<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

地球へ section16 : 赤い瞳 蒼い星

section16 : 赤い瞳 蒼い星
「幼い少女がいた。

 美しい少女。

 いつしか僕は、惹かれていた。

 君は、夢の化身。

 地球を抱く女神。

 フィシス。無垢な微笑み。

 そのとき僕は、君が夢見る地球をみたんだ。

 美しい一粒の真珠、地球。

 今でもおぼえている。

 人間にミュウと判断され、君の処分が決まった朝」


幼いフィシスの手をとるソルジャー・ブルー。

「あなたは?」

「大丈夫。旅立ちの時。

 僕を信じて。君を必ず守るから。

 こっちだ、フィシス、早く。

 フィシス・・」

フィシスの手がはなれます。
そのフィシスをつかまえていたのはキース。
ブルーは目覚めました
そこへやってきたフィシス。

「始まりはあなたの導きでした。

 おかえりなさい」


「フィシス。

 ただいま、僕の女神」


フィシスを抱きしめるブルー。

ナスカ。

「ソルジャーはシャングリラに戻ったようだな」

「らしいな。フィシス様もいっしょのようだ」

「上の連中は、本当にこの星を捨てる気なのか」

「俺はいやだぜ。いつくるかわからない敵におびえて

 せっかくここまで築いたものを捨てるなんて」

「でも、キム。人間にみつかった以上」

「それがどうした?こんな辺境の星に

 やつらだってかまってる暇はないだろう」

「ハロルド」

「リオ、おまえも残れよ。

 僕はもう、上の連中の都合にふりまわされるのは、うんざりだ。

 そのためのシェルターなんだ」

「シャングリラは二度とここには戻らないんですよ」

「かまわない。そのほうが敵の目もナスカから離れる。

 ミュウの生き延びる確率も、たかまる」

「そうでしょうか。」

「それにあいつらを置き去りにできるもんか」

ユウイとカリナのお墓。

「トォニィだって、まだ何も知らないんだぞ」

そのトォニィは眠ったまま。
心配そうに見守るニナ。そこへジョミーがはいってきました。

「ソルジャー」

「カリナの葬儀は」同時に言葉をはっするニナとジョミー。

「眠ったよ。ユウイの隣に。」

「トォニィは、昏睡状態のままです。」

「外傷によるものではないとドクターはいっています。

 感知してもなぜか目覚めない」

「わかっているのよ。

 きっと、目覚めたくないんだわ、たぶん、あの子は」

「母の死を感じ取っている?」

「ユウイのことだって本当はわかっているんだと思います。

 お父さんとお母さんを立て続けになくすなんて、かわいそう」

「そうだね。その気持ちはよくわかるよ。

 しかし猶予はない」とジョミー。

「どうされるおつもりですか」とハーレイ。

「メンバーズにこの場所を知られてしまった以上

 ナスカを離れるしかない」

「問題は、地上の連中をどう説得するかですね」

「話すしかない」

そのとき通信がはいります。

「キャプテン!」

「ドクター」

「子どもたちが次々とこん睡状態で運び込まれています。

 まるでトォニィに導かれているように」

「なに?」「ええ?」

ブルーとフィシス。

「15年です」

「そんなに眠っていたのか。

 星の瞬きにような一瞬のこととのように思えていたが」


「お願いです、ソルジャー。

 私からこの力を消してください。

 未来がみえるのはつらいことです。

 避けようのない未来を予知しても、

 悲しみが増すばかり」


「長い旅だったね。

 眼下の星をナスカとなづけ

 そこであの子たち、新しい世代が育まれた。
 
 やはり、君は特別な存在なんだ」


「でも、この地へ導いたことは

 間違っていたのでは」


「なぜそう思う?フィシス。

 よきことだけを選べる人生など、ありはしない。

 人間もミュウも、それはみな同じ。

 でも忘れないで。

 君は力が特別なんじゃない。

 存在自体が、特別なんだ」


「ブルー。

 きいてもらえますか。

 私たちに、避けようのない不幸が訪れます」


「僕が君の過去を封じたことで

 君の予知能力が増してしまったんだね。」


「みなにはとてもいえません。

 私があの人を逃がしてしまったから。

 なぜそんなことをしてしまったのか」


「泣かないで」

「ごめんなさい」

「僕がみんなを守るよ。

 それにジョミーもいる」


「でも、あなたたちまで消えてしまいそうで」


「フィシス。顔をあげて僕の顔をみて。

 僕の目覚めには必然がある。

 長く君にかけられていた呪いを、

 解く時がきたようだ。」


「死神のカード」

「地球を、みたかった」

マツカとキースの宇宙船。

「マードック大佐機下の第13遊撃艦隊が

 定刻通りソレイドを抜錨したようです。」

「そうか」

「スローターハウス作戦。これが実行されると

 あの星にいるものたちは全滅することになるのでしょうか」

「してもらうよ。

 そのためにメギドまで手配したのだ」

「メギド?」

「ふ。人間に人間以上はいらない。

 第7近衛艦隊との合流地点まで、どのくらいだ?」

「あ、はい。2時間ほどです。

 キース・アニアン。おききしてもよろしいですか」

「なんだ?」

「彼らは、僕によびかけてきた。

 あれはいったい。

 おしえてください。あれはなんなのか」

「きいてどうする。

 これから、根絶やしにするやつらのことなど」

「あれは僕の仲間ですか?

 それとも、僕をたぶらかす化け物ですか?」

「おまえとおなじ、化け物だ。

 そら、すぐかっとなる。それが化け物の特徴だな。

 怒ったり泣いたり同情したり。

 そのくせいざとなると腰ぬけだ」


「この〜!」とキースにつかみかかり首をしめるマツカ。

「殺してみるか。おまえを助けた人間を。

 おまえたちにはできまい。

 そういう情がある。

 それが命とりだ」


「こちら国家騎士団。第7近衛艦隊。

 機関エンディミオン。着艦準備よろし」

「着艦準備。

 急げよ。

 じゃれあうために、おまえを宇宙海軍から

 国家騎士団に転属したわけではない」

「あ、はい、少佐」

眠り続ける赤ん坊たち。

「うまれたばかりのツェーレやペスタチオまで」

「みな、原因不明の昏睡状態です。

 わかっているのは、彼らの体内で細胞レベルの変化が。

 ドクターが言うにはまるで蝶の変態をみているようだと」

「最初のきっかけは、トォニィ」

こちらはマードック。

「ふふふふ、ミシェル。

 わがエリート殿に感謝しなくては」

「ジルベスター7まで2.6天文単位。

 わが艦は定刻通り、まもなくジルベスター8の影にはいります。

 このまま国家騎士団の増援をまって」

「ミシェル、何を待つんだって?」

「え」

「私は待たされるのが嫌いでね。」

「では」

「エリート殿が到着するころには

 おおかたけりがついているだろうさ。」

キースとマツカは国家騎士団と合流。
敬礼の形がマツカだけ違う。

「よくご無事で。そのうえこのたびの敵本拠地の発見。
 
 さすが少佐にかかればただの事故調査でおわりませんね。

 さすがです」

「きさまは」

「はっ。少佐の補佐官を拝領いたしました。

 セルジュ・スタージョン上級中尉であります。

 マザー直々の選抜により、少佐のおむかえと

 ミュウせん滅を命じられました。」

「以後、スローターハウス作戦の指揮権は少佐に。

 ご無沙汰しております。教官」

「ウォング少尉か。マザーには選りすぐりをと上進したが

 見た顔ばかりだな」

「みな、アニアン少佐の教え子です。

 当然の結果だと。

 残りのものも、うてばひびくつわものばかりです」

「期待しよう。メギドはどうか」

「作戦ポイントでの合流に向け三光年先で調整中です。

 運用の際、有効射程を考慮して」

「最短の時間で、最大の効果をあげろ。以上だ」

敬礼。

「マツカ、着替えを調達してこい」

「あ、はい」

マツカをみつめるセルジュ。

「各自もちばへ戻り、第一種戦闘配置。解散。」

シャングリラ。

「アルテラ、タキオン、タージオ、コブ、ツェル。

 ペスタチオ、そして、トォニィ。

 運びこまれたのは、ナスカで生まれた子供だけか。」

「はい、彼ら以外はいたって健康です」

「しかし安心はできません。原因不明なうえ、

 いつ新たな患者があらわれるか」

『何かおこっている、この胸騒ぎはなんだ?』

そこへブルーがやってきました。

「ナスカに、何かがおこる予兆だよ」
「ソルジャー・ブルー」

「もう、具合はよろしいのですか」

「ああ、いつまでも眠っているわけにもいかないだろう」


「ソルジャー」

「ぼくはもうただのブルーだよ。

 ソルジャーは君だ、ジョミー。

 それより、一刻も早くナスカを離れたまえ。

 君ももう感じているだろう、変動の予兆を」


「ええ。しかし、ナスカにはまだ仲間が」

「うつむくな、ジョミー。

 君がうつむけば、皆がうつむくことになる。

 個々の想いはあるだろう。

 だが、今は長として彼らに君の想いを伝えたまえ。
 
 僕も君にしたがおう。ソルジャー・シン。

 我々には、時間がないのだ」


「ここならジルベスター7から死角になります」

マードック再び。

「ああ。やつらの能力をもっても発見はできまいよ」

「司令。全艦戦闘準備、完了したもようです」

「よろしい。これよりわが艦隊は、

 ジルベスター7のモビー・ディックに

 強襲ワープをかけこれをせん滅する。

 ふふふ。この戦果をてみやげに私も・・」

「それはどういうことか?!」

「どうした?」

「読め」

「は。発 パルテノン戦略遂行部

 宛て 第13遊撃艦隊司令 グレイブ・マードック大佐。

 銀河標準時間1208をもって

 スローターハウス作戦の指揮権は

 国家騎士キース・アニアン上級少佐に移行される。

 貴官はその指揮下にはいり合流後、すみやかに後方支援にあたられたし」

「なんだと」マードック怒ります。

こちらキースの船。

「国家騎士団第7艦隊ワープアウトします。

 ワープアウト完了。

 メギド、ワープアウトまで30秒。」

「続いてワープアウトしてくるものあります」

「なんだこの質量は?なんだあれは?!」

「ふん。本当にもちだしたのか。

 まるで巨大な墓標だな。

 メギドシステム、最終兵器とはよくいったものだ」

シャングリラ。

「あとどれくらい残っている?」

「リオががんばって、4割程度は乗り込んだのですが」

「人は見たいものしか見えなくなる生き物だ。

 不都合な真実は、受け入れがたいのだろう。」


「やはり、直接行って説得するしかありませんね」

「僕もいこう」

「でも、そのからだでは」

「心配はいらない。

 こんなときに動かない身体なら、いらない。

 ハーレイ、いつでも脱出できるよう、準備をすすめておいてくれ」

というとブルーはハーレイに手をふれテレパシーを。

「ジョミーはまだ若い。

 勢いだけでとまどうこともある。

 君たちが支え、たすけてやってくれ」


「ブルー」

「ハーレイ。いこう、ソルジャー」

『ブルー。なぜそんな目を。

 であったころのあなたは、

 強い意志をぼくにそそいでいたのに』


『長とはどうあるべきか、これが

 君に伝えられる最後のチャンスになるかもしれない』


「ドッキング準備。総員配置につけ」

「司令、あれはいったい?」

「メギドだ。」

「メギド?」

「しらんのか?アルタミラ事変でつかわれたあれを。
 
 エリート殿はどうやら本気らしい。」

「それほどですか。メギド」

「もともとは惑星開発用につくられたものを

 国家騎士団が兵器にした。

 星を一瞬で消滅させる威力がある。

 いわゆる最終兵器だ」


船にのりこもうとしているブルーのもとへフィシスが。

「ソルジャー」

「ジョミー、先にのってくれ。

 どうした?フィシス。

 心配しなくていいよ、僕なら大丈夫だ。

 フィシス。」

「ソルジャー」

「もう僕はソルジャーじゃない」

「これは」

「ジョミーが我々のソルジャーだ。

 僕があのときえらんだ、大切な」


「そうですね」

「すぐ戻るよ」

「いってらっしゃい」

「帰ってきたら、また君の描く地球をみせてくれ」

「はい」

こちらキースの船。

「ドッキング完了。全回路接続」

「コントロール系、機関エンディミオンへの移行を完了しました。

 いつでもいけます。少佐、ご命令を」

「すべては偉大なる我らの母グランドマザーの導きのままに」

『そんなこと、おもってなんかいないのに』とマツカ。

「オペレーションスローターハウス、発動!」

「初弾装填、反物質反応炉解放。出力最大」

「目標!ジルベスター7と、
 
 その同軸射線上のモビーディック」

「照準あわせ」

「照準あわせます」

「誤差修正。プラス1・7コンマ1・2」

中略

「カウントダイン開始。
 
 エネルギー臨階まで

 10.9.8.7.6.5.4.3.2.1」

「発射!」

「ジルベスター8の裏側でメギドの点かを確認。

 惑星中心に異常エネルギー収束を観測。

 星が、くずれます」

「大佐、これは」

「メギドの火。地獄の業火がはなたれた」

「何?」「この光!」ジョミーとブルーも気づき
トォニィも目をあけます。

「ナスカが燃える」

「そうはさせない!」

ブルーが飛び出します。
はっとするフィシス。

「ブルー!」

「ブルーーーー!!」


なんかいよいよブルーの最期になりそうな・・・。
メギドとはまたえげつないものを開発しえくれますね。
しかしあのジョミーやミュウの力をみていたら
対抗できそうな気もするんですが
若いミュウたちとこうまで心が離れてしまっては
むずかしいか。。。
眠っている子どもたちが何か役にたってくれるのか。

でも敵なのに、自信満々のキースには
ついついみとれてしまう。。。

そしてセルジュまででてくるんですね、、


JET BOY JET GIRL(初回生産限定盤)(DVD付)
高橋瞳

This Night
CHEMISTRY

関連記事 ファラオの墓 アンドロメダ・ストーリーズ 新装版発売


地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】



地球へ… 1 (1)
地球へ… 1 (1)
竹宮 惠子

地球へ… 2 (2)
地球へ… 2 (2)
竹宮 惠子

地球へ… 3 (3)
地球へ… 3 (3)
竹宮 惠子
2007.07.21 Saturday 20:08 | comments(3) | trackbacks(38) | 
<< おおきく振りかぶって 第15話『先取点』 | main | 映画 時をかける少女 >>
ジョージ (2007/07/21 9:12 PM)
こんばんは〜☆

メギド!?何この形!?
って思っていたら、なんだか本当に最終兵器のようで
そう思うとあの形の禍々しさも納得…

>しかしあのジョミーやミュウの力をみていたら
>対抗できそうな気もするんですが
どうなんですかね??
でも今までミュウは隠れていたということは、
戦闘能力に長けているミュウって少ないのですかね〜

>眠っている子どもたちが何か役にたってくれるのか。
あの子達はトォニィを筆頭に頑張ってくれますよ
honey (2007/07/21 9:33 PM)
ジョージさん、こんばんは。

メギドの影が巨大な十字架にみえましたが、、、

ジョミーは宇宙服なしで宇宙空間とびまわれるし
カリナも極限状況ではジョミーにもとめられないくらいだったし
あのひとたちが全精力を結集したら、というか
ジョミーとブルーだけで十分いけるような。

トォニィ、別人格のときはこわいですね。
うちも原作あるんですがだいぶまえに読んだので
また読みなおそうかな。
山太片郎 (2008/02/23 9:07 PM)
ブルーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










地球へ… section16
地球へ… section16「赤い瞳 蒼い星」 ジョミーに長とはなんぞやを示すブルー。 今回はこれだけで結構満足だったり。
| Kyan's BLOG III | 2007/07/21 8:14 PM |
地球へ… 16「紅い瞳 蒼い星」
今回はソルジャー・ブルー大活躍で嬉しゅうございました。 ブルーはフィシスが小さい頃に出会っていたんですね。何だか歯の浮くようなセリフを連発してたような気もするのですが、なんせブルーなもんだから素直にときめいてしまいました(笑)。 さて、フィシスの予知
| はざまの欠片 | 2007/07/21 8:21 PM |
地球へ・・・ #16 「赤い瞳 蒼い星」
「怒ったり、泣いたり、同情したり、  そのくせいざとなると腰抜けだ」 ヘナチョコ言うなーっ!! そして・・・ 顔近いからっ!! ミュウと同じく化け物だと言いながらも マツカに着替えを用意させるキース。 亭主
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2007/07/21 8:27 PM |
地球へ… 第十六話「赤い瞳 蒼い星」 感想
公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を
| コトマニ | 2007/07/21 8:30 PM |
『地球へ…』第16話「紅の瞳 蒼い星」感想
視聴者が選ぶベスト3。 あら、はずれた( ̄▽ ̄;)>
| 奥様はマダオ 〜ミーハーでオタクなコマダムライフ??〜 | 2007/07/21 8:33 PM |
地球へ・・・ 。。。。 section16 赤い瞳 蒼い星
(視点、論点は 幾つも存在していましたが、今回の感想は 手抜き感想でも 簡略的感想でもなく、ソルジャー・ブルーに集中させていただきます。 つまり、以下の想いを感想として表記したいと 切望したからです)   ついに この時が 来てしまうのですね。。。。 『
| 幻影現実 私的工廠 ブログ | 2007/07/21 8:37 PM |
地球へ… 第16話 「赤い瞳 蒼い星」
すぐ戻るよ・・・ 帰ってきたら―― 最後の戦いに赴くブルー って、若本何言ってんの!!?? これはもう、フラグビンビン所じゃないですよ!!! 確実に死ぬんじゃないですかっ!!! 現実逃避したいよわたしゃ・・・。 特番でネタバレ乙だったんですけど・
| ばーむぅーすの徒然日記 | 2007/07/21 8:38 PM |
地球へ… 第16話「赤い瞳 蒼い星」…
呆然。 です。 ……頭の中真ッ白。
| 緋月的徒然雑記。 | 2007/07/21 8:45 PM |
TBS「地球(テラ)へ…」第16話:赤い瞳 蒼い星
惑星破壊システム“メギド”。どうしてこういう兵器を保有しているのでしょうか、人類は。そもそも、地球をダメにして、この星に移住することになったのでしょう。
| 伊達でございます! | 2007/07/21 8:55 PM |
地球へ… 第16話 「赤い瞳 蒼い星」
地球へ…   現時点での評価:3.0〜   []   TBS・MBS : 04/07 18:00〜   SBS・RCC : 04/14 17:30〜   原作 : 竹宮恵子   監督 : 山崎理   メカデザ : 出渕裕   キャラデザ : 結城信輝   2クール   アニメ制作 : 南町奉行所・東京キ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2007/07/21 8:58 PM |
地球へ section16 : 赤い瞳 蒼い星
地球へ… 今回の中心は、ブルーとフィシスといっていいと思います。 国家騎士団の総力をあげたミュウ殲滅作戦 ブルーとジョミーはナスカに残る若者達を説得にむかいます。 しかし、メキドシステムがついに・・・・・ ブルーは自分の最後を感じたのでしょうか? ジ
| JAOの趣味日誌 | 2007/07/21 8:58 PM |
地球へ… section16 「赤い瞳 蒼い星」
首から肩にかけて、攣ったままになっているren.です。これはすでに、肩こりというよりもケガ。さて、内容的にも個人的にも衝撃的な今日の「地球へ…」。今回から原作では第4部突入。ブルーが生き延びているため、アニメには原作には無いシーンが多いですよ。ブルーが思
| 希望屋 〜renka ci=set〜 | 2007/07/21 9:01 PM |
地球へ…☆第16話☆感想
富士急行ったけど、頑張って帰って待ち受けゲットできたの〜 今日の感想はいつも以上にジョージの嫉妬だらけだけど、 生暖かい目で見守ってください あと、原作未読の方にはネタバレ要素があるかも… Section 16 赤い瞳 蒼い星
| ☆ジョージの日記☆ | 2007/07/21 9:04 PM |
地球へ… 第16話 『赤い瞳 蒼い星』
「 テラを  見たかった」 え、ちょ…っ、ブルー…Σ(゚Д゚;?! 杉田 ブルーの語りでスタート! 「美しい少女がいた」 これはフィシスのこと。 「いつしか僕は、惹かれていた――」 ミュウだと分かり、処分が
| ティンカーベルをください | 2007/07/21 9:16 PM |
地球へ・・・第16話「赤い瞳 蒼い星」
ブルーの回想シーンから始まりました・・・ 人間によりミューだと判断されたフィシスを救い出すブルー・・・ しかしそこにはキースが遮るという妄想にかられる・・・ 「おかえりなさい」とブルーに声をかけるフ
| ユメノツヅキ | 2007/07/21 9:17 PM |
地球(テラ)へ… section16 「赤い瞳 蒼い星」
ソ\ルジャー・ブルーの「地球を見たかった」の一言は、ブルーは人生が残り少ないことを知っていたのですね。ナスカのピンチで、ブルーはどうなるのでしょうか。
| ゼロから | 2007/07/21 9:17 PM |
地球へ・・・ 第16話「赤い瞳 蒼い星」
あぁ〜、ヤバいね、これは・・・。 我らがブルー・・・、確実に“死”への階段を上って行っております。・゚・(ノД`)・゚・。 最初は、ブルーとフィシスの出会いシーンから。 フィシスをミュウの仲間達の下へと導いたの
| のほほんホビー | 2007/07/21 9:58 PM |
地球へ… 第16話感想
地球へ… 第16話感想いきます。
| AAA〜悠久の風〜 | 2007/07/21 10:04 PM |
地球へ… 第16話 「赤い瞳 蒼い星」
フィシスは造られた人間? キースと同様の存在みたい。 それはそうと、幼フィシスはいいわw ブルーはフィシスが生まれた頃から目をつけていたんですね(違w
| リリカルマジカルS | 2007/07/21 10:07 PM |
「地球へ・・」16話「赤い瞳 蒼い星」
<土曜日> 美しい可憐なブルーが満載で、くらくらしました〜! フィシスとブルーの出会いとかが描かれていて、少女のフィシスが可愛いかったです。そしてブルーがどんなにフィシスを愛していたか。 恋愛感情とか、あの2人の場合、そんなイメージはなかったんですが
| 大吉。 | 2007/07/21 10:17 PM |
地球へ… #16
ナスカで生まれた子供たちが次々と原因不明の昏睡状態に陥っていました。そして、キースの指揮でナスカに対してメギド・システムが放たれました。フィシスは、キースと同じように人工...
| 日々の記録 on fc2 | 2007/07/21 10:21 PM |
地球へ… 第16話「赤い瞳 蒼い星」
帰ってきたら、また君が抱く地球を見せてくれ――。 ナスカに迫る破滅の時…。残された時間はわずか。 目覚めたブルーにとっても残された時間は… ソルジャーの役目をジョミーに見せ… ブルーは破滅の業火を止めるべく戦い
| SERA@らくblog | 2007/07/21 10:27 PM |
地球へ… section16「赤い瞳 蒼い星」
『国家騎士団の総力を挙げたミュウ殲滅作戦が動き始めた。 速やかなナスカからの脱出を支持するジョミーの前に立ちはだかる、若者たちとの危機意識の溝。 そして、次々に謎の眠りに落ちてゆくナスカの子供たち。 惑星破壊兵器、
| Spare Time | 2007/07/21 10:47 PM |
地球へ section16「紅い瞳 蒼い星」
ソルジャー・ブルーが回想する、フィシスとの出会い。 カプセルの向こう側からブルーに微笑みかけるフィシス。そのフィシスの中に見える地球。
| 見ていて悪いか! | 2007/07/21 11:29 PM |
今週の地球へ・・・「section16 赤い瞳 蒼い星」
とうとう発動した惑星破壊システム「メギド」。 まさか、こんなにドラゴンボール的な方法で破壊するとは・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2007/07/22 12:09 AM |
(アニメ感想) 地球へ・・・ 第16話 「赤い瞳 蒼い星」
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 国家騎士団によるミュウ殲滅作戦が、いよいよ動き出した。ジョミーはナスカの脱出を決意するが、若者達の多くはこの星に残るという意思を示す。だがそうしている間にも、刻一刻と敵の船はナスカへと近づき・・・そして、その時
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/07/22 12:40 AM |
地球へ… section16
「地球へ…」の16回目です。 キースによって、ミュウの存在がバレてしまった前回。 ジョミー達に残された道は、ナスカからの脱出しかありませんが… section16 赤い瞳 蒼い星 ☆脚本:佐藤 大/絵コンテ・演出:高山秀樹/作画監督:中野りょうこ・早乙女 啓 ☆あ
| naitou-souの「So-net的」日常 | 2007/07/22 1:03 AM |
地球へ・・・ 16話「赤い瞳 蒼い星」感想
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 ブルー、寝たきりの後遺症から復活!しかし、ちょっと恐れていた事態が現実に。ブルーを持ち上げすぎて、今まで未熟なりに頑張ってきて、成長してきた、『ソルジャー・シン』の威厳が欠片も・・・。 ブルーを目の前にした途端
| 月の砂漠のあしあと | 2007/07/22 3:28 AM |
アニメ「地球へ…」第16話 感想。
第16話「赤い瞳、蒼い星」 夜、仕事を終えて帰宅した時は、いつものように書く気満々だったんですけど、視聴してやる気全て吹っ飛びました……。こんな心の状態でとてもじゃないけど、気合入れて記事書けません。 ので、どこか手抜きあらすじですいません。多分次回
| ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/07/22 3:44 AM |
『地球へ…』第16話『赤い瞳 蒼い星』
あああああ……。 ぶ、 ブルーっっっ!!!
| なまけもののひとりごと | 2007/07/22 9:26 AM |
地球(テラ)へ・・ 第16話
地球(テラ)へ・・ section16 : 赤い瞳 蒼い星 脚本:佐藤 大  絵コンテ:高山 秀樹  演出:高山 秀樹 作画監督:中野 りょうこ/ 早乙女 啓 (STORY) 国家騎士団の総力を挙げたミュウ殲滅作戦が動き始めた。 速やかなナスカからの脱出を支持するジョ
| ふぁくとりいD | 2007/07/22 9:55 AM |
言ったろ?俺は不可能を可能にする男だ(ry 地球へ・・・16話
 新OP&ED。なんて言うかトォニイかわいすぐる、男なんだよね?いや、マジで「美しさは罪」だわwもう一寸理性が行かれていたらむしゃぶりつきそうだと言うか。もうこの時点で如何にかしてるけどwああ、男なのが非常に残念
| 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2007/07/22 1:40 PM |
地球(テラ)へ… 第16話「赤い瞳 蒼い星」
地球(テラ)へ… 第16話「赤い瞳 蒼い星」
| 恋華(れんか) | 2007/07/22 4:20 PM |
『地球へ…16話「赤い瞳 蒼い星」』
今回のメインは実質「ブルーとフィシス」で
| ひろしのアニオタ日記 | 2007/07/22 7:23 PM |
地球へ… 第16話
「赤い瞳 蒼い星」 なんてところで終わるんだーっっ!! 今回はなんといってもブルーが主役。 ブルーがいっぱいで嬉しい反面、刻々と死が近付いているのを感じさせる演出に涙せずにはいられません。 冒頭でフィ
| ラブアニメ。 | 2007/07/23 5:48 PM |
アニメ地球へ…section16:赤い瞳、蒼い星
アニメ土6枠。 「ブルーは15年も眠ってたらし
| kasumidokiの日記 | 2007/07/23 10:21 PM |
地球へ… #16赤い瞳 蒼い星
ブルー3部作の2話目。次回が恐い… ちょっとずつブルーは回復してるなと思ったら、
| 才谷屋DIARY | 2007/07/23 10:23 PM |
地球へ・・・ 第16話
Section16 「赤い瞳 蒼い星」 ブルーは幼女好きだったのか・・・ ぼぼぼぼぼぼ僕の女神っ!?(*ノノ)キャーッ そそそそそ存在が特別っ!?(*ノノ)キャーッ でもキースに盗られちゃってます。夢の中で(´_ゝ`) ていうか
| あしゅの気まぐれブログ | 2007/07/28 2:22 AM |