<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

小公女セイラ 第1話

第1話

幼い頃に母親を亡くした 黒田セイラ (志田未来) は、
実業家の父親・黒田龍之介 (谷中敦) にインドで育てられた。
娘の教育のことを考えた父は、セイラが高校生になる際に
ひとりで日本に帰国させ、セイラの母が通っていた
全寮制のミレニウス女学院に入学させることにした。
裕福な家庭を自慢することもなく、誰に対しても
分け隔てなく優しく接するセイラは、学院内でも
多くの友達を得る。
学院の使用人である 三浦カイト (林遣都) も
そんなセイラに心を寄せる一人だった。

一方で学院長・三村千恵子 (樋口可南子) は、
寄付金の額によって生徒の待遇を変えるような人間だった。
黒田家の莫大な財産を背景にしたセイラを入学当初から
特別待遇で扱ったが、セイラの天真爛漫な態度に
自分のコンプレックスをことごとく刺激され、
不愉快な思いをしていた。

そんなある日、学院全体で行われたセイラ16歳の
誕生日を祝うパーティーの最中、セイラは院長から
信じ難い報告を受ける…。



はじまりはインドから。
リムジンに乗って移動するセイラ。
インドの街中には牛や猿が・・。

おうちは豪邸。

庭にはゾウがいる!!!


ゾウがペットってすごすぎ。
使用人もいっぱい。
母の写真にただいまをいってから
子どもたちにシンデレラのよみきかせを
するセイラ。
セイラの朗読に涙する子どもたち。

「大丈夫!今は悲しくても

 最後はちゃんと幸せになるから」


使用人も立ち聞きしてもらい泣き・・・。

夜はお父様と食事。
お父様は最近忙しそう。
セイラに決心がついたかと尋ねる父に
お母様の卒業した日本の学校で勉強して
立派なレディーになって帰ってくると約束しました。

使用人のアリーシャに自分の靴をあげ
遠慮するアリーシャに
「女の子はね 誰でもプリンセスなのよ」

私なんかって言っちゃだめというセイラ。
日本に行くのはほんとはさびしいけど
悲しい顔をしていたら素敵な女性にはなれない
と胸をはりました。

母のアルバムをみて、想いをはせるセイラ。

そして日本。

やまほどの買い物をさげながら歩くカイト。
お金持ちの生徒の捨てた参考書をみつめます。

学院長はセイラの書類と、セイラ母とともに
うつった写真をみてため息。
美しいセイラ母とくらべて地味な学院長。
妹の笑美子はお菓子を食べようとして
姉の視線を感じやめました。が匂いだけかぐ!
学院長またため息。

インドではゾウや使用人にお別れをいうセイラ。
一人ひとりの名前をよんで一人ずつ言葉をかける
優しいお嬢様セイラ。
みんな悲しくて泣いてますが、
アリーシャは胸をはってお別れ。

父の車ででかけます。

ゾウも鼻をふってお別れ!!

ミレニウス女学院。

カイトは小沼にこきつかわれていました。
その妻 日出子もカイトには冷たい。
セイラの荷物を部屋へ運ぶカイト。

学院長に、セイラの荷物がどれだけ豪華か話す
笑美子に、学院長、そっけない。
ミレニウス女学院の経営危機を救ってくれる
セイラを喜ぶ笑美子ですが、
学院長の表情は固い。
必死で姉のご機嫌をとる妹。

セイラの父の寄付があって危機がしのげるのは
本当だから、特別扱いもするそうで
伝統あるこの学園を私がつぶすわけにはいかない
という学院長。

セイラがインドに住んでいて
お父様はダイヤモンド鉱山をもっていて
成績も抜群と、噂になっていました。
そんな中、これまた不機嫌そうな真里亜。
まさみはいじめられ系か単なるドジっ娘か。

お父様といっしょに学院へやってきたセイラ。
学院長はにこやかに迎えました。

セイラは笑美子に学院を案内してもらいます。
セイラの部屋は天蓋月ベッドに
家具も新調したという特別な部屋だと強調。

一度も父から離れて暮らしたことのない
セイラを心配してあれこれ注文をつけたらしい父。
セイラの母と学院長は同級生。
妻がいつも「女の子は誰でもプリンセスだ」
といっていたと話す父。

カイトとすれ違うセイラ。
カイトは小間使いだと説明する笑美子。
そのあと教室へセイラをつれていくと
ちょうど授業がおわり、あっというまに
セイラのまわりに人だかり。

真里亜、不機嫌そうにたちあがり
まさみの落としたペンを拾おうとしている手を
ふみつけました。
まさみを気遣うセイラに
真里亜が

「あなたが最初に名前をおぼえたのは

 私だと思うの」


とすすみでて自己紹介。
真里亜のリボンをむすびなおしてあげるセイラに
クラスメイトは感心し
真里亜も表向きにっこり。

父と別れるセイラ。

自分を高く設定するんだというのが
父のおしえ。

父に十字架のネックレスをプレゼントし
自分のいない間、危険な場所にはいかないで
と約束し、別れました。

小沼夫妻は毎日不満そう。
そのうっぷんをカイトに向けているようです。
カイトは定時制高校に通いたいと
お願いしますが相手にしてもらえません。
給料前借してもう田舎におくってしまったらしい。

学院長は今日も不機嫌。
あいかわらず姉に遠慮がちな笑美子は
姉のいない部屋へ戻ってから
本棚の奥に隠してあるお酒で
気をまぎらわします。

「く〜〜〜〜

 これがなきゃやってらんないわよ!!」


眠れなくて夜中におきてきたセイラ。
壁にはってあった写真に母を見つけて微笑みます。

物音をきいてそちらへいくと
カイトが黒板にチョークで英文を書いていました。
それを読み上げるカイト。そして和訳。

「すご〜い」とセイラが声をかけると

大慌てで黒板を消し掃除道具を持って
でていきました。

カイトの部屋は蜘蛛の巣のはった屋根裏部屋。
前に学生たちが捨てていった問題集を
やっぱりひろていました。

穴からでてきたネズミに
パンをちぎって与えるカイト。

ファンタジーーー

翌朝、食堂におりていくセイラ。
真里亜だけ表情が硬い。
学院長たちもはいってきてみんなで朝食。

みなさん、お上品。
そんな中、フォークがうまくつかえないまさみ。
セイラが、お手本をみせてあげ
まさみがそのとおりにしてうまく食べられました。

授業中も優秀さを発揮するセイラ。
英語、数学、地理、世界史、古典まで完璧。

このままではクラスの成績ナンバー1の危機と
バッジをにぎりしめる真里亜をみつめる学院長。

フランス語の授業は自分には必要じゃないのでは
というセイラを頭ごなしに注意する学院長。
口答えも許さない。
そこへ亜蘭先生が登場。

セイラが教科書を読まされますが
もちろん完璧。
みんなびっくり。
幼いころから家庭教師にフランス語を習っていたそうで
気を悪くする院長。
亜蘭先生がフォローしますが
すでにならっていたからといって
必要がないというのはまちがっているといって
でていってしまいました。
亜蘭先生はセイラに補助をしてもらいたいと
フランス語の一番苦手な生徒について
おしえてくれるようたのみ、立候補した
まさみのそばへいくセイラ。
まさみ、大喜び。

「同じだ。あの人と。同じだわ」

とつぶやく学院長。

ひとりガリ勉している学院長に
「私なんかって言っちゃだめよ」といい
セイラと同じくリボンを結び

「女の子はね、誰でもプリンセス・・」

「苦手だ!」

と回想をやめる院長。怖!

亜蘭先生はセイラのことを心配しますが
自分は学園のことにはかかわらないことに
していると話します。
フランス語でかわされるその会話をきいて
みんなはますますうっとり。
まさみはセイラの信奉者となり

セイラに一生ついていく発言まで!

真里亜はますますおもしろくなさそう。
亜蘭先生はセイラのことを気にしているようで・・。

亜蘭先生は正体不明で謎で都市伝説みたいに
いろんなうわさがあるそうで
パジャマを着てお菓子を食べながら
もりあがる生徒たち。
亜蘭先生、ゲイだとか実は女だとか
言われたい放題。

時計をみたセイラ。
カイトが掃除にいくと黒板のところに
シェイクスピアの小説がセイラからの
カードつきでおいてありました。

みんなの輪にくわわらず、セイラのことを
考えている真里亜。

真里亜の本名はひろこ、
父はやや頭がうすいおじさんで
母も小太り・・。
素敵なお父様を持つセイラがとことん気に食わない。
学園で一番になることを目指して
学院にやってきたらしい。

インドの神さまガネーシャの話をきかせるセイラ。
けっこう怖い神話に驚くクラスメイトたち。

そこへはいってきた真里亜たち。
学院に入る時には儀式みたいなものがあり
それを乗り越えた時初めて
ミレニウス女学院の生徒として、
仲間として認められるという真里亜。

それは誰にもみつからないよう
全員分の朝食をつくること。
何もしらずにそれを食べた院長が
「いつもよりおいしいわ」といわないとダメで
誰も手伝いすることもダメ。

それをしたら真里亜ともお友達になれるのね、
とセイラはやる気。
心配するまさみに何もいわせず

「がんばるわ」というセイラ。

真夜中、セイラはひとりで厨房にいき
料理をつくりはじめました。
インドの家にいたときにきいた
隠し味のしょうゆをいれてます!

そこへやってきたカイトに事情をはなし
一人でやるというセイラ。

「女子でも 売られたケンカは買うべきでしょ」

小沼さんのことは大丈夫、と
小沼がかくしているバターの場所もおしえます。

またよみおわったら本をかすというセイラ。

「だって 本は読みたいと思う人のために

 あるんだもの」


カイトはこっそり小沼の部屋へいき目覚ましを操作。

みんなが食堂へいくと
朝食が全部できていました。
感嘆する生徒たち。

「今日はなんかいいにおい〜」

という笑美子のおなかがなりました。

院長に視線が集中。

「あら おいしい〜。ね お姉さま」

学院長も一口。

「あら いつもの朝食よりもおいしいわね

 今日は」


生徒たちが拍手しました。

カイトも盗みみしていて小さくガッツポーズ。
小沼たちは目を白黒。

「約束よ 真里亜さん

 お友達になりましょう」


セイラのさしだした手を握る真里亜。

小沼に今朝の朝食をほめる学院長。
小沼はそのあとカイトをといつめようとしますが
そこへセイラが入ってきて
勝手に厨房をつかったことをあやまりました。

セイラの朝食のほうがおいしかったといわれ
あたりちらす小沼。
夫婦喧嘩に発展。

院長に呼ばれたセイラ。
セイラの父から
盛大にセイラの誕生日パーティーを開いてほしいと
たのまれていたそうで、セイラのお誕生日パーティーを
開くという院長。

笑美子はセイラがお気に入りですが
学院長は、あの子が来てから片頭痛もするし
悪魔みたいだとひどい言葉。
さらには笑美子のことも悪魔よばわり。
姉がいなければ何ひとつきめられないのだから
口ごたえするなと命令。

笑美子、またお酒でうっぷん晴らし。
学院長のあだ名が鉄仮面とか
男に縁がないとか悪口をいいながら
よっぱらい。
ぬいぐるみの首をかわりにしめました。

インドではゾウのなきごえ・・・。

セイラのお誕生日パーティー。

ケーキが三段がさね!

白いドレスを着てあらわれた

ミレニウス女学院のプリンセス セイラ。


生徒たちが拍手でむかえます。

誕生日パーティーの料理のしたくで
真っ白に燃え尽きた小沼。
きこえてくるハッピーバースデーを
口ずさむカイト。
そこへ電話が・・。

セイラに、父からあずかっていたという
プレゼントをわたす学院長。

ダイヤモンドのネックレス。

そこへはいってきた小沼の妻によばれ
学院長は電話にでて、
怖い顔でもどってきました。

「悪魔め・・

 中止です!

 こんなくだらないパーティーは中止です!」


テーブルの上をめちゃめちゃにし
セイラをよび捨てにして
院長室にこいという学院長。

みんなは院長室の外で立ち聞き。

「あなたのお父様は

 ダイヤモンド鉱山の事故で亡くなりました」


嘘です、と信じないセイラに
嘘ではないという学院長。
その事故は父の会社の責任で
父の財産は凍結され
セイラのためにつかったお金ももらえず
寄付もなかったことに。

「あなたの顔はみたくありません!

 この部屋からでていきなさい!」


セイラは部屋を飛び出し、自分の部屋へ・・。

今晩一晩そっとしておいてあげましょうという笑美子。
セイラは自分の部屋で家族の写真をみつめます。

「嘘よ 絶対嘘

 私は信じない

 だから 泣いたりしない」


翌朝・・そのまま眠れずにいたセイラ。
ノックがして学院長がはいってきました。

セイラには父以外身寄りがないそうで
セイラにはここから即刻出ていくよういわれますが
自分たちは教育者なので、無一文のセイラを
おいだすわけにはいかない、
ただし、生徒ではなく学院の下働きとして
ここにいてもいいという院長。

今日から屋根裏部屋で暮らし
服も、プレゼントのネックレスも
何もかもかえすよういい、
いますぐこれにきがえなさいと
服をなげました。

「あなたはもうプリンセスではないのよ」

「いいえ、院長先生。
 
 それは違います。

 たとえどんな境遇になっても

 女の子は誰でもプリンセス」


セイラ、ひっぱたかれました。

その言葉はききたくないと
ヒステリックに叫ぶ院長。

セイラは地味な黒い服に着替えて
お手伝いのために厨房へ。

小沼さんとカイトに挨拶をしますが
小沼夫妻は最初から厳しい。

気にするカイトにも注意する小沼。

エプロンをしめ食事を運ぶセイラを見て
驚く生徒たち。

セイラはパンをくばっていると

「なんかくさくない?

 お食事がまずくなるから

 早くでていってくれる?」


と意地悪な真里亜。

皿洗いするセイラをいびる小沼。

廊下の拭き掃除をするセイラに
道具の使い方をおしえてくれるカイト。

アイロンがけ
じゃがいもの皮むきとこきつかわれ
手伝おうとするカイトをしかりつける小沼。

夜遅く厨房にいくともうセイラのぶんの夕食は
ないといわれてしまいました。

カイトとともに屋根裏部屋にあがるセイラ。
カイトがおつかれさま、と
こっそりとっておいてくれたパンを
わたしてくれました。

部屋へ入るとまっくら。
灯りは裸電球一個・・・。

粗末なベッドに、ひびのはいった鏡。

もらったパンをかじるセイラ。

「まだ起きてる?」とカイトの声。

「はい」

合図決めようといわれます。

「1回は お疲れさま」

「2回は がんばろう」

「3回は 大丈夫?」

「大丈夫だったら3回かえす」

「4回は おやすみ」


4回壁をたたくふたり。

「おやすみ。

 ありがとう カイトくん」


翌朝も暗いうちから朝食の準備。
うっかり皿を割ってしまい怒られました。

他のみんなが勉強している間にも家事。

夜、お疲れさまの合図をして
パンをかじっていると

ネズミがやってきました。

「こんばんは。

 親子なのね。よろしくね」


「そっちいったか」と笑顔のカイト。

ネズミにじっとみつめられ

「いっしょに食べましょう」

とパンをわけてあげるセイラ。

そこへはいってきた学院長。

「あなたは 信じないといっていたわね。

 父親が死んだということを」

「これが 今日届きました」


とわたした封筒には
セイラが別れ際にプレゼントしたネックレスが
黒こげになって形もまがってしまったものが
はいっていました。

それをみて泣き出すセイラ。
心配して声をかけるカイト。




最初、小公女をドラマ化するときいたときには
(しかもスペシャルじゃなく連ドラ!)
てっきりネタだと思ったのですが
まさか本当だったとは。
しかも現代の日本を舞台に!!

思いきりネタドラマとして楽しむ気でみたら
志田未来ちゃんが演技派なもので
ちゃんとドラマになってて
けっこう真剣にみてしまいまいました。

とはいうものの、ところどころ
ファンタジ〜。
いきなりインドでゾウを飼っている
大金持ちの日本人のお嬢様とか
屋根裏部屋に遊びにくるネズミとか
あんな学校、日本にあるかー!とか
労働基準法はどうなってるんだとか・・。

ファンタジーだからネズミが魔法使いのおばあさん
よんできてくれてもいいよ・・・。

来週もみまーす(^O^)
(もうつぎのサムライハイスクールもはじまってしまった!)



黒田セイラ … 志田未来
三浦カイト … 林 遣都
亜蘭由紀夫 … 田辺誠一
 
東海林まさみ … 岡本杏理
水島かをり … 忽那汐里
武田真里亜 … 小島藤子

黒田龍之介 … 谷中 敦
黒田薫子 … 黒川智花
小沼誠一郎 … 大和田伸也
小沼日出子 … 広岡由里子
 
三村笑美子 … 斉藤由貴
三村千恵子 … 樋口可南子


2009.10.17 Saturday 21:10 | comments(5) | trackbacks(12) | 
<< クイック・ジャパン86 | main | サムライ・ハイスクール 第1話 >>
千里 (2009/10/17 11:44 PM)
お久しぶりです★
JUGEMに移転されたんですね(´・ω・`)
あたしもJUGEMやってますw

小公女セイラ見ました☆
原作読んだことあるんですけど泣けました(´Д`)
新しい訳本買おうかと
思ってます(*´∇`*)
ファンタジーですよねっ笑

明日は仮面ライダーWですね♪
では,お邪魔しましたぁ★
honey (2009/10/17 11:48 PM)
千里さん、こんばんは。

移転したというかロリボブログがジュゲムに移行したので
URLはそのままなんですけど、中身がジュゲムで
なかなかなれません。
上にはりつけたおすすめ商品もほんとは下にはりたいんですが
いったいどうしたらできるのかわからない・・。

セイラ、昔、児童書で読んだの以外では
やはりアニメの印象が強いです。
今からしばらくいじめられターンですねえ。

W、楽しみです(^^)
くう (2009/10/17 11:54 PM)
こんばんわ〜♪
私も象が3頭もペットって凄いと思いましたわ〜。。。
全部で何トンえさ食べるんだろ〜とか、現実的な
事ばかり考えちゃう、すでに少女小説の世界とは
かけ離れた自分^^;
大人になるって悲しい事ねっ!

志田ちゃんの1人舞台みたいな感じの1話目でしたが、
何となく見続けると思います。
今後の展開から結末まで原作通りっぽい予感がしますね^^;
けろりん (2009/10/18 5:06 AM)
こんばんは、honeyさん!

ホント、ファンタジー以外何ものでもないですよねえ(笑)。
さすがにねずみが出て来た時には「おいおい」と思いましたが、なんとなく「あり」になってしまうのがすごいです。

大抵のツッコむべきところも、普通に観られてしまいそうですね、これ。
「ファンタジーだからな」と頭で思いながら観られるからかな。

確かに、ネタっぽいのに志田未来ちゃんのおかげで本格的になっていますね(笑)。
あのキャラが嫌味なく演じられるというのはすごいな、と思います。
ドレス姿も可愛かったですしね〜。

んで、彼女らにはイケメン執事はついていないのですかねえ…。
honey (2009/10/18 12:36 PM)
>くうさん
 
 こんにちは〜。

 ゾウもかえる大金持ちっていう設定なんですよね〜。
 ありえなさすぎてすごいです。
 しかも日本人設定で。
 
 今からきっといじめにあうのですよね。
 あーなんか目に浮かぶ・・・。
 でも私もみますよー。
 
>けろりんさん

 こんにちは〜。

 ネズミが二匹並んでエサもらってるとか
 もう、完璧にファンタジーです。
 でも志田未来ちゃんのおかげで
 学芸会にはなってないという・・。

 執事!ほしいですよね。ほんと。
 お嬢様なんだから幼少のころからひとり専属で
 ついてなきゃ。









【新】小公女セイラ 「みんなが涙した世界の名作!大金持ちのお嬢様が召使いに…泣いたりしない。だって女の子は誰でもプリンセスなんだから…どんな逆境にも強く正しい姿に家族揃って感動して下さい」
幼い頃に母を亡くした黒田セイラ(志田未来)は実業家の父親・黒田龍之介(谷中敦)にインドで育てられていたが、日本で母と同じ全寮制の高校に通うことになり…。 日本に帰国したセイラは全寮制のミレニウス女学院に入学することに。裕福な家庭を自慢することもなく
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2009/10/17 11:07 PM |
「小公女セイラ」 第1回
 さて・・・どんなもんでしょ・・・ ちょっと第1回見ただけじゃ何とも言えない感じかな〜  でも、志田未来ちゃんは、さすがでしたわ・・・ こういう性格がよくて前向きなキャラって鼻につくもんだけど、ほどよい感じで抑えてちゃんと計算して演じてるるな〜って思
| トリ猫家族 | 2009/10/17 11:27 PM |
【サムライ・ハイスクール】第1話と【小公女セイラ】ちょびっと
簡単感想のみで。NHK大河「天地人」で真田幸村を演じている城田優がオドオドした弱っち〜役で〜。。。先祖がその真田幸村に仕えていたと言うチャラチャラした高校生・望月小太郎を三浦春馬が演じているって言う。。。その構図が、大河を見ている者としては、何だか可笑
| 見取り八段・実0段 | 2009/10/17 11:28 PM |
小公女セイラ 第1話:
みんなが涙した世界の名作! 大金持ちのお嬢様が召使いに…泣いたりしない。 だって女の子は誰でもプリンセスなんだから… どんな逆境にも強く正しい姿に家族揃って感動して下さい ベタよのぉ〜 ̄m ̄ ふふ 小公女って、こんなお話だったんだ〜{/face2_grin_s/}だけど
| あるがまま・・・ | 2009/10/17 11:39 PM |
女王の学院〜16才のプリンセスを誰も守ってくれない(小公女セイラ#1)
水嶋ヒロの合コン現場に潜入!(『東京DOGS』エキストラレポート)&2009秋ドラマ、何見よう?『小公女セイラ』  「プレミアムブログ」 「スタッフブログ」女の子はね、誰でもプリンセスなのよ。ポニーテールに黒縁メガネ、そしてツインテール・・・高校生になって、
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/10/17 11:59 PM |
小公女セイラ 1話 感想
なんでしょう、この普通に小公女なのは(笑)。 でも、なかなか面白かったんだよね〜。
| けろりん的ひとりごと | 2009/10/18 5:06 AM |
TBS「小公女セイラ(新番組)」第1話:みんなが涙した世界の名作! 大金持ちのお嬢様が召使に… 泣いたりしない。だって女の子は誰でもプリンセスだから… どんな逆境にも強く正しい姿に家族揃って感動して下さい
原作に対するドラマの位置づけとしては、日本テレビ「家なき子」のようなスタンスを狙っているのでしょうか。それとも、あくまで、物語の舞台を今に持ってきただけ?
| 伊達でございます! | 2009/10/18 7:29 AM |
志田未来の「小公女セイラ」第1話★ちょっと長かったなか・・・
「小公女セイラ」第1話  はずかしながら、『女王の教室』以来の志田未来ちゃんファンなので、楽しみにしていたのですが・・・。 【 ゆっくり、じっくり 】  初回”2時間SP”だから、時間がたっぷりあるせいか、インドの場面にけっこう時間をかけたりして
| コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ | 2009/10/18 9:39 AM |
小公女サムライ
「小公女セイラ」と, 「サムライソウル」の初回の感想 
| Akira's VOICE | 2009/10/18 10:52 AM |
小公女セイラ
 本日見たTVは「小公女セイラ」です。「世界名作劇場」としてアニメ化された少女文学を現代日本に置き換えたドラマということで視聴。 主人公のセイラはインド暮らしが長かったが、父はセイラを立派なレディにするという思いから亡き母が通っていた寮制の女学院に入学
| COLONYの裏側 | 2009/10/18 12:11 PM |
小公女セイラ:第1話
「女の子は誰でもプリンセスなのよ」 始まったあああああああ。 というわけで、最近テレビドラマはめっきりご無沙汰でした。 前クールはブザー・ビートに期待したものの、あまり盛り...
| 日常の穴 | 2009/10/18 2:09 PM |
小公女セイラ (志田未来さん)
◆志田未来さん(のつもり) 志田未来さんは、TBS系列の毎週土曜よる8時枠で放送されている連続ドラマ『小公女セイラ』に黒田セイラ 役で出演しています。先週は第1話が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/10/21 12:02 AM |