<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ダイヤのA 18巻

[ マンガ ]
ダイヤのA 18巻
ネタバレ感想につきご注意

稲実と青道の西東京地区大会決勝戦。

決勝戦前夜のそれぞれの光景も描かれます。
沢村くんがなんだかんだと先輩たちに
かわいがられてる。
降谷君は眠そうで目がシパシパ。(イメージどおり^^;)

月をながめながらの、みんなを甲子園に
つれてってやりたいという監督の言葉も
胸にひびきます。

対する稲実。
この裸で空をみあげてる人はなんなの?と
ぎょっとしましたが、
あとからでてきたカルロスのキャラ紹介に
「寮の中ですぐ全裸になる」
と書いてあったので納得・・・。

エースの成宮くんはめずらしく緊張した様子で
いつも試合前はこうなのか?

そして決勝戦。
青道が先攻で先発は降谷くん。

御幸くんはみんなとチームメイトだったわけではなくて
成宮くんが各チームから集めたメンバーとともに
強いチームをつくろうとさそわれていたのに
その強いチームを倒す方がいいと断っていたという
過去が。
すごい自信というかなんというか。
もともと天才肌なところがあるので
御幸くんが必死なところをみたことないけど
いつか全力でもがく姿も見てみたいきがします。
まだまだ力を隠し持っていそうだし。

そのあとは実に丁寧な試合描写です。

倉持くんが粘ってフォアボール
そして決勝でも攻める姿勢で盗塁成功。
小湊兄が難なく送りバント。
伊佐敷君の気合で(気合で落ちたようにみえた)
まず1点先取。

でも次の4番結城くんをきっちりおさえる
エース成宮くんでした。

1回裏、プレッシャーもまったくなさそうな
(バックの先輩たちを信頼して)
降谷くんが最初から調子いい。
怪物の名がますます定着しそうな
勢いのある球で次々三振を奪取。
成宮くんをも三振にとりました。

2回以降は成宮くんにおさえられている
青道打線ですが、結城君のときだけ本気で
あとはあきらかに押さえて投げている事に
ベンチも気づきます。

4回裏、降谷くんがカルロスにフォアボール
次は送りバントで3番の吉沢くんには
バックを信頼して投げ、先輩たちがみごとに
期待にこたえてくれました。

でも2アウトだけどまだランナーは2塁で続く。

向こうの監督の顔が
どんどん恐ろしくなっていくのが笑えました。




先制点はとったもののここから
またピンチかと思うと次が楽しみなような
怖いような。
このまますんなりとはいかないだろうし。
試合途中だと次が気になって気になって。


2009.11.17 Tuesday 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-2nd season」 | main | ライアーゲームシーズン2  第2話「ついに秋山登場」 >>