<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リアル・クローズ 第7話

 第7話

美姫(黒木瞳)がヤングカジュアル売り場に
アンテナコーナーを新設するプロジェクトを始動。
そのチームマネージャーに任命された絹恵(香里奈)は、
契約社員ながらチーフとして売り場をまとめる
カリスマ販売員・小西まみ(中別府葵)に出会う。
有能な、まみにプロジェクトの重要な仕事を
任せようとする絹恵。ところが、まみは
契約社員が失敗すればクビを切られかねないと渋り、
仕事を引き受けようとしない。
絹恵はまみとの間に大きな“壁"を感じ始める。
仕事に高い能力を持ちながら、大きなプロジェクトに
関わるチャンスを自ら潰そうとするまみに、
歯がゆさを感じた絹恵は、なおもまみを
説得しようとする。ところが、まみは
そんな絹恵を無神経だと激怒。
絹恵はまみを傷つけてしまったと思い悩む。
そんな中、二人はあることで大ゲンカに・・・



感想のみ

ヤングカジュアルコーナーにいった絹恵を
待っていたのは契約社員のまみ。
最初はひとあたりがよかったけど
契約社員は失敗=失業と
冒険ができなくなっているうえに
なんだか卑屈。

美姫様に注意されて職場で泣くのもどうかと
思いましたが、ひねくれていじけたまみを
フォローしてくれたのは同じ契約社員の凌でした。
それでも生意気な態度なあたりが
さすが契約でも1ショップの看板店員を
つとめるだけはあります。

「自分で自分の限界きめてどうすんの

 契約だからこその自由や可能性がある」


といわれて、美姫様にプレゼン。
エルメスとのミックスコーデを
成功させました。

なんだかんだとハッピーエンドでかたづくあたりが
みていて安心できます。
(絹恵は別れたけど)

百貨店の合併話に田淵の元カノ
凌にも何かありそうで
いろいろもりだくさんですね。
絹恵には恋の気配はゼロだけど
まったく気になりません^^;

今回気になったポイント

美姫様のエルメスのスカーフは11万円。
まみにもらった絹恵のは2980円。

見た目が同じでも見る人がみたら
わかるんでしょうが・・・
ミックスコーデでエルメスのお客様が
シンデレラタウンで買うのはいいとして
シンデレラタウンの子がエルメスほしくても
やっぱ買えないよねえ・・。

あと、田淵、おやつ買いすぎww




2009.11.24 Tuesday 23:03 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< ライアーゲームシーズン2  第3話「華麗なる逆転劇」 | main | 空中ブランコ 第6話「フレンズ 」 >>









ドラマ「リアル・クローズ」第7話「女のバトルと生きる道」
ヤング・カジュアル部門紛争記-------------!! 次はヤングの新企画へと回された絹恵。若い10代に対して百貨店への呼び戻しのためのプロジェクトらしいけど・・・。いまどきの若者の気持ちについていけない感じ。やかましい。わからない言葉。これは色々苦労しそ
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/11/24 11:44 PM |
リアル・クローズ 第7回 感想
『女のバトルと生きる道』
| ぐ〜たらにっき | 2009/11/24 11:58 PM |
リアル・クローズ 第7話:女のバトルと生きる道
過食症?( ̄〜 ̄) モグモグ... 長年付き合った彼女と別れたとは言え、表面的には何の変化もなかったかのような 田渕だったけど、引き出しの中にはおびただしい数のお菓子がっ{/ee_3/}{/face_sup/} 美姫さまがお腹に気をつけるようにと言ってたのは、この事だったの
| あるがまま・・・ | 2009/11/25 12:20 AM |
「リアル・クローズ」第7話
失恋から立ち直った絹恵、今度はカリスマギャル店員と対決!ミックスコーデは成功するのか?!&nbsp;
| fool's aspirin | 2009/11/25 12:42 AM |
リアル・クローズ 第7話 それぞれの生きる道
『女のバトルと生きる道』内容10代をターゲットにしたヤングカジュアルコーナー“マジッククローゼット”美姫(黒木瞳)に、新コーナーのチームマネージャーを命じられた絹恵(香里奈)カリスマ販売員で販売員たちのチーフを務める小西まみ(中別府葵)と出会い、その
| レベル999のマニアな講義 | 2009/11/25 5:30 PM |
フジテレビ「リアル・クローズ(Real Clothes)」第7話:女のバトルと生きる道
コメディタッチの都合のよい展開ながら、うんうんという素敵なセリフと、そうそうという場面の連続。このドラマ、結構ツボです。こういうタイプのドラマ、僕は好きです。
| 伊達でございます! | 2009/11/25 6:47 PM |