<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第2話「ツインドライヴ」その2

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第2話「ツインドライヴ」その2

その1はこちら
王留美と紅龍。

「お嬢様、なぜソレスタルビーイングの情報を

 彼らに話したのですか。

 この4年間 なんのために準備を・・」

「この程度の危機をのりこえないようでは

 意味はなくてよ」

「お嬢様。あなたは世界の変革よりも

 戦いを求めているようにみうけられます」


「そう、戦いの果てにこそ 世界の変革があるわ。

 彼らに連絡を」


「わかりました。お嬢様」

と部屋の隅にひかえていたネーナ・トリニティ。

リボンズのいる部屋にはいってきたリジェネ。

「何をしているんだい?リボンズ。

 へ〜え 素敵な情報だ。

 さすがはソレスタルビーイングの元エージェントだね。

 ホーマー・カタギリに連絡する?」

「そうだね。それもいいね」

アロウズ。

「ガンダム搭載のスペースシップのポイントがわかっただと?」

とグッドマン大佐。

「指令本部からの情報です。間違いないかと」

「さすがはカタギリ司令。やることにそつがない。

 モビルスーツ全機発進。

 これより我が艦は ガンダムのスペースシップに
 
 奇襲をかける」

「アヘッド 第1、第2小隊 出撃準備」

「大尉。私にも出撃許可を」とルイス。

「それをきめるのは私ではない。

 待機していろ。ハレヴィ准尉」とジニン。

「足回りのセッティング OKです」

「ごくろう」

「アヘッド起動!各機発進準備急げ。

 ソレスタルビーイングめ・・・

 アヘッド 出撃する!」

「緊急暗号通信 トレミーからか」と刹那。

「王留美からの情報だ。

 アロウズに こちらの位置を知られた」とラッセ。

「セラヴォーで出る。

 フェルトはイアンとともに

 マッチング作業を急いでくれ」とティエリア。

「了解」

「敵部隊接近!敵部隊接近!戦闘準備! 戦闘準備!」と赤ハロ。

「そんな・・戦うのか・・」と沙慈。

「第二デッキ ハッチオープンです。

 セラヴィー カタパルトデッキへ。

 リニアカタパルトボルデージ

 230から520へ上昇。

 機体をフィールドに固定。

 射出タイミングをセラヴィーに譲渡するです」

「了解。セラヴィー。

 ティエリア・アーデ 行きます」


刹那たち。

「敵の編隊」と刹那。

「アロウズのモビルスーツか」とロックオン。

「刹那、こっちの戦力は?」とスメラギさん。

「ティエリアの機体だけだ。

 だが ロールアウト間近の新型がある」

「二機だけ・・」

「ずいぶんとさびしい組織なんだな」

後ろから通信機に手をのばすスメラギさん。

「あっ、アイオンさん、ノリエガさんから
 
 緊急暗号通信がきたです」

「ノリエガ?スメラギさんから?」とラッセ。

「戦術プランです。開始予定まで0032」

「そいつは無茶だぜ。

 刹那のやつ、本当につれてきやがった」

「敵艦を捕捉。

 モビルスーツも一機確認。

 アラッガ中尉をやったガンダムと輸送艦か。

 第二小隊は輸送艦をたたけ!

 残りはガンダムを!」とジニン。

「大尉!輸送艦から」

「あっ機雷か?」

「これくらいのこと・・うわ〜!」

「センサーに障害だと?

 時間かせぎのつもりか?
 
 軌道修正!迎え撃つ!」

「ST27のルートを通って!」とスメラギさん。

「了解」

「なるほど。そういうことか」とロックオン。

「セラヴィー 目標を迎撃する。

 高濃度圧縮粒子充填。

 GNバズーカ 圧縮粒子 開放」

「第2小隊はスペースシップをたたけ。

 私がガンダムをひきつける!」

「イアン、ダブルオーを出す」

「ちょ、ちょっと待て、刹那。
 
 こっちはまだ」

「時間がない。

 操縦を頼む」とロックオンにまかせ席をたつ刹那。

「な、なんだって?」あせるロックオン。

「小型艇着艦準備

 およびダブルオー発進シークエンスに入るです。

 第1デッキ ハッチオープンです」

「あれがソレスタルビーイングの・・」とロックオン。

「ダブルオー カタパルトデッキに搬送です」

「ったく なんなんだ」

攻撃をかわすロックオン。

『ダブルオー オーガンダムと 

 エクシアの太陽炉を

 乗せた機体

 俺のガンダム』


刹那、のりこみます。

「ツインドライヴシステム、いけるか」

「刹那 ダブルオーはまだ」

「トランザムを使う」

「無茶だ!刹那、よせ!」

「トランザム 始動!」

「やりやがった」

「ダメです。粒子融合率73%で 停滞」とフェルト。

「トランザムでもダメか」

「敵モビルスーツ2機 急速接近中です!」

「くっ・・ダブルオーは?!」とティエリア。

「目覚めてくれ ダブルオー。

 ここには オーガンダムと・・ 

 エクシアと・・


 俺がいる!!」

「き・・起動した!?

二乗化とタイムラグか?」

「ツインドライヴ 安定領域に達しています!」

87%。

「や、やったのか?」

「なんだ?あの光は」

「あぁ・・」とダブルオーをみつめるスメラギさんとロックオン。

「なんだ?あのシステムは?」とリボンズ。

「ダブルオーガンダム

 刹那・F・セイエイ 出る!」


「新型?!」

「アヘッドでたたく!」

「ダブルオー 目標を駆逐する!」

「なっなんだと〜?!」

「なんだ?あの性能は?」

「こいつで〜」とビームが使えない状況されてしまいました。

「これでビーム兵器は役にたたない」

「接近戦ではこっちが有利」

ですが、刹那には通じない。

「これが俺たちの ガンダムだ!」

「刹那・・」とティエリア。

「あれが・・ガンダムの力か」

「刹那・・」とスメラギさん。

「敵モビルスーツが撤退していくです!」

モニターをみて

「ガンダム・・」とつぶやく沙慈。

リジェネとリボンズ。

「リボンズ 

 あのGNドライヴはなんだい?」


「わからない?

 レベル7まで掌握している君が・・・」


「イオリア・・・・シュヘンベルグ・・・」

ED。

トレミーに戻ってきたスメラギさんたち。

「スメラギさん、おかえりなさい」とフェルト。

「おひさしぶりです。ノリエガさん」

「あいかわらず無茶な戦術だ」

「わたしは・・」

そこへロックオンが姿をみせみんなびっくり。

「はっ」

「ロックオン!」

「ロックオン生きてた ロックオン生きてた」

「熱烈な歓迎だな」

「どういうことだよ」

「弟さんなんですって」

「ロックオン・・・ストラトス」とフェルト。

酒びんをひっくりかえし泣いているビリー。


『違う あの男は彼じゃない』とティエリア。

「ダブルオーが 起動した」と王留美。

拘束されているアレルヤが心の中でつぶやきます。

『マリー』



王留美にとってはソレスタルビーイングも目的のための
手駒にしかみえません。自分で情報流しておいて
それをまたおしえるという手のかかることをして
すべてはイオリアの計画のためなのか。
側近の紅龍にさえ不審がられていますけど。

刹那は本当にガンダム大好きなんですねえ。
ダブルオーガンダムを動かしたたりなかったものは
ガンダムへの愛にしかみえませんでした。
トランザムをもしのぐ刹那のガンダム愛、、

アレルヤは4年間ずっと拘束されてたのでしょうか。
気の毒すぎる。早くたすけてあげてください。

ロックオンは仲間になったものの、どうも
心の底からというよりは、もともと所属している組織のためのようですね。
戦ううちに気持ちが変化してくると信じたいですが。

沙慈も行き場がないのもあるけど、
敵はスローネだったと知って、刹那たちへの見方もかわって
このままソレスタルビーイングに・・とはいかないのでしょうか。
しかしそれだとまたいい場面でルイスに再会しそうだな。


TBは前半のほうでお受けします。



刹那・F・セイエイ 宮野 真守
ロックオン・ストラトス 三木 眞一郎
アレルヤ・ハプティズム 吉野 裕行
ティエリア・アーデ 神谷 浩史

スメラギ・李・ノリエガ   本名陽子
イアン・ヴァスティ 梅津秀行
ラッセ・アイオン 東地宏樹
フェルト・グレイス 高垣彩陽
ミレイナ・ヴァスティ 戸松遥

王留美 真堂圭  
紅龍(ホンロン)  高橋研二
ネーナ・トリニティ 釘宮理恵

セルゲイ・スミルノフ 石塚運昇
ソーマ・ピーリス 小笠原亜里沙  
アンドレイ・スミルノフ(セルゲイの息子)
ルイス・ハレヴィ 斎藤千和

カティ・マネキン 高山みなみ
仮面の男 中村悠一

リボンズ・アルマーク  蒼月昇
リジェネ・レジェッタ(ティエリアそっくり) 朴ロミ
クラウス・グラード(カタロン幹部)川島得愛
シーリン・バフティヤール 根谷美智子

沙慈・クロスロード 入野自由
マリナ・イスマイール 恒松あゆみ

ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season (BOX)
バンダイ

(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
講談社 編


儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
UVERworld

Prototype
石川智晶



2008.10.13 Monday 11:08 | comments(2) | - | 
<< 花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス 卒業式&7と1/2(ななとにぶんのいち)話スペシャル | main | ルームオブキング 第2話「ピンチはチャンス!?」 >>
なぎさ美緒 (2008/10/14 6:41 PM)
こんばんわ!!
イケパラへの意気込みで2部構成の感想になられたのがよく分かります(笑)

刹那のガンダム愛は阿修羅をも凌駕するのか!?
ってことで、今回は愛のおかげでOOガンダムも機動したわけですし、本当毎回面白い戦いを見せてくれるなぁと思いました。
まだ2回目なのにテンションマックスでの戦いが続きますけど、本当続きが楽しみでしかたないです〜!!
honey (2008/10/14 7:02 PM)
なぎさ美緒さん、こんばんは〜。

毎週しっかりごはん食べてから書いてるんですけど
今回は9時から見なきゃだし、片付けもして
お風呂もはいって・・とかいってたらやっぱり
途中できらなきゃ無理でした。笑
結局9時までにはしあがってたんですが、
アップするのが面倒で翌日回しに。

あれ、どう見ても刹那の愛で動きましたよね。
一期のときから刹那はガンダム好きだとは知っていたけど
さらに愛が深まってました。

とりあえずアレルヤを奪還して、
マイスターそろってもらわなきゃですね(^^)