<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

あまつき 第七夜 暁降ち(あかときくたち)

第七夜 暁降ち(あかときくたち)
トキにはなしかける佐々木只二郎。
笑顔の下でトキのことをそんなに信じていないらしい。

佐々木も妖退治をする人で
妖を感じられる力を手にいれるため視力を失った
とのこと。
妖怪にも仁義の心があると理解があるトキに
とてもやさしいけどとても胡散臭いといい
妖にもやさしいトキがひじょうに不安なので
たやすく人を信じられる性質ではない自分は
ひきつづき外でも監視をするという佐々木。
それに対し

「俺も、もとから人をそんないいもんじゃないと
 
 思ってます。だからこそやさしくなりたいとか

 正しくいたいとか、努力するんじゃないでしょうか」


というトキ。
また幼いころの回想。

「おまえが、まっすぐ目でみてるときだけ

 俺がましなやつになれたような気がするんだよな」

「トキ、俺を信じてくれてありがとな。

 おまえが俺の、ラッキースターだ」


『あの人の言葉を、最近よく思いだす』

考え事をしながら歩いていたらいきなり目の前の障子があき
朽葉、なかには紺もいました。
朽葉からお茶をだされて、その場に寝ころぶトキ。

「なんか安心しちゃった」

ふたりのところへきてようやく気が緩んだんですね。
朽葉と紺のいつもの口げんかをきいて笑い出すトキ。

「おつかれ」 「おつかれ」

とふたりが声をそろえて声をかけ
また口げんか再開。

朽葉もここで寝るというのをきいて
うろたえるトキ。
朽葉は

「ふたりきりになりたいんならそう言え!」

と誤解していってしまったかのようにみえますが
紺によると、朽葉は女の子扱いされるのに
慣れていないだけ。

「あいつを女扱いするのは、おまえくらいのもんだ。
 
 沙門のおっさんはガキ扱いだし

 俺はあいつのことを、怪獣の一種だと

 思ってるしな」


怪獣・・・。

あんまり女らしくなっても気味悪という紺に

「な〜にいってんの。

 女の子にやさしくできない男に

 生きる価値はないよ」


というトキ。

またまた幼いころの夢。
スーパーと床屋にいくだけでも
一生の別れかもしれないといって
全力で別れを惜しむトキとスオウ。

『形見なんてぶっそうな話だと思うけど

 その頃はそれがあたりまえだった』


紺の顔の上に足をのせていたトキが
朝からいいあらそっていると
鶴梅さんに注意されましたが
外へいくための着物に着替えた鶴梅に

「へえ〜。いつものも凛としてていいけど

 そっちも似合うね」


とさらっといったり、同じくお出かけ用の着物の真珠に

「おはよう。今日の着物もかわいいね」

と天性の女たらし・・・?!

トキたちに声をかけそびれる朽葉・・。

食事のあと、すぐにでかけることに。
佐々木はあとでおいかけていくと
先に席をたちますが、そこへやってきた
部下、黒鳶。

「でもあの小僧、佐々木様に言い返すとはなかなか。

 それも佐々木様の持論とよく似ておいでだ」


黒鳶が報告したのは露草と平八のこと。
「追え」と命じられ

「承りまして候」と黒鳶。

でかける前に紺と別れを惜しむトキ。
眼帯を紺に握らせます手をぎゅっとおさえます。

「預かっててよ。

 人と別れる時にはおもいっきり

 大げさに惜しむことにしてんだよね。

 ちゃんと迎えにくる。そのときかえしてよね」


紺も髪をしばっていた紐をはずしてわたします。

「ほら。早めに返せよ」

紺たちが出発した後
姿をみせる銀朱。
紺がここに残ったのは、一番情報をもっていそうな
銀朱にさぐらせてもらいたいから。

最初からトキに自分の呪いをとくようにいわなかったのはなぜか。
本当にこの世の行く末がわかっているのなら、
どこまで知っているか、帝天の正体も
知っているんじゃないかとたずねる紺。

「帝天の正体なぞ、神としかわかりません。

 梵天なら、いや、帝天に一番近い存在の
 
 告天であれば、あるいは」


告天正体はなんと夜行。

「帝天は、あやかしの味方だと?」

「いいえ、おそらく夜行は妖にとっても敵です。

 夜行は妖を狂わせ

 人を狂わせ、世界を狂わせる。」


「そんなやつが 一番帝天近い存在ってことは・・」

「この世界は、あまつきは

 創造主の意志で狂わされているのかも

 しれないということです。

 ならばその仕組みを壊してしまおうかと思いましたが

 それを帝天が許すはずもなく

 白紙のものとて私をの命を救えはしない」


トキは銀朱の呪いをとくためにいったんだぞという紺に

「こういえばわかりますか?

 私のこの呪いは、死んでいく呪いではなく

 死ぬことができない呪いなのだと」


はっとする紺。

沙門さんはあやかし祓いをしていました。
屋敷の中にはたくさんいましたが
問題の火がでた蔵は、あやかしどころか
むしろ神域のように清い空気で満ちているらしい。

狐のあやかしは

「今夜いよいよまいります。

 あなたをとりもどしにまいります」


とつぶやき人間をおそったらしい。

銀朱は紺を眠らせてしまいます。

「私は私の信じる道で

 守るべきものを守ります。

 それが銀朱という名にかせられた責。

 おやすみなさい。

 あなたにきいてもらえてよかった。

 誰かにしっておいてほしい。

 そう思うのもまた 未練ゆえか。

 とうにないものだったこの命

 何を惜しむというのでしょう。

 それでもやはり 

 あなたはまたなくんでしょうか、

 梵天」


梵天もまたつぶやきます。

「簡単に、君ひとりらくになんて
 
 してやらないよ、銀朱」

 
狐のあやかしをたずねてきた露草と平八。
ここへきても平八、お気軽で露草に
ボロクソにいわれますが、平八も
露草が普通のものじゃないことはとうにお見通し。
だけどみょうちくりんなやつにはほかにも知ってるし
露草は傷の手当てもしてくれたし
こまってそうだったからという平八。

「よく正体不明のやつと、仲よくなんなあ。

 警戒心てやつをもってねえのか」


「うっせえなあ。

 あんたに何かされたら

 てめえの見る目がなかっただけだろう。

 こちとら江戸っ子でぃ!

 そんときぁ腹くくって覚悟きめるさあ」


平八を変なやつとつぶやく露草。

そこへはいってきた狐のあやかし。
血の匂いをかぎとり
夜行の力をかりて人間を手にかけた稲荷をせめる露草。

「最初に救いの手をけったのはあなたさま。

 私がどなたのちからをかりようが

 とやかくいわれる道理はございません。

 いえ、お恨みなどはしていないのです。

 きてくださった、それだけで十分。

 ところで、なぜここに人間がいるのでしょうか」


平八のすぐそばに稲荷が。
そして血が、血が、、!




平八、大丈夫なの?!
さっきあんなこといったからってそんなすぐに。

紺を眠らせた銀朱がつぶやいた言葉も
意味がよくわからないなあ・・梵天が泣くっていうやつ。
なんとなく登場人物と背景がみえてきたけど
わからないことも多くて。

稲荷をさがしてトキたちと露草もまたおなじところに
いくのか。

キャスト


六合鴇時:福山潤
篠ノ女紺:遊佐浩二
朽葉:朴 王路美
梵天:諏訪部順一
沙門:中田譲治
平八:野島健児
露草:森久保祥太郎
空五倍子:小杉十郎太
銀朱:鈴村健一
真朱:松岡由貴
佐々木只二郎:大川透

TVアニメーション「あまつき」ドラマCD 第5巻
ドラマCD


あまつき絵巻 金華糖 ―小さめにしてみました。―
あまつき絵巻 金華糖 ―小さめにしてみました。―
高山 しのぶ


TVアニメーション「あまつき」DVD 第1巻 <豪華版>
TVアニメーション「あまつき」DVD 第1巻 <豪華版>
2008.05.17 Saturday 10:38 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< パズル第5話「イケメン争奪!旧家の花嫁選び」 | main | ROOKIES ルーキーズ 第5話「負けたら解散・・その時、最後の男!」 >>









アニメ「あまつき」 第7話 暁降ち
だからこそ、優しくなりたいとか正しくいたいとか、努力するんじゃないでしょうか。 鴇時と紺のやり取りにひたすら萌えた、「あまつき」第7...
| 渡り鳥ロディ | 2008/05/17 10:57 AM |
「あまつき」第7話
第七夜「暁降ち」鴇時の監視役である佐々木は、妖の存在を感知する代償として視力を失っていた。彼は妖を退治すべきものと考えており、妖に好意的で梵天たちとかかわりがある鴇時を信用しきれずにいた。その佐々木のもとに、日本橋方面で妖らしき不審者が出没したという
| 日々“是”精進! | 2008/05/17 11:27 AM |
あまつき 第七夜「暁降ち」
あまつきの第7話を見ました。第七夜 暁降ち鴇時の監視役である佐々木は、妖の存在を感知する代償として視力を失っていた。佐々木は妖を退治すべきものだと考え、妖に好意的で梵天と関わりのある鴇時を信用しきれずにいた。その佐々木のもとに、日本橋方面で妖らしき不
| MAGI☆の日記 | 2008/05/17 12:20 PM |
あまつき 第七夜「暁降ち」
『鴇時は銀朱の呪いを解く方法を見つけるため、梵天から聞いた情報をもとに、朽葉、真朱、鶴梅とともに日本橋へ向けて出発する。人質として...
| Spare Time | 2008/05/17 2:34 PM |
あまつき 第七夜「暁降ち」
「俺は俺で上手くやるから、思うままにやってこい」 日本橋へと向かった鴇達、それを見送った紺は銀朱から思わぬ事を聞く事に!! そして 今様...
| WONDER TIME | 2008/05/17 8:04 PM |
『あまつき』#7「暁降ち(あかときくたち)」
「人と別れるときは、思いっきり大げさに惜しむことにしてるんだよね」 鴇の不思議ジンクス! TVアニメーション「あまつき」DVD 第1巻 (2008/06/...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2008/05/17 9:49 PM |
あまつき 第7話「暁降ち」
銀朱の呪いを解く方法を求め鴇時も日本橋に向かう。 紺は人質として残り、銀朱に探りを入れるのだが…。 やっぱり原作未読ではよくわかん...
| SeRa@らくblog | 2008/05/17 10:14 PM |
あまつき 第七夜「暁降ち」
おつかれ ◇STORY◇公式HPより引用 鴇時は銀朱の呪いを解く方法を見つけるため、梵天から聞いた情報をもとに、朽葉、真朱、鶴梅とともに日...
| 気まま〈〈アニメ〉〉スペース | 2008/05/17 10:32 PM |
あまつき 第7話「暁降ち」
鴇時は銀朱の呪いを解く方法を見つけるため、梵天から聞いた情報をもとに、朽葉、真朱、鶴梅とともに日本橋へ向けて出発する。人質として神社に残った紺は、銀朱に"あまつき"についての探りをいれるが、反対に眠らされてしまう。一方、露草とともに日本橋の屋敷に向か
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/05/18 1:28 AM |
あまつき#7「暁降ち(あかときくたち)」感想
この世界は創造主に狂わされている?銀朱と梵天。二つの道。「暁降ち(あかときくたち)」あらすじは公式からです。鴇時は銀朱の呪いを解く方法を見つけるため、梵天から聞いた情報をもとに、朽葉、真朱、鶴梅とともに日本橋へ向けて出発する。人質として神社に残った紺
| おぼろ二次元日記 | 2008/05/18 4:00 PM |
[5/20付]アニメ感想総まとめ♪
いつも以上にレビューを書くのが遅れてしまいました;; 『To LOVEる -とらぶる-』『xxxHOLiC◆継・6話』『あまつき』 『仮面のメイドガイ』の感想...
| **ユメイチゴ** | 2008/05/20 7:13 PM |
(感想) アニメ 『あまつき』 第7話 「暁降ち(あかときくたち)」
屋敷の中で鴇は佐々木さんに会う どうやら佐々木さんは鴇たちと一緒に外に帰ろうとしているらしいです さらに佐々木さんは妖を見るために視力を捨てたことを鴇に教える 「そこまでして…」 と呟く鴇 確かに、視力を捨ててまで妖の気配を感じようとするってスゴイですよ
| ★一喜一遊★ | 2008/05/20 10:37 PM |
あまつき 第7話「暁降ち」
お前がオレの、ラッキー☆スターだ
| 空色☆きゃんでぃ | 2008/05/21 7:20 AM |
あまつき 第07話 感想
 あまつき  第07話 暁降ち  −キャスト−  六合鴇時(りくごう ときどき) :福山潤  篠ノ女紺(しののめ こん) :遊佐浩二  朽...
| 荒野の出来事 | 2008/05/22 2:40 PM |