<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

地球へ section21 : 星屑の記憶

section21 : 星屑の記憶
ブルーの言葉を思い出すジョミー。

「ジョミー。君は太く短い人間の生命力と

 細く長くこまやかなミュウの精神

 その両方をあわせもっている。

 われわれミュウが母なるテラへ帰り着くのに

 人間たちと手をつなぐのか

 彼らと戦い勝ち取るのか

 我らを導き、その答えをだすのに

 君ほどふさわしいものはいない。

 信念をもって進め、ジョミー」


「ソルジャー。

 ノアのパルテノンから通信です。

 惑星ノアは無条件降伏を受け入れると」

「そうか、わかった」

「ブルー、あなたは生きている。今も、僕の中に」

アルテメシア。
サムの病室にいるスウェナ。
病室にあるテレビからそのスウェナの放送が流れます。

「ひきつづき自由アルテメシア放送のスウェナ・ダールトンが

 パルテノン前からおおくりします。

 ノアがミュウに無条件降伏をしてから

 二日目の朝を迎えました。

 パルテノンでは新たな惑星統治機関が活動をはじめており

 市内はおちつきをみせています。

 ミュウはわれわれの自由を保障する条件として

 マザーシステムの破壊と成人検査の全面撤廃を要求しています。

 暫定機関はこの条件を受け入れ

 現在そのための作業がすすんでいます。

 本日正午には、テラズナンバー1の爆破・・」

映像が乱れ驚く看護師。

「な、なに?!

 あの煙・・・」

「ノアの管理コンピューター、テラズナンバー1が爆破されたのよ。
 
 これまでミュウに屈した惑星も同じようにされてきた。

 グランドマザーからきりはなすために」

「そんな!

 それじゃ、これから世界はどうなってしまうんでしょう」

「どうなるか、

 それは私たちが自分で考えてきめることだわ」


「え」

『そうなんでしょう、ジョミー』

シャングリラ。

「敵艦隊の正確なワープ座標が判明しました」

 やはり人類統合軍はソル太陽系にむかったようです」とハーレイ。

「テラに戦力を集結させて守りをかためるつもりでしょうか」

「それなら、力ずくで風穴あけてやるまでよ」

「ニーナ」

「ニーナの言う通りだ」とジョミー。

「え」

「この決戦を勝ち抜き、テラののど元に僕らの意志をつきつける。

 他の船と座標データをリンクしてくれ。

 キャプテン。準備がすみしだいワープする。

 敵に時間をあたえたくない。」

「わかりました。ソルジャー。

 キャプテンより総員に告ぐ。

 われわれはこれより敵艦隊を追撃。

 長距離ワープに入る」

「了解。」

「われわれはこれより最後の長距離ワープを敢行する。

 総員ワープ準備」

「老師、シャングリラからの航法データとリンクしました。」

「うん」

「ワープドライブ、スタンバイ。
 
 いよいよ決戦だ。みんな、気合いを入れな」

「キャプテン、全艦スタンバイ完了です」

「ん。ソルジャー。」

『ブルー、あなたの想いと共にとびます。

 行きましょう、テラへ』


「ワープ!!」

こちらは敵。

「特殊強襲艦オリハルコンをはじめ

 全艦艇、戦闘配置を完了しております」

「空間戦闘機の配備状況は?」

「順調です。

 新型のワルキューレマーク3はATDシステムの搭載と

 対サイオン訓練をうけたメンバーズエリートの搭乗により

 本決戦において、もっとも有力な航空戦力になると考えております」

「ごくろう。各自指示を待て」

ナスカチルドレンたち。

「みーんな緊張しすぎだっての。

 船じゅうピリピリとんがった思念波でいっぱいだぜ」

「タージオン!また仲間の心をのぞき見してるの?

 ばれたらジョミーに怒られるわよ」

「へいへい。バレやしないさ。」

「そういえば、アルテラは?」

「ん〜」

「ま〜たちょっかいだしにいってるの」

船の整備をするヤエ。

「サイオンアンプとバランサーのシンクロ率が

 あがんないなあ」

「どうトォニィ、出力いってる?」

「ああ。でもこれじゃたりないよ」

「そっか。もう少し調整が必要か」

そこへアルテラがドリンクをもってトォニィのそばへ。

「トォニィちゃん」

「なにすんだよ」

「少し休んだら」

「コンディションを完璧にしておきたいんだ。

 グランパの命令があったらすぐに

 でなきゃいけないからな」

「もう!トォニィったら口をひらけば

 ジョミーのことばっか」

「悪いか」

「たまにはあたしのことだって・・」

「ん?なんだって?」

「べ〜つに〜。飲む?」

「いいよ。おまえんだろ」

「べー!!」

アルテラいってしまいました。

「なんだあいつ?」

それをみていたヤエ。

「いいなあ・・。

 あいつら青春してんじゃん。

 私だって若さを保って82年!

 何がいけないの、何が!」


こちらはスウェナたち。

「なんだって?!そいつぁ間違いないのか?

 あ、姐さん!」

「何?どうしたの?」

「お仲間からだ。

 姐さんのお嬢ちゃんが、まずいことになってるらしい」

「レティシアが?!」

レティシアたちは捕虜に。

「ごめんなさい、パパ、ママ。あたしのせいで」

レティシアの手を取るママ。

「あなたは何も悪くないわ、レティシア。

 あなたは何もしていない。そうでしょ?」

「でも私がミュウじゃなきゃ」

今度はパパも二人の手に自分の手をかさねます。

「お前は私たちの子どもなんだよ、レティシア。」

「パパ」

「ジョミーのぶんまで、この子を守ろう」

「ええあなた」

アルテラに近づくトォニィ。

「何たそがれてんだよ?

 らしくないなあ」

「あ」

「っ!泣いてんのか」

「そうよ。悪い?」

「いや、悪かないけど、なんで泣いてんだよ」

「なんであたしたち戦ってるの。

 最初はみんなを助けたいだけだった。

 なのに、戦えば戦うほど、

 自分が化け物だと自覚する。

 みんなから心が離れるばかりで」


「アルテラ」

「もしテラへたどりついたら、

 勝利を手にしたらどうなるの?!

 今度はあたしたちが追われる番だわ!

 戦いなんて大嫌い!

 それをさせるジョミーも、大嫌い!」


「ジョミーは、彼はナスカの責任を

 想いのすべてであがなおうとしているんだ。

 僕らのパパやママを救えなかったこと、

 多くの仲間を救えなかったこと、

 そのすべての罪をひとりで背負ってテラを目指してる。

 そこに何があるのかは、僕にはわからない。

 でもそこは、彼にとっての約束の地なんだ。

 泣かないで、アルテラ。

 僕らは望まれて生まれたミュウだ。

 パパやママに、そしてジョミーに。

 ボクらは生まれた時に、すでに愛されていた。

 ほかのミュウたちとは違うんだ」


アルテラを抱き寄せるトォニィ。

「だから守りたかった。」

「トォニィ」

「感謝されたくてこうなったわけじゃない」

「わかってる。わかってるわ」

「今はジョミーを信じよう。

 いつも泣きながら闘っている。

 そんな彼の想いに偽りはないと信じて」


キース。

「リボーンの抗議などほうっておけ。

 どうせテラの再生をお題目に

 自己保身に走りまわるしか能のない連中だ」

「承知しました。

 ではヘイタンセクションからの報告で」

そのとき画面にスウェナがうつります。

「少し待て」

「スウェナ・ダールトンか。

 自由アルテメシア放送のインタビューなら断るよ」

「キース!お願い、きいて!

 レティシアを助けてほしいの」

「レティシア?」

「子どもよ。あたしの。女の子なの。

 ノアに行く途中サイオン検査にひっかかって。

 今は隔離されて、両親といっしょに強制収容所にいれられてるわ」

「収容所。コルディッツにか」

『両親は昔、

 ジョミー・マーキス・シンを担当していた。

 これも天の配剤か』


「お願いキース!

 あの子はつかまるようなことは何もしていないわ」

「サイオン検査の結果に例外は認められない。

 それに君は、この子どもと親子関係だったのはごく短期間のことだ。

 気にかけることもないと思うが」

「それでも私の子供なの!

 愛するのに、時間や血縁なんか関係ないわ!」


「理解しがたい。

 これ以上話しても時間の無駄だ。失礼するよ」

「待って!キース!切らないで!」

シャングリラ。

「総員、戦闘配置」

「全艦まもなくワープアウトします」

「ワープアウト」

ミュウの船を確認した人類軍。

「全艦攻撃開始」

「攻撃開始します」

「オリハルコン、アコーソク(?)突撃体制。

 30秒後にモビーディックに接触します」

「側上に敵艦、まっすぐにつっこんできます!」

「なに?

 面舵いっぱーい」

「面かーじ」

「まにあいません」

「全員、衝撃に備えろー!」

「なんだあの船!」

「行け。トォニィ」

「グランパ」

「おまえたちは敵の本体を撃つんだ」

「わかってる。行くぞ、みんな!」

「なんだこれは?」

「わーーー」

「白兵だぞ?!

 バカなサイオンスーツ(?)がきかない」

「くたばれミュウども!」

「うわぁぁ」

攻撃をうけるミュウの船。

「ここまできて沈んでたまるか。

 テラは目の前じゃ。

 討ちてしやまん!」

「ほかの船の仲間と意識をあわせて。

 衝撃波の密度をたかめ、一隻でも多く敵をしずめるのです!」

「進路そのまま!

 テラへむかってまっすぐつきすすむんだよ」

人類軍を撃破するミュウ。

「データではわかっていましたが

 おそるべきものですな。ミュウというものは」

「力つよきものは、一人が一艦隊に匹敵する。

 もはや、人間から生まれた種族とはいえないな」

「攻撃の手をゆるめるな。
 
 火力を前方に集中しろ。

 ミュウのシールドにも限界はある」


「くっそう」トォニィには船外へ。

「堕ちろ!

 サイオン攻撃が通じない?!」

「くらえ化け物!」

「アルテラ、みんな気をつけろ!

 あいつらには僕たちの力がきかない!」

「力が、きかない?」

「だったら、撃ち落としてやるわ」とアルテラ。

「危ない!上から敵だ!」

「あの艦隊をおとすぜ、タージオン!」

「ああ!」

「沈め!」

「堕ちろーーーー!!」

「きかない?!」何?!」

ジョミー!!

「これ以上好き勝手にはさせない!」

「タ、タイプブルー」

「ソルジャー」

「ニーナ、みんなに伝えろ。

 敵を分断してひとりの敵を複数の仲間で攻撃するんだ。

 そうしたら倒すことができる」

「あなたは?」

「僕は、あの船を始末する」

「くらえ!!」

ジョミー、ひとりで船を相手にします。

「トォニィ、今回の敵は今までとは違う」

「やったぞ!タージオン。

 返事しろよ、タージオン。

 タージオン、何隠れてるんだよ。

 戻るっていってるじゃないか。

 あっ」

血だらけの船・・・。

「しまった!」とトォニィ。

「トォニィ!

 ぼやぼやしてたらやられるわよ!」


「アルテラ!」

「トォニィは私のなんだから!」

 はずれない」


「後ろから」

「トォニィに手を出すな!」

「化け物め」

アルテラ、やれました。
トォニィがアルテラを抱きますがすでに死亡。

「アルテラーーーー!!!

 アルテラ・・うわ〜〜〜!!

 きさまら〜〜うぉぉぉ〜〜〜〜〜」


トォニィのパワーが暴走し、敵の船が次々に爆破。

「第21艦隊が全滅、第39艦隊第7艦隊 信号途絶しました。」

「なんだ?いったい何が」

「うわーーーーーっ!!」

トォニィを後ろから抱きとめるジョミー。

「落ちつけトォニィ!

 おまえまで!おまえまでこわれてしまう!
 
 冷静になれ!」


「だって・・だって」

「僕たちは前にすすむしかないんだ!

 しっかりしろ。

 今は泣くな、トォニィ

 僕らはテラにいくしかない。

 それしか、この戦いを終わらせる方法はないんだ」


人類軍。

「よもやたった4隻相手にこれほどの痛手をこうむるとは」

「その犠牲とひきかえに、

 タイプブルー3体を葬ることができた。
 
 それにまだ、戦いはおわっていない」


「では、やはりあれを」

亡くなったミュウたちの葬儀。

「トォニィ・・」

「コブとトタージオンは?

 残ったんのは、僕たちだけか」

「トォニィ、これ」

アルテラのカップをわたされます。

「あなたの笑顔が好き」

上からながめるジョミー。

「トォニィ・・」

「ソルジャー、敵艦隊から通信。

 キース・アニアンです」

「つないでくれ」

「これを見よ、ミュウたちよ」

「なんだ?」

「ジュピターの大気圏上層にうかぶ

 潜在ミュウの強制収容所だ。

 彼らの命は、わが掌中にある。

 これからこの施設をジュピターの

 大気圏に落とすといったらどうする?

 ジョミー・マーキス・シン。

 彼らはあの星の重力と大気に押しつぶされ

 恐怖と絶望のうちに緩慢な死を迎えるのだ」


「なに!」

トォニィたちもきいていました。
 
「やろう!許さねえ」とトォニィ。


キース、卑怯。
結局スウェナのお願いがこんな形で
利用されてしまった。
ジョミーも最近は心を鬼にしていますが
見捨てることができるのか。

ジョミー命のトォニィにやっと恋がめばえたかと
思ったのに、あっというまにアルテラが亡くなってしまって
またしても悲恋・・・・。
健気なアルテラが一度は報われただけに悲しい。

あの暴走パワーをおさえたのはすごかったけど
潜在能力を全部だせば、やっぱり人類対ミュウでは
ミュウのほうが圧倒的な気がします。



JET BOY JET GIRL(初回生産限定盤)(DVD付)
高橋瞳

This Night
CHEMISTRY

地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.1 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.3 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.4 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.5 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.6 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.6 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.7 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.7 【完全生産限定版】

地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】
地球へ・・・Vol.8 【完全生産限定版】





地球へ… 1 (1)
地球へ… 1 (1)
竹宮 惠子

地球へ… 2 (2)
地球へ… 2 (2)
竹宮 惠子

地球へ… 3 (3)
地球へ… 3 (3)
竹宮 惠子
2007.09.01 Saturday 19:43 | comments(2) | trackbacks(34) | 
<< 8月分アクセス解析 | main | 獣拳戦隊ゲキレンジャー【修行その27】「ベランベラン!燃えよ実況」 >>
ジョージ (2007/09/01 8:47 PM)
こんばんは☆

今日はアルテラの少女漫画モードにキュンキュンしまくりだったのに、
その後の展開の早さにびっくりでした
半年とはいえ…
アルテラの本当のキャラが出た途端なのに

>潜在能力を全部だせば、やっぱり人類対ミュウでは
>ミュウのほうが圧倒的な気がします。
トォニィの暴走は凄まじかったですね〜

来週、ジョミーはどうするのか
にしてもキース、こんなんで下の人間達はちゃんと付いてくるのでしょうか
honey (2007/09/01 9:10 PM)
ジョージさん、こんばんは。

アルテラの恋心がお子様だったトォニィにやっと
通じたと思ったのに、あっというまでしたね。
ほんとに場面展開も早いしセリフてんこもりだし、、、、

トォニィのママはそれで命をおとしちゃいましたもんね。
ミュウの危うさはそのへんにあるのかも。

キースとあの兵士たち以外はもうどうでもいいと
おもっているのでは。
グランド・マザーの最終目的がどこにあるか、ですかね。









地球へ… section21
地球へ… section21「星屑の記憶」 ナスカの子ども達のそれぞれの想い。 アルテラの「勝った後」を恐れる様は秀逸でした。
| Kyan's BLOG III | 2007/09/01 7:51 PM |
地球へ… 第21話感想
地球へ… 第21話感想いきます。
| AAA〜悠久の風〜 | 2007/09/01 7:53 PM |
地球へ… 第二十一話「星屑の記憶」 感想
消える命?
| コトマニ | 2007/09/01 7:53 PM |
地球(テラ)へ… section21 「星屑の記憶」 
いつの間にミュウの船がシャングリアだけでなくなっているよ。ストーリーを飛ばしましたね。やはり2クルーには、無理があったのでは。
| ゼロから | 2007/09/01 7:57 PM |
地球へ・・・ 。。。。 section21 星屑の記憶
『 もはや人間から生まれた種族とは言えないな。 攻撃の手を緩めるな 』 とことん キースを悪役化する方針のようです。 私的には 歓迎ですけど。 キースがミュウを化物呼ばわりした 上記の台詞は まさにキース・アニアンです。 テラ星系で 両軍の決戦。 戦況
| 幻影現実 私的工廠 ブログ | 2007/09/01 8:00 PM |
『地球へ…』第21話『星屑の記憶』
二週間ぶりの『地球へ…』は、もう決戦です。 前回の名場面は、サムの「みんなともだち!」が1位! 多分皆さん、その直前のシーンの方で思念波ボタン押されたんだと……。 やっぱり、「元気でちゅーか」の破壊力は抜群です。 しかし本編のキースは、どんどん憎ら
| なまけもののひとりごと | 2007/09/01 8:06 PM |
地球へ… section21「星屑の記憶」
地球へ…の第21話を見ました。section21 星屑の記憶『ジョミー、君は太く短い人間の生命力と細く長く細やかなミュウの精神、その両方を併せ持っている。我々ミュウが母なる地球へ帰り着くのに人間達と手を繋ぐか、彼らと戦い勝ち取るのか、我らを導きその答えを見つけ
| MAGI☆の日記 | 2007/09/01 8:06 PM |
地球へ… 第21話
「星屑の記憶」 ナスチルが3人も……(涙) アバンでジョミーの心の中にブルーがいると分かったことに萌え、トォニィとアルテラが青春しているのを羨ましがってるヤエに癒されたのですが、全体的にシリアスな内容
| ラブアニメ。 | 2007/09/01 8:06 PM |
地球へ… 第21話 「星屑の記憶」
トォニィとアルテラが若者らしく青春してるのを見たヤエ・・・ 「はぁ〜、いいなぁ…あいつら青春してんじゃん。私だって、若さを保って82年。何がいけないの、何が…」 吹いたwww 何がいけないのって、そりゃ
| リリカルマジカルS | 2007/09/01 8:15 PM |
地球へ・・・ 第21話「星屑の記憶」
先週は休止だったため、2週間ぶりのレビューとなります。 しかも放映時刻は、いつもより30分早い17:30から!! 危うく見損ねるとこでした。 何と、ナスカチルドレンの1人、アルテラが散ってしまいまし
| のほほんホビー | 2007/09/01 8:19 PM |
地球へ… 21「星屑の記憶」
2週間ぶりの今回はブルーの回想シーンから。「信念を持って進め」という言葉をジョミーはしっかと噛みしめております。さすがブルー。死して尚、生き続けますね。…っていうか、またまた裏技を見た気がする(笑)。 ジョミーは力ずくでも自分達の意思を見せ付ける気で
| はざまの欠片 | 2007/09/01 8:21 PM |
地球へ…☆第21話☆感想
前回の名シーンはやっぱりサム サムならしょうがないわ あの台詞はぐさっと来たし 二週間ぶりだから? 携帯サイトに込み合っていて繋がらないの! そんなこんなで30分オーバー 初めて待ち受けゲット失敗 家にいたのに みんなそんなにサムの待ち受けが欲しいの
| ☆ジョージの日記☆ | 2007/09/01 8:41 PM |
地球へ section21「星屑の記憶」
ソルジャー・ブルーと精神の底で会話するジョミー。 「信念を持って進め、ジョミー」 「ブルー、貴方は生きている。今も僕の中に」
| 見ていて悪いか! | 2007/09/01 9:08 PM |
今週の地球へ・・・「section21 星屑の記憶」
いよいよ決戦。 新兵器の前に倒れるナスカの子供たち。しかしスケールの大きな戦いですね・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2007/09/01 9:15 PM |
地球へ 「section21 : 星屑の記憶」
地球へ… 冒頭、サムの病院でテラズNO1が爆破されるのを目撃する。 スウェナ。これでグランドマザーからの自立への一歩になればいいのですが・・・ ジョミー達は、長距離ワープを決行。いよいよ決戦のはじまり・・・・ そこで、アルテアの悩み、「私達はなぜ戦う
| JAOの趣味日誌 | 2007/09/01 9:24 PM |
地球へ… section21「星屑の記憶」
『木星の周辺に主力部隊を配備し、ミュウたちを迎え撃つキース。 対ミュウ戦闘訓練を受けたメンバーズたちとトォニィたちナスカチルドレンの激しい戦闘の末に、散り行く命と残される命。人の悲しみと怒りが星々の狭間に満
| Spare Time | 2007/09/01 9:43 PM |
TBS「地球(テラ)へ…」第21話:星屑の記憶
自分たちは望まれて生まれたミュウだと。生まれたときから愛されていた存在だと。それは他のミュウたちとは違うと。だから今はジョミーを信じたいと。トォニィが魅せました。
| 伊達でございます! | 2007/09/01 10:22 PM |
地球へ… 第21話 「星屑の記憶」
地球へ…   現時点での評価:3.0〜   []   TBS・MBS : 04/07 18:00〜   SBS・RCC : 04/14 17:30〜   原作 : 竹宮恵子   監督 : 山崎理   メカデザ : 出渕裕   キャラデザ : 結城信輝   2クール   アニメ制作 : 南町奉行所・東京キ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2007/09/01 10:33 PM |
地球へ・・・#21「星屑の記憶」感想
ミュウのシャングリラはついに人類の首都惑星ノアを制圧し、地球への道を進み続ける。ブルーはジョミーの中でずっと生きている・・・!「星屑の記憶」あらすじは公式からです。木星の周辺に主力部隊を配備し、ミュウたちを迎え撃つキース。対ミュウ戦闘訓練を受けたメン
| おぼろ二次元日記 | 2007/09/01 10:46 PM |
地球へ・・・ 第21話「星屑の記憶」
「地球(テラ)へ・・・」の第21話を観ました。 いよいよ全面戦争に突入した、人間とミュウ・・・(-""-;) いつのまにか四隻に増えてるミュウ側の船。一方で何百何千という数の大艦隊を配備して待ち構えていた人間側。ちなみ
| 怜奈の自己主張 | 2007/09/01 10:59 PM |
地球へ… #21星屑の記憶
冒頭のジョミーとブルーの会話、あれはジョミーの回想で、思い出として「生きている」
| 才谷屋DIARY | 2007/09/01 11:09 PM |
地球へ… 21話 『星屑の記憶』
ナスカチルドレンが…(´;ω;`)ウッ…  無敵だと思っていたら今回の戦いで3人も亡くなってしまいました…_| ̄|○ いずれも能力の高さはジョミーと並ぶタイプ・ブルーと呼ばれるレベルであったにも関わらず…アルテラは前
| 欲望の赴くままに…。 | 2007/09/01 11:52 PM |
地球へ… section20&21
「地球へ…」の20&21回目です。 いろいろとばたばたしていたために、2話分まとめての雑感となってしまいました。 ここで取り上げるのは第20話「決戦前夜」と、第21話「星屑の記憶」の簡単な雑感でございます。 まずは第20話から。E-1077を破壊し、過去との決別を終
| naitou-souの「So-net的」日常 | 2007/09/02 1:57 AM |
地球へ… 第21話 「星屑の記憶」
ミュウたちの艦隊はついに太陽系に到達、キースの人類統合艦隊との決戦に突入。 トォニィたちナスカチルドレンに対し、対ミュウ戦闘訓練を受けたメンバーズが迎え撃つ。 次々と宇宙に散っていくチルドレン…。 仲間を失っ
| SERA@らくblog | 2007/09/02 3:00 AM |
「地球へ・・・」第21話
section21「星屑の記憶」木星の周辺に主力部隊を配備し、ミュウたちを迎え撃つキース。対ミュウ戦闘訓練を受けたメンバーズたちとトォニィたちナスカチルドレンの激しい戦闘の末に、散り行く命と残される命。人の悲しみと怒りが星々の狭間に満ち満ちる時、ジョミーは、
| 日々“是”精進! | 2007/09/02 4:34 AM |
地球へ・・・ 21話「星屑の記憶」
「信念を持って進め」ブルー、テラ美しすぎv(≧∇≦)v!!はぁ、初っ端からブルー堪能。癒されましたえっと、1週空いて前回どんな内容だったかすっかり忘れておりました。ついでに危うく撮り忘れるとこでした←こんな人多かったんではないでしょか。そのため?スウェナ
| まったり感想日記 | 2007/09/02 8:16 AM |
『地球へ…』#21「星屑の記憶」
「信念を持って進め、ジョミー」 地球へ行くために人と手をつなぐか、人と戦い地球を勝ち取るか。 人の心とミュウの心を持つジョミーは戦いの道を選びました。 ミュウに屈した星もあり、いつの間にかミュウの艦隊は増え
| ジャスタウェイの日記☆ | 2007/09/02 9:38 AM |
地球へ… 第21話 『星屑の記憶』
アルテラ---。゚(゚´Д`゚)゚。---!!! 戦闘シーンはかっこよかったけど、それ以上に泣かされました…。 やっぱり戦いって辛いよ…orz
| ティンカーベルをください | 2007/09/02 9:48 AM |
地球へ… 21話「星屑の記憶」
今回はトォニィ株があがりました!! 先週全く出番のなかったミュウ達ですが、今週はミュウ対人間の戦いの再開です。 本筋に戻ってきましたね。 以下、普通に原作ネタバレ含めてますのでご注意。
| † CROWN † | 2007/09/02 12:59 PM |
地球へ・・・ 21話 アルテラの死に俺の中の全米が泣いた!
■Section21 星屑の記憶 いよいよ始まったSD体制りミュウの根絶を目指す人類統合軍と、SD体制の破壊と自己の尊厳を守らんとするミュウ達の戦い。 遂に最終決戦が始まる。 「信念を持って進め、ジョミー。」
| めもり〜る〜む | 2007/09/02 2:32 PM |
アニメ「地球へ…」第21話 感想。
第21話「星屑の記憶」 ※楽天等側に対するJUGEMの規制が解除された様子です。1度、TBを試していただければ幸いです。 一週間お休みしての地球へ…です。何だか待たされた感じですね。 お休みしたって言うのに、簡易版です(あああ)。前回より酷いです。もう全然や
| ぎんいろ(旧夢の日々)。 | 2007/09/02 8:13 PM |
地球へ・・・ 第21話
Section21 「星屑の記憶」 殺戮回 なぜころたし 時間ズレで録画失敗
| あしゅの気まぐれブログ | 2007/09/03 6:14 PM |
『地球(テラ)へ・・・(TOWARD THE TERRA)』 ジョミー・マーキス・シン
『地球へ・・・』のジョミーです。 最初は、「ボクはミュウなんかじゃないっ!!」等と言い放ち、何て聞き分けの無い、自我の強い子なの〜??! と言う感じでしたが、最近ではミュウを導く者として、素晴らしい頭角を
| ゆったりイラスト空間 | 2007/09/03 7:41 PM |
「地球へ…」#19〜21/イラスト色々☆
やっと見ました〜。。あと、#22、23を見れば、取りあえず追いつくなぁ。。#19〜21で印象に残った絵を描いてみました^^#20己の 生まれ来し意味のためとうとう国家元首にまで登りつめてしまった…機械のプログラムが起こしたクーデターは、そうとは分からないように、
| quroer'sROOM | 2007/09/17 3:25 PM |