<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ロス・タイム・ライフ 第6節 ヒーローショー編

第6節 ヒーローショー編
売れない役者、北澤光一・35才(田中直樹)は、オーディションに
落ち続け、仕事といえばいつまでたっても遊園地のヒーローショーの
悪役・シャドー団しかない。目立ちたがり屋の光一は舞台でリアクションを
取りすぎて、ヒーロー・サンバイザーX役の赤井隼也(原田篤)からも
おねえさん役のみどり(安田美沙子)からも嫌みを言われる始末。
ある日一緒に出演していた後輩の大空正樹・23才(田中圭)が
オーディションに合格して連続ドラマのレギュラーが決まったことを
聞いた光一は、自分もまだまだこれからと根拠のないポジティブ思考で、
恋人の陽子(畑野ひろ子)にあきれられる。
ある日、光一はオーディション会場に向かう途中に不運にも事故で
ロスタイムに突入。審判団たちに自分が死んだことを確かめた光一は、
ロスタイム中になんとかドラマに出たいとテレビ局に押しかけ、警備員に
取り押さえられる。その姿を呆然と見送る事務所社長の鬼塚蘭子
(片桐はいり)。あきらめきれない光一は、せめて一度だけでもと
サンバイザーX役を代わって欲しいと隼也にお願いするが、あっさりと
却下される。そこで光一は、隼也に振られたみどりやバイトの学生に
シャドー団が団結してサンバイザーXを倒す計画を持ちかけた。
怪獣・コウモリーノ役をやっている尾元勇蔵(温水洋一)は反対するも、
光一が役者を辞めると勘違いした正樹も加わり、計画は決行されることに。
陽子にショーを見に来るよう電話をする光一。
ヒーローショーが始まった。いつも通りに進んでいたが、サンバイザーXが
ポーズを決めたその時、シャドー団が一斉に襲い掛かった。
光一の演説により観客もシャドー団の応援ムードになり、組み伏せられた
サンバイザーXに馬乗りになった光一。しかし、1人の子供が必死に
サンバイザーXを応援する声を聞く。それは、光一がいじめられっ子から
守った子供だった。子供に気を取られ光一が手を緩めた隙をつき、
反撃に出たサンバイザーXは必殺技で光一らを倒してショーを終える。
夜、遊園地で陽子と会っていた光一に1人の子供が近寄ってきてサインを
求めた。微笑みあう光一と陽子。そこに試合終了のホイッスルが鳴り…。


簡単感想

役者さん志望の人はたくさんいるから
その中で有名になれる人はごく一部・・。

シャドー団は今の戦隊ゴーオンジャーでいえばウガッツですね。
これがまた愛嬌あってかなり気に入っているんですが
それでもみんな同じ顔をしているので
ひとりひとりのみわけはつきません。
それでもまだテレビにでられるだけいいのか、
全国各地のヒーローショーの怪人の中に
入っている人たちもあわせると
ヒーロー(もしくは敵の大将)になりたくても
なれない人は多いだろうな。

今回ロスタイムが無駄な時間と説明されていましたが
自主製作映画をつくっていた時間が無駄だったなんて
そのあとの役者人生全部無駄といっているようなもの・・・。
決してそんなことはないと思うんだけど。
怪人がいなければヒーローもいらないんだから。

ずっと下積みのままおわってしまうのは気の毒ですが
成功するかどうかは、もっている役者としての華というか
オーラというのにかかっているような気がします。
こればっかりはコツコツ真面目にやっていれば
成功するものではないし。

ただ自分だけの夢をおいかけていた光一が
彼女が「わたしたちの」人生設計とかきなおしてたことで、
ようやくそばにいる人が大事だとギリギリ気づいてくれて
よかったです。
といってももう死んじゃうところがこのドラマの残念なところ。

ほか、ドラマの世界の格付けがおもしろかったですね。
現実には月9よりこの時間帯のドラマのほうが
おもしろかったりしますし、、、^^;



君station(初回生産限定盤)(DVD付)
ORANGE RANGE

ロス:タイム:ライフ
ロス:タイム:ライフ
筧 昌也 原案, 小林 雄次
2008.03.11 Tuesday 10:35 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 魔人探偵 脳噛ネウロ 第8話「夢(みらい)」 | main | ワンピース グッズいろいろ >>









ロス:タイム:ライフ 第6節 「ヒーローになりたい男!涙の大逆転!?最期に輝く星になれ!」
ヒーローショーでは、いつもサンバイザーキックでやられて死ぬ役の光一(田中直樹)。
| テレビお気楽日記 | 2008/03/11 5:32 PM |