<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ロス・タイム・ライフ 第4節 看護師編

第4節 看護師編
看護師の松永由紀子(上野樹里)は、結婚まで考えていた恋人・荻野政一
(設楽統)に婚約者がいることを知って絶望し、勤務先の病院の屋上から
飛び降りた。ところが落下していく途中で審判団が現れ、由紀子の
ロスタイムが始まる。しかしサッカーのルールもよくわからず、
生きる気力もない由紀子は、審判団を振り切って再び屋上に戻ってしまう。

するとそこには今まさに飛び降りようとしている男・尾元勇蔵(温水洋一)
がいた。同じ場所で自殺をすると心中と間違われてしまうと尾元に
移動するよう話す由紀子。
その時、2人は前に見えるビルから男性が飛び降り自殺を図る姿を目撃、
目を覆い震えだす。
何の因果かロスタイムを尾元と過ごすことになった由紀子は、会社の金を
横領した尾元のために定期預金を解約して130万円を差し出す。
そのお礼にと部屋の大掃除するが、そこで見つけた荻野からもらった指輪を
見つけると質屋へ向かう。ところがダイヤは模造品であることがわかる。
怒り心頭の由紀子は持っていたバッグも売り払い、その代金で尾元と
高級寿司店へ行き、美味しい食事をしながら話すうち"死んだこと"を
少しずつ後悔しはじめる。由紀子は「最後のお願い」と尾元を連れ出し、
勤務中の荻野を呼び出してもらうと怒りをこめてパンチを繰り出す。
残り15分、病院へ戻った由紀子は、先ほど目撃した自殺した男性が奇跡的に
助かったことを知る。尾元に感謝の言葉をかけられ、ますます死んだことを後悔し、生きたいと強く願う由紀子だが、審判団に促されて元の位置に
つく。そこで終了のホイッスルが鳴り、目を閉じる……が、再び目を
開けても何事も起こっておらず、審判団は消えていた。由紀子の人生の
延長戦が始まったのだ。自分の遺書を破った由紀子は清清しい気持ちで、
歩き出すのだった。



上野樹里がまんま、のだめ!

自殺しようとする尾本に、自殺する理由を
くだらないことよばわりされて反論するあたりが
のだめにしかみえませんでした。

あんな女性が自殺なんか考えるかね?
尾本も、あんた死にたいのか死にたくないのか
はっきりしろっていいたくなるくらいでしたねえ。
死ぬなら確実に死ねるほうがいいんじゃないかと
思うんだけど。うっかり大けがしたら痛いだけだし
生きる可能性を残しておきたいなら
大勢のまえで飛び降りるふりをしてとめてもらうとか、
まあどっちにしても自殺はおすすめしません。

自殺でもロスタイム。
でも落ち着いて考えてみたら
こんなことで死ぬのもったいない!
病院でいろんな人の死をみてるはずの由紀子だし
とびおりるまえに気付いてもらいたかったけど
残り時間はわずかで、このままだったら
今までの中でも一番もやもやが残るかなとおもったら
まさかの延長戦でした。
自殺だったから?

延長戦があるものならば他の人たちにも
やらせてあげたかったけど、
そうもいかないんだろうな。

高級寿司屋さんの前でパンを食べる審判団が笑えました。


君station(初回生産限定盤)(DVD付)
ORANGE RANGE

ロス:タイム:ライフ
ロス:タイム:ライフ
筧 昌也 原案, 小林 雄次
2008.02.26 Tuesday 10:22 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 魔人探偵 脳噛ネウロ 第6話「髪」 | main | 悪魔とラブソング 3巻発売 >>









ロス:タイム:ライフ 第4節 「看護師の涙が起こすドーハの奇跡!〜人生をあきらめないで」
恋人の政一(設楽統)に婚約者がいることに絶望する看護師の由紀子(上野樹里)。
| テレビお気楽日記 | 2008/02/26 5:35 PM |
・フジ「ロス:ライフ:タイム」第4話
2008年2月23日(土)23時10分から、フジテレビで、「ロス:ライフ:タイム」(第4話(第4節))「看護師の涙が起こすドーハの奇跡!〜人生をあきらめないで」)が、放送されました。NHKの「フルスイング」より先にレビュー!(笑)温水さん、今回は、
| たまちゃんのドラマページ | 2008/02/26 9:28 PM |