<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ヴォイス〜命なき者の声〜 第10話「最後の大勝負」

 第10話「最後の大勝負」
 加地大己(瑛太)の言葉に勇気づけられた
石末亮介(生田斗真)は、急死した作家
・桜井真也(田村亮)の妻・瑠美子(麻生祐未)
に解剖を勧め、瑠美子もそれを受け入れる。

 解剖室で遺体を執刀した佐川文彦(時任三郎)は、
死因とされた腸閉塞は見られないと診断。
病気以外の死因が絡んでいるかもしれない、
と言う夏井川玲子(矢田亜希子)に、大己、亮介、
久保秋佳奈子(石原さとみ)らは衝撃を受ける。

 真也が解剖されたという情報は、
真也が死亡した石末総合病院の院長
・石末貴之(名高達男)にも届いていた。
解剖を勧めたのが息子だと知った貴之は、
それでも病院の処置は正しかったと主張する。

 佐川と玲子は、真也が医療ミスで死亡した可能性はあるが、
死因になったとされる抗がん剤の不適切量の投与が
あったかどうかは不明だと言う。
医療ミスを立証するには、病院側に過失があったという
証拠が必要だ。しかし、それを知るのは病院側だけで――。



亮介の父はしらばっくれるつもり。
解剖では抗がん剤の過剰投与があったかもとしか言えず
医師の証言がなければミスはなかったことになってしまう。
このまま泣き寝入りするなんてあんまりだと泣く妻。

「解剖で真実が分かるんじゃなかったんですか。

 解剖なんてしなきゃよかった」


みんなは彰の母の店で落ち込み中の亮介をはげまします。
解剖をすすめたのは自分なのに、何にもわからなくて
申し訳ないという亮介。

大己は桜井の妻をたずね、亮介の気持ちを
わかってやってほしいと頼みます。

落ち込んでいる亮介に声をかける玲子。
解剖すればはっきりすると思ったのに
疑惑が深まったままだと後悔する亮介に
解剖をすすめた亮介の態度は法医学者として
正しかったと思ってる、といいました。

桜井の妻は気持ちがちょっとおちついたようで
夫が病院をかわった経緯なども話してくれました。
夫が使っていたボールペンをみせ
最後にはどんなものをかいていたかと
たずねる大己に 
「18金」と書かれたメモをみせます。

亮介は主治医の梅木をたずね、
シスの投与が過剰投与だったかどうかたずねますが
梅木は、転院先で使っていたものは弱すぎたため
シスをつかったそうで
間違ってない、俺の処置は正しかったと
認めようとしません。

佳奈子は桜井の著書をよんでいました。
佐川も昔よんでいたそうです。

桜井の妻の散歩コースを歩く大己。
奥さんももともとはファン?
夫の思い出話をすると涙が・・。

亮介は梅木にあったことをみんなに話し
やっぱり医療ミスの可能性は高いといい
親父がからんでいるからこそあきらめたくない、
このままやめたら、親父に逆らってまで
法医学をやっている意味がわからなくなる、
とあくまで医療ミスを追求するつもり。
ちょっと前まで主治医だった先生に
連絡をとっているというと
もうお父さんに口止めされてるかも
という大己たち。

「今からいくか!」

と彰がたちあがり、場所が仙台にもかかわらず
乗せていってくれました。

佳奈子と大己は食堂でランチしながら
また軽い言いあい。
「あきがあきっぽい」は言っちゃだめ。
話しているうちに、18金が本のタイトルかなという大己。

蕪木の手伝いをする哲平は、蕪木さんみたいな
立派な検査技師になりたいそうですが
蕪木はもっと他をめざせとそっけない。

有名作家である桜井さんの担当に
新任の先生をつけるのは変だと思う大己。

仙台で宮島先生をたずねた亮介は
治療についてたずねますが
宮島先生は何もしゃべるなといわれていて
さらにくいさがると、桜井さんには
シスは絶対に投与しちゃいけない薬なんだときかされます。

哲平に、高校時代の二人旅の話しをする亮介。

「今のおまえなら 友達に胸はれんじゃねえか」

といってくれる哲平。

亮介は父のもとへ。
桜井さんは腎機能障害で、シスはつかってはいけないのに
梅木先生にはそのことが伝わっておらず
桜井さんは死亡、そしてカルテの改ざん。

亮介の行動は病院に大きな損害を与えるのに
真実を知ってしまったらそれをないことにはできないと
医療ミスを認めてほしいという亮介。

桜井さんの血液には通常量よりかな多い
モルヒネがふくまれていたという話を哲平から
きいていたら、彰がよびにきました。
亮介の父が記者会見で謝罪している姿が
テレビにうつっていました。
それをみて何か思いだす大己。

亮介の父は桜井さんと同じ長崎出身。
ふたりは同じ県人寮の隣の部屋で
仲がよかったと管理人さんにきく大己。

「最後の別れだったんだ」

亮介は父を待っていました。

「なんでそんな顔してる。

 おまえが望んだ事なんじゃなかったのか。

 俺は後悔なんて何一つない」


そこへ大己と桜井さんのおくさんが姿を見せました。
そのあと院長室で話す4人。

亮介の父は桜井さんのボールペンを持っていました。
本当は医療ミスじゃなかったという大己。

桜井さんの最後のお願いが
尊厳死を認めてほしいということだったのではと
自分の考えを話します。

ここに転院してきたとき、
すでに揺るぎのない覚悟をもっていた桜井。
頼みたいのは治療ではなく、
自分の状態をよく知っていた桜井さんは
ここ数カ月、頭の中の言葉がすべりおちてしまうと
涙を・・。

「怖いんだよ。

 俺はぶざまな姿を妻にみしたくない。

 瑠美子は30年間ずっと俺のファンでいてくれた。

 俺の作品の一番のファンでいてくれた。

 瑠美子には最後の最期まで桜井真也でいてやりたい

 桜井真也のままで死なせてくれ、

 おまえならわかってくれるよな。

 俺の最後の望み、おまえにたくしてもいよな」


ボールペンを亮介の父に渡す桜井。

「受け取ってくれ。

 俺の生きた証だ」


妻を気遣っていた桜井は、桜井と亮介の父の仲を
内緒にしておいてくれとたのんだそう。

「最後の勝負、どっちが勝ったんですか?」

「18金」というメモから
ふたりが将棋をしていたことに気づいた大己。

最後は意識もはっきりせず、将棋がさせる状態では
なかったのに、メモに「18金」とかいて

「これは封じ手だ。ここにしまっとこう」

と引出しにしまう桜井さん。

「おまえにであえてよかった。
 
 勝負の続き、また今度ゆっくりとやろうな」


それが桜井さんとの最後の会話。

梅気は何も知らず、すべて自分が画策したことだと
わびる亮介の父に
「ありがとうございました」
と涙ながらにお礼を言う妻。

「主人のわがままに

 最後までおつきあいしていただいて

 本当に感謝してます」


瑠美子さんは18金とかかれたメモを
亮介の父に渡します。
メモを握って泣きだす亮介の父。

亮介と父は二人で警察へ。
父は一人、中へ入ろうとします。

「世間の人は親父のことどう思ってるかわからない。

 医者として最低の事してしまったのかもしれない。
 
 だけど、俺は最高の親父だと思ってる。

 だから俺、親父超えられるような人間になるから」


佳奈子と大己はまた学食。



結局医療ミスではなく、
亮介の父が友人に頼まれて
尊厳死をさせてあげたということらしいですが
自首しても、桜井の妻には恨みはないだろうし。
(だいたい30年いっしょにいて
 夫の友人知らないとかありなのか。
 一応大きな病院の院長という名士でもあるのに)

父として立派な姿をみせてもらったことは
亮介にとってはいいことだったと思うし
亮介の父も番組開始当初からは予想もつかないような
立派な人で感心しました。
そりゃ息子に尊敬くらいされなきゃやってられないですよ。
桜井さんの妻が手記ぐらい書いて
社会的名誉も回復させてあげてほしいです。

評判の悪くなった病院→経営難→医学部の学費無理
という現実はないんでしょうかね。
なんかきれいごとすぎるような気が・・。



加地大己 瑛太
石末亮介 生田斗真
久保秋佳奈子 石原さとみ
桐畑哲平 遠藤雄弥
羽井彰 佐藤智仁

佐川文彦 時任三郎
夏井川玲子 矢田亜希子

羽井鳳子 濱田マリ 
大和田敏 山崎樹範 
石末貴之 名高達男   
蕪木誠  泉谷しげる 

GOOD☆COME[グッカム]vol.10 (TVガイドMOOK)
GOOD☆COME[グッカム]vol.10 (TVガイドMOOK)


Cool-Up (クールアップ) 2009年 04月号 [雑誌]
Cool-Up (クールアップ) 2009年 04月号 [雑誌]
音楽専科社


佐藤智仁写真集 NEWEST
佐藤智仁写真集 NEWEST
鯨井 康雄
2009.03.16 Monday 22:04 | comments(0) | trackbacks(19) | 
<< ヤッターマン さらばドロンボー ついに解散だコロン! | main | 昨日のがんばった大賞 >>









ヴォイス〜命なき者の声〜 第10話
その死は、医療ミスなのか? 石末亮介(生田斗真)は父の病院、石末総合病院の患者・桜井真也(田村亮)の死に不審な点をみつけます。 カ...
| 空色きゃんでぃ | 2009/03/16 10:12 PM |
ヴォイス〜命なき者の声〜 第10回 感想
『最後の大勝負』
| ぐ〜たらにっき | 2009/03/16 10:13 PM |
VOICEヴォイス〜命なき者の声〜 第10話 愛する者を悲し...
『最後の大勝負』内容作家の桜井真也(田村亮)の死に疑問を持った亮介(生田斗真)は、妻・瑠美子(麻生祐未)に、解剖を勧める。すると瑠美子は佐川教授(時任三郎)らに解剖を依頼してくる。解剖から抗がん剤による、強い副作用は分かってくるが。医療ミスを証明する
| レベル999のマニアな講義 | 2009/03/16 10:31 PM |
ドラマ「VOICE」〜命なき者の声〜第10話
医療ミスの真実は-----------!?ってことで、前回から引っ張ってきたこのネタ。またどろどろの親子対決になるのかなぁと思いきや、これが感動話になってて、今回も思わず涙でございました 医療ミスを摘発するため、桜井の解剖を始める亮介たち。解剖すれば事実が判
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/03/16 10:33 PM |
「ヴォイス〜命なき者の声〜」法医学ファイル9&10死因の真実を知った先にみた患者の尊厳に対する重み
「ヴォイス〜命なき者の声〜」第10話は急死した作家の桜井の妻に解剖を勧めた石末だったが、解剖の結果から死因は完全には特定されなかった。そんな中死因が抗がん剤の投与で死亡した可能性が強くなり、その真相を確かめるが、病院長の石末は医療ミスを認め謝罪した。
| オールマイティにコメンテート | 2009/03/16 10:41 PM |
ヴォイス~命なき者の声~ 第10話 最後の大勝負
亮介に進められ、桜井の妻・瑠美子は解剖を決意。
| アニメ日和 | 2009/03/16 11:09 PM |
ヴォイス〜命なき者の声〜 第10話:最後の大勝負
しょうゆう事…(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!! だけど、やっぱり医者としてはしてはいけない行為だった訳で…{/ase/} 何とも複雑でんな〜{/hiyo_shock2/} 担当したドクターにしてみても、いい迷惑{/kaeru_shock2/} 医者としての自信を無くすとこだったかもしんないぞ〜
| あるがまま・・・ | 2009/03/16 11:18 PM |
「ヴォイス〜命なき者の声〜」第10話
亮介が父の医療ミスを暴く! …と思いきや、話は意外な方向へ。 もしかして今までのストーリーの中で、 大己のどちて坊やな性格が一番役立ったケース?? ヴォイス~命なき者の声~ TVサントラ JUGEMテーマ:エンターテイメント
| fool's aspirin | 2009/03/16 11:25 PM |
【ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜】第10話
解剖をすれば何でも分かると思ってた。解剖して遺体に傷をつけたのに、結局何も解らなかった。桜井の死を不審に感じて遺体を預かった亮介だったが、解剖の結果、不審な点は何も見つからなかった。法医学の限界を感じる亮介。櫻井さんに解剖を勧めたあなたの選択は法医学
| 見取り八段・実0段 | 2009/03/16 11:33 PM |
デジャヴか推理か勘なのか?(ヴォイス〜命なき者の声〜#8・9・10)
『ヴォイス VOICE〜命なき者の声〜』第8話。桐畑哲平@“D-BOYS”遠藤雄弥が、B型肝炎じゃなくて良かったね。第9話。末期の大腸がんだった作家・桜井真也@田村亮の死因に疑問を持つ妻・瑠美子@麻生祐未が、主治医・梅木@福井博章と石末総合病院院長・石
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/03/16 11:41 PM |
「ヴォイス〜命なき者の声〜」第10話
 第10話亮介の勧めで、急死した桜井の妻、瑠美子が夫の解剖を承諾した。佐川が解剖すると、死因とされた腸閉塞が見られないことが判明。病気以外の死因が絡んでいる可能性が浮上し、大己や亮介、佳奈子らは衝撃を受ける。しかし、医療ミスを立証するには病院側に過失
| 日々“是”精進! | 2009/03/17 7:25 AM |
《ヴォイス〜命なき者の声〜》★10
亮介は、父を疑うことから目をそむけたかった。 カルテも、手際よく書き換えられていたし、亮介のまだ若い正義感は真相を突き止めたくて、動きだしてしまった。 亡くなった桜井の妻が納得がいかない様子なのを見て、解剖を勧めてしまった。 病院から、法医学研究室にご
| まぁ、お茶でも | 2009/03/17 8:21 AM |
『ヴォイス〜命なき者の声』第10回:最後の大勝負…尊厳死か嘱託殺人か?
『ヴォイス〜命なき者の声』第10回 最後の大勝負    亮介(生田斗真)の父が経営する病院での医療ミス問題には、こういうオチが用意されていたのかぁ。 【尊厳死?】  作家・桜井真也(田村亮)を巡る医療ミス問題は、桜井と石末院長(名高達男)の二人が
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ | 2009/03/17 9:40 AM |
ヴォイス 最後の大勝負
心の片隅。「イイのでしょうか? それで…」と思ってしまったのは私だけ? 解剖すれば真実が明らかになる、と思っていたのが、そうでなかった。たとえ相手が親であれ「真実を知りたい」という若い情熱の行き詰まり。法医学の限界… だけど、医療ミスを疑っていた
| のほほん便り | 2009/03/17 5:45 PM |
『VOICE[ヴォイス] 命なき者の声』第10回「最後の大勝負」memo
あと1回。無理やり終わらせようとしてませんよね?
| つれづれなる・・・日記? | 2009/03/17 9:15 PM |
ヴォイス (生田斗真さん)
◆生田斗真さん(のつもり)生田斗真さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』に石末亮介 役で出演しています。昨日は第10話が放送されました。●導入部のあらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/03/17 10:04 PM |
【ヴォイス】第10話プチ感想と視聴率
お父さん、医療ミスじゃなかったんですね。本人に頼まれての、尊厳死だったそうです。う〜ん。いくら、亡くなった作家・桜井真也(田村亮)氏と、石末亮介(生田斗真)のお父さんの石末貴之(名高達男)氏と親友だったと言ってもねえ。そこまでするでしょうか?石末総合
| ショコラの日記帳 | 2009/03/17 11:13 PM |
フジテレビ「ヴォイス 〜命なき者の声」第10話:最後の大勝負
尊厳死をテーマにしたエピソード。感動的なストーリーにまとめられおり、それはそれで見応えのあるものでしたが、一方で、いくつかの点で大きな引っ掛かりも感じました。
| 伊達でございます! | 2009/03/18 1:12 AM |
ヴォイス〜命なき者の声〜 〜第10話〜
第10話【最後の大勝負】
| Noble&Pure | 2009/03/19 6:00 AM |