<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

RESCUE〜特別高度救助隊〜第7話

第7話
不動 (山本裕典) の兄・忠志 (柏原収史) と知り合った
大地 (中丸雄一) と 豊 (増田貴久)。
不動の実家は代々医者の家系で、忠志も医師として
YMAT (=横浜市が独自に発足させた医師・看護師による救急医療チーム。
多数の重傷者や負傷者が発生した災害現場に消防と共に出場し、
救急のための的確な医療活動を行う) で活躍していた。
不動も医者を目指していたが、4年前にすべてを投げ出して
家を飛び出したという。
そんな弟にスーパーレンジャーとして人を救うという仕事が
務まるわけがない、と言う忠志。
不動はそんな兄に反発するが、忠志と共に出場した
工事現場の事故で決定的なミスをしてしまう。

一方、先輩レンジャーの 五十嵐 (田中要次) が現場を退き、
内勤になることが発表された。
5人の子沢山の五十嵐の自宅に招待された大地たちは、
その温かさにほっとするが……。




土砂崩れで埋まった車が一台。
中には妊婦さんが取り残されているらしい。
車のドアをあけ不動が中へ。
夫婦ともに意識鮮明で、奥さんのほうから
おなかの子だけはたすけてといわれる不動。
無事助け出され救急車の中にはこばれますが
病院へ行く時間がなくここで出産。
車の外でみまもるみんな。
赤ちゃんの産声をあげ、みな笑顔に・・。
旦那さんや両親からは全力でお礼をいわれました。

しかしそのあと、先ほどの救出作業時に
怪我をしていた五十嵐さんが病院へ。
心配してみにいく新人3人。
そこで不動の兄、忠志にあいました。
不動は兄とは不仲のよう。


「おまえに救助隊がつとまるのか。

 おまえに人の命が救えるのか」


という兄にこたえずいってしまう不動。

大地、手塚、不動は五十嵐の自宅へまねかれました。
子どもが5人!!
佃さんも先におじゃましていました。

にぎやかで明るい家族。
不動は笑顔もないですが
それでも子どもに一所懸命こたえようと
しているのがぎこちない中にも感じられました。

その後、五十嵐さんが現場を退くという
話をきかされます。体力の限界ということらしい。

大地と手塚は帰り道に、不動兄弟の会話を
きいてしまいます。
「おまえにこの仕事がつとまるのか」という兄に
不動の弁護を叫ぶ大地。
勝手に会話に乱入していますが
不動がいってしまったあと、兄は丁寧に挨拶。
不動は4年も家に帰っておらず
以前は医者を目指していたけど
途中で投げ出して逃げたらしく
不動に救助隊はつとまらないという厳しい意見。

あすかは救命救急士に。
みんなから祝福されました。

五十嵐に、SRをやめることで悔いがないか
たずねる手塚に、おまえたちがきてくれたから
悔いはないときっぱり。
そこへ出動命令。
ビルの壁がくずれたという現場には
不動の兄 忠志もYMATとしてきていました。

救助の現場で忠志と対立する不動。
状況確認をせず、女子高生にいわれるまま
助けようとしてミスを。
忠志に「消えろ」とまたひどい言葉を投げつけられます。

ドクターの指示に従わなかったことで
YMATから抗議があったそうで
本間にこっぴどく叱られる不動。

佃はまだ五十嵐がやめることが納得できず
ぎくしゃく。
責任を感じた不動がいつもとは違って
すっかり弱気になり、自分にはSRの資格なんてないと
部屋をでていってしまいます。

不動はひとりでも多くの命を救うことで
兄や父をみかえしてやりたかった、
つまり自分のため、と隊長に話す不動。
この仕事に誇りを持つ事が出来ないといいます。

「俺には オレンジの誇りなんてないんです」

大地たちは不動を誘って陳さんの店へ。
そこには小日向や仲間たちが待っていました。
井川は電話ではげまし。
電話、途中できられてしまいました、、、

あおいとの仲をからかわれる大地。
あおいはてれ隠しで冷たい態度。

不動の兄がYMATだという話題がでて
陳さんが説明。
不動の表情はまた固くなってますが
いつものように冷たい一言をいおうとしても
さすが仲間なのでもう慣れてました。

「おまえらには」

「関係ない」

とまったく気にしてないw

五十嵐のSR最後の出勤日。
奥さんに見送られでかけます。

下の子、ふたりがさっき近くで火事があったから
と心配して救急箱を手に見に来ました。
救助隊の仕事はかっこいいだけじゃなく
危険なこともわかっているという五十嵐。
もう子どもにあんな顔させたくない、
SRをやめるのは本当は家族のためで
本当はもっとみんなと仕事をしていたいという言葉に
佃の心もほぐれました。

救助隊としての想いと家族を想うきもちに
違いはない、今すべきことは
救助隊として五十嵐の想いをしっかりうけつぐことだと
みんなに話す隊長。

不動に届いたはがき。
あのと木助けてもらった妊婦さんからでした。
赤ちゃんを抱いた両親の写真。

「不動。おまえは立派な救助隊員だよ」
五十嵐さんをクラッカーでむかえるみんな。
このあと五十嵐さんちへさそわれたところ
あと5分で交代時間のところ出動命令。
トンネル事故でした。

SRはトンネル内の要救助者の捜索へ。
YMATも到着。

手塚たちも要救助者を発見。
腕がはさまれ救助ができずYMATの医師を要請。
忠志がやってきました。
このままだと出血性ショックがあり
急ぐよういわれます。
その時二次崩落が。
ここが崩れるのも時間の問題。
忠志は助けるには腕を切断するしかないといい
本人に告げました。
それを待ってくれという不動。
必ず救助に間に合わせると、徳永に連絡し
外から瓦礫をうごかすようにいいます。
大地が一番に不動のかたをもち
みんなが次々協力。
徳永は忠志に連絡し、5分だけ時間をくれと
頼みます。
その間に必ず要救助者を助けるという徳永は
加納が到着するまでの間、現場を不動にまかせ
それをきいた本間がやめさせろというのを
隊員たちを信じるという芹沢。

下敷きになった人がぽつりぽつりと
身の上を語りだし、家を飛び出した罰が
あたったのかも、と不動とかぶる内容。

「俺も同じです。

 俺も親の後をついで医者になるはずだったけど
 
 逃げだしたんです」

本当は家族の期待にこたえることができなかったから
家をとびだしたけど、今は勝手に家を飛び出したことを
くやんでいるという不動。
でもあなたはまだまにあいます、と
今からでももどってやりなおしてくださいと
要救助者をはげます不動をみつめる兄。

要救助者確保!

笑顔になる手塚たち。
その場から退避したあとに崩落。

「葛城より 徳永隊長!

 全員無事です!」


「きいてもいいですか?
 
 医者じゃなく 救助隊になったこと」


運ばれる要救助者からたずねられる不動。

「いいえ。

 今はこの仕事に 誇りをもっています」


その言葉を聞いてほほ笑む要救助者。

「雅志 お前にはそのオレンジがよくにあってるよ」

と不動の頭に手をやる忠志。

その後、トンネルの最深部にまだ要救助者が
いるとわかり、五十嵐が中へ。
大地と共に要救助者を助けようとしたとき
ふたたび爆発・・・。

五十嵐の下半身が埋まってる。。。。!!!

要救助者を渡し、五十嵐を助けにいこうとするみんな。
しかしさっきのワイヤーケーブルもつかえず
五十嵐ノ取り残された場所へいけません。

なりひびく警報。
五十嵐をよびながらトンネルを
掘り続けるSRたち。

「五十嵐より隊長
 
 可燃ガスです

 全員退避してください!」




ひどい!!ひどいよ!!この展開。
五十嵐さん死亡フラグがバシバシでていたものの
それはあまりにもひどいうえに
そんなお約束な展開にしないだろうと
思いたかったのに。
助けてくれないと困ります!!

一応メインは不動だったわけで
山本裕典くんメインの会待ってました(^^)
ほんとは笑顔が似合うのに
クールな役なのでまったく笑顔のない不動が
それでも仲間には心を許しているのがわかります。
子ども相手にぎこちないけどまじめに向き合う姿とか
兄を前に自信が無いいつもとまったく違う後ろ向きな
姿とか
いろいろ堪能しました。

医者もSRも立派な仕事ですとも。


2009.03.07 Saturday 21:00 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 黒執事 キャラクターガイド その執事、集合 | main | 銭ゲバ 第8話「悪は静かに死んでやるズラ」 >>









ドラマ「RESCUE〜特別高度救助隊〜」第7話
救助現場で生まれた命-------。必ず助けると、妊婦に断言した不動。その言葉に支えられ、彼女は救急車の中で急きょ子供を生むことになる。今日の勲章は不動のもの。だが、救助した際、五十嵐が怪我をしていた。その怪我の治療で行った病院。そこで不動は兄と再会する。
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/03/07 10:17 PM |
RESCUE〜特別高度救助隊 mission7
       (※横浜ワールドポーターズ・・・必ず地名に「横浜」が付くのね ) 「映画:ヤッターマン」を観に横浜の中心まで行って来ましたよ。109シネマのフロアーから「みなとみらい地区」の景色を眺めていたら「RESCUE〜特別高度救助隊」で、年柄年中「消防車」
| ブルー・カフェ | 2009/03/07 10:20 PM |
RESCUE〜特別高度救助隊 第7話 受け継がれるオレンジの誇り
『土砂崩落!生き埋め妊婦を襲う突然の陣痛救え!新たな命』内容土砂崩れ現場に向かった大地(中丸雄一)たち埋まった車の中には妊婦がいるという扉を開け、不動雅志(山本裕典)が進入し救助に成功救急隊の水野(笛木優子)は現場での分娩を選択そして、出産。すべて上
| レベル999のマニアな講義 | 2009/03/07 10:26 PM |
「RESCUE〜特別高度救助隊」第7話
Jレスキュー(ジェイレスキュー)2009年03月号[雑誌]Mission7 救助編不動の兄・忠志と知り合った大地と豊。不動の実家は代々医者の家系で、忠志も医師としてYMAT(=横浜市が独自に発足させた医師・看護師による救急医療チーム。多数の重傷者や負傷者が発生した災害現場
| 日々“是”精進! | 2009/03/08 7:54 AM |