<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 11話(最終話)「最終回拡大75分SP完結編!!・・旅立ち」

11話(最終話)「最終回拡大75分SP完結編!!・・旅立ち」
 上矢直輝(山下智久)は、オーケストラの
バイオリニストになるチャンスを諦めようとしていた
白河莉子(北川景子)に、最後まで夢を追ってほしい、
と助言する。莉子は、音楽財団の理事長・八尾隆介(升毅)
に認められ、軽井沢で活動するオーケストラに誘われていたが、
直輝と離れたくないという思いから、
その話を断ろうとしていた。直輝の思いを受け止めた莉子は、
軽井沢に行くことを決意し、別れが辛くなるからもう会わない、
と彼に告げてその場を後にした。

 それから1週間後。直輝は、チームメイトの秦野秀治
(溝端淳平)から、莉子が明日軽井沢に出発することを教えられる。
一方、莉子は、音楽だけに集中するために携帯電話も解約していた。
親友の海老名麻衣(貫地谷しほり)は、そんな莉子の行動に
驚きながらも、寂しさを隠せない。最後のアルバイトを終えた莉子は、
世話になった書店の店長・小牧祐介(川端竜太)に挨拶をする。
するとそこに、祐介の妻・雪乃(ちすん)がやってきた。
その際、雪乃は、莉子が以前、駅ビルで演奏していた
女性であることに気づき、弟が演奏者にヒマワリを
渡そうとしたが渡せなかった、と話しだす。その話を聞いて、
直輝くんらしい、と笑う祐介に、莉子たちは驚きを隠せなかった。
そのおかげで、あのとき小学生からもらったヒマワリが、
実は直輝のものだったことを知った莉子は、
直輝と話したいという思いを必死に抑えて、改めて
真剣に音楽に取り組むことを決意する。

 そんな中、PBAの2009年シーズンが開幕する。
JCアークスのヘッドコーチ・川崎智哉(伊藤英明)は、
宇都宮透(永井大)、代々木廉(金子ノブアキ)、
守口修斗(青木崇高)、佐賀弘明(石田剛規)たちを
コートに送り出した。

 そのころ直輝は、完全復活を目指してひとり
リハビリを続けていたが…。



他の選手たちが練習する中
直輝はリハビリをがんばります。
そばについてはげます菜月。

リハビリ中、直輝は莉子のことを思い出します。
夢のために頑張ろうと莉子をいかせた直輝。
あったら別れがつらくなるから会わないと
言っていた莉子は本当にあわなかったらしい。

「あれから 2週間がたっていた」

ロッカールームで、秀治から莉子が明日から
軽井沢にいくときく直輝。

最後まで本屋でバイトする莉子と麻衣。
中途半端な気持ちだったら音楽なんかできないと
莉子は携帯まで解約したらしい。
麻衣は莉子といっしょにバスケの試合を
みにいくつもりだったのにとさびしそう。

直輝が莉子に電話しても
現在使われておりませんのアナウンス。

店長に挨拶する莉子。
そこへやってきた店長の奥さんが
なんと直輝のお姉さん?!

「あれ?前に駅ビルで

 演奏してませんでした?

 確か夏ごろ」


と莉子に話しかけました。

「なぜかうちの弟が 演奏してた人に

 ヒマワリの花渡そうとしてて

 まあ結局 渡しそびれて

 子どもにあげてたけど」


「へえ〜 直輝くんらしい話だね」 と店長。

「直輝?」

直輝とのつながりにびっくりする麻衣たち。
莉子は直輝との会話を思い出します。

「ヒマワリ・・」

『小さい男の子もお花くれたの。

 ヒマワリの一本のかわいいやつ。

 嬉しかったなあ。

 バイオリン もっとがんばんなきゃって

 また思ったんだ』


『よかった』

莉子、外へでていきます。おいかける麻衣。

「莉子 どうしたの?」

「麻衣、ないよ 携帯が。直輝の番号」

「自分で解約したんでしょ。

 ちょっと待って。

 今 わたしが秀治くんにきいてあげるから」


「だめだ」

「えっ?」

「やっぱり 駄目。

 あのヒマワリが 直輝からだったんなら
 
 よけいにわたし

 頑張んなきゃいけないんだよ。

 直輝はあの頃から

 わたしの バイオリン応援してくれてた。

 直輝は わたしに夢に踏み出す勇気くれたの。

 だからいいの

 これでいいんだよ きっと」


「本当ね?本当にいいの?」

「うん。ありがとう 麻衣」

麻衣も携帯を閉じました。

引っ越し準備をする莉子
ひまわりをみて心が揺れます。

莉子は昔から男を見る目がなかったという麻衣。

徹夜でつくったという恋愛年表をみせました。

麻衣さんはあんまり歴史がないらしい。

莉子の最後に直輝の名が書いてあるのを
みてつっこむ秀治ですが
あとで、と麻衣に言われました。

半年だけど莉子と一緒に暮らせて
楽しかったという麻衣。
二人とも別れがさびしくて抱き合って泣いてたら
秀治まで泣き出した・・・・。

直輝が帰ると、さっき菜月が
骨にいいというサプリメントを届けてくれたそうで。

「やっぱりいい子よね〜 菜月ちゃんって。

 どうして別れちゃったのかしらね〜」


母は「復縁もあり」だとかすっかり
菜月に騙されてます。

でも直輝の心はきまってました。

「あのさ。

 俺 見つけたんだ。

 ほら 前に母さんが言ってた

 本当に 心から安らげる女の子。

 でも 彼女も大事な夢追ってて。

 もちろん応援したいと思うし。

 でも離れたくないし。

 俺のせいで夢あきらめるなんて

 ありえないし」


「ふーん。

 大事な子なのね」


「うん」

「じゃあ その気持ち 信じてみたら?

 恋はつらいってあきらめんのは簡単よ。

 でもあきらめないで信じていたら

 もしかしたら

 信じている人だけにみえる

 こうキラキラっとしたものが

 みえるかもしれないじゃない」


「きらきらっとしたもの?」

「そうよ。

 直輝も子どものころから言ってたじゃない。

 バスケは 最後の最後まで

あきらめちゃダメだって。

 勝つって信じてたら 

絶〜対 勝てるんだって」


うなづく直輝。

バスケコートにいってみる直輝。
部屋には麻衣のシルエット。
莉子の言葉を思い出す直輝。

『おばあちゃんになっても 

 絶対にあきらめない』


翌日。
莉子がめざめ窓をあけてみると
広告ボードに

「夢に向かってガンバレ!

 1番のファンより」


とかいてありました。

「うそ・・。

 ありがとう。直輝」


涙を流す莉子。

莉子はバスケコートにいって
その広告を写真におさめました。

そして敬礼。

直輝は部屋でもトレーニング。

「そして俺たちの夏は終わり

 2009年レギュラーシーズンがはじまった」


他のメンバーが頑張る中、直輝は
一生懸命リハビリ。

2010年初夏

軽井沢で音楽に励む莉子。

休憩時間には公園でフレンチトーストを食べながら休憩。
親しげに声をかけてきた男は同僚?

アークスに復帰した直輝は大活躍。
客席には麻衣の姿。
菜月もはりきってチア。
アークスはプレーオフ進出決定。

菜月と歩く直輝は街かどでバイオリンの演奏を
耳にし、立ち止まって探します。
菜月に声をかけられました。

「直輝。

 なんだかこうしていると

 去年の今頃と全然かわらない気がする。

 『優勝したら結婚しよう』って

 いってくれた

 あの日と全然かわらない気がする」


直輝はこたえず。

直輝と菜月がよりをもどしたと
チームでは噂になってました。
宇都宮さんがちょっと残念そう。
秀治はさっそく麻衣に報告。

プレーオフ進出を祝う席で
1年前の直輝を思い出している菜月。
宇都宮さんが、直輝と仲直りできて
よかったね、と声をかけてくれました。
宇都宮さんは前はミユキ先輩が好きだったそうですが
3年前からはどうも菜月が好きみたい。

「ウツさんに片想いされるなんて

 幸せなんですね その人」


莉子がたまたま東京へ帰ってきてるようで
ちょっとだけ麻衣のところへ寄ることに。
フレンチトースト食べてた時の男が
ここにもいるのでやはり同じオーケストラの人か。

そのとき直輝を見かけて走り出す莉子。
ですが直輝はバスに乗り込んでしまい

1話と反対に、秀治と直輝の乗ったバスを

追いかける莉子!


でも追いつけず、気づいてももらえませんでした。

麻衣のところへいった莉子。
直輝の調子がいいことを教えてもらいます。
麻衣はすっかりバスケに詳しくなってました。

莉子も写真をみせるとさっきの男の人。
先輩のチェリストだそうです。

「そっか 直輝もがんばってるのか」

とつぶやく莉子に

「連絡ぐらいしたら?もう半年だよ」

という麻衣。

「直輝と私の運命は交わらないのかな」

広告ボードの直輝のあの文字はそのまま。
それをみて

「がんばってるよ」

とつぶやく莉子。

そのあと川さんとばったり出会います。
決勝戦をみにこないの?ときかれますが
レッスンが、という莉子。

「わたし あのとき
 
 すこしでも直輝の声きくと

 軽井沢いきたくなくっちゃいそうで

 夢なんか簡単に捨てられそうで

 だから 携帯やめたんです。
 
 弱かったんです。

 弱い自分がいやだった。

 だけど軽井沢にいってみて

 わたしはやっぱりバイオリンが

 大好きなんだって気づけて

 たいへんだけど 今は毎日幸せです」


「そっか。それはよかった。

 俺だったら

 バイオリンはいいから 

 俺のそばにいって

 莉子ちゃんをひきとめてたかもしれないな」


「わたし 直輝ががんばってこいよって

 言ってくれて嬉しかったのに

 自分から連絡を断ってしまって。

 半年も離れてて

 声もきけなかったら

 わたしのことなんてもう

 忘れちゃってるんだろうなあ」


「そうかもしれないね。

 人生の先輩が思うに

 運命の男と女が出会って結ばれる可能性は

 そうだな・・

 第4クォーターにブザー・ビートをきめて

 逆転優勝するより低い」


「ブザー・ビート?」

「うん。知らない?

 試合終了や 

 ピリオド終了のブザーが鳴ると同時に

 放たれたシュートがきまることを

 ブザー・ビートっていうんだ」


「へえ〜。そんなことってあるんですか」

「うん。あるよ。

 どんなに不利な状況でも
 
 無理そうな夢でも

 あきらめなければ

 きっと道は残されている。

 俺が 莉子ちゃんをおとす道もね」


「それは ないです」

にこやかに別れる二人。

「あっそうだ。

 嘘はつかないって言ったから

 最後に一言。

 直輝は 莉子ちゃんのことを まだ思ってるよ」


そういって去っていく男前な川さん。

セミファイナル

直輝は今日も絶好調。

「まさに上矢が チームをひとつにしています」

最後は直輝がきめ試合終了。

体育館にいる直輝のそばにやってきた菜月。

「直輝。

 わたし 今なら信じられる 直輝の夢。

 あの頃はかなうはずないって

 いら立って 

 自分の夢とか将来おしつけて

 直輝を傷つけたけど

 今なら 心から信じられる。

 わたし 直輝が好きなの。

 わたしとじゃ 幸せになれない?」


「菜月は幸せになれるよ。

 でも その相手は俺じゃない。

 菜月は すげえ いい女だし

 俺 菜月に カッコイイ男って

 思われたかったんだ。

 頼れるって思われたくて。

 自信ない時でも カッコつけて

 プライド守るのに必死だった。

 自分のことばっか考えて

 菜月が何に悩んでるのかも

 わかってあげられなくて

 ほんと あの頃はごめん。

 でも 俺・・」


「チッ」

「ん?」

「ったく 優しいね。

 優しすぎでしょ。

 そんなんだから 嘘つかれたり

 浮気されたりすんのよ」


「え」

「でも まあ あの子はそんなことしないか。

 わたしね 莉子ちゃんに言われたんだ。

 直輝の夢は 絶対にかなうんだって。

 いくんでしょう?あの子のとこ」


「うん」

「じゃあ 今度 

 フレンチトーストの作りかただけおしえて。

 あれだけは 自分でつくっても

 どうしてもうまくいかなくて」


「うん。OK。

 菜月なら きっとうまくできるよ」


「当たり前でしょ。
 
 あっ それと さっきのも嘘だから。

 わたし もう 直輝のことを

 男としてなんとも思ってないし」


「ふっ なんだそれ?」

涙をこらえて直輝のほうをふりむく菜月。

「優勝してね。

 誰かのためじゃなくて

 自分の 大事なプライドのために」


「ありがとう」

直輝がでていったあと涙を流す菜月。
その場に座り込んで泣きじゃくります。

そこへやってきたのが宇都宮さん。

「菜月 どうしたんだよ?」

「そっちこそ どうしたんですか?」

「いや 俺はただ練習に」

「またですか。

 いつもバスケバスケって

 そんなだから 男の方が好きとか

 噂されるんですよ」


「じゃあ 菜月がつきあってくれよ」

「えっ?」

「一緒にケーキでも」
笑顔になる菜月。

「いいですよ。

 おいしいお店みつけたんです」


秀治は麻衣にプロポーズの練習。

「麻衣さん 優勝したら結婚して下さい

 なんて言えないんよなあ・・」


そのあと・・やっぱり言えない。
でも麻衣のほうからいってくれました。

「秀治くん 優勝したら結婚するよ。

 だからカツ丼食べて明日も頑張ってね」


カツ丼の話もちゃんと覚えててくれました。

川さんとロードワークする直輝。

「川さん
 
 莉子のこと迎えにいってきます」


「よし いってこい!」

「はい!」

軽井沢までヒマワリを一輪もって
でかける直輝。

でてきた女性に莉子のことをたずねると
コンサートのリハーサルでおそくなるそうです。

莉子は休憩中、直輝の事が気になりますが
そのまま練習。

夜になってホールをたずねてきた直輝。
コンサートのポスターに莉子の名を見ます。

『でもね ここにきて半年で

 このデビューコンサートにでられるなんて

 なかなかないことなんですよ。

 あの子 ほんっとがんばってるからねえ』


と宿舎のおばさんの言葉を思い出すと
ヒマワリをみつめそのまま足をとめ・・

帰ってきた莉子とすれちがい!!

宿舎に帰ってさっきのおばさんから
ヒマワリをもらう莉子。
あわてて外に飛び出しますが
直輝はいない。

「直輝・・」

部屋に帰ってヒマワリを花瓶にさします。

直輝の写真を見て
あの広告ボードの引き伸ばした写真をみつめ
カレンダーのACアークス決勝戦という予定に目が。

直輝がバスケコートにいくと
秀治が練習していました。
直輝が自分の憧れてる直輝になってよかったという秀治。

「まあ たしかに 

 俺も崖っぷちだったからなあ」


去年の今頃はへたれてたと本音をいう秀治。

「まっ たしかに 

 ちょっとへたれなとこあるね。

 せっかく軽井沢いったのにあえなかったし」


「え?いったんですか?莉子さんのとこ」

「うん。

 莉子は莉子で ちゃんとがんばって

 夢に近づいてた。

 それがわかってよかったよ」


広告をみつめるふたり。

「Love makes me storong」

「僕 引っ越してきた時からこれみて

 ずっとおもってたんすけど

 恋って 人を強くするんすかね」


「わかんない。

 でも・・ 俺はやるよ。

 次は俺の番でしょう」


シュート練習するふたり。

ファイナル

客席ももりあがってます。
麻衣は直輝の妹たちともばったり。

優勝をめざす直輝たち。

その頃莉子は、ファーストコンサートにむけて
リハの真っ最中。

莉子の手がとまった!

「ミス シラカワ」

「どうした?」

「わたし 行かないといけないんです」

「はあ?何を言ってるんだ?白河」

「大事な人の 大事なときなんです。

 応援にいかなきゃ。

 今 会いにいかないといけないんです!」


「Do you realy love the young men?」

「Yes I do. so much」

「Everything is OK.

 Love makes you storong」


「ありがとうございます」

莉子、いそぎます。

アークス、負けていますがまったく心配じゃない。
だって今日は直輝のブザービートで勝つんだもんね。

莉子、走る!

あと1分、5点差。

莉子はまだ走っています。

直輝が決めて3点差。
バスケットカウントワンスロー。

莉子がまにあいました。

「ちょっと!

 そこの8番!

 ちゃんときたから!

 ちゃんとファン1号が 応援にきたから!

 ちゃんと勝ちなさいよ!バーカ!」


「バカって えっ?

 まさか あの子が 大事な子?」と直輝母。

「莉子ってば。

 テレビ中継なくてほんとよかった」と麻衣。

「俺は強い」 とつぶやき

直輝のフリースローが決まりました。
2点差。

そして最後、代々木がパスし直輝が

当然ブザービート で3ポイント! 

勝利。

みんな大喜び。
菜月は宇都宮さんに抱えあげられている。

客席の莉子のもとへはしってきた直輝。

「久しぶりに会って

 バ〜カはないだろ

 でも 莉子のおかげで強くなれた」


みんなの前で抱き合いました。

「もう 離さない」

BGMの使い方が絶妙。

そしてキスする二人・・!



ブザー・ビート、おもしろかったです!

最後ハッピーエンドになるのはお約束で
それが裏切られるわけないので
最終回ですれちがってもちっともハラハラしなかったけど
安心感を持ってみていました。

直輝がいちいちかっこよくて
広告にメッセージを残すとかいかにも月9。
あ、でもあれを山ピー以外がやってもダメですから。

莉子が携帯まで解約するのはやりすぎな気がしたけど
そんなんで直輝が莉子のことを忘れるはずがない。
てっきり離れても連絡とりあってくものだと
思ったからいきなり別れたことになってて驚きでした。
やや無理やりな設定かなあ。
あのオーケストラの参加者、誰も恋人とか
配偶者とかいないの?

でもさすが芸術に愛はかかせない。
あの指導者の外国人先生はそこんとこ
よくわかってらっしゃいました。

そこまでガチガチにならなくても
お互い好きな人がいるからこそ
高め合っていける関係でいいんでは。

川さんは前回から男をあげましたが
菜月もややもちなおした・・でしょうか。
最後まであざとかったけど。
すぐさま宇都宮さんにいくあたりがさすがです。

最初、少々鼻についた麻衣もいいキャラでした。
秀治は一生尻にしかれそうだけど幸せになりそう。

ちなみにフレンチトーストの作り方の記事へのアクセスは
ドラマ感想本編より多いです。
そういう話題をつくりだしてしまうのも
ドラマが人気だからでしょう。

直輝の フレンチトーストレシピはこちら


次の月9も楽しみにしてます(^^)
水嶋ヒロくんを!


上矢直輝 … 山下智久
白河莉子 … 北川景子
七海菜月 … 相武紗季
海老名麻衣 … 貫地谷しほり
秦野秀治 … 溝端淳平
代々木 廉 … 金子ノブアキ
守口修斗 … 青木崇高
春日部良夫 … 金田 哲(はんにゃ)
松山亮介 … 川島章良(はんにゃ)
上矢優里 … 大政 絢
佐伯佳織 … 綾那
小瀬陽一 … 加藤慶祐
金沢しおん … 小松彩夏
足利国光 … 小木茂光

宇都宮 透 … 永井 大
上矢真希子 … 真矢みき
川崎智哉 … 伊藤英明


*SALE*【RUSS-K】RUSS−KブザービートTシャツA メンズ
*SALE*【RUSS-K】RUSS−KブザービートTシャツA メンズ

*SALE*【RUSS-K】RUSS−KブザービートTシャツB メンズ
*SALE*【RUSS-K】RUSS−KブザービートTシャツB メンズ

ブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~ DVD-BOX




2009.09.21 Monday 23:28 | comments(4) | trackbacks(18) | 
<< 美少女戦士セーラームーン 第15話 うさぎアセる!レイちゃん初デート | main | オトメン(乙男) 第7話 >>
けろりん (2009/09/22 4:52 AM)
honeyさん、こんばんはー!

本当、全く不安がないお話でしたよね^^
「ラストは直輝のブザービートで勝利!そして莉子とハッピーエンド」と、誰もが思いながら見ていたはず(笑)。

その不安がない部分も、またよかったのかもしれないですねえ。

菜月の舌打ち、びっくりしませんでした(笑)?
若菜さんかよ!みたいな。
菜月も、ラストいい感じだったけれど、確かに光の速さでしたねえ、宇都宮さんに行くの(笑)。

麻衣と秀治もよかったし、どこをとってもハッピーエンドで、やっぱりドラマはこうでなくっちゃ、と思いました〜。
フィクションなんだから、あまり世知辛いのもねえ(笑)。

フレンチトースト、そんなにアクセスありますか!
私も参考にさせてもらいましたしねえ。
あ、うちの記事で勝手にリンク貼らせてもらっちゃったのですが、差し支えがあったら言ってくださいね〜。
ありそうでない、レシピの記事だったので、つい。

あのレシピは今後も私、活用しまくりです。

直輝はとにかくかっこよかったですね。
でも来週からはやっぱりヒロくんで(笑)盛上がりましょう(笑)。
honey (2009/09/22 7:24 AM)
けろりんさん、こんにちはー。

まったく疑いませんよね、ハッピーエンド。
ブザービートの話を川崎さんがしていた時点で
「直輝がブザービートきめておわるんだね〜」という
会話がかさわれておりました。

舌打ちね、菜月、前もけっこうしてるんですよ。
セリフひろってると、直輝にいらっとして
小さくチっていうのが前はよくありました。
ブログの記事とかでたまにつかうけど
現実にはあんまり言わないような気がするんだけど
若菜さんといいはやってるんですかねえ。
態度の悪さをあらわすにはいいけど。
でもきもちいいくらいウツさんに切り替えましたよね。

フレンチトーストレシピ、今のところ今月の1位を驀進中です。
ドラマ感想も全話(今月分)上位だし。
リンク、全く問題ないですよ〜。
うちもつくらなきゃと思うけど生クリームが
ないので、ケーキ作るついでに生クリームをちょっと
かりようかとそのままになってます。

小栗旬&水嶋ヒロ、楽しそうです〜(^^)
でもたぶん来週じゃなく10月からかも。


まぁちゃん (2009/09/23 5:47 PM)
最終回を見逃してしまい、『YOUTUBE』を見ても全部見れるわけでもなくどうしようか悩んでるときにこれを見て、なんとなぁく、シーンを思い浮かべながら呼んでました。ありがとうございます。
honey (2009/09/23 7:48 PM)
まぁちゃんさん、こんばんは。

お役にたててよかったです。
再放送あるといいですね。









ブザー・ビート 最終回
恋愛はファンタジーぢゃないかもしれないけれど,このお話はファンタジーだったということでおk?(笑) すれ違いや優柔不断も若者らしさなのかもしれないけれど,殺しても死なないうちに出来ることはしておくべきだと,オヂサンは強く思う。
| きゃんずぶろぐ | 2009/09/21 11:32 PM |
ドラマ「ブザー・ビート」第11話(最終回)
最後の最後まであきらめない---------!!「離れていても、莉子がいると思うと強くなれる」色々あった「ブザー・ビート」も最終回。どんなラストを迎えるか、本当楽しみでした!!あれから2週間後。莉子は・・・明日軽井沢に行く事になったよう。今まで甘えていた自分。
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/09/21 11:40 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終回 感想
『最終回拡大75分SP完結編!!…旅立ち』
| ぐ〜たらにっき | 2009/09/21 11:41 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終話:最終回拡大75分SP完結編!!…旅立ち
勝った〜!゚・*:.。.☆(v≧∇≦)八(≧∇≦〃)vヤッタネ☆.。.:*・゚ JCアークスが優勝するとわかっちゃいたけど、ドキドキしたぁ〜{/ee_3/} 離れ離れだった直輝と莉子の絆も、しかと結ばれめでたしめでたし{/onpu/} んがっ、あの喧騒の中でチュウて・・・{/hiyo_sho
| あるがまま・・・ | 2009/09/21 11:44 PM |
フジテレビ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー」第11話(最終回):最終回拡大75分スペシャル完結編!! …旅立ち
最終回のサブタイトルは、物語の結末が目に浮かぶ「旅立ち」。果たして、その結末はいかに? その通りの展開とエンディングでした。
| 伊達でございます! | 2009/09/21 11:50 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終話
莉子(北川景子)は長野・軽井沢にたつ前日、音楽に集中するため携帯電話を解約する。 麻衣(貫地谷しほり)はそんな莉子の行動に驚いていた。 莉...
| 日々緩々。 | 2009/09/21 11:50 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第11話(最終回)Lo...
『最終回拡大75分SP完結編!!…旅立ち』内容莉子(北川景子)の夢のため、莉子と離れることを決めた直輝(山下智久)。チームメイトが練習をする中、直輝はリハビリの日々を送っていた。やがて、軽井沢に発つ前。。。莉子、アルバイト最後の日。店長に小牧祐介(川
| レベル999のマニアな講義 | 2009/09/21 11:53 PM |
ブザー・ビート(第11話⇒最終回!)
最後くらい、フルでオープニングを見せて欲しかったけれど。。 まぁ無理だろうなぁ、という予感はしていましたが。。 「中途半端な気持ちなら音楽なんかやるな!」か。。 だからって、何もこのご時世にケータイ解約までしなくても&#63916; 本気でやるなら、邪念は
| 霞の気まぐれ日記 | 2009/09/21 11:56 PM |
【ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜】第11話 最終回
直輝はリハビリの日々を送っていた。頭に浮かぶのは別れた日の莉子。最後の最後まで諦めないって約束したもんね。私も、強くなる。莉子は携帯を捨てた。音楽に打ち込むために。旅立つ日、莉子はいつも直輝と会っていたあの広場の看板に、大きく字が書いてあるのを見つけ
| 見取り八段・実0段 | 2009/09/22 12:05 AM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終話 感想
とても最終回らしい最終回で、見応えありましたわ〜^^
| けろりん的ひとりごと | 2009/09/22 4:42 AM |
【ブザー・ビート】最終話感想と視聴率
【最終話の視聴率は、連休明けに追加で書きます】最後は決勝戦、直輝のブザー・ビートで勝ちました♪予想通りでした♪でも、ちゃんと廉からのパスでしたね。それは大きな意味があったと思います♪怪我も乗り越え、恋愛の三角関係も乗り超えて、いいチームワークで、アー
| ショコラの日記帳 | 2009/09/22 9:15 AM |
月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』最終話★ブラック相武降参!ハッピーエンド!!
月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』最終話  ああなると分かってても、ブザー・ビートが決まってハッピーな気分!! 【 サプリを家に 】  直輝(山下智久)が帰宅  母・真希子(真矢みき)「菜月ちゃんがさっき家に寄って届けてくれたの」  菜月
| 子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ | 2009/09/22 12:57 PM |
ブザー・ビート 最終回
JCアークスの優勝をかけた決勝戦。 軽井沢から駆けつけた莉子が直輝に向かって叫ぶ。 フリースローが入って2点差。 そして、直輝のブザ...
| 塩ひとつまみ | 2009/09/22 2:46 PM |
ブザー・ビート (最終回)
フジテレビ系列で毎週月曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』は、昨日、最終回(第11話)を迎えました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/09/22 8:16 PM |
《ブザー・ビート》★最終話
開幕まであと3日に迫った。川崎は全員を集めてもう一度手綱を締めた。 俺たちアークスが目指すものは 優勝すること 皆の頑張りの横で直輝は、なかなかすぐには回復しない自分の足首に耐えてリハビリの毎日を送っていた。
| まぁ、お茶でも | 2009/09/22 9:33 PM |
ブザービート(最終回)
終わってしまいましたネー「ブザービート」以前にも日記で話題にしましたが、白河莉子役の北川景子が気になってしまい、元カノを演じる相武紗希が嫌な女に見えてしまい、ドラマを見続けてしまいました。バスケットを題材にしたドラマって珍しいと思いますが、かなりハー
| R(らーめん?)指定 ゼロマルーム | 2009/09/23 12:08 AM |
あなたの願いは私には叶わない(相武紗季)自分の幸せを願うのはわがままじゃないのよ(北川景子)最後のブザー・ビート(山下智久)
愛って残酷よね・・・だけど愛さずにはいられない。 見事につらぬかれた主題である。
| キッドのブログinココログ | 2009/09/23 1:04 AM |
『ブザー・ビート』 最終回
「イチブトゼンブ」のスローバージョンがいいですね〜♪予想通り、1年後へ飛んだものの、すんなりと二人を結んではくれません。ここがまた今までとは違うドラマ展開ですね〜。今の時代、電話を使えなくするって無理がありますしね〜。何もケイタイを解約しなくても〜。
| 美容師は見た… | 2009/09/23 1:15 AM |