<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

オトメン(乙男) 第4話

第4話 「其の四 そのオトメン、凶暴につき」
正宗飛鳥(岡田将生)は、橘充太(佐野和真)に
都塚りょう(夏帆)をデートに誘うように勧められるが
頬を染めて無理だと言うばかり。
一方、多武峰一(木村了)が銀百合学園
2年A組に転校してきた。転校は飛鳥を倒すためだという
多武峰の自己紹介に苦笑いする飛鳥と、
波乱の予感に喜ぶ充太。剣道部の練習では
腕が落ちていない多武峰を素直に認める飛鳥だが、
多武峰は飛鳥を天敵だと言い放つ。

そんな中、有明大和(瀬戸康史)に頼まれ
大和の叔父が営む海の家の手伝いに行くことになった
飛鳥ら剣道部員、りょう、充太、妹の久利子(武井咲)。
海の家「政」の店主・マサ(神保悟志)は到着した
飛鳥たちを大歓迎。数日後に行われる町主催の
イベントのヒーローショーに出演して欲しいという。
演出家となる町内会長の息子の幼い少年を紹介され、
相手が子供であることに安心する磯野(澤部佑)だったが…。

その夜、浜辺で素振り稽古をしている多武峰を
見かけ目をとめた久利子は、飛鳥が多武峰に
「すきだ」と言うのを聞き、慌てて充太に報告する。
学校で多武峰が黒川樹虎(市川知宏)に
「飛鳥がいないとダメ」と話していたことを
思い出した充太は、本人に気持ちを確認しようとする。
直後、飛鳥が戻ってきた。

その頃、イベントで行われる世界的に有名な
ヘアメイクとスタイリストのトークショーを目当てに
小針田雅(桐谷美玲)らが海に向かっていた。
そして、イベント当日になり…。



充太のやぶれたベストを繕ってあげている飛鳥。
りょうちゃんを海にでもさそってみたら?と
いわれると

飛鳥は妄想の世界へ。

海辺でたわむれるバカップル・・・


思わず顔もゆるみまくりでしたが
あせっていってしまいました。
ベストの刺繍はイルカとハートマーク。

多武峰くんが銀ゆりに転校してきました。
その理由をたずねる理事長ですが
ことごとく花沢先生の電話で邪魔されました。

多武峰くんは飛鳥の剣にひきよせられたといい
理事長は喜びますが、クラスで挨拶をした
多武峰くんは

「正宗飛鳥くんを倒すためです」

と宣言。

さっそく興味をもって近づく充太。
多武峰くんに「強敵とかいて友と読む」ポジションを
期待してました。

樹虎くんには

「俺は あいつがいないと 

 ダメなのかもしれない」


とこたえる多武峰くんをみて、充太、誤解への道へ。

さっそく剣道部で多武峰くんと剣をまじえる飛鳥。
しかし飛鳥の勝ち。
多武峰くんに感情をおさえることができなければ
剣は乱れるだけだというりょうちゃんパパ。

でも飛鳥をライバル視してでていく多武峰くん。

そんなとき、大和から親戚の経営する
海の家をたすけてくれないかとたのまれ
りょうちゃんがやる気満々。
飛鳥たちもいっしょに海へいくことになりました。
充太の妹、久利子ちゃんも参加。

海の家につき、海の家の店主・マサから、さっそく
ヒーローショーへの出演をたのまれました。

サムライ・ファイブ

演出は町内会長の息子。
しかしめちゃめちゃ厳しい。
磯野、泣かされてましたwww

「誰が地球を護るってきいてんだよ?!」

「俺たちです」

「なら まーもーれーよーー!!」

スパルタ・・。

夜に浜辺で素振りしている多武峰くんに
近づく飛鳥をみかける久利子ちゃん。

「多武峰 すきだ!

 だからそこがすきなんだ」


久利子、びっくりして兄に知らせに。

「おまえは逆胴を狙うときに

 剣先があがる癖があるんだ。
 
 それで胴に隙ができるんだ」


好きじゃなくて隙。

みんなと仲良くしてもらいたい飛鳥ですが
群れたりつるんだりするために
剣道をやっているわけじゃないという多武峰。

久利子からさっきのことをきかされた充太。
最初はバカげた話ととりあおうとしませんが
多武峰くんの言葉を思い出し・・・誤解。
そのあと飛鳥にばったりあいますが

「人の気持ちをふりむかせるのは

 むずかしいものだな」


とつぶやく飛鳥にまたびっくり。

「橘。相談があるんだけど

 多武峰とうまくつきあう方法はないかな」


とたずねる飛鳥にまたまたびっくり。

「飛鳥ちゃんは どうなりたいの?多武峰と」

「いっしょにやりたいからな。

 ちゃんとひとつになりたい。

 そう思うよ。見えない壁があるんだ。
 
 うまくはいえないんだが」


りょうちゃんはどう思うかときいても

「これは男同士の話なんだから」

と言い、いってしまいました。

「久利子 らぶちっくなんだが

 来週からボーイズラブ編に

 突入するかもしれん」


と完璧誤解。

「あ。でもあたし、毛並みのいい猫が

 じゃれあうの、みてみたいかも」


久利子、理解ありすぎ。

その頃、海辺で転んでいた雅たち。
生き倒れそうになっていたところを
助けてもらい海の家に。

今夜イベント会場でヘアメイクとスタイリストの
ショーがあるそうです。
飛鳥は知らないふりをしますが、実はあこがれの人・・。

こどもヒーローショーでは
イエロー(磯野)とブルー(大和)が熱演。

「まーもーれーよー!

 地球を まーもーれーよー!」


演出の少年も満足そう。

そのあと、多武峰くんをよびとめ話をする飛鳥。
もう少しみんなにとけこむ努力をしたらどうかと
いう飛鳥に、おまえにとっての剣道は何だときく多武峰くん。

「それは 己自身の弱さと向き合い

 それを乗り越えて行くために

 心を鍛えていくものだ」


「絵空事だ。

 何をやらせても完璧なおまえには

 想像できんだろう。

 愛するものを捨ててまで

 剣を極めようとした人間の気持ちなど」


全国大会で飛鳥に負け、一度は捨てた剣道。
しかしもういちど、飛鳥にあい
そのとき、ライバルとして飛鳥を意識し続け
その存在を確認するのが生きている証だと気づいたと
いう多武峰くん。

「剣のために 

 おまえが捨てたものとはなんだ?」


「ライバルは自分自身などというおまえには

 わからんさ」


ヘアメイクとスタイリスト、モデルののった車が
渋滞にまきこまれ、まにあわないというアクシデントが発生。
スタッフに、モデルの代役をたのまれる雅。
もちろん快諾。
そのままここで待っているようにいわれ
スタッフは水をのみにいった海の家で
りょうちゃんを一目みてきにいり
りょうちゃんにモデルを依頼。
雅のことはすっかり頭から抜け落ちてました。

現場にいたスタッフに化粧&着付けをしてもらったりょうちゃん。
そのあまりのひどさに驚く飛鳥と多武峰。

『どいひー あまりにもどいひー

 なんとかしなくちゃ』


みんなの前だけど、だまっていられず
飛鳥はそのへんにある生地をつかって
フォームチェンジさせました。

みんな感心。

「多武峰
 
 おまえと同じように

 俺にも一度は捨てたものがあるんだよ。

 結局 捨てられなかったけどな」


「おまえ・・裁縫が好きだったのか」

「裁縫だけじゃない。

 料理と かわいいものとキラキラしたものも

 大好きだ。

 おまえは俺のことを完璧だといったが

 そんな人間なんていないさ。
 
 人は誰もみな、心の中に

 捨てられない何かを

 かかえていきているんじゃないのか?」


あとは毒々しい化粧。

「待て」 と多武峰くんがすすみでました。

アシスタントに指示しメイクをするつもり。

「ああ 見える。見えるさ。

 来い、女」


「おまえを 俺の手で蝶にしてやる」

華麗なてつきで化粧をしていく多武峰くん。

さっきとはうってかわってきれいなりょうちゃんに
本人も鏡をみてびっくり、みんなも感心。

「多武峰 一。

 この男もオトメンだったか」

「ボーイズラブなんかじゃない。

 この二人は同じ悩みを抱えた

 仲間だったんだ」


充太の誤解もとけました。

多武峰をすごいとほめる飛鳥。

雅さま、二時間待ちぼうけ。
これはさすがにかわいそう・・・。

有名人がいなくてがっかりの観客たちも
りょうちゃんをみたらそのかわいさにほれぼれし

仮面をかぶったビューティー侍

レッド=飛鳥 ブラック=多武峰


のファッション&メイクのトークに感心。

『こんなに生き生きと話すお前

 俺は初めて見た。

 これが本当のお前だったんだな。正宗』


『愛することを話すとき

 人はここまで優しい口ぶりになれるんだな。
 
 まるで別人のようじゃないか。多武峰』


と仮面の下のふたり。

「多武峰、こんなにも楽しいものだったんだな。

 人前で好きなものを堂々と 

 表現できるというのは」


「自分には縁のないものだと

 きめつけていた」


うっとり語りながらはっと我にかえる多武峰くん。

「勘違いすんなよ。

 貴様は俺にとって

 あくまで天敵なんだからな」

「逆胴を狙うとき剣先があがりすぎて

 自分の胴に隙ができる。

 それを俺に教えた事を

 いつか 後悔させてやるからな 正宗」


「多武峰・・」



今回もおもしろかった〜。
ほぼコメディの中にもおおまじめな飛鳥だから
ちゃんと言いたいことは伝わってきますし。
ビューティ侍、いいですねえ。
ぜひ再登場を。

海の家というのも夏っぽく、
来週の予告でも海だったので楽しみです。



正宗 飛鳥 …… 岡田 将生
都塚 りょう …… 夏帆
都塚 猛 …… 高田延彦
多武峰 一 …… 木村 了
有明 大和 …… 瀬戸 康史
橘 充太 …… 佐野 和真
小針田 雅 …… 桐谷 美玲
黒川 樹虎 …… 市川 知宏
橘 久利子 …… 武井 咲
花沢 夢子 …… 柳原 可奈子
城之内 ミラ …… 鶴見 辰吾
正宗 浄美 …… 山本 未來

ラバソー ~lover soul~ (初回限定)(DVD付)
柴咲コウ


オトメン(乙男) 8 (花とゆめCOMICS)
オトメン(乙男) 8 (花とゆめCOMICS)
菅野 文
2009.08.25 Tuesday 10:21 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第7話「離さない」 | main | メイちゃんの執事 10巻 >>









オトメン(乙男) 第4話
オトメン(乙男)の第4話を見ました。「強くてクールで格好良いあの正宗飛鳥がこんな健気なことまでやってくれるオトメンだったなんてさ」「橘、お前がベストを引っ掛けて困ってるから直してるんだろうが」「ねぇ、どうなのよ?」「何が?」「りょうちゃんのことに決まっ
| MAGI☆の日記 | 2009/08/25 10:30 AM |
オトメン (木村了さん)
◆木村了さん(のつもり) 木村了さんは、フジテレビ系列で毎週土曜よる11時台に放送されている土曜ドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』に多武峰一 役で出演しています。昨日は第4話が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/08/25 1:08 PM |
オトメン(乙男)〜夏〜 第4話 
第4話 「そのオトメン、凶暴につき〜」 飛鳥を倒すために転校してきたという多武峰ー(木村了)くん。 彼は飛鳥を敵視し、剣道部のみん...
| shaberiba | 2009/08/25 5:41 PM |
オトメン(乙男)〜夏〜 第4話 オトメンのライバル
『そのオトメン、凶暴につき』内容飛鳥(岡田将生)のライバルだった多武峰一(木村了)が、なぜか飛鳥のいる学校に転校してきた。クラスメートから理由を聞かれると“正宗飛鳥を倒すため”と言う。その後、剣道場で打ちあった2人。まわりの部員達を圧倒するには十分だ
| レベル999のマニアな講義 | 2009/08/25 5:46 PM |
オトメン(乙男)〜夏〜 第4回 感想
『そのオトメン、凶暴につき』
| ぐ〜たらにっき | 2009/08/25 7:21 PM |