<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Cookie (クッキー) 2009年 02月号  NANAの感想

Cookie (クッキー) 2009年 02月号  NANAの感想
ネタばれ感想につきご注意

Cookie (クッキー) 2009年 02月号 [雑誌]
Cookie (クッキー) 2009年 02月号 [雑誌]
集英社
レンの遺体は葬儀場へ。
すでにマスコミもいっぱいですが
倉田は写真一枚撮っておらず
編集長に電話で叱責され
窓からのぞくハチに照準をあわせるも
やはりとれず・・・。

タクミはビジネスモード、
ノブのそばで癒されようと思ったハチも
そんなかんじではなく、そんな中ナナが到着。
マスコミの前に姿をみせて
自分が話すからナナに何も聞かないで、と頭をさげるハチ。
車から降りたけど歩けずヤスに抱きかかえられて移動するナナ。

ナナをみて、自分のせいだとあやまるレイラの手をひいて
連れ出し、その無神経な行為を責めるシンちゃん。
残されて打ちひしがれるレイラに手をさしのべたのは
タクミ・・。

ナナは泣きもせずぼんやりとレンの手を見るだけ。
ハチがつきそってやすんでいるところへ
レンの付き人がみつけた誕生日プレゼントを
わたしにいきますが、ナナは開封もできず
レンの死を受け止められない状態。

ヤスと話すタクミ。
タクミはレンの薬のことがばれないか
そればっかり心配してますが
ヤスから本人が死んだからそれ以上さばきようがないと
言われ、現実に気づいたか・・。

レンがいなくなってからみんなが目指していた未来は白紙に・・
そしてナナもいない未来に。
この間の海辺での墓参りのシーンに戻りました。






ナナは涙もでないくらいショックをうけている状態で
このあと失踪するまでにどんな経過があったのか・・
また回想で描かれるのか、それとも元の時間に戻るのか。

シンちゃんがあんなこと言うとはちょっとびっくり。
この子もろくにしつけとかされてきてないはずなのに
そういう大事なことはしっかりわかってるというか
レイラがにぶすぎるというか。
でもレイラには悪気がないんだろうなと思います。
悪気がなければ何を言ってもいいわけじゃないと
いわれるような典型ですけど。

リーダーだから冷たいくらいに働いてるように
みえるタクミも本当はものすごい痛手を感じてそうだし
ハチはナナにもついててあげなきゃだめだけど
こういうときこそタクミのそばに、とも思うな。

悪に徹しきれなかった倉田もいつまでも
この事件を背負っていきそうだし
まだ当分しんどい時期がつづきそう。
2008.12.26 Friday 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 黒執事 第十三話 「その執事、居候」 | main | ONE PIECE THE 7th LOG (ワンピース・ザ・セブンス・ログ) VIVI >>