<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

RESCUE〜特別高度救助隊〜第5話

第5話
憧れのスーパーレンジャーになった 大地 (中丸雄一)、
豊 (増田貴久)、不動 (山本裕典) は、
徳永隊長 (石黒賢) の隊に配属される。
徳永の隊には 葛城 (要潤)、五十嵐 (田中要次)、加納 (照英)、
佃 (高橋洋) がおり、3人は厳しく鍛えられる。
特に自分の限界に挑戦するためにスーパーレンジャーに
なったと公言する不動は、加納にさらに厳しくしごかれた。


SRに配属された新人3人はさっそくビシバシやられてます。
まずは写真撮影?

スカートをはいて

「にあうかしら?うっふん」

不動、いやそーーーーな顔。

新人を歓迎する伝統行事なのだそうです。
交代勤務とはいえ24時間勤務のようなもの。
ずっと気をはりつめていたらたいへんなので
バカをやるときは思い切りバカをやるという徳永。

本当は二名なのに特例で大地を採用したことで
ネチネチ芹沢を責める本間。



現場への出場を重ねるうちに、
自分の持つスーパーレンジャーとしての
理想と現実のギャップに気づく大地と豊。
自分の手で助けることが出来た人、
自分の目の前で命を落とした人
…… 特に豊は自分がこの現実を乗り越えることが
出来るのか悩み始める。


コンテナ事故の現場へ出動するSR。
要救助者を発見し救助するも死亡・・。
手塚がその場で心臓マッサージをはじめ先輩にとめられます。
取りすがって泣く家族から

「うそつき!」

と絶対に助けてくれるっていったのにと責められ
固まってしまうSRの新人たち。
特に手塚がショックが大きいようです。

人を助けても表彰もされないけど
要救助者が死ねば責められるのが俺たちの仕事、
という隊長。

SRのみんなは陳さんの店へ。
五十嵐さんの子どもの写真をみせてもらったりして
和みムード。
SRは全国で18部隊しかないそうで
店長の今日のSRコーナーでした。

まだ元気のない大地たちに、
SRが呼ばれるというのは困難な現場ということで
要救助者がなくなっている事も多いという先輩たち。
不動はいわれたとおり、任務をこなすだけといい
手塚の表情は暗いまま。

花をもって現場へいく大地がみたものは
そこですでに涙を流しながらお参りしている手塚。


水中の中での息こらえ訓練や
サーキット訓練。
不動はあいかわらずすばらしい。

加納は、不動を鍛える許可を隊長にもらいます。
へとへとなのにがんばる不動をみつめる手塚。
でも不動は心配してくれる二人にも
「おまえらに心配されるようになったらおわりだな」
とあいかわらず素直じゃない。

手塚は、二人にどうしてそんなに強いのかと問いかけます。
漠然とした気持ちでSRをめざしていたけど
二人みたいにつよい気持ちがなく、こんなんで
やっていけるのかなと弱音を・・・。

そのあとマンションのガス事故現場へ。
チェーンを切断して部屋の中へ。
緊張気味の新人に訓練通りやればいいという先輩。
倒れている人を見て、あわてて窓をあけようとする
手塚は、窓をあけるとガスが漏れるととめられます。
要救助者は既に死亡?
あわてた手塚とぶつかったはずみで
防護服の中にガスがはいって
苦しむ五十嵐。

五十嵐は大丈夫だからと病院にいかず
あすかたちにせめられていました。
手塚は五十嵐に謝罪。
葛城にきつくしかられる手塚。
新人を現場をまかせるのは
やめてくれるよう隊長にいう葛城。
しかし現場にいかなければいつまでたっても
こいつらは新人のままだという隊長。

葛城がそこまでいうのにも
なにか過去に事件があったようです。
明日香が声をかけますが葛城は頑な。

SRになるには人の死になれなければいけないのかと
隊長にたずねる大地は、手塚が苦しんでいるのに
きがついていないのかといわれます。

死体を遺族に返すのもSRの仕事。
他人のいたみを自分のいたみとして感じられないのなら
SRになる資格はないといわれます。

落ち込む手塚をはげますあすか。
古賀やSRになれなかったみんなの想いを
背負っているんじゃないかといわれる手塚。

不動はあいかわらずしごきまくられていました。
弱音ははかないもののイライラ。
態度が生意気だからいじめられているんじゃなく
お互いがお互いの限界を知らなきゃいけないから
加納は副隊長として不動の限界を知ろうとしているんだと
フォローする五十嵐。

大地が要救助者の死になれたくないといっていたことを
芹沢に話す徳永。
宮崎も同じことをいっていたそうで
徳永には宮崎と大地の姿が重なって見えるといいますが
宮崎のようなことにはならないという芹沢。

辞表を手に考え込む手塚。
大地がそれをみつけ、怒ってどなります。

大地にひっぱられてここまでやってきたけど
おまえとは違う、俺には無理だという
手塚を殴り飛ばす大地。

そのときまた事故の知らせが。
大型客船での火災事故。
定員630人のレストラン船。

婚約者がまだ中にいるという男性から
助けてくださいといわれる大地たち。

要救助者をつれて退避する不動。
肩をかしてあるいていたら
加納が抱きあげていってしまいました。

大地は指輪を発見し、その近くの部屋で
要救助者を発見。
大地が呼びかけるとその女性は
いったん目をあけたもののまた目をとじてしまいます。
女性の上の鉄の網を動かせず、応援をたのむ大地。
そこへ手塚がやってきて
ふたりで女性の上にのっているものをどけようとしますが
部屋が浸水しはじめました。
徳永に浸水を連絡すると、大地は確実に外に搬出できる
要救助者をそとに出せといわれ
手塚はもうひとりの要救助者に空気をすわせろと命令。

手塚、迷います。

「俺には・・俺にはできません」

手塚には荷がおもすぎるという葛城に
大丈夫だという徳永。
息こらえ訓練に誰よりもたえていた手塚の
限界はそんなもんじゃないといいます。

「いいか 手塚

 自分の限界を決めるのは

 自分の心の中でしかないんだ。

 強くなれ 手塚。

 おまえなら 必ずできる」


という徳永。
手塚がやる気になりました。
加納と徳永もそちらにむかいます。

大地は、手塚が自分にひっぱられてここまでやってきたと
いったけど、自分も手塚がいなければここまで
こられなかったといって、「一緒に帰ろう」と
よびかけ、指で応える手塚。

芹沢になぜやめさせないという本間。

「彼らは今 本物のスーパーレンジャーに

 なろうとしているんです」


責任は自分がとるという芹沢。
水中で耐えられるのは2分半。

加納や不動もやってきました。
加納、倒れます。

大地、要救助者を抱えて外へ渡し
もう一度戻ろうとします。

「約束したんだ!必ず戻るって!

 約束したんだ!豊ーー!!」


加納と不動のどちらかが資材倉庫へむかえといわれ
自分がいくという不動。
自分の限界はそんなもんじゃないという不動に

「まかせたぞ 新人」

と加納。

手塚の場所へもどってきた大地。
手塚の名をよびつづけます。
やってきた不動と鉄の網を持ち上げると
手塚が無事でした。
要救助者をつれて全員で退避。
助かった女性をみて喜ぶ婚約者。
SRのみんなにお礼をいい
手塚の手を握って
「本当にありがとうございました」と
涙ながらにお礼を・・・。
それを嬉しく感じる手塚。

「俺たちSRは人を助けても勲章はもらえない。

 唯一もらえる勲章は

 要救助者とその家族からの感謝の言葉だ。

 今日の勲章は 手塚 おまえのものだ」


という隊長。

泣きだす手塚。

芹沢に、救う命と救われる命、どちらが重いのか、
命をかけて命を救うなんて馬鹿げてます、という本間。

手塚、辞表をやぶりすてました。

「よし」

また出動。

「大地 ありがと」

「これからだよ 俺たち」

「ああ」

と笑顔になる手塚。
宮崎の時計をみつめ、決意をあらたにする大地。



SRに配属されても新人には試練がいっぱい。
手塚の迷いがメインでしたが、うまくのりこえられて
よかった。
でもあそこであの女性がなくなっていたら
たちなおれなかった?

不動へのスパルタはそれだけ期待されてるということか。
加納の真意をわかってからは態度も違ってきていましたが
おなじく表情の硬い葛城とともに
もうすこしやわらかくなるといいなあ。










2009.02.21 Saturday 21:01 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< シギ 輝いた | main | 銭ゲバ 第6話「逮捕・・・金が招いた不幸ズラ」 >>









RESCUE〜特別高度救助隊 第5話 SRの現場
『豪華客船炎上!脱出不能600名…史上最悪の水難事故発生』内容SR徳永(石黒賢)の班に配属された、大地(中丸雄一)手塚(増田貴久)不動(山本裕典)の3人。葛城(要潤)五十嵐(田中要次)加納(照英)佃(高橋洋)らとともに、現場に赴くだけでなく、厳しい訓
| レベル999のマニアな講義 | 2009/02/21 10:08 PM |
RESCUE〜特別高度救助隊 mission5
(※横浜港に停泊する海上保安庁が保有する世界最大の巡視船「しきしま」 (JCG SHIKISHIMA, PLH 31) ) 先週辺りからツボにはまりまくっています☆今時「ベタ」で「直球ど真ん中」で「暑苦しく」「泥臭い」ドラマが(出演者の顔ぶれからも何となく「韓国ドラマ」に見え
| ブルー・カフェ | 2009/02/21 11:04 PM |
RESCUE〜特別高度救助隊 第五話
スーパーレンジャーになり、徳永(石黒賢)の下に配属された、大地(中丸雄一)、手塚(増田貴久)、不動(山本裕典)の三人。要救助者の命を救えず、遺族に酷く詰られたり、理想と現実のギャンプを3人は感じる。
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2009/02/22 12:22 AM |
「RESCUE〜特別高度救助隊」第5話
(CD)KAT-TUN/RESCUE【通常盤:CD】(CD)KAT-TUN/RESCUE【通常盤/初回プレス仕様:CD】(CD)KAT-TUN/RESCUE【初回限定盤:CD+DVD】Mission5 救助編憧れのスーパーレンジャーになった大地、豊、不動は、徳永隊長の隊に配属される。徳永の隊には葛城、五十嵐、加納、佃
| 日々“是”精進! | 2009/02/22 7:59 AM |
ドラマ「RESCUE〜特別高度救助隊〜」第5話
SR救助編突入-------------!!歓迎の伝統行事。大地たち、スカート履かされて記念写真!!あははみんな怒鳴りながらもあったかい歓迎じゃん♪ でも今日からは実践での戦いが待っている。毎日が命をかけた戦いの日々。最初に救助に向かった現場では、コンテナの下
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/02/22 12:22 PM |