<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

西洋骨董洋菓子店 レシピ12(最終回)

 レシピ12(最終回)
橘の行動で連続幼児誘拐事件は解決をみた。
しかし、それでも橘は言いようのない暗い感慨を抱えたまま、
変わらぬ悪夢に眠れぬ夜を過ごしていた。アンティークはオープンから
一年が経とうとしている。ますます繁盛し、何もかも順調であった。
エイジはフランスへの渡航を決め、千影は橘から離れ
一人で生きていく道を選ぶ。それぞれが新たな世界へと踏み出すなか、
過去を捨て新たな歩みを始めようとしている、ある初老の男の姿があった。



犯人がつかまり、橘に深く頭をさげる芥川。
この人の半生も、橘誘拐犯によって
狂わされてしまったのですよね。

事情聴取を終えて戻ってきた橘を
みんなが待っていてくれてるシーンはあたたかい。。。
男の子が生きていたと聞いて泣き出す千影に小野まで。

その頃・・本当の犯人は前に仙台にいこうとさそわれていた、
いない息子にケーキをたべさせていたおじさん。

お店は順調。
そして千影は、自分がいなくてももう橘は大丈夫だから、と
マンションをでていきました。
うん、やっぱり小野の方が大丈夫って気がする、、、

エイジはフランス語の先生のコンスタンスに誘われてフランスに。
今回は短期間だけど将来的にはフランスでお菓子の勉強をしたいと
決意したようですが、気持ちよくおくりだしたあとで
小野が泣いてる。。。
さびしくなったのは橘かなと思ったけど、小野は小野で
師匠冥利に尽きたか。
コンスタンスの言葉もうれしいし。
小野は妹さんの結婚式にも出席して
ウェディングケーキを作りたいといい橘はもちろん了承。

橘と小野・・まだ人生振り返るには若いというか早いというか。
なんかいいかんじにおちつきましたが。

犯人の男はあのおばさんにおくるケーキを買って
帰って行ったけど、橘は気付かず。

ナイフで男の足をさしてしまい動揺する幼い橘は
「忘れろ!」と言われた言葉があったから
そのまま暗示をかけられたかのように忘れていたのですか。

そのまま犯人がつからないまま終わってしまうけど
ときどきうなされることはあっても
生きて、こうやってケーキ屋をやってる橘も悪くはないか。



新聞のテレビ欄に、レシピ11のはずなのに(終)とかいてあったから
不思議におもっていたら二話連続放送でした。
いずれにしても関西は遅れて放送ですが
次ののだめもやっぱり二週遅れなんだろうか。


キャスト

橘圭一郎役 藤原啓治
小野裕介役 三木眞一郎
神田エイジ 宮野真守
小早川千影 花輪英司


西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第1巻
西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第1巻
角川エンタテインメント

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第2巻
西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第2巻
角川エンタテインメント

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第3巻
西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第3巻
角川エンタテインメント

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第4巻
西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第4巻
角川エンタテインメント


Life goes on
CHEMISTRY


アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 DVD-BOX
アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 DVD-BOX
滝沢秀明,椎名桔平,藤木直人,小雪,えなりかずき,八千草薫,阿部寛

2008.09.24 Wednesday 09:46 | comments(6) | trackbacks(1) | 
<< 西洋骨董洋菓子店 レシピ11 | main | D.Gray-man COMPLETE BEST(DVD付) >>
真紀 (2008/09/24 12:27 PM)
honeyさん、こんにちは

新聞欄に(終)の文字があって、11話で終り?中途半端!と思いましたが2話連続とは…

橘が無意識の内に誘拐犯を探す為にケーキ屋さんを開いていたのが別の誘拐犯を捕まえる手助けになるとは
子供が無事でよかったです。だけどあの母親はちょっと許せません。自分の息子が犯罪を犯しているのを知っていながら何もせずに言いなりになってるのが…暴力を振るわれていたんでしょうかね

エイジが自らフランスに行くというのもおどろきました
小野の前で泣いていたのが嘘のように晴れ晴れとした感じで将来を見据えてきたんですね。
千影は…大丈夫なんでしょうか(苦笑)


honey (2008/09/24 3:42 PM)
真紀さん、こんにちは〜。

たしかあと二話残ってるのになんで最終回なんだろうと
おもいましたよね。
9月中におわらせたんだから10月は遅れなしだといいですね。

息子に暴力ふるわれてさからえなかったんでしょうね。
前に女の子を何年も自宅監禁してた犯人の母親も
ずっと黙ってましたよね。

エイジは成長が感じられました。
離れても大丈夫な自信もできたんだと思います。

千影は・・心配です。
さまざまな日常生活が。
一人暮らしできるんだろうか。。。。^^;

JUNKO (2008/09/26 10:18 AM)
>honeyさん、こんにちは

当地の放送は、木曜の夜、
そちらより1週早いサイクルだったのに、
最終回で抜かされました(笑)

さて最終回。
ここまで正直、物足りなさを感じていましたが(時間の都合がありますものね、カットされたところが多くても仕方ないです)、
最終回で、確か原作にはなかった、
黙って頭を下げる芥川さんのシーンが加わったのは、
良かったです。

漫画のテレビ化には人によって思うところいろいろありそう。スタッフも大変だったでしょう。
あえて忠実になぞるのをやめた、椎名桔平さんたちによるドラマバージョンも楽しかったなあ。
今回のアニメは原作に忠実にと心がけたようですね。
髪の毛の色も、原作のカラーページと同じでしたが、
どちらかといえば本編内の黒い髪のエイジや小野を見る機会のほうが多いわけで、逆にちょっと違和感を感じちゃいました。
うーん、漫画のアニメ化は難しい・・・。
でも、でこちゃんは良かったなあ。原作ではなかなか小学生には見えなかったでこちゃんですが、アニメによって子どもっぽい声が入ることで、やっと小学生なのだと認識できました。

以上、いつのまにか最終回だけでなく全話分の感想になってしまいました(笑)。
honey (2008/09/26 1:22 PM)
JUNKOさん、こんにちは。

最終回まさかの二話まとめて放送でした。
マンガでよんでるから待ちきれないってほどでは
なかったんですけど。

芥川さんは声が個性的すぎてええ〜と思ったけど
芥川さんもあれで一区切りつけられたところが
あるかもしれませんね。

初回はあまりの橘の顔のにてなさに(-_-)唖然としましたが
だんだん慣れました。
とびかくバラとかここぞというときになるBGMとか
アニメはアニメなりに楽しかったです。
ケーキがおいしそうに見えるという点では
ドラマの方が勝ってたかな。
JUNKO (2008/09/26 7:02 PM)
>honeyさん、再びこんにちは

>ケーキがおいしそうに見えるという点では
>ドラマの方が勝ってたかな。

そうですよねえ!(握り拳で力説)
ドラマのときは、
放送翌日はケーキ屋に飛び込んでいたのに。
絵にすると、ツヤ感とかがちょっと違うなあ。
あと、橘の、「立て板に水」的説明が少なかったのも残念です。
honey (2008/09/26 7:17 PM)
JUNKOさん、こんばんは。

ですよね。
アニメでもケーキ監修のかたがいらっしゃいましたが
こればかりは実写に及びませんでした。
私の友達はドラマの日はあらかじめケーキを買ってきておくという
用意周到ぶりでしたよ。

アニメは時間的なつごうでカットされてる部分も多いですね。
私は会長とエイジのところがもうちょいみたかったかなあ。

上のレス
とびかくバラ→とびかうバラです<m(__)m>









西洋骨董洋菓子店〜アンティーク〜 レシピ12「永遠の後味」
西洋骨董洋菓子店〜アンティーク〜の最終話を見ました。レシピ12 永遠の後味世間を騒がせていた連続幼児誘拐事件は解決をみた。誘拐犯がケーキを食べさせていたのは子ども達が安らかな気持ちで天国に逝けるようにと考え、ケーキを食べさせた後に殺そうとしていたらしい
| MAGI☆の日記 | 2008/09/24 6:53 PM |