで、すべての魚がさつき魚になるわけではない、
ほとんどの魚は川をくだらず、ここにとどまって
うまれたままの姿で一生すごす・・
そのほうがラクだから。

「でも父さんは自分の力を信じて
 
 川を下る魚になりたかった。

 大きな魚に生まれ変って、故郷の川に帰ってくる

 本物のさつき魚になりたかった。

 チアダンス、がんばれ。

 母さんと慶一を頼む。」


「あたしも、さつき魚になれるようにがんばる!

 約束する」


すべてうまくいってあとは大会を残すのみ、
と思ったら、捻挫だと思われていた要の足が
意外や重症で、ドクターストップがかかったところで
次回に続く。
最後だから踊るにきまってますけど
どのようにみせてくれるのか。
来週は華麗なダンスがみられそうで楽しみです。

バレエのうまいかしこさんも素敵でした。


ダンドリ。各話 ドラマレビュー

2006.09.12 Tuesday 22:31 | comments(0) | trackbacks(16) | 
<< アニメ 僕等がいた 第11話 | main | ハチミツとクローバーII chapter11「・・・・・・私から、絵を描くことを、奪わないでください・・・・・・」 >>









ダンドリ。第10話〜大人のストーリー中心!
ダンドリ。ですが、今回、要(榮倉奈々)たちより、うらなり(国分太一)や商店街の大人のストーリーが中心でした。 うらなりの父親・お家元が引退するにあたり、うらなりは最後に一度だけ日本舞踊を踊ってケジメをつけようとするわけです。うらなりが着物で踊ってい
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2006/09/12 10:54 PM |
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 第10回 感想
『大会直前のケガと涙の別れ』
| ぐ〜たらにっき | 2006/09/12 11:00 PM |
【ダンドリ。〜Dance☆Drill〜】第10話
僕は今、教師なんです。この仕事でやっと夢と誇りが持てるようになりました。この仕事をやり遂げていくつもりです。日本舞踊の世界を引退して、名取りを返すと言う父に最後に自分の踊りを見て貰う石橋。息子に、それで良い。と肯く父。無理に跡を継がせようとはせず、息
| 見取り八段・実0段 | 2006/09/12 11:08 PM |
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜<第10話>
第10話「大会直前のケガと涙の別れ」。 今回は親子関係の修復がテーマのようでしたね。 太一先生と石橋誠三師匠。親子だけど師匠と弟子。厳しい関係ですね。 マコちゃんと深雪のはからいで、なんと師匠がさつき高校に! 太一先生は心を込めて舞いました。なんと師匠も
| のぶひさの日記 | 2006/09/12 11:25 PM |
ダンドリ。〜Dance☆Drill〜 第10話:大会直前のケガと涙の別れ
要のじん帯がっ{/eq_2/}(/TДT)/あうぅ・・・・ と、心配したのも束の間、予告でバッチリセンターポジションで踊る姿を見てホッ{/onpu/} んがっ、もしかして無理して踊ってるのかなと心配になっちゃいましたよぉ〜。 だって、お医者さんは「大会は諦めて下さい。」って
| あるがまま・・・ | 2006/09/13 12:38 AM |
『Dance☆Drill ダンドリ。』第10回「大会直前のケガと涙の別れ」
これって日舞の番組だったっけ(笑) こういうオプションもあり・・と言いたいけど、だったら、もっとメインを増やさないと。
| つれづれなる・・・日記? | 2006/09/13 12:42 AM |
「ダンドリ。」(Stage 10:大会直前のケガと涙の別れ)
今回の「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」は、“MAYFISH”のキャプテンである要が自主トレ中にケガをしてしまったり、うらなり先生が家元の前で踊ったり…、といった内容だ。ドラマ終盤で要の父が聞かせてくれたさつき魚にまつわる伝説を聞いたときは、私はあるメッセージ
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2006/09/13 1:05 AM |
ダンドリ。〜Dance☆Drill stage10「大会直前のケガと涙の別れ」
最終回直前!やはり今回も感動のエピソードでした!p(・・,*) グスン 今まであまり本編と関係ないと思われていた部分。 要ちゃんのお父ちゃんとうらなり先生のお家元騒動の部分が綺麗に終結をしてくれて、感動いたしました(*^-^)ゞ 敬礼♪ 今まで何もしてあげれな
| レジェンド オブ ウルトラマン(*^-^)ゞNプロジェクト(o`・ω・)ゞ | 2006/09/13 1:21 AM |
ダンドリ。 第10話
んー。まあ、お話的にはよかったかな。 カルロスはいい奴だなあw
| 動画がないと死んじまう | 2006/09/13 1:34 AM |
《ダンドリ。》 Stage10
かしこさんに刺激を受けて、要は早朝から練習を始めた。その疲れのせいか、左足をひねって病院へ。詳しく見てもらうために、入院となった。
| まぁ、お茶でも | 2006/09/13 2:06 AM |
ダンドリ 第10話
詰め込むだけ詰め込んでるのに、慶一君はめったに出てこないよね(´・ω・`)
| まいにちおきらく! | 2006/09/13 2:25 AM |
ダンドリ〜DanceDrill〜vol.10
■ダンドリ〜DanceDrill〜10話脚本/横内謙介出演/榮倉奈々、加藤ローサ、森田彩華、西原亜希、悠城早矢増田貴久、木村了、金子さやか、斎藤洋介、山口香緒里、六角精児入江雅人、坂本あきら、石井愃一、石井康太、篠山輝信いとう麻見、金橋良樹、吉村玉緒、小関裕太、
| windspeed | 2006/09/13 5:03 AM |
ダンドリ:家族の絆・チームの絆
 今回のドラマのダンドリの感想文のサブタイトルをこちらが勝手につけさせていた
| ぶっちゃけしんどい | 2006/09/13 5:51 AM |
ダンドリ。 第10話
いよいよ次回に最終回を控え、色んなことが一気に片付いてきました♪ まずはカルロス(増田貴久)。前回エアメールを読んで顔を曇らせたんで気になってたんですが、どうも両親が新しい農場を作るんで帰って来れなくなったらしい。 カルロスもブラジルへ行っちゃう
| ドラマの話をしてみよう | 2006/09/13 5:58 PM |
ダンドリ 第10話
自分の力を信じて本物のさつき魚になりたかった。大きな魚に生まれ変わって故郷の川に 帰ってくる本物のさつき魚になりたかった。
| くつろぎ日記 | 2006/09/13 7:24 PM |
・フジ「ダンドリ。」第10話
フジのドラマ「ダンドリ」。2006年9月12日(火)は、第10話「大会直前のケガと涙の別れ」でした。 うーん!! 要のダンドリ用のユニフォームに「萌え〜」(笑) 「ダンドリ」出演者メンバー相川要:榮倉奈々      末吉双葉:加藤ローサ 池田まゆ実:森
| たまちゃんのドラマページ | 2006/09/14 12:08 AM |