<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ デスノート 第33話「嘲笑」

第33話「嘲笑」
レスターをよびもどし自分も日本へいくというニア。
入れ替わりですか?と不思議に思うレスターに

「私は一人で飛行機に乗る手続等を

 したことがありません。

 一度戻ってもらい、いっしょに日本へ」


社会生活能力低そうだしな。。。

タッキィから探りをいれるために
NHNに入れるように、ミサミサを復帰させることに。
ミサ、休業してたんですか。
マネージャーは模木さん。

ニアからの通信が入ります。

「私はキラを捕まえるべく、今、日本にいます」

自信満々のニアは、Lが高田清美に接触していることもたしかめ
タッキィにSPKメンバーがキラ逮捕のために日本に入ったということ、
そのメンバーは、指揮官をとる自分をいれてたったの4人だということを
伝えるようにいいます。

「キラが逃げるはずもない。

 必ず我々を殺すべく動く。

 そこを、返り討ちにしてみせます」


『返り討ちだと?

 いいだろう ニア、その挑戦、受けてやる!』


「私は日本にいます」

「私も日本にいます」

「ならば、近いうちに、

 顔を合わせることになるかもしれませんね」

「そうですね」

「その時はよろしくお願いします」

「はい」

『その時、キラとの決着を』

『必ず』

キラとニア、ふたりとも怖い、、

『考えてみればあの時から

 これはLと一対一の戦い。
 
 ただLが、Lの息のかかった者に成りかわっただけ。

 いいだろうニア、お前がでてくるのなら、僕も出ていこう。

 そして相対した時、どちらがそれにより備え

 どちらがより上をいくか。

 その時、この戦いが終わり

 僕が頂点として立つ始まりとなる!』



ニアが人形を使って状況整理。

キラは夜神ライトでこれは決定事項、
このキラはLキラ。
で、今実際にノートを使っているのはXキラで
Xキラが死神の目をもっているのは確実。
LキラとXキラは、高田清美を介し
意思の疎通をはかっている。
と全部見抜かれてます。

キラに勝つ方法は2つ。
1つは、Lキラ・Xキラを殺してノートを没収すること。
が、このやりかたは私たちのやり方ではないので
絶対にやらないというニア。

「人を殺しておいて裁きがとまったから

 という事後承諾的なやり方では

 私やLのやり方ではありません。

 Lが浮かばれません。

 Lが、次の者に託した意味がない」


あれ?二つ目の説明はなし?

タッキィとあっているライト。
高田様にはファンレターが1日200通もくるらしい。
盗聴器がしかけられていますがカメラはなしなので
ライトはタッキィと別の会話をしながら筆談で用件を伝えます。

タッキィからキラによびかけてみないかと言う一方で
これからは、キラとして裁きをしてほしいと言うライト。
驚いて、思わず立ち上がってしまうタッキィを
うまく落ち着かせるあたりがさすがなれてます。

いつものように「削除」をする魅上君に
タッキィが電話で、ライトからの指示をつたえます。
ファンレターのふりをして白紙のノートを5枚タッキィに送り、
そのあと極限まで似せたノートを作り
偽のノートで裁きのふりをするようにというと
魅上君はちょっと驚いたようですがここはさすが忠実な下僕。

『神。何を? いや、考える必要はない。

 神は絶対。

 私は神の召すままに』


テレビでは「今日の高田様」。

キラ王国と似たようなセンスな気がしますが。。。
高田様にはボディガード4人いて
そのうちのリドナーがSPKメンバーだとすぐ気付くライト。

ニアも、Xキラ探しにのりだし、
Xキラは、タッキィががキラ崇拝者だと知っていたものと推理。
たくさんのキラ事件に関する映像を見て考えます。
ここがまたこわいというか、人間技じゃないというか
目光ってて宇宙人みたいです。

そして、ニア、魅上を発見。

廊下で出会ったミサはタッキィにライバル心むきだし。
思わずつっかかっていって
リドナーにおさえられるミサですが
ほとんど相手にされてない。

また捜査本部に連絡をいれてきたニアは
相沢さんから、ライトとタッキィの密会は
今は盗聴器だけで確認してるときいて、
タッキィを通して、
LキラとXキラは連絡が取れていると確信しました。

ライトの注意をタッキィやリドナーに向けさせておいて、
その間に魅上を調べるというニア。

魅上くんをジェバンニが尾行しますが
実に規則正しい、あやしげなところもない生活のよう。

ミサに、タッキィから一度食事をと申し込みがありました。 

『清美め、何を』

と思いながら負けてはなるものかとミサはOK。

個室にはリドナーも同席。

ワインをやけ酒のように飲むミサに、タッキィが一言。

「彼、忙しそうだけどちゃんとあえてます?」

『こいつ、自分はあえてミサは会えてないのわかってて。

 なんてやつ。』

「あえてるっていうか、

 彼ってああみえて案外甘えん坊だから

 帰ってくるとべたべたでたいへんたいへん」


と嘘をついたうえに、

「ミサ、歌謡祭で彼との婚約発表するから」

と電撃発言。
一瞬動揺したタッキィだけど

「そうね、できるといいわね」

と余裕。
ミサは負けそうでさらにくやしまぎれの発言。
 
「ミサもキラが好きだったけど、どう もうすぐライトが捕まえる。

 つかまればただじゃすまないわよ。

 きっとあなたも、死刑」

というのをきいて、タッキィ、勝った・・・・・!ライトがキラなのに、知らないのね、というところでしょうか。
むせたふりをして、笑ってますよーーー。
そのあとミサと食事するのは不愉快だとでていってしまうタッキィ。
よっぱらったミサがモッチーには勝ったといってましたが
完璧に負けてました。

ニアにその報告をするリドナー。

「今晩の高田とあまねの件ですが

 会話の内容は彼、つまり夜神ライトの恋人が

 どっちの恋人かでもめているとしか」


「このことから言えるのは

 夜神ライトは、もてる。

 高田、あまねは、夜神ライトの虜。」


「ニア、真面目に」

「真面目に虜と言うのは厄介です、

 そう簡単には裏切らない。
 
 いや、意のままに動かせる」


ですねえ。
デスノートをひろったのがライトじゃなかったら
こんなうまくいってなかったかも。。。

魅上君を監視するジェバンニ。
電車内で迷惑行為を目撃した魅上君は
眼鏡をはずし、携帯で写真を撮った後
カバンからノートをとりだしました。

「ジェバンニです、魅上がノートを取り出しました。

 まさか、あれが」

バレバレ。

しかも電車内なのに

「削除」 されて

削除された男、倒れました。

魅上君、Xキラ確定。


魅上君、不注意すぎ。。。
仮にも神の代理人なのに。

タッキィとミサミサの女の対決は見ものでしたが
利用されるだけ捨てられそうなミサミサがかわいそう。
ライト、ほんとに悪い男だ。。。



日テレ デスノート公式サイト

デスノート ~Lを継ぐ者~
デスノート ~Lを継ぐ者~




2007.06.19 Tuesday 10:09 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< プロポーズ大作戦第10話「ラスト・ハレルヤチャンス」 | main | アニメ D.Gray-manディーグレイマン第36話 「闇の帳(とばり)」 >>
NK (2007/06/19 11:10 AM)
こんにちは。
いかがでしたか、ミサとタッキィのライトをめぐる対決は。

そうですねぇ、ニアの目が光るシーンは不気味で怖かったですねぇ(汗)。

ライトが抱いている事は正義と言うよりは、もはや危険思想ですね。まぁ、それは魅上も同じだと思いますけど。

さて、次回はジェバンニが大活躍ですよ!
honey (2007/06/19 1:03 PM)
NKさん、こんにちは。

ライトをめぐる女の戦い、怖いですね。
今利用価値のあるタッキィに軍配があがったようで
ミサがかわいそうだったかなあ。

ニアもそうだし、このアニメの登場人物どんどん
人間離れしてきますね。

ジェバンニ、後半大活躍ですよね。
NK (2007/06/19 10:00 PM)
レスありがとうございます。
デスノアニメもいよいよクライマックスといったところでしょうかね。そのせいか、最近は内容がかなり激しくなってますね。

人間離れと言うか・・デスノートでは、特に、ライトとLをはじめ、ミサ、ニアとメロ、魅上がすごく異常で、そしてそれが次第にエスカレートしていくって感じですよね。
だから後半は、死神の方がずっと人間らしく見えますね。

来週はドキドキする事間違いなしです!!
honey (2007/06/20 8:22 AM)
NKさん、こんにちは。

でてくる人たちの顔が険しいというか怖いというか。
そうですね。ライトは最初の頃はまだまだいい人
だったのに。









DEATHNOTE 第33話「嘲笑」
DEATHNOTEの第33話を見ました。第33話 嘲笑キラを倒すため部下のレスターらと共に来日したニアは月に挑戦状を叩きつけると同時に現状を整理した。ニアは、キラに関係している人物が三人いると推測している。それは、キラでありながらLを名乗っている月、実際にデスノー
| MAGI☆の日記 | 2007/06/20 9:00 AM |
【DEATHNOTE】Written Page 33:嘲笑
今週のアニメ版『DEATHNOTE』第33話。
| 彩賀の徒然なるままに… | 2007/06/24 11:59 AM |