<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー ディケイド 第29話「強くてハダカで強い奴」

第29話「強くてハダカで強い奴」
アマゾンからギギの腕輪を奪って行ってしまったマサヒコ。
そこへまた新たな敵がおそってきました。

「危ない!」

アマゾンを助けるクウガ。

「超変身!」

クウガフォームチェンジして敵撃破。

「アマゾン・・・大丈夫か?」

十面鬼とアポロガイストと戦うディケイド。
苦戦中、ディエンドがたすけてくれました。

「うわー!」

「ん?」

「海東」

「君を助けたなどと 誤解しないでくれたまえ。

 僕の狙いは あくまで十面鬼のガガの腕輪さ」

「前置きが長いぞ」

「おのれディエンド。はた迷惑なやつなのだ!」

「ひねりつぶしてやる!」

十面鬼&アポロガイストVSディケイド&ディエンド。

OP

「海東・・どうにかしろ!」

「言ったはずだよ。僕に指図はするなって」

「相手が十面鬼なら こっちは3面鬼だ!」

「ハハ、それはおもしろいかも」

「カメンライド ザンキ イブキ トドロキ」

斬鬼、威吹鬼、轟鬼が出現。

「邪魔をするな!」

「またな」

「アタックライド インビジブル」

ディエンドはさっさと姿を消し
ディケイドもふらふらと変身解除。

力尽きた士のもとへ夏海がやってきました。

「士くん!

 血が・・・。つかまってください!」

その様子をみている大樹。

大樹の前に現れた鳴滝。

「海東君

 君の狙いは ガガの腕輪ではなかったのかい?」

「ま、どっちかと言ったら

 士の邪魔をすることかな?」

「それでは物足りない。

 もしもディケイドを倒してくれるのなら

 このカードをプレゼントしよう」

「ディエンドのパワーアップカードだな」

「その通り、だがこれがほしいなら・・・」

「やってあげるよ」

カードをさっと奪う大樹。

「なんとしてでも、ディケイドを倒すんだ!」

「どうかな。

 その前に君を倒してもいいんだけど」

鳴滝にディエンドライバーを向ける大樹。

「バン!冗談だよ。感謝したまえ」

大ショッカースクール 保健室。

士の手当てをする夏海。

「いいんですかね?

 大ショッカースクールの保健室にまぎれ込むなんて」

「灯台下暗しというやつだ。

 痛え!もういい。

 これしきの傷、どうってことはない」

「だめですよ。小さな傷でも用心しないと。

 ユウスケから聞いたんですから」

「俺の注射嫌いをか?」

「違います。

 この間、私が死にかけた時

 命を分け与えてくれたそうですね」

「あのおしゃべりなやつめ・・」

「あんまり無茶しないで下さいよ」

「誰かくるぞ」

ユウスケとアマゾンでした。

「ユウスケ!?」

「夏海ちゃん!?士も・・・」

「そうか・・・マサヒコがギギの腕輪を・・」

「アマゾンが、マサヒコ君を信じれば

 マサヒコ君も 

 アマゾン信じてくれると思ってました。

 でも、そうじゃなかった・・・。

 アマゾン とても悲しい」


悲しそうなアマゾン。

そこにあった写真立てには
マサヒコと父親の写真がかざってありました。

「あの写真・・・。

 このユニフォーム・・

 俺の着ていたのと同じ・・」

そこへ

「誰かいるの?」

リツコがはいってきました。

「あなたたちは・・・!」

「わめくな、ただの患者だ」

「出て行ってください。人を呼びます!」

「お前、最近この写真を見たか?

 マサヒコは今よりもずっといきいきとしてるな。

 なぜか 考えたことはあるか」


「実は、マサヒコ君が

 アマゾンのギギの腕輪を奪ったんです」

「アマゾンは悪いやつです。当然です」

「違います。悪いのは大ショッカーです。

 アマゾンを信じてください!」

「いいえ、ライダーはみんな敵よ!」

ショッカー印の笛を鳴らすリツコ。

「逃げよう。アマゾン!」

「イー!」「イー!」

と戦闘員があつまってきました。

「マサヒコ・・・」とつぶやくリツコ。

そのマサヒコは、グラウンドにいました。
落ちていたボールを拾います。

「父さん・・・」

父親とキャッチボールをしていた頃を思い出します。

「はい、よし!もう1本。惜しい!」

「あーっ!と・・・」

泣きながらマサヒコが投げたボールを
拾ったガイ。

「アポロガイスト様・・・」

十面鬼のところに連れて行かれました。

「マサヒコ君・・」

「十面鬼様・・・」

「なぜ、すぐにギギの腕輪を

 届けに来てくれなかったのです?」

「不安だったんです。

 十面鬼様が、もう一度僕を

 大ショッカーの一員として

 受け入れてくれるかどうか・・・」

「当然 受け入れますよ」

「大ショッカーは 君の心と共にある」

マサヒコはギギの腕輪の入った袋をだし
受け取るガイ。

「では、拝見させていただきましょう」

「確かに 本物だ」

「これで ついに

 全人類怪人化計画を実行できるな」

「え・・全人類を怪人化!?」

「褒美として お前を怪人にしてやろう。

 それが大ショッカーの一員という証しだ!」

「イー」

「いやだ!いやだ! いやだ!いやです!

 僕は怪人になんかなりたくありません!

「つれていけ」

「いやだ!離せ、離せ!」

写真館に戻ると、あらされていました。

「ひどいな・・・」

「これも大ショッカーの仕業か?」

「これで、たった1つだけ残されていた

 アジトも失いました。

 もうこの世界に、アマゾンの

 安住の地は無さそうです・・・」

「おじいちゃんも

 キバーラもいなくなっちゃった・・・」

「え?」

「じいさんとキバーラ見つけて

 とっととこの世界とおさらばするか」

「アマゾンはどうすればいい?」

「一緒にくればいいよ」

「え?」

「この世界に馴染めないなら

 別の世界へ 旅立つしかない」

「でも、本当にそれでいいんでしょうか?

 士君があのユニフォームを着ていたのは

 マサヒコ君を写真の頃のような

 いきいきした子に戻すということだったんじゃ・・」

「でも、アマゾンはもう 

 誰も信じられない・・・。」

「だが、マサヒコはまだ信じている」

「何をですか?」

「大ショッカーだ。

 なぜそこまで連中を信じようとするのかは

 わからないがな・・」

そこへ現れた海東。

「その少年君が 大変な目にあいそうだよ」

マサヒコは、手術台に拘束されています。

「やめろー!誰か助けて!誰か!」

ショッカーの科学者たちが改造しようとしています。

「これより、大ショッカーの改造手術を始める」

「何怪人にする?」

「うーん・・・ナマコ怪人でどうだ?」

「そんなのいやだ!」

そこに入ってきた偉そうなショッカー戦闘員2人。

「ナマコは俺も反対だな」

「何だお前ら!?」

「手術中だぞ!」

「あ!」

ふたりはショッカーを倒しマサヒコを助けました。

「あなたたちは!?」

覆面をはずす士とユウスケ。

「お前の嫌いなライダーだ」

「マサヒコ君、ギギの腕輪は?」

「それが大変なんです!」

CM

「全人類怪人化計画か・・。アポロガイストめ」

「どうする?」

「俺がその計画を阻止する。

 お前はマサヒコを頼む」

マサヒコとユウスケは逃げだし
リツコとあいました。

「あ、リツコ姉ちゃん!」

「マサヒコ!」

「怖かったよー!

 僕、怪人にされるところだったんだよ!」

「え?」

「お兄ちゃん・・アマゾンは?」

「あ・・・アマゾンは

 俺たちと一緒に

 別の世界に旅立つことにしたんだ」

「そんな、なんでなの?」

「アマゾンは

 もう誰も信じられないと言っていた」

「僕がひどいことしたからだ・・・。」

「ライダーがいなくなれば

 この世界に平和が訪れるわ。

 よかったじゃない」

「違うよ!

 僕たちが大ショッカーに騙されてたんだよ!」

「え、どう言うこと?」

「ちょっと、マサヒコ!」

マサヒコはどこかへ走って行き
写真館にやってきたユウスケとリツコ。

「アマゾン・・・」

「弟を、助けてやってください・・・」

「マサヒコ君が どうかしたんですか!?」

「1人で ギギの腕輪を取り返しに・・・」

「ギギの腕輪を?」

「なんで、そんな危険なことを?」

「弟は言っていました。

 本当に自分を信じてくれたのは

 アマゾンだけだった・・・。

 だから その信用を取り戻すって・・」


「マサヒコ君が・・?」

「私たちきょうだいは、父を失ってから

 心にポッカリと穴があいてしまって・・・。

 そこに 大ショッカーが現れたんです。

 私たちは、大ショッカーを信じることで

 その心の穴を埋めようとしたんです」


「アマゾンと同じ・・・。

 マサヒコ君たちも

 安住の地を探していた・・」


「お願いします!弟を助けてください!」

立ち上がるアマゾン。

ガガの腕輪とギギの腕輪をつけた十面鬼。
そこにいた男に力をそそぎこみます。

「イー!」

「では、見せてもらおうか」

光をあびた男は化け物に。

「このギギとガガの腕輪が揃えば

 超古代文明のパワーを無限に引き出し

 全人類を怪人化できる」


「フフフ・・・人類にとっては

 まさに大迷惑な存在なのだ」


「迷惑だと思ってんならやめるんだな」

と士の声。

「その声は」

「ファイナルアタックライド

 ディディディディケイド」


「ディケイド返しだ!」

ライダーキックでぶつかりあい、
変身がとけるディケイド。

そこへかけよってギギの腕輪をはずすマサヒコ。

「何をするか!」

「お前は・・・」

「ああっ」

マサヒコふっとばされ、士がうけとめます。

「マサヒコ!」

アマゾンもやってきました。

「マサヒコ君!」

「アマゾン・・・これまでひどいことしてごめんね。

 アマゾン、僕の世界を救って」

「マサヒコ、アマゾン・・・トモダチ」

手で友だちのポーズをつくります。

「この世界はアマゾンが救う」

ギギの腕輪をアマゾンに返し
マサヒコも同じようにして手で友だちの印を。

「バカめ。また裏切られるのがオチだ」

「我々が作り上げた大ショッカーの世界に

 安住していればいいものを・・」

「お前らの作った世界は最悪だ!

 人が人を疑い

 誰も信じる事が出来なくなった世界・・。

 だがこの男は違う!」


また手で友だちの印を作るマサヒコ。

「この最悪な世界で

 信じることを忘れなかった。

 だから本当に信じあえる友だちと出会えた」


「貴様、何者だ?」

「通りすがりの仮面ライダーだ。

 覚えておけ」


「アーマーゾーン!」

「変身!」

「カメンライド ディケイド」

「クウガ アギト リュウキ ファイズ ブレイド

 ヒビキ カブト デンオウ キバ

 ファイナルカメンライド ディケイド」


コンプリートフォームへと変身。

「大切断!」

アマゾンは大切断でアポロガイストを攻撃。

「うわーっ!覚えていろ・・・!」

アポロガイストはオーロラカーテンにきえました。
残された十面鬼の前にあらわれた大樹。

「俺が相手だ!」

「海東?」

「ガガの腕輪は 僕が貰う!」

「カメンライド ディエンド!」

「変身」

「おのれ!」

「新たなカードの威力 見たまえ」

「アタックライド イリュージョン!」

ディエンドが5人。

「ハッ しまった!」

「やった!」

腕輪を奪ってよろこぶディエンド。
すると士の持つカードにガガの腕輪がうかびます。

「これは・・・」

「アタックライド ガガの腕輪!」

ディエンドの持っていた腕輪が
ディケイドの腕に。

「何?そんな・・・。」

「行くぞ アマゾン」

十面鬼と戦うディケイドたち。

「ファイズ カメンライド ブラスター」

「行こう。ディケイド!」

「僕の存在を忘れるなって言っただろう」

ディエンドも参戦。

「ファイナルアタックライド 

 ファファファファイズ」

「ファイナルアタックライド 

 ディディディディエンド」


十面鬼、よろよろとたちあがりました。

「ファイナルアタックライド 

 アアア アマゾン」


ガガの腕輪はアマゾンに

「お前が決めろ」

「OK ディケイド。

 スーパー大切断!!ハー!」


「フン・・」

マサヒコの父親のユニフォームを着て
マサヒコとキャッチボールするアマゾン。

「痛くない?」

「ちょっと痛いよ」

「でかいの行くよ!お、上手!」

「とれ、ナイスキャッチ!

 マサヒコ野球好き?」

「うん、大好きだよ!あ、ごめん!」

それを見ていた夏海たち。

「アマゾンさん、

 やっと安住の地を見つけたんですね」

「うわ、痛!」

「大丈夫?」

「大丈夫」

士はその様子を写真にとる士。

「この世界での戦いはまだ続くだろうが

 あいつがいれば大丈夫だろう」

「マサヒコ君や、リツコさんがいる限り、

 アマゾンは戦い続ける。

 俺だって

 士や 夏海ちゃんがいる限り・・」

「士くんは?」

「とりあえず行くぞ」

とヘルメットを渡す士。

その頃、街の中に大ショッカー基地が出現。
それをまた見ていた鳴滝。

「安心しろ ディケイド。

 次の世界で君の旅も終わる。

 いや、君自身も終わる。

 今度こそ最後だ、ディケイド・・」

写真館。
栄次郎とキバーラもいました。
さっきの写真をながめる栄次郎。

「うん、いい表情だ。いきいきしてる」

「ああ、世界のどこかに

 私の安住の地もあるのかしら〜?」

とキバーラ。

「どんな世界にもお宝はあるけどね」

と大樹。

「お前!何でここにいるんだよ!?」

「いてあげてるんだ。感謝したまえ。」

そこへ入ってきたユウスケと夏海。

「私ね 思うんです。

 私たちの旅にはきっと

 何か意味があるんじゃないかって」


「うん、確かに俺たちは旅を通じて

 色んな経験を積んできたもんな」


「旅の答えは、旅の中にのみ存在する。

 なーんちゃって」


と栄次郎。

「とりあえず、俺は俺の世界を探す。

 全てはそこからだ・・・」


「全てを破壊する時が来たのかもね」

と大樹。

「どういう意味だ?」

「まあまあ・・・
 
 せっかくみんな揃ったんだから

 一緒に写真を撮りましょう!ね?」

「そうですね。

 このメンバーで撮るの初めてだよね?」

「背景は何にしようかね?」

またスクリーンがおりてきました。

「おおっ」

「あ・・これは・・・!」

ディケイドとライダーたち。
夏海が夢にみていたシーン?



大ショッカー基地が出現したということは
やっぱり映画とつながっている・・・?
大樹も事情をよく知ってるくせに
何も教えてくれないし鳴滝はいつもと同じセリフだし。
今度こそ最後だといい続けて最終回になっちゃいますね。

いつも言ってるナマコ嫌いが
ナマコ怪人とは関係ないよね・・?

アマゾンに友だちができてよかったよかった。
ディケイドとも友だちになったし
映画でもひとり増えるし♪

あの大ショッカーに支配された世界って
どういう形態になっているんだか謎です。
小学校まで大ショッカースクールになってるから
津々浦々まで行き届いているわけで
あのあとアマゾン一人だとたいへんだろうなあ。
それは今までの世界でも同じですが。


8/23(日)放送分30話は→8/26(水)11:00〜



門矢 士 井上正大
光 夏海 森カンナ
小野寺ユウスケ 村井良大
光栄次郎 石橋蓮二
鳴滝   奥田達士
キバーラの声 沢城みゆき
ナレーション 鈴木英一郎
ディケイドライバー マーク・大喜多

海東大樹 戸谷公人

アマゾン エンリケ
岡村マサヒコ 武井証
岡村リツコ 寺田有希
アポロガイスト 川原和久

TB先 Hybrid-Hills
 仮面ライダーディケイド 第29話「強くてハダカで強い奴」



「劇場版 仮面ライダーディケイド」公式ビジュアルガイド
廣済堂出版


Cool−up (クールアップ) 2009年 09月号 [雑誌]
Cool−up (クールアップ) 2009年 09月号 [雑誌]
ポストメディア編集部・編

ヒーローヴィジョン Vol.33 (2009) (33) (TVガイドMOOK)
ヒーローヴィジョン Vol.33 (2009) (33) (TVガイドMOOK)
ポストメディア編集部・編


劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
サントラ



メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]
メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]
井上正大


仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]
仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

仮面ライダーディケイド VOL.2 [DVD]
田崎竜太;金田治,井上正大,村井良大,森カンナ,奥田達士,石橋蓮司

仮面ライダーディケイド Volume.3 [DVD]
田崎竜太;金田治,井上正大,村井良大,森カンナ,奥田達士,石橋蓮司

仮面ライダーディケイド VOL.4 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009.08.24 Monday 15:57 | comments(4) | trackbacks(3) | 
<< ジャンプ 39号 感想 | main | 花咲ける青少年 第18話 オポジション >>
摩天楼 (2009/08/24 10:08 PM)
honeyさん、こんばんは。
今回はマサヒコの大活躍しましたね。
そうでなければ、十面鬼は倒せませんでしたし。
それにしても、ディエンドがパワーアップしたらどうなるんだろう?
honey (2009/08/24 10:33 PM)
摩天楼さん、こんばんは。

マサヒコに信じてもらえなければ
アマゾンは落ち込んだままですもんね。

あんなお子様に力を与えちゃまずいと思います。
鳴滝はもっと人を選ばないと。
ミチコ (2009/08/25 8:50 PM)
honeyさん こんばんは、明日は第30話ですね。最終回までに間に合いましたね。明日は銀魂(ハイビジョン)がありますしね。
honey (2009/08/25 9:02 PM)
ミチコさん、こんばんは。

明日は出かける用事があるので
アップは遅くなるかもしれません。
でも無理やりおいつきましたね。









今日のディケイド 第29話
「強くてハダカで強い奴」アマゾン編後半ですね。ギギの腕輪を奪ったマサヒコですが、案の定大ショッカーには利用されていただけでした。ギギの腕輪とガガの腕輪が揃ったという事で人類総怪人計画が発動、手始めにマサヒコがナマコ怪人に改造されそうに。士とユウスケに
| 地下室で手記 | 2009/08/24 9:58 PM |
『仮面ライダーディケイド』第29話『強くてハダカで強い奴』
マサヒコはギギの腕輪を持って行ってしまいました。 ガガの腕輪を狙う海東に声をかける鳴滝。 ディケイドを倒せるなら、ディエンドのパワーアップカードをやろうと持ちかけます。
| なまけもののひとりごと | 2009/08/25 8:23 PM |
仮面ライダーディケイド 第28話&29話
アマゾン・・・・というより、大ショッカーの世界だったww 28話と29話、纏めます。(関西では放送されて無いからな。) 街行く人の挨拶がイィィィーーー!!(>o
| ふしぎなことだま | 2009/08/26 2:19 AM |