<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー ディケイド 第30話「ライダー大戦・序章」

第30話「ライダー大戦・序章」
夏海のいつも見ている夢の世界。
ディケイドと戦うライダーたち。
鳴滝もあらわれました。

「ディケイドは全ての世界を破壊する」

「違います!

士くんは破壊者なんかじゃありません!

 むしろその逆です。

 ライダーたちを守っているんです!」


「君は何もわかっていない

彼の通った後に残るのは、ライダーの屍だけだ」


「違います!士君はそんな人じゃありません!」

「士」

とディエンドがディケイドを攻撃。

目をさます夏海。
その拍子にカップをおとしてしまい
われるカップ。

「俺がどうしたって?」

士とユウスケがそばにいました。

「何でもありません」

「士の夢でも見てたのか?」

「違います!」

写真館から外に出ると浜辺?

「しかし、士のその服、何なんだ?

 あ、結婚でもするのか?」

モーニング姿の士。

「ならいいが 葬式かもしれんぞ」

「不吉な事言わないで下さいよ」

「これが俺たちの最後の旅になる。

 なぜかそんな気がする」


『ディケイドを止められるのは 君だけだ!』

という鳴滝の言葉を思い出す夏海。

『もしも士君の身に何か起こるのだとしたら

 その時は私が守らないと・・・』


「おい!あれを見ろ!」とユウスケ。

イクサと戦うレンゲル。

「ああ・・」

サガと戦うギャレンもいました。

さらにワタルとカズマも。

「カズマ、ワタル・・・?」

「変身!」

キバとブレイドに変身して戦い始めます。

「どうなってるんだ?

 ライダー同士が戦っているなんて!」


「それだけじゃない」

ファンガイアとアンデッドの戦っていました。

「ファンガイアとアンデッドまで?」

「しかも ファンガイアが

 キバの仲間になっている」

「ブレイドも、アンデッドの仲間に」

「これじゃまるで

 キバと世界とブレイドの世界の戦い」

「そういえば、じいさんが言ってたな」

スクリーンをみて

「ライダー大戦」とつぶやいていた栄次郎。

「ここは ライダー大戦の世界」

OP

ブレイドがイクサをたおします。

「イクサー!」

キバはザンバットソードでレンゲルを倒しました。

「レンゲル!」

ブレイドが撤退。

その様子を写真に撮る士。

「一体、どうしてこんなことに?」

「さあな。

 だが1つだけはっきりしてることがある。

 世界の融合が進み

 キバとブレイドの世界が

1つになったということだ」


イクサの燃えたあとにすわりこむワタル。

「ワタル!」

「ユウスケ。士さん」

「久しぶりだなあ。ワタル」

「教えてくれ。

 なぜライダー同士が戦っているんだ?」


「ブレイドたちを倒さなければ

 キバの世界が消えてしまう」


「キバの世界が、消える?」

「そうだ。

 1つの世界にキバとブレイドは共存できない。

 どちらかの世界しか生き残れないんだ」


「どちらかの世界しか・・・」

「だから、これは僕たちの世界を

 守るための戦いなんだ」


「そのためだけに

 ファンガイアと手を組んだってわけ」


うなずくワタル。

そこへあらわれた女性。深央さん?!

「誰だ?」

「ファンガイアの女王だ」

手のひらにはクイーンの印。

「私はファンガイアの女王として

 ワタルと共に

 人間とファンガイアが

 共存できる社会をつくろうとした」


「それはうま行きかけていたんだ、でも・・・」

「ブレイドたちがやってきて

 全てをぶち壊した。

 おまけに我々キバの世界を消し去ろうと

 戦いを挑んできた。

 そうなれば迎えうつしかない」


「ユウスケ、僕たちと一緒に戦ってくれ」

「よせよ。どんな理由があろうと

 ライダー同士が戦うなんて間違ってる」


「僕には、

 ファンガイアの王としての責任がある。

 どんな手段を使っても

 キバの世界を守らなければならないんだ。

 だから・・・」


「断る。俺は戦いたくない」

「言っておくが、中立は認めないぞ。

 敵か味方か、はっきりしてもらう」


とクイーン。顔にはステンドグラスの模様が。

「士さん あなたもです」

「くだらないな。俺は帰るぞ」

「貴様 ブレイド側につくつもりか!?」

士を襲おうとするファンガイア。

「士君、危ない!」「士」

「カメンライド ディケイド!」

あっというまにファンガアイアを倒す士。

「俺は全ての破壊者だ。

 俺に触れるものは全て破壊する。

 覚えておけ」


写真館でさっきの写真をみる栄次郎。
ワタルとカズマ。

「この子はたしか」

栄次郎はアルバムをとりだしました。

「何です?それ」

「ん?士君がこれまで撮った

 ライダーのアルバムを作ったんだ。

 ええっとねえ・・おお、これこれ!ほら」

「そうですね」

「それと・・・この子!

 懐かしいねえ。ああ うん」

「これまで色んな世界を旅して

 するべきことはしてきたつもりでしたけど」

「それで問題が解決したわけじゃ 

 なかったんだな」

「むしろ、世界の危機は増すばかりだな」

「ひとごとみたいに言うなよ」

スクリーンの絵をみつめる夏海。

「その絵がどうかしたのか?」

「これまでずっと黙っていましたが

 実は私・・この光景を

 何度も夢に見ているんです」


「じゃあ、正夢になるかもな」

「いえ、絶対にそうさせたくないんです。

 そのためにも

 ライダー同士の戦いをやめさせないと」


「そうだよ。

 それがこの世界で、士のするべきことだ」


「勝手に決めんな。

 だがまあ、裏で誰が動いているかは

 見当はつくがな」


姿をあらわす鳴滝。

「鳴滝さん・・」

「ディケイド、君と馴れ合うつもりはない。

 だが、当面の敵を倒すためなら仕方ない。

 見たまえ」


地球が融合し破壊されていき
アポロガイストの姿も

「世界を1つに

 そして、その世界を

 偉大なる大ショッカーが手にするのだ」


「世界の融合を加速させているのは

 アポロガイストだ。

 それを止めるには

 大ショッカーを倒すしかない」


「まさかお前・・俺に?」

「頼む。世界を救ってくれ」

姿を消す鳴滝。

「ちょっと!

 世界を救うには

 やっぱり大ショッカーを倒すしかないってことか」

「そのためにも、ライダー同士が力を合わせないと」

「俺、ワタルを説得しに行くよ。

 士はカズマを頼む」

「やだね。説得なんてまっぴらだ。」

「士くん!光家秘伝 笑いのツボ!」

久々の笑いのつぼ。

「わははははははは。

 わかった、行くよ」

BOARDへカズマをたずねる士。

「士!よく来てくれたな」

「久しぶりだな カズマ」

「早速だが、お前に頼みたいことがある。

 お前にも俺達と一緒に戦ってほしい」

「そのことで、会わせたいやつがいる」

ワタルを連れてきたユウスケ。

「カズマ!」

「お前は・・・」

「ユウスケ。どういうことだ?」

不満そうなワタル。

「単刀直入に言う。

 ワタル、カズマ、今すぐ戦いをやめ

 俺たちと共に大ショッカーを倒すんだ」


「大ショッカーだと?」

「世界の融合は、全て悪の秘密結社

 大ショッカーの仕業なんだ。

 世界を救いたければ

 大ショッカーを倒すしかない」


「だが待て。

 たとえその大ショッカーを倒したとしても

 キバが居る限り

 俺たちの世界は消えてしまうんだぞ!」

「カズマ!そんなの嘘っぱちに決まってる」とユウスケ。

「やつらの狙いは、ライダー同士を戦わせ

 消耗した所で消し去ることだ」


「なぜそう言い切れるんですか?」

「俺の言うことは、だいたい正しい」

「俺は納得できない。

 キバはレンゲルを消し去った!」

「こっちだって

 ブレイドにイクサをやられた!」

「よせよ!それはお互い様だろう?」

「自分の世界だけに固執していれば

 世界全体を救うことは出来ない。

 今は自分の世界のことを考えるな」


「それは自分の世界がないから言えることだ!」

「そうです。

 あなたには守るべき世界がない。

 まして、自分が何者かさえもわかっていない」


「お前に俺たちの気持ちはわからないよ」

カズマもワタルもひどい・・・。

「おい、ワタル!」

そこへキバーラがとんできました。

「た〜いへん!たいへんよ!

 アポロガイストがファンガイアの女王と

 結婚式を挙げるんですって!」


「ワタル、どう言うことだ!?」

「仕方ないさ。

 強い組織と組まなければ、生き残れない」


「お前ら、そこまでして

 ブレイドの世界を消したいのか?」

「お前らだって!」

「もういい!俺が片をつけてくる」 と士。

「士、俺も行く!」 とユウスケ。

「いや、1人でいい。

 つくづく分かった。

 旅をして、仲間が出来たつもりでいたが

 ・・・ただの勘違いだった。

 仲間なんか作るもんじゃない」


士、いってしまいました。

「ワタル、カズマ。

 お前ら、これでいいのか?」


夏海はまたファンガイアたちの戦いに遭遇。

「あれは・・・!」

サガ・ファンガイアと、響鬼たち。

「キバとブレイドに

 響鬼の世界も融合してしまったんですね」

サガに天鬼がやられます。

「あきらさん!」

続いて轟鬼も。

「トドロキさん!」

「このままでは

 ライダーたちがみんな潰しあってしまう」

そこへあらわれた男 剣崎一真。

「お前たちは何か勘違いをしているようだ。

 本当の敵は大ショッカーではない」


「誰ですか?それ、どういう意味ですか?」

しかし姿をけしてしまう一真。

「今の人はいったい・・・?」

CM

おいつめられた響鬼の援軍にあらわれた大樹。

「師匠!」

「まだまだ修行が足りないな。少年君」

響鬼はたちあがり音撃棒でサガを撃破。
大樹、満足そうにみています。

「師匠。この世界はいったい

 どうなってしまったんですか?」

話をきいたアスム。

「信じられません。

 ライダーとライダーの世界が融合を始めたなんて」

「君たちは、

 生き残りをかけたライダー同士の戦いに

 巻き込まれたのさ」


「生き残り?」

「彼らは、別のライダーを倒さないと

 自分の世界が消えてしまうと思っている」


「そんなことのために

 あきらさんや、トドロキさんは・・・」

アスムのもとへ近づく大樹。

「泣いているのかい?」

「すいません。

 2人とも、大切な仲間でしたから」


「仲間・・・か。

 そのお宝は、まだ持ってないな」


カズマは士の言葉を思い出していました。

「たとえ失敗しても成功しても、

 共に働く仲間を励まし、助け合い、

 一緒に進化していく

 そのために働いているんだ!」


「仲間か」

部屋からでていくカズマ。

クイーンとアポロガイストの結婚式。
ドレスは黒。

「参列者の諸君 よく来てくれた。

 この契りの日を境に

 君たちは 永遠の者となるのだ」

「お前たちはアポロガイストの中で

 永遠に生きるのさ」

「見よ!これが ファンガイアの力なのだ!」

ガイの顔にステンドグラスもようがうかび
参列者のライフエナジーを奪いました。

「渇き切った命の砂漠に

 ライフエナジーが染み渡っていくのだ。

 燃える、命の炎が、もう一度燃えている!!

 ハっ!

 この日が、復活の記念日となるのだ!」

そこへ、扉をこわして単身乗り込んできた士。

「その記念日を命日にしてやるよ」

「あらわれたな、ディケイド」

「貴様の命日にしてやる」

クイーンはファンガイアに。

そこへ銃撃が。
カズマとギャレン。

「士!

 お前は俺に大切なことを教えてくれた。

 俺たちは、励ましあい、助け合い、

 一緒に進化していく仲間だ」


「その言葉、覚えていてくれたんだな」

「ああ!お前はいつも

 だいたい正しい」


嬉しそうな士。

「カズマ!行くぞ」

「カメンライド」

「変身!」

「ディケイド」

「変身!」

「Turn up」

ディケイドとブレイドに変身。

「来い!」

アポロガイスト、ファンガイアたちと戦います。

「アンデッド!

 お前らも最初から大ショッカーと組んでいたのか?」


「フン、知れたこと。

 我々の敵は未来永劫 ライダーだけなのだ!」


アスムの前に現れた一真。

「君がアスム君か」

「あなたは?」

「俺は剣崎一真だ」

「剣崎・・・一真?」

「この世界を本当に救いたいか?」

戦うディケイドたち。

ディケイドのピンチを救う大樹。

「士に手出しするやつは、僕が倒す!

 覚えておきたまえ」


「カメンライド」

「変身!」

「ディ エンド」

「海東 今度は何を企んでる?」

「仲間なら当然のことさ。

 仲間ならね」


「ファイナルアタックライド ディディディディエンド」

ファンガイアたちを一掃。
クイーンも苦しそう。

ディケイドもコンプリートフォームに。

「リュウキ カメンライド サバイブ」

「ファイナルアタックライド リュリュリュリュウキ」

クイーンを倒しました。

「やったな、士」

ブレイドとギャレン。

「士!」

さらにユウスケ、夏海、ワタルもやってきます。

ガイも姿をみせました。

「おのれ、我が花嫁を!

 アポロチェンジ!」


スーパーアポロガイストに変身。

「世界よ動け。1つになるのだ!」

世界の融合がすすみ
ブレイドとギャレンが消えました。

「どうしたんだ!?」

「もしかして

 ブレイドの世界が消えたってことなのか?」


その様子を遠くから見ていた一真。

「はははははは」と高笑いするアポロガイスト。

「ついに、始まったか」 と一真。

「これが、永遠の命をもった

 スーパーアポロガイストの力なのだ!

 はははははははは」



久々にキバのクイーンがでてきてびっくりでした。
深央さんじゃないらしいけど。
ラスボスは大ショッカーなんですか。
映画版とリンクしてると悲しいことになりますが。

鳴滝はいきなり態度かわりすぎ。。。
目的を果たしたらまた士を狙いそう。

仲間だと思っていた相手に裏切られたと
思った時の士の悲しそうな表情がかわいそうだったけど
カズマがきてくれたときの嬉しそうな顔がよかった。

大樹は「お宝」として、
仲間がほしいようにしかみえません^^;

でもアスムの前では唯一大樹がまともだなあ。



門矢 士 井上正大
光 夏海 森カンナ
小野寺ユウスケ 村井良大
光栄次郎 石橋蓮二
鳴滝   奥田達士
キバーラの声 沢城みゆき
ナレーション 鈴木英一郎
ディケイドライバー マーク・大喜多

海東大樹 戸谷公人

剣立カズマ 鈴木拡樹
ワタル 深澤嵐
アスム 小清水一揮
剣崎一真 椿 隆之
ユウキ ソーンファンガアイア 芳賀優里亜
アポロガイスト 川原和久

tb先 Hybrid-Hills
    仮面ライダーディケイド 第30話「ライダー対戦・序章」



仮面ライダーディケイド 10周年記念公式読本(仮)
グライドメディア


「劇場版 仮面ライダーディケイド」公式ビジュアルガイド
廣済堂出版




劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー オリジナルサウンドトラック
サントラ



メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]
メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]
井上正大


仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]
仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

仮面ライダーディケイド VOL.2 [DVD]
田崎竜太;金田治,井上正大,村井良大,森カンナ,奥田達士,石橋蓮司

仮面ライダーディケイド Volume.3 [DVD]
田崎竜太;金田治,井上正大,村井良大,森カンナ,奥田達士,石橋蓮司

仮面ライダーディケイド VOL.4 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009.08.26 Wednesday 16:19 | comments(11) | trackbacks(10) | 
<< CANAAN 第8話「乞」 | main | 銀魂 第171話 「なくなって初めてわかるいとおしさ」「真似ばかりしていると訴えられる」 >>
ミチコ (2009/08/26 7:19 PM)
honeyさん こんばんは、いよいよディケイド最終回ですよ。最後はどうなるんでしょうね。

さっき、銀魂見ました、前半は空き巣犯の難波と松田の二人が銀さんの家で空き巣をしようとしたが思わぬ客が現れ、特に桂さんが二人のことをミッキーとドナルドでした。
後半は銀さんたちが髪の毛が抜けてしまうことになり、もう大変なことになりました。
honey (2009/08/26 7:42 PM)
ミチコさん、こんばんは。

最終回でうまくまとまるのかどうか楽しみです。

銀魂は私もみました。
摩天楼 (2009/08/26 11:18 PM)
honeyさん、こんばんは。
今回はライダー死にすぎだと思いました。
一真がどの世界から来たのか気になりますが・・・。
sorcerer (2009/08/27 1:23 AM)
honeyさんこんばんはー!

29話は28話のトコにコメントしたんで、
割愛させてもらうっすー。

映画の展開が自分的にはちょっとガッカリだったので、
TV版は違うラストだと良いなぁ!と思います。

や、映画自体は面白かったんだけど、
自分の中でモラル的に、あの展開は無理なんで(;´д`)

悪意を持って悪のトップに踏ん反り返ってた人が
蹴落とされたからって、良いモノになるかー?
って思っちゃうんですよねぇ。

でもまぁ、一応映画はパラレルだといいな。

それから映画でも、ナツミやユウスケと旅して、
どこかツカサが変化してた。って、脳内補完してますけどー
honey (2009/08/27 8:22 AM)
>摩天楼さん

 こんにちは〜。
 
 あきらさんたちまで死んでましたもんね・・。
 名護さん(?)も。。。
 
 あと1話でどうまとめるのか楽しみです。

>sorcererさん

 映画のラスボスが・・でしたからね。
 いくらなんでもそりゃないでしょうという展開で。
 
 どうなんでしょうね、最終回。
 すっきりしたおわりだといいなあ。
syou (2009/08/27 10:22 AM)
honeyさん、こんにちは。久々に休みになり来ましたsyouです。(あ、新型インフルの休校ではなく、単に先生が来ないかららしいです。会議かな?)
「ライダー大戦序章」、甲子園の影響はうちにはないらしく、順調に進んでいたし、絶対見ようと思って、6:30に目覚ましを設定し、寝ました。そして、6:30には一度、目が覚めました!しかーし、またも二度寝してしまい、月曜にメールの後でyoutubeで見てきました。

では、まず、本編感想。
急展開もほどほどにして欲しいんですが、そうも行かず。いきなり対戦ですか。どうやら、今まで回ってきた人がライダーに変身するといい、一応満足。(龍騎みたいな対戦方法で、なお良し)
ですが、なんか、倒され方か簡単すぎます。キバ、ブレイド、響鬼の戦士もほとんど一撃。これじゃぁ、大戦も数時間で終わってしまいそう。一人遠くから龍騎のゾルダのような攻撃(一話目の銃乱射)すれば、一瞬です。あ、大樹は有利ですねぇ。
ブレイドの世界、キバの世界、響鬼の世界はほぼ融合完了状態。最後にはブレイドの世界が崩壊し、カズマら、消滅。この調子でいきますと、全部消滅しそうです。
しかし、なぜか、もう一人のカズマ?も登場し、かと思えば、一話目以降は全く姿を現さなかった渡(キバ原作バージョン)も次回予告で登場。ということは、ワタル(ディケイド・ワールド・バージョン)も消滅するんですかね。一応、響鬼のアスム君と共演して変身してましたが。あの小さいコンビがなぜか可愛い。消えないで。
そういえば、この様子だと、ほかのアギト、龍騎、ファイズ、カブト、電王の世界からも来そうです。しかし、龍騎やアギトはともかく、未だ高速移動中の可能性大のカブト、なぜか(映画リンクで)鬼ヶ島(?)に行った電王、迫害を受けるファイズは来るんでしょうか。いや、来て欲しくない訳じゃありませんが、来たら来たで何やッてんだい。と言いたい。
その前にファイズはライダー側なのか、大ショッカー側なのか!(明らかにライダー側ですが)
もう一つ問題。今回、ディケイドでは、平成ライダーを回った後に「ネガ」、「ディエンド」、「戦隊ヒーロー」、「ブラック・ブラックRX」、「アマゾン」の世界も回りましたが、彼らも来るんでしょうか。来たら、もはやライダー大戦でもないですかね。でも、来てもらっても楽しそう。(つぶし合いで。ひどっ!!!)

序章とあるので、3話くらい続くかと思っていたディケイドの世界、ライダー大戦。しかし、二話ですかーーーーー!!!!!最後くらい三話構成にして欲しかったです。

来週は最終回の題は、
「ディケイド、散る」主人公殺してどうするの。
「ライダー大戦、激化」終わらない。
「アポロガイスト、消滅」なぜか主調。
「ユウスケor士、暴走」そっちの方が終わらない。
「ディケイド、追放」鳴滝さんか?!
「鳴滝、何もせず終わる」そういえば、ネガ以降闇のライダーが出ず。
「ライダー大戦終了」まだ出そろってないのに。
多分、あっても、最後のですね。(笑)
どれが最後でも少しは笑えるものを!(最後から二番目も笑えます)あと、ちゃんと納得のいく者をお願いしたい。
honey (2009/08/27 12:20 PM)
syouさん、こんにちは。

急展開であと一回で終わりというのがすごいですよね。
ライダーもいっぱいでてきたけど消えるのも早い。
久々登場のクイーンもあいかわらずの黒っぷりでしたが
あっさり散ってしまいましたし。

最終回どのようにしめるのか楽しみです。
鳴滝は何もしないで終わるに1票。
ディケイドのせいだ、とだけいってないで
ちゃんと状況や理由を説明しないから
夏海たちもきいてくれないんですよね。
向日葵 (2009/08/27 11:37 PM)
こんばんは。

私も深央さんの登場にはびっくりでしたよ〜。
本家ではやりたい放題だった彼女ですけども、悪役に徹した今回はなかなかの好印象だったんじゃないかと思いますね。
いや〜、あの悪女っぷりは似合いすぎです(笑)。

態度変わりすぎの鳴滝にもびっくりでしたが、何気に可哀想な役回りですよ〜、彼。
このままじゃ、全く目的果たせないままというか、ほとんど無視された結果になりそうな感じなので。
ムカツクやつだったけど、ちょっと扱い酷過ぎじゃないですかねぇ(笑)。

士のために駆け付けてくれたカズマ。
いや〜、士の説教の影響力はやっぱりすごいですね(笑)。
あんなこと言われたら、普通忘れられんでしょうけども。

来週、最終回ですけども、伏線回収は無理かな??
まぁ、そもそもお祭り気分で楽しんでおりましたので、気にしなくてもいいかなと思ってますが、どんな最後になるやら楽しみです。
honey (2009/08/28 8:26 AM)
向日葵さん、こんにちは。

今回は一度きりなのでキャラにぶれもありませんでしたね。

鳴滝は毎回「次の世界がおまえの最後だ」と言い続けて
はや30話ですからね〜。もはや誰も鳴滝のいうことなんか
きいてませんよね。

最終回楽しみですね。
風水 (2009/08/29 9:40 PM)
honeyさん、こんばんは。
とうとう明日は最終回ですねえ。
それにしても…いきなり最終回1回前から突然クライマックスという展開はなかなかびっくりです。
内容てんこ盛りですが、これまでの伏線は果たして回収可能なのか…?
少なくとも…いきなり協力を求めてきた鳴滝は何ともならない気がします(苦笑)。
カイトーが突然仲間を欲しがったのもビックリでしたが、これは…何とかなるんでしょうか。
不安一杯ですが、劇場版とは違うラストを迎えて欲しいですねえ。
できれば、良い最終回であって欲しいなあ。
honey (2009/08/29 9:47 PM)
風水さん、こんばんは〜。

いままでのんびり(?)ほかの世界をまわってて
いきなり大ショッカーが敵だ!ということが
出てきましたが、鳴滝、1話目からちゃんと
説明しておけばいいのにね。

大樹は単にお宝ほしいだけみたいなので
それにもともと士を気にいってるみたいだから
本人にとっては、仲間ができて大満足なのかも、、、

ラスボスが映画と違うといいですね。。。。









仮面ライダーディケイド 第30話
仮面ライダーディケイド 第30話「ライダー大戦・序章」。イタミンラスボスだよイタミン(笑) 以下読みたい方だけどうぞ。
| きゃんずぶろぐ | 2009/08/26 9:02 PM |
今日のディケイド 第30話
「ライダー大戦・序章」最終回直前、最後の世界はライダー大戦の世界。大ショッカーの名のもとにアポロガイストがそれぞれの世界の融合を加速させた結果、それぞれの世界同士の戦いが始まっています。キバの世界と剣の世界、ライダー同士が戦っているだけではなく、ファ
| 地下室で手記 | 2009/08/26 9:27 PM |
仮面ライダーディケイド 第30話「ライダー大戦・序章」
仮面ライダーディケイドの第30話を見ました。第30話 ライダー大戦・序章「ディケイドは全ての世界を破壊する」「違います、士くんは破壊者なんかじゃありません。寧ろその逆です、ライダー達を守ってるんです」「君は何も分かっていない。彼の通った後に残るのはライダ
| MAGI☆の日記 | 2009/08/26 9:51 PM |
仮面ライダーディケイド 第30話
ライダー大戦の世界だそーです。 この雰囲気だと、やっぱ映画版とはパラレルっぽいよね? 内容的には、キバとブレイドの世界同士の戦いとかで、 なんだか重くなってるんだけど、色々懐かしい顔が見られて良かったかも。 優里亜ちゃんとかな。ちょっと痩せたっぽい? フ
| ふしぎなことだま | 2009/08/27 1:19 AM |
『仮面ライダーディケイド』、第29話&第30話の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーディケイド』、第29話&第30話の感想ですっ!
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2009/08/27 2:20 PM |
仮面ライダーディケイド 第30話「ライダー大戦・序章」
 RXの世界以降、キーワードは“仲間”になってきていますね。その“仲間病”がじわじわと蔓延してきていて、「仲間」という言葉が一番嫌いとまで言っていた海東までもがとうとう!  別な世界にやって来た士たち。そして今度の士の服は何故か燕尾服でした。栄次郎
| たらればブログ | 2009/08/27 4:32 PM |
ディケイド29話感想
第29話「強くてハダカで強い奴」 ・アマゾンを救うクウガ ユウスケがちゃんと活躍してる!  一方ディケイドにはディエンドの加勢が  「君を助けたなどと誤解しないでくれたまえ」  ツンデレきどりっすか  「おのれディエンド、傍迷惑な奴なのだ」  アポロガイスト
| 瑠璃色の蝶 | 2009/08/27 8:52 PM |
仮面ライダーディケイド 第30話「ライダー対戦・序章」
今回のお話は、ライダーの世界が融合し始めてしまうってなお話でした。 おいおい、また無理やりな展開に持ってきましたねぇ。 こりゃ、数々の謎は放り投げ決定か・・・・(笑)。 夏海さん、再びあのライダーたちが争う夢を見つつ、鳴滝からは「ディケイドはすべて
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2009/08/27 11:27 PM |
『仮面ライダーディケイド』第30話『ライダー大戦・序章』
ディケイドの公式サイト見てたら、上の姪が横からやって来て、 「あかいかめんらいだー」 と指差しました。 どうやら、覚えたようです。 ……うーんでも姪よ、残念ながら来月には緑と黒のライダーになっちゃうんだな。
| なまけもののひとりごと | 2009/08/28 8:24 PM |
ディケイド 第30話印象
最終回まで残すところあと1話…となったディケイド。いきなりのライダー大戦の世界、一気にクライマックスモードですが、果たして後1話で終われるのか!? 個人的には久しぶりに登場の剣崎一真に釘付けでした。ちゃんとセリフが聞き取れる…と思った時点で何かが間違
| All's Right with the World! | 2009/08/29 9:41 PM |