<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

わたしたちの教科書 第9話

わたしたちの教科書 第9話
裁判で苦戦を強いられている珠子(菅野美穂)に追い討ちをかけるかの
ように、週刊誌には彼女に関する中傷記事が出始めていた。
珠子は、自分が捨てた子どもの事故死をネタに、
中学校を脅迫する悪徳弁護士だというのだ。

 そんな折、戸板(大倉孝二)は、耕平(伊藤淳史)と早紀(真木よう子)
の会話を偶然耳にする。過酷な業務が続いて耕平が倒れたとき、
何者かが、いじめの証拠となる明日香(志田未来)の教科書が
隠してあった保管庫の暗証番号を、コースターに書いて
耕平の服の上に置いたのだという。

 戸板は、そのコースターの裏表をコピーし、珠子に手渡した。
それを見た珠子は、耕平に暗証番号を教えたその人物は明日香が
いじめられていたことも知っていた可能性があると推測する。

 一方、直之(谷原章介)も、副校長の雨木(風吹ジュン)とともに、
学校を裏切る可能性がある人物の特定を急いでいた。耕平に
コースターを渡した人物が、珠子に説得されて学校側に
不利な証言をする前に手を打たなければならないのだ。
直之たちは、教師たちの中で不審な行動を取る者がいないか、
さっそく調査を開始する。

 あくる日、珠子は、コースターに描かれていたロゴマークを元に、『FLYING ELEPHANT』というクラブを訪れる。同じころ、耕平は、
熊沢(佐藤二朗)に誘われて繁華街で飲んでいた。その際、熊沢は、
友人らしき女の子たちと一緒にいる娘・桜(波瑠)の姿を見かける。
実は桜は、友人の家を泊まり歩き、ひと月以上も家に
帰ってこないのだという。事情を知った耕平は、翌日から、
熊沢と一緒に桜を探すことになったが…。


「ボクはみにくい。

 みにくいクロいニワトリだ。

 クジャクは言った、君の羽根はきもちわるい。。

 インコは言った、君のにおいはとてもくさい。

 ツグミが言った、君はなかまじゃない。

 鳥たちが言った、君は鳥じゃない。」


今にも飛び降りようとしていたポー(かずこ)に
珠子が電話し間一髪でまにいました

を事務所によんだ珠子。
ポーは自分がいじめらていたって思ったのかと怒りだします。

「いじめられるのって恥ずかしいことでしょう!」

そんなポーに、この「クロいニワトリ」という詩が好きで
明日香も自分のことをこう思っていたのかもという珠子。
でも、珠子は自分を頼ってきた明日香を突き放したから
罪滅ぼしがしたいんだ、とかずこは責めます。

学校では裁判もおちつきをみせ
加持はこの間のことを早紀に謝ります。

加持は机の中から、前にもらったコースターをみつけ
誰かが教科書をみつけさせようとしたことを
早紀に話します。

荒れる八幡先生。
吉岡先生といっしょにきているようですが
そのお店のコースターがあのときと同じもの・・・。

珠子が明日香を捨てたことなどが
週刊誌の記事になりました。
珠子、また厳しい場面にたたされます。

戸板先生は、珠子にコースターの話をします。
珠子は職員室の中に味方がいると思い、
直之は敵がいると考えまます。
熊沢先生はエロ本をもっていたことをみつかり
吉越先生は夜のバイトをしていた。。。
それぞれその「ジョーカーを」さがしはじめます。

珠子は戸板先生に、戸板先生も疑われているかもしれないから
行動に気をつけるようにいい、
さらに山田かずこから目を離さないようにしてと頼みました。

珠子はポーに電話します。
コスプレパーティーに誘うポー。
いや、似あうかも、ほんとに。
珠子は例のコースターのお店へ。

熊沢先生と歩いていた耕平。
そこで熊沢先生の娘をみかけます。
友達の家を泊まり歩いていて
一か月以上家に戻ってないらしい。

珠子はあすかのことについて、吉越先生をといつめます。

「あなたは学校にいじめがないとおもってらっしゃるんですか?」

先生がいじめの存在に気づいてくれるのを生徒も待ってると
いう珠子に

「いやなんです。

 あたし、こういうめんどくさいことにまきこまれるの

 いやなんです」

帰宅した副校長。
ひろげてあった週刊誌。
息子は学校にいじめがあったんだ、といいますが

「別にいいじゃん。俺みたいに人さしちゃうよりは」

さしたのか。。。。

珠子は吉越先生を証人としてよびたいといい
警戒する直之。
さっそく副校長とふたり手をうちますが。。。

熊沢先生を心配して声をかける加持。
熊沢先生は、ポーをみかけ、その前に
ばらばらに落ちている髪の毛をみつけます。
前髪がばらばらにきられているポー。
しかし「自分でやりました」というポーに
「そうか、ちゃんとしとけ」というだけ・・・。

珠子は、着信があったからとポーに電話します。

「あなたは?元気?」

「元気、ですよ」

でもその言葉に違和感を感じた珠子。
コスプレの話題をだしますが、ポーはもうやめたと
いって電話を切りそうに。

「ねえ、ポーちゃん」

「なに?」

「いまからあおっか。すぐにいくから。いまどこにいる?」

「13階」

またいました、ビルの屋上の端っこに、、、、

熊沢先生といっしょに娘をさがす加持。
ちょうど万引きをして疑われている娘を発見、
かけよっていきますが、それは誤解だったようです。
熊沢先生には、以前も、娘を信じなかった過去があるらしい。
娘さんは先生に胸をさわられたからその先生を殴ったのに
お父さんはそのままでは娘が退学になるからと
先生にあやまったらしい。

「わたし、お父さんにもあの先生をなぐってほしかった。」

と言って去っていく娘。
その娘さんのいうことと自分ととどっちが正しいかと
加持にたずねる熊沢先生。
先生のいうことは大人の意見だし
娘さんもいつかわかるという優等生的な答えをかえす加持に

「わかってほしくねえよぉ。

 黒いものを黒いといえなくなる。

 白いものを白いといえなくなる。

 それが大人だ。それが俺だ」


という熊沢先生。

ポーを心配していく珠子。
その場に膝をかかえてすわるポーを抱きしめる珠子。
泣きだすポー。

「ごめんねえ。

 藍沢さんのことであなたにひどいこといって

 あれ本当はあたしのことなの。

 あたし。。藍沢さんがいじめられてること

 ずっと知ってた。

 でも、でも、あたしずっと知らん顔してた。

 見て見ぬふりしてた。

 ごめんなさい。

 ごめんなさい。」


珠子は家にポーをつれてきてベッドにやすませます。

「あのね。あたし、藍沢さんの次だったの。」

「もしかしてあれからずっと?」

「藍沢さんがしんじゃってから、ずっとあたし・・」

「つらかったね。ひどいね」

「あたしの靴を捨てた須藤さんは

 シュークリームをみるとはいちゃうの。

 子どもの頃、お母さんが家にかえってこないときは

 いつもシュークリームがおいてあったの。

 あたしの机の中にゴミをいれるヤマニシさんは

 勉強が女子で一番だけど

 ときどき、腿をコンパスで自分で刺してるの。

 誰かをいじめないと、普通じゃいられないんだね。

 すごくかわいそうなんだね。
 
 でもなんかさあ、疲れちゃった。

 まだ14なのに、すごく疲れちゃった。」


「もう大丈夫よ。もうあなたが二度といじめられないように

 私が学校に」

「だめ!」

「え?」

「だめ!。言わないで!学校には言わないで!

 おねがい、知られたくないの」

「でも、このままじゃ。

 誰かに気づいてほしかったから

 加持先生のあんな写真をとったんじゃないの?」

「学校に、脅迫状おくったり

 校舎の壁に、自分のノートにかかれたのと

 同じ落書きしたりした。

 誰かに気づかれるのがこわかった。

 誰にも気づかれないのも怖かった。

 変だよね。そんなの変だよね。

 でも、学校は助けてくれない」


「わかったわ。あなたのことは誰にも言わないわ。

 お父さんお母さんは?気づいてない?」

「あたしがいじめられてるってしったら

 悲しくて泣くと思う。」

「それでも話してあげて。

 おねがい。話してあげて

 お父さんやお母さんがそれで泣くのは、

 あなたのことが恥ずかしいからじゃない。

 あなたのことが、好きだからなのよ。
 
 涙が出るのは、そこに、

 まだ希望があるからなのよ。」


さらに珠子は続けます。

「明日から学校にいくのはやめて。

 行かなくていいの。

 無理に行かなくてもいいのよ。」


珠子、いいこと言う!!

「少しねむったら。

 目が覚めたらおうちまでおくる。」

ようやくほっとして眠りにつくポー。

その後、裁判に欠席した吉越。
直之は都合が悪くなったというだけで
今日の尋問は熊沢先生。

戸板先生は吉越のところまでいって
法廷までつれていこうと頑張り中。

熊沢の証言では、転落したという方向にもっていくもの。

吉越先生に、副校長に釘をさされているんだろという戸板先生、
吉越先生は、学校にいじめがないとは思わないけど
何も知らないと言い張ります。

熊沢先生に質問する珠子。
あすかが窓から身をのりだしているのをみたことがあるかと
たずねます。

吉越先生は、生徒たちのことを何も知らなかったから
もしいじめがあったと明らかになったら
生徒をみすててきたことになるから怖いといいます。
コースターのことをたずねると
吉越先生はそれは自分じゃないと言いますが
店に連れていった人とは?

証人尋問がおわりそうなところへ
戸板先生がはいってきました。

「ジョーカーは、熊沢先生だ」

直之は察してその場を終わらせようとしましたが
熊沢先生はあの店に出入りしていた娘にあいに
いったそう。
もう一度尋問をとくいさがる珠子の訴えがみとめられ
再び熊沢先生が証言台に。

明日香となんらかの形でかかわりをもったことは
あるかと尋ねる珠子にないという熊沢先生。

「今現在、喜里丘中学校にいじめはありますか。」

黙ったままの熊沢先生。

「答えてください。

 答えてください。

 学校にいじめがあることは、そんなに怖いことなのでしょうか。

 教師がいじめの存在におびえるから

 生徒も、いじめを告白できないのではありませんか?

 教師がいじめを認めなければ、

 いじめはなくならないのではありませんか?

 どうしてあるものをあるといえないのでしょう。
 
 どうしてまちがっていることを

 まちがっているといえないのでしょう。

 何にも惑わされることもなく

 かりてきた言葉でもなく

 大人が、ただ本当のことを話すこと、

 それこそが、子供たちの心の声を導き出す

 第一歩なのではありませんか。

 熊沢先生、本当のことを話して下さい」


直之が邪魔をし、質問がさえぎられそうになったとき
熊沢先生が話をはじめます。
途中から泣きながら話します。

「藍沢のことなんですが

 相沢が一年のとき、三月の終わりごろ

 相沢が、靴をはかずに帰ろうとしていました。

 前にいた学校で、そういうところを

 何度かみたことがあったから

 ぴんときました。」


「何にですか」

「誰かに靴をかくされたんだと。」

「そのとき、明日香さんに声をかけたのですか」

「いや、かけてません。

 ただ、靴を探してやりました。

 生徒が全員下校したあと、私は校内をまわって

 藍沢の靴を探しました。

 きゅ、給食室の、裏の、ゴミ、ゴミ箱の中に

 藍沢の靴がありました。

 い、いろんなものが、こびりついて

 ひどい、ひどく汚れて

 私はそれをハンカチでふいて、

 藍沢のゴミ箱にもどしておきました。

 それだけです。

 私が、私が、藍沢のためにしたことは、

 それだけです。」


「その後も、明日香さんに声をかけなかったのですか」

「できませんでした」

「どうしてですか」

「雨木副校長が、三澤先生に

 日誌を書きなおさせているのをみたからです。

 副校長はそのとき藍沢さんのことは私が解決するから

 口をだすなときつくおっしゃってました。

 私がここで、藍沢のことを進言したら

 三澤先生の二のまいになる、そう思いました」



「いじめは、あったのですね」


「当校には・・・当校には・・

 いじめがございます。

 私は、私は、教師としてそれをみすごしてまいりました。

 心より、おわび申し上げます」


頭をさげる熊沢先生。
直之をみつめる珠子。
やられたという表情の副校長。



ああ、ようやく話しがすすみました。
熊沢先生の娘さんの言葉があればこそ
熊沢先生の気持ちも動いたんですね。
泣きながら告白しあやまる先生は
いまさらとはいえ立派でした。

ポーをぎりぎりのところで救えた珠子。
親にもいえないものなんですよね、いじめって。。
学校に言えず親にも言えず
それじゃやっぱり生きていられないでしょう。
死ぬくらいなら学校行かなくていいと思います、私も。

すっかり影の薄い加地が予告で辞表を手にしていましたが
ほんとにその方がいいかもね。
逃げるだけってことになりますが。

いまさらですが、この学校、校長は?

イジメ関連の本。
実態はほんとにこんなものかも。

ナイフ
ナイフ
重松 清


キャスト
積木 珠子(30) ・・・・ 菅野 美穂
加地 耕平(24) ・・・・ 伊藤 淳史
大城 早紀(27) ・・・・ 真木 よう子
吉越 希美(25) ・・・・ 酒井 若菜
戸板 篤彦(29) ・・・・ 大倉 孝二
八幡 大輔(25) ・・・・ 水嶋 ヒロ
熊沢 茂市(45) ・・・・ 佐藤 二朗
雨木 音也(20) ・・・・ 五十嵐 隼士
宇田 昌史(30) ・・・・ 前川 泰之
大桑 久雄(40) ・・・・ 戸田 昌宏
日野 圭輔(?) ・・・・ 小市 慢太郎
瀬里 直之(36) ・・・・ 谷原 章介
藍沢 明日香(14) ・・・・ 志田 未来
雨木 真澄(53) ・・・・ 風吹 ジュン

三澤亜紀子・・・市川実和子

藍沢謙太郎・・・河原雅彦
藍沢惣次郎・謙太郎の父・・・・山本學

【 2年3組 】
仁科 朋美 ・・・・ 谷村 美月
山田 加寿子 ・・・・ 鈴木 かすみ
須藤 彩佳 ・・・・ 柳田 衣里佳
山西 麻衣 ・・・・ 伊藤 沙莉
野部 千春 ・・・・ 山本 ひかる
兼良 陸 ・・・・ 冨浦 智嗣
本多 雅樹 ・・・・ 池田 晃信
洋食屋『ぶらじる』コック ・・・・ 土田 アシモ
洋食屋『ぶらじる』おばちゃん ・・・・ よしの よしこ

Water Me
Water Me
BONNIE PINK
2007.06.07 Thursday 23:29 | comments(4) | trackbacks(19) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン標的34 「ヴァリアー来る!」 | main | DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第10話 「純白のドレスは少女の夢と血に染まる… 後編」 >>
くう (2007/06/07 11:42 PM)
honeyさん、こんばんわ(^.^)

えっと、のだめさんのトラバが来てましたので
一応、ご報告(^^;ゞ

裁判のシーンの緊張感と解けた時の緊張で、
本当に上手いドラマだわ〜。。。
と思いました。
ようやく、裁判に光が見えてきましたね。
明日香がされて来た事を思うと心が痛いです。
honey (2007/06/07 11:46 PM)
くうさん、こんばんは。

ええ?!それはたいへん失礼をしました。
お手数おかけしますが削除お願いしますm(__)m
すみませんでした。

最初はただただ暗いだけのドラマだなと思っていたのですが
(まあ今も暗いけど)毎回うまく見せ場をつくってありますね。
学校はいじめを隠したいようですが
ほんとに何の解決にもなりませんよね。
真珠 (2007/06/08 11:40 PM)
こんばんわ。

>いまさらですが、この学校、校長は?

私もずっとそれ不思議に思ってます。
最後に登場するのでしょうか・・
TB頂いて行きますね。

http://haiteitumo.blog53.fc2.com/blog-entry-526.html
honey (2007/06/09 10:20 AM)
真珠さん、こんにちは。

裁判にえ顔をみせませんしどうなんでしょうね。
ラスボス・・?









【わたしたちの教科書】第9話
黒い物を黒いと言えなくなる。白い物を白いと言えなくなる。それが大人だ。それが俺だ。上下関係、しがらみ。。。そういう物の中で、臭い物に蓋をするように痛い物には触れないようにそんな風に、息を殺して生きている大人にも良心はあった。みんな、心の痛みを抱えて生
| 見取り八段・実0段 | 2007/06/07 11:39 PM |
わたしたちの教科書 第9話 「大逆転の重要証人」
なんとかポー(鈴木かすみ)と携帯がつながり、仔猫の飼い主を捜してあげると飛び降りを阻止する珠子(菅野美穂)。
| テレビお気楽日記 | 2007/06/07 11:52 PM |
わたしたちの教科書 【第9話】 大逆転の重要証人
わたしたちの教科書 菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第9話を見ました。 ■わたしたちの教科書 「第9話」 あらすじ  珠子(菅野美穂)は裁判で苦戦を強いられていた。週刊誌には彼女の中傷記事が出始める。そんな折、戸板(大倉孝二)は、明日香(志
| THE有頂天ブログ | 2007/06/07 11:55 PM |
わたしたちの教科書〜第9話・ジョーカー!
わたしたちの教科書ですが、屋上に上ったポー様に積木珠子(菅野美穂)から電話をかけるところから始まります。積木がどこまで現状を把握していたかは分かりませんが、いじめを匂わせる詩集を渡されているので慎重に対処します。(わたしたちの教科書、第9話感想、以下
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2007/06/07 11:56 PM |
『わたしたちの教科書』 第9話 「大逆転の重要証人」メモ
今回、ラストの証人喚問はかなりよかったと思います。
| つれづれなる・・・日記? | 2007/06/08 12:05 AM |
わたしたちの教科書 第9話:大逆転の重要証人
熊沢先生、よくぞ…(*;ェ;*)ゥェェン 涙ながらに証言した熊沢先生。そうよね、人として、教師として、このまま ウソをつき続けるって罪な事だわよね。 なのに、雨木の野郎ったら!!!「ちっ、バレたか!」 てな表情をしてやがりましたわよ〜ったく!{/kuri_4/} さて
| あるがまま・・・ | 2007/06/08 12:35 AM |
わたしたちの教科書 第9回 短め感想
『大逆転の重要証人』
| ぐ〜たらにっき | 2007/06/08 12:40 AM |
わたしたちの教科書 第9回
すごい怒涛の展開!! とうとう山田加寿子がいじめられている事を認めた。明日香が
| せるふぉん☆こだわりの日記 | 2007/06/08 12:52 AM |
《わたしたちの教科書》◇#09
「いじめられるのって、恥ずかしいことでしょう?」ビルの屋上で躊躇していたポーこと山田和子は、自分がいじめられていることを認めようとしなかった。あぁ、でも飛び降りなくて、良かった!
| まぁ、お茶でも | 2007/06/08 1:41 AM |
「わたしたちの教科書 第9話」熊沢の懺悔
何にも惑わされるのでなく借りてきた言葉でなく大人がただ本当のことを話す。それこそが子供たちの心の声を導き出す第一歩なのではありませんか
| バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) | 2007/06/08 1:42 AM |
わたしたちの教科書(6月7日)
「あることをどうしてあるといえないのですか?」 とても、ストレートな問いかけなのですが、なぜか心に響くものがありました。珠子(菅野美穂)の演技もさることながら、脚本がいいです。
| 今日感 | 2007/06/08 7:43 AM |
ジョーカー熊沢の告白(わたしたちの教科書#9)
『わたしたちの教科書』佐藤二朗38歳、俳優、劇団ちからわざ主宰。あなたは目撃しただろうか?「いじめを見過ごして参りました事をここでお詫び申し上げます」と涙を流しながら、人殺しの母・雨木の呪縛から解き放たれ、学校にいじめがあったことを告白するシーンを演
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2007/06/08 3:18 PM |
わたしたちの教科書 第9話
怒涛の展開過ぎてどこから書けば良いのやら… とりあえず。 今週のやさぐれ元仮面ライダー数学教師 「こういうとこ、良く来るんだぁ〜?」 もはややさぐるまさん以上の自暴自棄w クラブなんて君のイメージじゃないぞ? 今週の元ウルトラマン傷害事件の犯人
| 特撮警備隊3バるカんベース | 2007/06/08 3:21 PM |
わたしたちの教科書 第9話
当校に、いじめはございます。 今日まで私は教師としてそれを見過ごしてまいりました。 申し訳ございません。心よりお詫びいたします。
| くつろぎ日記 | 2007/06/08 7:35 PM |
わたしたちの教科書  第9回
やっと 核心に触れてきました。 一人きりの戦いと 思った 珠子でしたが 以外にも ずっと 戸板が手伝ってくれて 学校内部の情報を流してくれていました。 一方 珠子は ポーというコスプレ好きの女子
| ドラマ漬け・バラエティもちょっちね! | 2007/06/08 11:50 PM |
「わたしたちの教科書」第9話 評価3.0(5段階)
 前回、明日香(志田未来)の一年生のときの担任、三澤と、事件当時(二年生)の担任、加地(伊藤)の二人が原告側証人として出廷したが、被告側弁護人:瀬里(谷原)によって撃破され、完敗となった積木珠子(菅野)だったが、今回は、国語教師の熊沢先生が最初は被告
| 追憶 | 2007/06/10 3:05 PM |
「わたしたちの教科書」第9話
『大逆転の重要証人』
| 気ままにいきましょう! | 2007/06/10 7:36 PM |
「わたしたちの教科書」(第9話:「大逆転の重要証人」)
今回の「わたしたちの教科書」は、珠子(菅野美穂)がポー様(山田かすみ)に電話をする、というところから話は始まる。今回のエピソードの中盤で、ポー様は珠子に明日香(志田未来)がいじめられている時に見て見ぬふりをしたことや、明日香が自殺してからずっといじめ
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2007/06/13 1:03 AM |
わたしたちの教科書 第9話
わたしたちの教科書 第9話 フジテレビ 2007/06/07 (木) 22:00〜 「大逆転の重要証人」 ★はじめに やっと11話を見た現在、やっと残すところ3話か。 どんな話だったっけ・・・ ぼくはみにくい・・ あ、ポー様の、黒いニワトリ・・・ おお〜〜!! 飛び
| シャブリの気になったもの | 2007/06/27 6:37 PM |