<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

イノセント・ラヴ 第3話「引き裂かれた絆」

第3話「引き裂かれた絆」
殉也と聖花がよりそっている姿を目撃したあとも
かのんはいつものように仕事へ。

掃除中、たおれたアルバムをのぞくかのん。

 お兄ちゃん。

 わたしには そのときすぐにわかりました。

 家族を亡くしたさびしいあの人を

 はじめて 心から笑わせたのは

 笑顔の素敵な この人だったんだっていうことが。


殉也は聖花の検査をふたたびしてもらいますが
表情に変化があったというのは
無意識の反射で、このあとも脳の状態は
きわめて低いといわれます。

そんな折、子ども聖歌隊の練習で教会を訪れた殉也は、
美月から義道神父と一緒に食事にさそわれます。
その席で義道神父から
作曲の仕事はもう止めてしまったのかと殉也に尋ねます。
殉也の将来に責任を感じるので
教会や日曜学校のために奉仕してくれるのは
ありがたいけど・・と言う神父の
心配しないでくださいと笑顔を返す殉也。

殉也が落ち込んでいることを見抜く美月。

聖花が笑うという殉也。

「医者は無意識の反射だというけど

 俺はそうは思わない。

 あいつは愛想笑いなんかしない女だからさ」


怖い顔で殉也をにらみつける美月。
殉也がふりむくと美月はいませんでした。

殉也の家を掃除していた佳音は、開けてはいけないと
いわれていた部屋からきこえてきた物音に気付き
ドアノブに手をかけようとしますが
そこに、殉也が。
かのんはこまかいところをそうじをしていたと
言い訳をして帰りますが、
そのあと部屋の中から機械の警告音がきこえ
あわてて中へ入ると、チューブ類が
外された状態になっていました。

あくる日、殉也は、昴に、聖花のチューブが
外されていた件を話します。
殉也は、聖花が本当は全部わかっていて
聖花がやったんじゃないかと話します。

3年前の結婚式の前の夜、
聖花はたくさん薬を飲んで倒れたらしい。
もしかして自殺だった?という殉也に
愛する男との結婚式の前夜にそんなことを
するのはあり得ないと昴。
携帯で、眠っている聖花の画像をみせます。

「チューブをはずしたのは聖花じゃない」

教会で祈りをささげる美月。

同じころ、かのんは、兄・耀司のつとめ先を探して、
とある自動車修理工場を訪れ
経営者の野久保に、耀司が少年刑務所に入っていることも
打ち明けて必死に頼み込み、何とか採用を取り付け
兄にも手紙を書きました。

 お兄ちゃん
 
 喜んでください。

 お兄ちゃんが仮釈放されたあとの

 勤め先が決まりました。

 もうすぐ一緒に暮らせるね。

 がんばろうね。お兄ちゃん。


しかしそのあと、野久保から電話があり、
採用の件はなかったことにしてほしい、
と言われてしまいます。
妻が反対したのだそう。
勤め先がきまらないと仮釈放の許可が
おりないそうで、当座の生活費もいるときき
かのんは長野の土地を売ってお金をつくることに。

実家のあった場所にいってみると
「親殺し」「早く出ていけ」など
心ない言葉がいまも・・・。
かのんは、元気なふりをして刑務所へ・・。

聖花のからだをふく殉也。
そこへかのんが仕事にやってきましたが
殉也は、掃除はもうやらなくていいから、
とお金の入った封筒を手渡します。

「どうして・・・」

「あ・・いや・・」

かのんは事件のことがばれたのだと思い込み

「やっぱり・・」とつぶやき

今までのお礼をいってでていきました。
外へでてすわりこんで泣き出すかのん。

「ねえ?聖花。
 
 ほんとのことおしえて
 
 チューブ 自分ではずしたの?

 それとも あの子?」


かのんがふみきりをわたろうとしたとき
向かい側に池田が立っていました

兄の昔の話をきかれるかのん。
兄は体が弱くて家にいることが多かったから
いつも遊んでもらっていたと答え
兄の家庭内暴力のことをきかれると
そんなものはありませんときつくいいかえします。
家族は普通の家族。
あの事件の晩も普通にお祝いをしていたんだよね?
ときかれ、楽しかった夜のことを思い出します。

「ローソクに火をともして

 それをみんなで吹き消して・・」


「お兄さんもいっしょに?」

「はい」

「プレセントももらったりした?」

「おぼえてません」

「おぼえてない?まったく?」

かのんの様子がへん。

「クリスマスは 毎年祝ってました。

 毎年 プレセントももらってました。

 だけど・・あの晩は・・」


かのんは頭をおさえて苦しそう。
池田がサンタさん正体話を・・・。
(サンタさんを信じてるよい子は
 この時間こんなドラマはみていないからいいのか?)

「お父さんは、そういうことしてくれた?」

かのんが思い出したのは
布団をめくる父?の光景。
これは性的虐待ですか?

かのんの様子をみて、池田は帰っていきますが。

兄に面会に来たかのん。
勤め先のことは保護司の人からきいたそうです。

かのんは、昔のことがよく思い出せないと話します。
あのクリスマス、お父さんが何をしてくれたのか
お母さんがどんなふうに笑ってたのか
よく思い出せないというかのん。
兄は池田にあったのか、ときき
「あいつにはもう会うな」といいます。

「でもあの人はお兄ちゃんの罪を

 晴らしてくれるって言ってるんだよ」


「そんなことどうだっていんだよ!

 おれに罪がないってことは

 おまえさえわかってれば

 世間なんてどうでもいいんだよ!」


と声をあらげます。
そのあと、好きな人とのことをたずねられ
ダメになったと元気なくいうかのん。

「最初からダメなんだよ、あたしなんて」

「そんなことはないだろ。

 おまえのよさがわからないなんて

 そいつが だめなんだよ」


とかのんをはげます兄に

「違うよ・・

 あの人が悪いんじゃない」


「かのん?」

「お兄ちゃんのせいだよ。
 
 全部お兄ちゃんのせいだよ!!

 お兄ちゃんのせいで

 あたしが何をやっても!

 恋なんかしても!」


といってしまうかのん。
すぐに気づいて

「ごめんね。ごめんね。お兄ちゃん。

 今の全部うそだから。

 気にしないで。

 全部うそだから。ごめんね」


とあやまりますが、兄はだまったまま。

通りかかった教会にはいっていくかのん。

 どんなに遠くからでもいい
 
 あの人を一目でもみたい
 
 そうおもうのは まちがってるでしょうか


殉也は昴にたのみ、教会の用事で美月とでかけます。
聖花の部屋には監視カメラ。

かのんは殉也の家に。
かえっていく医師をおくる昴をみて
部屋の中を窓からのぞきます。

殉也と美月。

「大きな罪を抱えたまま死ぬと

 地獄に落ちるって本当だと思う?」


今死んだら間違いなく地獄いきだなという美月。

「そんな大きな罪があるんだ。美月」

「聖花さんが死ねばいいと思った。

 罪深いでしょう。

 だって あの人生きてるだけで

 殉ちゃんのこと苦しめてしばってる。

 だからね

 殉ちゃんのことを大事に思ってる

 そんな人は誰だって・・」


「美月・・」

美月は先にバスの中へ・・。

聖花の部屋にはいってきた昴。

殉也は立ち上がったときに携帯を落とし
カメラをチェックしますが
カメラの電源がはいっていないというのをみて
あわて、バスの中の美月にひきかえすといって
タクシーに乗ってしまいました。

家の前にいたかのん。
中から昴がでてきて、心電計の警告音がして
かのんは中へ。

ドアノブに手をかけるとドアがひらきました。
聖花を見ておどろくかのん。
チューブがはずれているのをみて
いそいでつなぎ、心電計をさわっていると昴が。

「やめろ。

 何もみなかったことにして

 帰るんだ」


「この人、だれですか。
  
 殉也さんの大事な人でしょう?

 そうでしょう?」


警告音をきいてなおそうとするかのんを
つきとばす昴。
心電計が0になり、そこへ殉也が戻ってきました。

「聖花!」

と名前を呼ぶ殉也。
聖花の鼓動がもどりました。

でていこうとするかのんをおいかける殉也をとめる昴。

「待てよ。

 やったのは俺だよ」


「どうして?」

「おまえのためにきまってるじゃないか。

 おまえの人生が

 この女にくいつぶされていくのをみたくないんだ。

 おまえには お前の人生を生きてほしいんだ」


顔をゆがめうつむく殉也・・・。

そのあと殉也はかのんをおいかけ
疑ったことをあやまりました。

「前にも似たようなことがあって

 そんときも君じゃないかって

 疑ってごめん」


聖花は結婚式の前の日に事故にあって
医者は見放してるけど、
自分はいつかめざめるんじゃないかと
思い、毎日彼女に話しかけ祈っていると話します。

「彼女なしの人生はありえない。

 彼女なしで幸せになんかなれないんだ!」


殉也の手をとるかのん。

「だったら 私 祈ります。

 あなたにしあわせになってほしいから。

 いつか あの人の目がさめるように。

 私も祈ります」


帰り道、泣きながら歩く昴。

かのんはまた殉也の家のそうじをすることに。
聖花が椅子に座らせて部屋にいました。

今日は天気がいいから外がみたいかと思って、
と好きな花だというカサブランカをみせる殉也。
それを見て微笑むかのん。

ここ以外には駅の清掃をしているときき
殉也のバイト先のレストランのウェイトレスを
紹介しようかといわれ、かのん大喜び。

兄の仮釈放がきまったという知らせ。
鉄工所に就職もみつかったそうです。

兄を迎えにいくかのん。
兄はかのんをみて微笑みます。

駅で待っている間に、
トイレといって席をたち
池田に電話する耀司。

「妹に近づくな。

 これ以上妹のまわりをかぎまわったら

 おまえを殺す」


兄はかのんのアパートへ。
部屋に貼ってある、殉也との写真をみつけます。
そして、散歩にいってくるといってでていく兄。

 お兄ちゃん 

 私はその日 祈っていました。

 大好きなあの人が 

 いつも笑顔でいられますように
 
 神様 どうか私の小さな幸せを

 奪わないでくださいと


かのんの部屋にあったビラをみて、教会へやってきて
聖歌隊で演奏をしている殉也をにらみつける耀司。



耀司、仮釈放されてすぐ「おまえを殺す」とか言ってるし
さっそく殉也のところへいくあたり、危険すぎでしょう。
予告でも危ない行動とっていましたし。

かのんの回想からみると、父がかのんに
手を出そうとしてたのでしょうか。
それをとめるためならやっぱり兄が犯人てことになってしまうけど?
かのんをおもうなら、もうちょっと
一般人らしくおとなしく生活してあげないと。
(まさかかのんがやったとかってさすがにないよね?)

聖花の薬の飲みすぎも自殺未遂にしか思えないんだけど
いろいろと謎ですねえ。

でも美月と昴の理屈は自分に都合のいいただの思いこみです。
殉也は縛られるのを苦痛に思うどころか
生きてるだけでいいと思ってるわけですから
そんなの他人が勝手に判断して行動するべきではないですよ。

なんかぼや〜〜としてる・・という印象のドラマです。いまのところ。



秋山 佳音(19) … 堀北 真希
長崎 殉也(28) … 北川 悠仁
桜井 美月(23) … 香椎 由宇
秋山 耀司(24) … 福士 誠治

瀬川 昴(28) … 成宮 寛貴
義道神父(53) … 内藤 剛志(特別出演)
遠野 聖花(28) … 内田 有紀
池田 次郎(43) … 豊原 功補


イノセント・ラヴ
クロスネックレス劇中使用モデル







2008.11.03 Monday 22:24 | comments(0) | trackbacks(17) | 
<< 映画 ホームレス中学生 | main | NARUTO 巻ノ44 >>









イノセント・ラヴ(第3話)
聖花の呼吸器チューブを外したのではと疑われ、 殉也家の清掃員をクビになった佳音。 「全部お兄ちゃんのせいだよ!」 あーあ、一番言ってはいけないことを言ってしまいましたよ・・・。 その時のお兄ちゃんの表情の、せつないこと、せつないこと・・・&#63896;
| 霞の気まぐれ日記 | 2008/11/03 10:28 PM |
イノセント・ラヴ(ラブ) 第3話 『引き裂かれた絆』 感想
いっそのことストーカー少女・カノンにタイトル変えればいいのに〜なんて思っていたこのドラマ。 まーたラスフレのサブタイから引用してるよ。 ダメだこのドラマ早く何とかしないとw
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/11/03 10:28 PM |
イノセント・ラブ 第3話 感想
聖花の部屋の前にいる佳音 扉を開けようか開けまいかノブを握ったところで 殉也が帰宅 すぐさま佳音は帰るが 殉也は聖花の生命を維持するチューブが外されていることに気付く 一命を取り留めたものの、その時家にいたのは佳音のみ やはり警戒せざるを得なく 佳..
| annyの日記 | 2008/11/03 10:31 PM |
「イノセント・ラヴ」悲劇のヒロイン3佳音が聖花の命を救い殉也の心を開かせるが輝司の仮出所で秘密は動き出した
「イノセント・ラヴ」第3話は聖花が突然何者かに酸素給送の管を外され一命を何とか取り止めたが、犯人がわからないままだった。一方佳音はその件で疑われバイトを解雇される。耀司は仮釈放のための受け入れ先を探すが見つからず、困っていたがようやく受け入れ先が決ま
| オールマイティにコメンテート | 2008/11/03 10:32 PM |
イノセント・ラヴ 第3話 それぞれの望み
『引き裂かれた絆』内容殉也(北川悠仁)が女性(内田有紀)と一緒に寄り添うところを見てしまった佳音(堀北真希)。ただ、ショックでしかなかったが、それからも掃除は続けていた。そんなある日のこと。掃除中の佳音は、殉也から入ってはいけないと言われていた部屋か
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/03 10:33 PM |
イノセント・ラヴ  第3話 感想
さーて。今日も怖くて気持ち悪いドラマの感想でも・・・。 今日が最終回でもいいんじゃない??w これ以上気持ち悪くなったら困るわーww 不法侵入しすぎ!!!! この主人公・・・・。変です。 タイミングも悪いし・・・。 兄ちゃんにあんなこと言ってしまう
| なんでもあり〜な日記(カープ中心?) | 2008/11/03 10:36 PM |
イノセント・ラヴ 第三話「引き裂かれた絆」
殉也(北川悠仁)に寄り添う後姿の女性・聖花(内田有紀)の姿を見た佳音(堀北真希)はショックを受ける。しかしいつもどうりに殉也に接して、家の掃除を始める。アルバムの中で微笑む殉也と聖花の姿を見た佳音は、二人の
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/11/03 10:43 PM |
【イノセント・ラヴ】第3話
医者は無意識の反応だと言うんだけど、僕はそうは思わない。だって、あいつは愛想笑いなんてしないヤツだからさ。。。。の後の、美月の顔がこわ〜〜〜い。。。その後も、街の中でドカドカすれ違う人にぶつかりながら無表情で歩く美月。こえ〜よ〜〜〜。。。佳音がアルバ
| 見取り八段・実0段 | 2008/11/03 10:50 PM |
ホリキッター、天使の祈り(イノセント・ラヴ#3)
チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikipediaに載るくらいまで普及させることを目的として活動。単に語呂が好きなだけなので、そこまで堀北ファ
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2008/11/03 10:53 PM |
イノセント・ラヴ 第3回 感想
『引き裂かれた絆』
| ぐ〜たらにっき | 2008/11/03 11:07 PM |
『イノセント・ラヴ』第3話「引き裂かれた絆」memo
直滑降がかかってます。内容からして・・・。
| つれづれなる・・・日記? | 2008/11/03 11:17 PM |
フジテレビ「イノセント・ラヴ」第3話:引き裂かれた絆
前回の予告編にあった、耀司の「妹に近づいたら、お前を殺す」は、殉也ではなく、池田に向けられたものでした(別のシーンのセリフが被せられているとは思いませんでした)。
| 伊達でございます! | 2008/11/04 12:01 AM |
イノセント・ラヴ★第3話引き裂かれた絆
月9『イノセント・ラヴ』〜第3話UPする前に記事が全部消えてしまって、脱力しております・・・しかも気乗りしないレビューで書き直そうかどうしようか迷い中とりあえず、ケータイでの盗み撮り、幾度にわたる不法侵入を棚に上げて「全部お兄ちゃんのせい」と叫んだヒ
| うさうさ日記 | 2008/11/04 12:02 AM |
イノセント・ラブ 第3回
なんかこのドラマ、だいじょぶかあぁぁぁ〜? お話自体は前回同様、ほとんど進んでな
| せるふぉん☆こだわりの日記 | 2008/11/04 12:32 AM |
イノセント・ラヴ 第3話
今クールの助演女優賞は、内田有紀さんで決まり! 瞬きもしないで、寝ているだけの演技も大変だと思う。 オメメの大きい人で良かった。 オメメの小さい人じゃ、この役はインパクトないしね♪
| アンナdiary | 2008/11/04 11:19 AM |
イノセント・ラヴ (堀北真希さん)
◆堀北真希さん(のつもり)堀北真希さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『イノセント・ラヴ』に秋山佳音 役で出演しています。昨日は第3話が放送されました。●第1話~第3話のあらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2008/11/04 2:05 PM |
イノセント・ラヴ 第3話 「引き裂かれた絆」
またまた掃除中に勝手にアルバムを見てしまう佳音(堀北真希)。「そのときすぐに分かりました。家族を亡くした寂しいあの人を初めて心から笑わせたのは笑顔の素敵なこの人だったんだっていうことが。」
| テレビお気楽日記 | 2008/11/04 5:57 PM |