<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ NANA 32話 「繋いだ手を離さないで」

32話 「繋いだ手を離さないで」
 「トラップネスト」の意味は 罠のある巣箱

 一度入ると自分では抜け出せなくなる

 支配欲の強い男の考えそうな名前だと思った


レンとお世話係木下。
タクミの強引なやり方にちょっと不満をもらした木下に
絶対忠誠の意気込みをみせるレン。

「タクミのやり方が不満ならやめりゃいい。

 一緒に戦う気がねえ兵隊はいらねえんだよ」


ホテルにこもるレイラによばれたシンちゃん。
新曲の歌詞ができないと泣きつくレイラに冷たいシン。
おちゃめなレイラが今日もかわいい。
だんだん脱線していくレイラをちゃんとイスにすわらせて
仕事をするようにいうシンちゃん。
レイラはそのうちメロディーを歌いながら涙を流します。

『レイラはタクミに惚れてたんだよ』

とヤスが言っていた言葉を思い出すシンちゃん。

「きれいな曲。

 やっぱりレンは天才だな。

 あたしが作る薄っぺらな恋物語なんかにしたら台無しだよ・・」

しかしそんなレイラをなぐさめるところは
さすが天性の女たらしとでもいいましょうか。
その若さですばらしすぎる。

「大真面目だ」

シンちゃんとレイラはほんとにお似合いにみえます。

ヤスをたずねてきているのは
すっかりお笑い担当になった(?)ナオキ。
ナオキの語るハチ子像はそうとう悪い女。。。。

「駆け引き上手なうえ料理上手で床上手ときたら

 タクミじゃなくても男ははまるって」


なんか違うけど。
ヤスがタクミとハチは切れたはずだ、というと

「いや、切れねえだろ、あれは。

 タクミがお気に入りの女を

 そうかんたんに手放すわけねえじゃん」


というナオキ。
その言葉に波乱を感じるヤス。

タクミからの電話に声もでないノブ。

「なんとかいえよ!
 
 責任とんのか、手ぇひくのか!
 
 こうしてるまにもガキは育つんだよ!」


ノブにかわってナナが電話にでて

「人の女にちょっかいだすんじゃねえよ

 ハチは今ノブと付き合ってんだから!」


と文句をいうと

「知ってるけど

 人の女に手ぇ出したのはそっちだろ」


というタクミの言葉にナナ呆然。
ハチに電話をかわれといっても
ハチはとてもでられる状態じゃなく。。。
タクミからハチがつわりでつらそうだときいて
さらにショックをうけます。

 つわり?

ノブの子ではなさそうなことを知ると
ノブを怒鳴りつけるナナ。

「なんでそんなにくそ真面目なんだよ、てめえは!」

「何いってんの、おまえ。

 真面目で悪いかよ!

 ガキができたって養う金もねえし当然だろ?」


「タクミの子なの・・・?」

「おまえが泣くな!なきたいのは俺だよ!」

混乱するノブとナナ。
ノブに父親になればいいというナナですが
ノブはタクミが認知するといっていたことを言います。

「そんなのハチを独占するための手段だよ!

 子どもを利用して

 自分のもんにするつもりなんだよ、あの男は!」


「おまえだってそうじゃねえか!

 おれを使ってハチを自分のものにしたいんだろ?

 もういいかげんにしてくれよ・・
 
 おまえ絶対おかしいよ・・

 そんなに言うならおまえが父親になってやれよ・・

 ・・・・・

 おまえがタクミの子をかわいがれるとは思えねえけどな」


 可愛がれねえよ

その場を走り去るナナ。

 嫌だ!産まないで!

タクミは具合の悪いハチをベッドに運びます。
タクミの姉もつわりがひどかったと昔の話をするタクミが
なんだかやさしい。

「ガキの父親が誰でも

 母親は間違いなくおまえなんだから
 
 しっかりしろよ?」


やさしくハチの手をにぎってくれるタクミ。
そこへノブひとりがやってきました。
タクミの離した手をみつめ、ノブと手をつないで
歩いた日のことを思い出し、また涙を流すハチ。

タクミは席をはずし、ノブにハチと話をさせようとします。

「選ぶのは奈々だ。

 父親は二人もいらねえだろ」


ハチをといつめるノブに、
ハチは何もいいわけせずに
ごめんなさいとあやまるのみ。

「なんで謝るんだよ。
 
 きれてなかったのかよ、あいつと!

 弁解してくれよ・・頼むから・・

 嘘でも・・全部信じるから・・・」


「ごめんなさい・・・」

『繋いだ手を決して離さないで

 震えるこの指には赤い糸も誓いの指輪もないけど』


レイラの歌詞ができました。
でも赤い糸をしらないシンちゃんに説明してあげるレイラ。

「でもあたしはそんな運命論には興味ないんだ。

 人と人はどんな関係であれ

 信頼で結ばれるものだと思うから」


笑顔になったレイラをみて微笑むシンちゃん。

 あのさ ハチ

 あたしは あんたに首輪をつけてでも

 自分の足元に繋いでおきたかった

 そんな自分が怖くて

 いつも わざと少しだけ距離をおいた

 友達は今も上手く作れないよ

 まだ少し 怖い



ドロドロは続く。
きちんとケリをつけてからノブのもとにきたつもりだったけど
こんな落とし穴があったとは。
すべては自分の甘い考えからおきたことで
ノブを傷つけてしまい、あやまることもできないんだろうな。
タクミはなんでこんなに優しいんだろう。
案外ナオキのいったことがあたっていて
本気ではまってるとか?

シンちゃんとレイラはいまのところお似合いカップルにみえます。
これまた表には絶対でられないふたりですが。
(シンちゃんの年齢が、、、、)
ショックをうけたナナの行方も気になるところです。


アニメNANA 各話レビュー

アニメNANA公式サイト

NANA-ナナ- 5
NANA-ナナ- 5
2006.11.23 Thursday 09:41 | comments(3) | trackbacks(2) | 
<< テゴマス ミソスープ | main | ふたつのスピカ 11巻発売 >>
ゆるり (2006/11/23 10:37 AM)
ナナとハチの言う通りタクミは「支配欲の強い男」なので、言葉は悪いですが自分のモノにちょっかい出されて頭にきているのだと思います。子供を認知すると即答したのはノブに対して自分の優位性、いろんな意味での「力」の違いを見せたかった。ハチへの優しさも自分に惹きつけるには、こういう種類の優しさを使えばイイと本能で知ってるんだと思います。タクミはオスとしてのサガを強調されたキャラなので、良くも悪くもオスっぽいんですよね。仕事への探求心、女性への執着、だからハチへの優しさは本物だと思います。ただ「オス」なのでそれはハチ一人に注がれるモノでは無いと思いますが。
と、僕の解釈ではこうなりましたが矢沢先生がタクミを「オス」として描いてるのは間違いないと思います。

では長々と駄文失礼しました。
sorcerer (2006/11/23 11:25 AM)
honeyさんこんにちは!

さっき見ましたよ〜!!
もー ノブが可哀想すぎだよー!
ハチ何とか言え!

とはいいつつ、タクミは
色々な意味で大人だなぁ。と、
そう思いました。

可哀想すぎだけど、ノブの負けだよね・・・
納得は行かないけど。

うーん、それぞれの想い
があるから、一概にこうだと良い!
って言えないんだけど・・・
honey (2006/11/23 3:31 PM)
>ゆるりさん

 こんにちは。コメントありがとうございます。
 タクミはたしかにその浮気性なところは気になりますが
 仕事もできるしかっこいいし、
 もてそうないい男の典型ですね。
 もしノブの存在がなかったら、
 ここまで執着しなかったかも・・。
 あっさり捨てそうなキャラにみえなくもないんですが
 そうでもなさそうだし。
 先をマンガで読んで知っているのですが
 この先もタクミはかわらないですね。

>sorcererさん

 こんにちは〜。

 ハチもパニックになっているんですが
 たぶんこれ以上ノブを傷つけまいと
 本心を言わずにいるのでは。
 本当ならいいわけをいっぱいして
 とりすがりたいところなのに。

 矢沢あい、さすがですよねえ。
 話がうますぎます。









NANA ♯32
ついに妊娠がナナの知るところに。この衝撃はすごかったです。怒りでノブに詰め寄る姿は完全に我を忘れてました。 タクミの子供を産んだら、間違いなく遠い存在になってしまいまいますからね。やっぱりハチへの気持ち、尋常じゃないです。 「選ぶのは奈々だ。親父は二
| はざまの欠片 | 2006/11/23 7:44 PM |
赤い糸の伝説
{/kaeru_love/}私の小指にもそんなものが繋がっていたのカナ〜? 『NANA−ナナ−』 32 トラップネストの意味は 罠のある巣箱 一度入ると自力では抜け出せなくなる 支配欲の強い男の考えそうな名前だと思った ナナも同じ穴のむじなじゃないかと思いました。
| マイ・シークレット・ガーデン | 2006/11/24 1:51 PM |