<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

わたしたちの教科書 第7話

第7話
 珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校の体育教師・戸板(大倉孝二)から、
明日香(志田未来)の元担任だという三澤亜紀子(市川実和子)に関する
情報を得る。戸板によれば、亜紀子は病気を理由に休職したことにな
っているが、実は副校長の雨木(風吹ジュン)との間にトラブルも
あったらしい。その際、亜紀子のスナップ写真を手に入れた珠子は、
写真の片隅に焼け焦げた小さなぬいぐるみが写っていることに気付き、
不審を抱く。

 同じころ、直之(谷原章介)は、部下の宇田(前川泰之)をともなって
喜里丘中学校を訪れていた。珠子が訴訟を起こしてくると
確信していた直之は、それに備えるために教師たちから
事情を聞こうとやってきたのだ。耕平(伊藤淳史)や早紀(真木よう子)、
八幡(水嶋ヒロ)らと個別に面談して、事件が起きた当日のようすを
調査する直之たち。早紀は、明日香の死はあくまでも事故であり、
未然に防ぐことはできなかった、と直之に断言した。
一方、耕平は、いじめの存在と自らの落ち度を認めたことを、
珠子がボイスレコーダーで録音していることを直之に伝える。
直之は、珠子がそれを証拠として裁判所に提出し、証人として
出廷するよう請求してくるだろうと耕平に告げるとともに、
耕平を被告のひとりとして訴える可能性もあることを示唆する。

 明日香が暮らしていた児童養護施設を訪れた珠子は、
職員の西原(高田聖子)に亜紀子のことを尋ねるが、
有益な情報を得ることはできなかった。が、その際、珠子は、
渡し忘れた明日香の持ち物だといって質札を手渡される。
どうやら明日香は、質店からお金を借りていたらしい。

 そんな中、珠子は、戸板とともに亜紀子の家を訪ねる。
しかし亜紀子は、明日香の事件にまるで無関心だった。


珠子に情報を売りにきた戸板は
三澤先生は明日香に振り回されて
そのために副校長ににらまれ
その恨みから相沢を殺したと言いますが
副校長ではなく明日香に恨みをはらしたのは。
生徒のほうが弱いからとか、
どうやって殺したかときかれたら窓からつきおとしたとか
言っていることが信用しにくい。
明日香が死んだあの日、外部のものは侵入していないといい
さらに三澤先生の居場所もしらない戸板に
あいそを尽かした様子。
しかし戸板は
「加入一年以内の保険て保険金おりる?」
とヘンなことをいいだしたあと

「三澤先生みつけたらいくらだす?」

ともちかけてきました。

直之は学校へいき、訴訟に対する準備をします。
雨木副校長に

「積木珠子は優秀、かつ確固たる信念をもった弁護士です。」

と言い切る直之。
敵対する間柄になってしまったのが悔やまれます。
直之は先生たちに事情をききます。

耕平に気があるような早紀ですが
耕平は鈍い・・?早紀もどこまで本気なのか謎。
生徒に

「24にもなってさあ女ってもんわかってないよねえ」

と言われる耕平。。。。

直之は、副校長に、
何を守るのかがわからなければ守ることはできないといい
本当のことを教えてほしいといいます。

「藍沢明日香さんに対するいじめは

 あったのですか?なかったのですか?」

そのころ珠子は、戸板からもらった写真に
焼け焦げたような人形がうつっているのに気づきます。

直之は学校をでてきました。

「あの副校長と話して確信したよ。

 本件は我々が勝つことになるだろう」

何をきいたのかはわからず。

理想の「学校の先生」を堪能している耕平。
兼良の悩みの相談にのろうとしたりいい先生きどり。
兼良は耕平に言います。

「この頃変な夢をみます。
 
 学校がまっぷたつに割れて崩れ落ちる夢です。

 そのときいっしょに、僕の体も真っ二つに割れました。

 先生、先生は僕の味方でいてくれますか」

「あたりまえだ。あたりまえだよ。

 どんなことがあっても先生はおまえたちの味方だ」

兼良もなんか危ない。

珠子、養護施設をもう一度たずね、
明日香がもっていた質屋の証書をうけとりました。
そこへやってきた戸板。
三澤先生は近々塾の講師と結婚するらしい。

想像していたキャラとまったく違う!!!

あ・軽〜い。


しかも妊婦さんらしくあすかのことなんか
まったく眼中にない。

「藍沢?

 ああはいはい、藍沢さんね。

 あの子またなんかやらかしたの?」


「いや何かって」

「藍沢明日香は死にました」

「あっそうなの〜」

三澤先生はケーキにしか興味なしで
あまりの態度に戸板がキレました。

「だまってきいてりゃなんだ、その態度!

 それが担任してた生徒が

 死んだってきいたときの態度かよ

 ふざけんなよ!」


「わけわかんないんだけど、

 なんであたしおこられてんの?」


「あたりまえだろ!」

「なんで〜?なんでなんでなんで〜?

 せっかくきてあげたのに、

 なんであたし怒られてるわけ?
 
 しんじらんない」


「おまえな!それでも教師だったのかよ!」

「あんたに言われる覚えない!

 あたしとめようとしたもん。

 あの子がいじめられてたとき、

 とめようとしたもん。

 あたしが悪いんじゃないもん!」


三澤先生おこって行ってしまい、珠子も怒ります。

「だってあいつ、自分の教え子が死んだってのに

 眼の色ひとつ変えず、

 ケーキがどうとか、幼稚園がどうとかって

 そんなことばっかいいやがってよ。

 ・・・違うか。そうじゃねえか。
 
 俺さ、養育費払ってねえんだわ。
 
 5歳の娘がさ、言うのよ。

 パパ、養育費おくってちょうだいって。

 パパはらえねえよ。

 パチンコですりまくって借金まみれなの。

 ね、なんで?同じダメ教師だったのにさ

 こっちは保険金で養育費払おうとまでしてんのに、

 なんであいつだけ。

 ね、なんで?何が違うの?」


「知りません!」

「冷たいね〜、先生」

「は〜。彼女ははじめてみつけた証人なんです」

「わかってますよ。あやまってくればいいんでしょ」

「おねがいします」

おいけかていく戸板。

耕平は、剣道の試合に。

三澤先生を、
「しゃべらないとあんたを訴えるよ」といって
つれてくる戸板。
一からしゃべるのはめんどくさいからと
一年のときの指導記録をかしてくれました。
中には、明日香の体操服がゴミ箱にすててあったこと、
明日香の机の上に消臭剤がおいてあったこと、
机の上に花瓶がおいてあり、菊の花がさしてあったこと
明日香がずぶぬれになっていたこと
椅子の横にに画びょうがあったことなどが書いてありました。

副校長も同じのをもっていたけど
これが最初に書いたもので、学校のは
副校長に学校やめたくなかったら書き直せといわれたものらしい。

いじめを認識していた三澤先生ですが
明日香に話をきいても、しゃべらず副校長は様子見というのみ。
三澤先生は、いじめを扇動してた生徒がわかっていたといい
河川敷で教科書を焼いてる男子生徒をみたといいます。
写真にうつっていた人形もそのときのもの。
燃やしたやつは兼良陸。
話をきいたらあすかも肯定したらしい。

「藍沢明日香をいじめてた首謀者は兼良陸よ」

副校長には報告し、親もよんで話すべきといったものの
副校長はそのまま放置。
親が偉い人だからびびったんじゃない?という三澤先生は
文句いったらやめさせられちゃったと不満を口にします。
さらに三澤先生が、最後に学校にいったとき
また明日香が教科書をもってこなくなっていて
教科書を買うのには実費でお金かかるというと
明日香はわかったとこたえたらしい。

「あたしはやることちゃんとやってたもん!

 悪いのは副校長よ!」


早紀となんかいいかんじの耕平。
早紀は髪型も変えておしゃれに。。

珠子は質屋へ。ついて歩く戸板。
質屋にいれて新しい教科書を買った明日香。

「三澤先生連れてきたお礼は?」

「冗談だよ。

 三澤先生にはさ、おれがちゃんと証言させるから。
 
 ひきずってでもつれてくるから。」

「ありがとう」

「なんだか、くすぐってえな。

 ありがとうとか言われちゃったよ」


「加入一年以内の自殺では、保険金はおりません」

「え?いや、でも偽装すればさ」

「あなたの自殺は偽装だったと、私が保険会社に証言します」

「はあ?」

「養育費は毎月コツコツ支払うしかありませんね」

「ありがとうよ。

 うわ。言われるのもくすぐってえけど

 言うのもくすぐってえな。

 ああ、しょうがねえな。

 頭下げて学校戻るか。

 あ、そしたらさ、あんたに協力できるかもしんねえし」


そういって別れる戸板。

質屋にいった明日香を想い学校へいき
兼良を待ち伏せ、菊の花をみせる珠子。

「これ何かわかる?お葬式のときに使う花よ。

 こんなものを机の上に置かれた人が

 どんな気持ちになるかわかる?

 積木珠子と申します。弁護士です。

 あなたに、ききたいことがあるの。

 兼良くん。あなたと相沢さんとの間に何があったの」

「わけわかんねえ」と去ろうとする兼良をつかまえ

「わからなくない!

 わからなくないわ!わからなくなんかないはずよ!

 考えて!ちゃんと考えて!」


と叫ぶ珠子。そこに耕平が。

「やめてください」

「学校に戻ってろ」と兼良をいかせます。

そのまま珠子をにらんで歩き出しますが
珠子が「加持!」とよびとめます。

「ここは学校です、ここは学校なんです。

 これ以上土足で踏みにじるようなことをするなら、

 僕はあなたを許しません」

副校長が中へどうぞと珠子をまねきいれ
耕平は頭をかかえる兼良をみつけ声をかけます。

「心配するな。先生が、おまえたちを守る」

「なんのご用でしょうか」

珠子は明日香が、質屋に行ったことを話します。
明日香は、壊れていて動かないお父さんの時計を質にいれたのでした。

「彼女はこれを、

 わずかばかりのお金とひきかえにしました。

 たったひとつしかない父との想い出を
 
 お金とひきかえにしました。

 新しい教科書を買うために。

 あれは、あの教科書は、

 お父さんが買ってくれた教科書だったんです。

 しかしそんな教科書もまたすぐに、台無しにされました。

 非情な言葉で、うめつくされました。

 そして彼女は、自ら命を絶ちました。 

 雨木さん、私は、必ずしも訴訟を望んでいるわけではありません。

 裁判によって答えがでるとも

 裁判によって彼女が救われるとでも

 思っていません。

 あなたの言葉ひとつで、

 解決への道が、導き出されることなんです。

 お願いします。

 本当のことを話して下さい。」


頭をさげる珠子。しかし副校長は

「あなたの中ではすでに裁判ははじまっているんでしょ。

 でしたらそこでお話しましょ。」

と行こうとします。

珠子は、教育指導日誌の内容をよみあげます。
三澤先生の報告をただきくだけで何もしなかった副校長。

「副校長は、その必要はなしと判断。
 
 その必要はなしと判断。

 本当に必要はなかったんですか

 どうして目を閉じるんですか?

 眼を閉じていても何も解決しません!
 
 今度開けた時はもっとひどいことになってるだけです!」


「あんたはいつだって目を閉じてたんだ」という
息子の言葉を思い出す副校長。

「雨木さん、私は、この学校を訴えます。」

外へでてきた珠子に不敵な態度をとる兼良とほかの生徒たち。
朋美もいますが、珠子に話しかけられても
無視していってしまいます。

あすかの作文をポケットにしまい
珠子は訴状をつくります。
原告は明日香の父、その代理人の祖父。
被告は中学校。

八幡先生は
「あなたの美声を非難する者は私が抹殺」
「私は神です」

危ないメールを作成中。。。

直之も、転落の目撃者はいないか
念のため状況をしらべてみようと支持。

珠子はいじめの状況をあげ
さらに明日香が、死ぬ前に加持にコインロッカーの鍵を手渡したこと
そのロッカーの中に「死ね」などと書かれた教科書を確認したことも
もりこみます。

雨木副校長は、息子に面会。
昔のおサルのおもちゃの話をのんびり語る母を
にらみあばれだす息子。

「目ん玉ねえのかよ。良く見ろよ。

 これが俺だ!今の俺だ!」


この息子、何をやったのか。

訴訟を起こす珠子。

「原告 相澤謙太郎

 上記原告法定代理人 藍沢惣次郎

 原告原告訴訟代理人 積木珠子」



一番驚いたのは、三澤先生のキャラでしょうか。
ノイローゼ状態にでもなって休職したのかと
思ったのにあんなに明るいとは。。。
それでももとの日誌をもっていたところはすごい。
戸板ももっと悪をつらぬいてくれるのかと思ったのに
またいい人なところをみせてくれるし。
もちろんパチンコで身を滅ぼすほうが悪いんだけど
一応教員免許をとれるくらいなんだから
もっといくらでも道はあったでしょう。
珠子におもわぬ味方ができたのはよかったです。

そして耕平のへたれっぷりにはあきれるばかり。
父の時計を質にいれた明日香の気持ちを思うと
雨木も兼良も許せませんね。

キャスト
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂
加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史
大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎
瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介
藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来
雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン

三澤亜紀子・・・市川実和子

藍沢謙太郎・・・河原雅彦
藍沢惣次郎・謙太郎の父・・・・山本學

【 2年3組 】
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信
洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ

Water Me
Water Me
BONNIE PINK
2007.05.25 Friday 00:00 | comments(0) | trackbacks(20) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン標的32 「市民プールに鮫が出た」 | main | DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第8話 「五月雨にクチナシは香りを放ち・・・後編」 >>









わたしたちの教科書 【第7話】 第一部完結!!提訴
わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第7話を見ました。 ■わたしたちの教科書 「第7話」 あらすじ  珠子(菅野美穂)は戸板(大倉孝二)から、明日香(志田未来)の元担任・亜紀子(市川実和子)についての情報を得る。亜紀子は病気を理由
| THE有頂天ブログ | 2007/05/25 12:07 AM |
『わたしたちの教科書』 第7話 「第一部完結!!提訴」メモ
いきなり第一部・・なんて言われてもさぁ。 一区切りというよりは方向性が決まったってことかな。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/05/25 12:16 AM |
わたしたちの教科書 第7話:第一部完結!!提訴
兼良ぃ〜!ε=(怒゚Д゚)ノノ ゴルアァアァアァ!!!!! イジメの首謀者はてめぇだったんかぃ!{/hiyo_ang1/} で、何食わぬ顔して…つか、むしろ傷ついたふりして、加地をすっかり手懐けやがって! 何が怖いって、明日香が死んだ事に対して、全然罪の意識が無いのが恐ろ
| あるがまま・・・ | 2007/05/25 12:20 AM |
わたしたちの教科書 第7回
なんか結構意外な展開になりつつありますね〜。 謹慎処分になっている戸板が珠子に
| せるふぉん☆こだわりの日記 | 2007/05/25 12:52 AM |
わたしたちの教科書 第7話
第1部完! ついにいじめの犯人が判明しました。 今まで散々おあずけを食らってきただけに、今回も元担任が口を開く前に何かハプニングが起きて会話中断ってことになるんじゃ……と疑心暗鬼になっていましたが杞憂でした(笑) 犯人は剣道部の子か……。 彼の父親
| 今日からきっといいお天気 | 2007/05/25 1:13 AM |
私たちの教科書 第7話
ながら見になってしまったので、簡単に… かなり大きく動きがありました。 前担任である三澤先生、最初はしょうもない人だなぁと思ったけど(爆 ちゃんと明日香のいじめのことにも気づき、明日香と対話し、それらの出来事を 書き留め、副校長にもその都度話をしてい
| 日々緩々。 | 2007/05/25 1:17 AM |
わたしたちの教科書 第6話&第7話
ついに6話レビューを書くヒマがないまま7話が放送されてしまった!! 仕方ないので2話連続レビュー。今週はリアルタイムで見れたしね。 いつもTBでお世話になっている方々へ 何時もありがとうございます。TBは6話分も送らせていただきますが、面倒ならば7話分のみ
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/05/25 1:46 AM |
《わたしたちの教科書》◇#07
瀬良が、学校へ出張ってきた。教師たちに個別に聞き取り調査をし、大城は、学年担任として落ち度は無かったといった。 直之は、雨木に本当の所をと言って、藍沢明日香に対するいじめがあったのかと聞いた。返事はどうだったのでしょうね。勝利を確信している直之が気に
| まぁ、お茶でも | 2007/05/25 2:06 AM |
わたしたちの教科書 第7回 短め感想
『第一部完結!!提訴』
| ぐ〜たらにっき | 2007/05/25 10:33 AM |
吉良綺羅はスイーツがお好き(わたしたちの教科書#7)
『わたしたちの教科書』先週は半分夢の中だったんで休み。また映画に出る・・・のでよろしくね(爆)映画『HERO』エキストラレポート私が女子生徒から相談を受けるキャラクターに見えますか?全く持って見えませぬ。 ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!佐
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/05/25 12:03 PM |
フジテレビ「わたしたちの教科書」第7話:第一部完結!! 提訴
明日香へのいじめの首謀者とされる兼良。明日香の死はいじめを苦にした自殺と考える珠子。息子に拒絶されたままの雨木のポーカーフェイスぶり。ストーリーは急展開です。
| 伊達でございます! | 2007/05/25 1:03 PM |
わたしたちの教科書 第7話
どうして目を閉じるのですか?今度目を開けた時はもっとひどくなってるだけです!
| くつろぎ日記 | 2007/05/25 3:04 PM |
なぜ、いじめから目をそらすのですか?(菅野美穂)
珠子(菅野)は苦しい。弁護士であるほどの知力。過去を再現する想像力が自らの過ちを
| キッドのブログinココログ | 2007/05/25 4:42 PM |
わたしたちの教科書〜第7話・私は、この学校を訴えます!
わたしたちの教科書ですが、弁護士・積木珠子(菅野美穂)はいよいよ学校を訴えるようです。学校側は、かつての恋人・瀬里(谷原章介)を雇いますが、積木に敬意を払いつつ容赦はしないようです。積木はリストラ寸前の体育教師・戸板から情報を得ます。(わたしたちの教
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/05/25 4:55 PM |
わたしたちの教科書 第7話 「第一部完結!!提訴」
兼良陸(冨浦智嗣)が明日香(志田未来)をいぢめてたのね・・・。 く〜このやろ〜!!
| テレビお気楽日記 | 2007/05/25 6:16 PM |
わたしたちの教科書(5月25日)
とうとう、珠子(菅野美穂)は、訴状を提出し、法廷へ! 裏切り者・加地(伊藤淳史)にかわり、学校を放逐された戸板(大倉孝二)の協力で、三澤(市川実加子)の指導記録を入手、イジメの事実を副校長(風吹ジュン)も認識していたこともつかむのですが・・・・ そし
| 今日感 | 2007/05/26 8:01 AM |
わたしたちの教科書 ~迷走しすぎだよ~
な~んか話がひっちゃかめっちゃか。 大倉孝二演じる戸板先生のキャラの変わりようは、おかしすぎる。 いろんな人のキャラクターが回を進むごとに変わっていて一定しない。 つまり、話しを展開しやすいように、キャラクターを変えてしまっている。 脚本のレベルの低さも
| ドラマ!テレビ!言いたい放題 | 2007/05/26 4:43 PM |
「わたしたちの教科書」(第7話:「第一部完結!!提訴」)
今回の「わたしたちの教科書」は、珠子(菅野美穂)が三澤亜紀子(市川実和子)を訪ねたりする、というものだ。今回のエピソードを見て鉄火丼は「何が何でも2年3組の生徒全員を[?]へ連れて行きたい!!! そして雨木(風吹ジュン)だけは…!!!」という気持ちでいっぱいにな
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2007/05/26 6:14 PM |
「わたしたちの教科書」第7話
『第一部完結!!提訴』
| 気ままにいきましょう! | 2007/05/28 1:37 PM |
わたしたちの教科書 第7話
わたしたちの教科書 第7話 フジテレビ 2007/05/24 (木) 22:00〜 「第一部完結!!提訴 」 ★はじめに やっと11話を見た現在、ここまで遡って書くとなると、正直辛い。 どんな話だったっけ・・・ 兼良!舌を出す! そうそう、第一部完結だっけ。 第7
| シャブリの気になったもの | 2007/06/27 6:41 AM |