<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

CANAAN 第4話 「呉れ泥む」

第4話 「呉れ泥む」
マリアに部屋からしめだされた御法川。
マリアはカナンの行動がよほどショックだったようです。

「カナンは普通の女の子。

 どんな過去があったって

 どんな今を生きてたって。

 でも それは私の欺瞞だった。

 あの時 カナンは

 普通の女の子なんかじゃ なかった」


そのカナンは

「また私は失ってしまうのか?」

とつぶやいていました。

カナンの過去。

戦場で幼いカナンを拾ってくれたのがシャム。
辺りは焼け野原。

「燃えてる。

 青い炎が燃えている」


カナンに戦い方を教え込み鍛えるシャム。
銃が好きだというカナン。

「太陽は青いからきらいだ。

 それは憎しみの色。

 青の色をさがせば

 そこに必ず敵がいるから」

 
カナンに、自分の色はは何色か尋ねるシャム。

「薄茶色。1週間シャワーをあびていない色」

腕に入墨を彫ってもらうカナン。
痛いといいながら、それは家族の証だから。

「カナン 希望の地か」

カナンの前にあらわれたアルファルド。

「私の名前は カナン」

アルファルドがシャムを殺しました。

「名前、お前本当は何ていうんだ」

どこにでもいるテロリストだというアルファルド。

「お前はまだ復讐を考えているな。

 覚えておけ。

 憎しみに憎しみで当たっても意味が無い。

 カナン。

 憎しみには銃で当たらなければ救われない。

 憎しみは何も生み出さない」


「わかってる。

 わかってるよ。シャム。

 でも私はもう失いたくないんだ。」


御法川はマリアの機嫌をなおしに食事につれだします。
女の機嫌は腹でなおるという言葉に

「そんな単純じゃありません!」

というマリア。

「そのとおり!」

またあのタクシーの運転手が会話に入りこんできました。

「そんなんことじゃ

 ネネのハートはつかめないぜ」


「いや つかみたくないから」

サンタナは夏目とあっていました。
サンタナの過去も何かありそうです。
失敗したからと報酬をかえします。

「あのボナーは元気?

 あなたの心に咲いた花。

 これでネックレスでも買ってあげればいいじゃない」


マリア、カニづくしに機嫌なおりました。

ユンユンがまたバイトしていますが
御法川もマリアも見覚えありました。
御法川は胸の大きさで認識。

ダイダラ社主催のパーティ会場に
やってきたアルファルド。
その美しさにざわめきが。
リャン・チーもうっとりしていますが
またカミングスがひどい目に。

アルファルドをみているカナン。

パーティーではカミングスがまともに挨拶。

マリアは、帰りに
ひとりで散歩をしていきたいといい
御法川に心配されますが
一人で帰りました。

御法川はあのマークについて調べてもらっていましたが
マークというよりは
血管がうかびあがっているようだとのこと。

サンタナはハッコーにおみやげ。
マジックをみせて喜ばせます。

ひとり街をあるきまわるマリア。

「カナン あってどうするの?

 あやまりたい。

 こわがったことを?

 きずついたことを?

 そうだ。あのときも あのときも

 そして、あのときも。

 カナンは 私が危険にさらされると

 助けにきた。

 もしかして今度も?

 私がカメラを持つようになった理由。

 それはカナンに出会ったから。

 わからないこと

 目を背けたくなる出来事を見つめたかったから。

 カナンを 分かりたかったから。

 なんて甘えていたんだろう。

 あの子を撃ったのは
 
 私を守ってくれるためだった。

 なのに

 私は罪の意識から逃れたくて

 どこかでカナンを責めていた」


男たちにからまれるマリア。

「私は 平気なんだから!

 自分の目でみて

 自分の気持ちで判断する!

 すべてのほんとから 目をそらさない!

 逃げない!

 大沢マリアは カナンの!

 カナンの友だちなんだから!!」


そこへあらわれたユンユンが助けてくれました。

「おまえはアホですか」

上海蟹は夏にたべるものではないそうで。

「ここはお前が生まれた国じゃない」

このあたりはぶっそうだからもうちかよっちゃだめ
といこうとするユンユンをひきとめ

「大沢マリア!大沢マリア!

 私の名前。おしえて!あなたの名前。

 お話したいの!

 あなたのこと。カナンのこと!
 
 いろんなこと知りたいの!」


「世界 不思議発見」

ユンユンはこんなタイプには
はじめてあったらしい。

化粧室にいるアルファルド。
他の女性がでていったあと
アルファルドがつぶやきます。

「ありがたいね」

個室からカナンがでてきて銃をつきつけました。

「あの男が言っていた

 恐怖を知っている者は

 憎しみでは動かない。

 カナンは 俺やお前とは違う。

 ありがたい。

 私と同じ所まで落ちてくださった。

 憎しみに満ちた瞳だ」


ふたりとも発砲。

「どうした?反応がぶれてる。

 あの頃のお前は、ここまで脆くは無かった。

 私が シャムを殺したあとでも」


シャムの名を聞いて動揺したカナンは
アルファルドにおさえられます。

「どうだ?憎しみから戦う気分は?

 泥のようだろ?

 あがけばあがくほど 

 ひきずりこまれる底なしの闇。

 その屈辱に私は耐えている。

 そしてすでに這い上がった」


「口先だけなら」

「証拠をみせようか」

カナンに銃をつきつけます。

「まだ楽しめる。

 まだ殺さない」


スプリンクラーが作動し職員たちが
やってきました。

「シェシェ」とつぶやくアルファルド。

逃げて行くカナンをみたリャン・チーは
怒りのためワイングラスを割りました。

なんとか逃げだしたもののボロボロのカナン。



カナンは冷酷じゃないところがいいんですが
(だからこそマリアとも仲良くなったんだし)
こういう商売につくにはそれではきついかもしれませんね。
マリアの過去が明らかになって
アルファルドとの因縁もわかりましたけど
やっぱり背後関係まだよくわかってません・・。



カナン:沢城みゆき
アルファルド:坂本真綾
大沢マリア:南條愛乃
御法川実:浜田賢二
リャン・チー田中理恵
ユンユン:戸松遥
ハッコー:能登麻美子
サンタナ:平田広明
夏目:皆川純子
カミングス:大川透
シャム:大塚明夫



オープニングテーマ「mind as Judgment」
作詞:畑亜貴、作曲・編曲:上松範康、歌:飛蘭

エンディングテーマ「My heaven」
作詞:畑亜貴、作編曲:myu、歌:Annabel

挿入歌「チャイナ気分でハイテンション!」
作詞:岡田麿里、作曲:俊龍、編曲:安藤高弘、歌:ネネ

mind as Judgment
mind as Judgment
飛蘭

My heaven
Annabel




2009.07.29 Wednesday 10:07 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜 第4話「16歳のプロポーズと衝撃の事実」 | main | ドラクエ9 プレイメモ14 >>









CANAAN 第4話
サブタイトル 「呉れ泥む」 CANAAN【2】 [Blu-ray]***********
| まだまだハマる☆現代アニメ | 2009/07/29 7:37 PM |
CANAAN #4
マリアを助けるために、カナンはマリアを掠った少年を撃ち殺しました。そんなカナンに恐怖を感じてしまった自分を、マリアは責めるのでした。今回は、カナンの過去が少し明らかになり...
| 日々の記録 | 2009/07/31 7:25 PM |