<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

小公女セイラ 第7話「誰も盗めない宝物」

第7話「誰も盗めない宝物」

セイラ (志田未来) が、ミレニウス女学院から姿を消した。
セイラが学院に残ることが 鈴村 (安田顕) の寄付金の
条件だったため、千恵子 (樋口可南子) は仕方なく、
カイト (林遣都) にセイラを探して連れ戻すように命令する。

笑美子 (斉藤由貴) は勇気を振り絞り、千恵子に、
今までセイラが学院に与えた恩恵について言及し、
もっと優しい対応をするべきだと言うのだが、
「 私には考えがある 」 と千恵子に却下される。

無事にセイラを見つけ、学院に戻ったカイトは、
千恵子がセイラを学院に残すと決めたことに喜ぶ。
しかし、喜びも束の間。二人が厨房に戻ると、
そこには楽しそうな 小沼夫妻 (大和田伸也・広岡由里子)
と談笑するカイトの幼なじみ・ゆかり (日向千歩) の姿が…。
ゆかりは、冬休みの間だけミレニウス女学院の隣のお屋敷で
メイドのアルバイトを始めたと言うが、本当はカイトを
連れ戻しにやって来たのだ。しかもセイラへの嫉妬心が
バレバレで、事あるごとにセイラを邪魔し、
仕事を台無しにする。そんな二人の様子は、
あっという間に学院中に不穏な空気となって伝わる。

あまりにも激しいゆかりの対抗意識に応じているうちに、
セイラの自分の気持ちをぼんやり意識するようになり、
まさみに 「 恋をしたことがある?」
と尋ねたりして…。

セイラが初恋?
カイトをめぐる三角関係は、
学院に意外な波紋を広げる。




学院をでていったセイラ。
寄付金をもらうために
さがしてつれてかえるようにカイトに
いいつける院長。

笑美子は迷いながらも姉に意見をいいました。
セイラは学院にもう充分なものを
与えているのではないかといい
もう少しセイラに優しくしてあげても
いいんじゃないかといいますが
「私には私の考えがあります」という院長。

セイラもおらず、カイトもいないので
小沼夫妻は大忙し。
そこへやってきた女の子。。

セイラはおなかをすかせながら
歩いていました。
パン屋のショーウィンドウに目をうばわれ
そのあと店の前で500円玉を拾うセイラ。
それをにぎりしめ、店の人に
お金がおちていたというセイラ。

本をかかえたセイラに
まるでおとぎ話にでてくるお姫様みたいだと
パンをわけてくれました。

「おとぎ話ではね
 
 きっとあなたはお姫様なのよ」


物語のおわりにはお姫様になって
このパンやさんのことを幸せにしてくれる
といわれ、お礼を言ってでていくセイラ。

それをみつめる男性。

パンを持っていたセイラの前に

「おねえちゃん・・おなかすいた」

とつぶやく子ども2人。

どこの子ですか、いまの時代に!!

セイラはもらったパンをわけてあげ
子どもは遠慮なく次々に手をのばして
残りはあと1個・・。
それに手をのばすけど、その1個は
セイラにわたしてくれました。

「ありがとう」

といってパンをかじるセイラ。

「おいしいね」

その様子をみているさっきの男。
来栖さまというらしい。

そのあとまたふらふら歩くセイラは
自転車にぶつかりそうになって
転んでしまいました。

雨も降り出し、セイラを探すカイトは
雨宿りをしていたセイラをようやく発見。

セイラは足首をひねってしまったようです。

「帰るぞ」

「だって私」

「戻って来いって」

自分がいるとみんなに迷惑かかるしというセイラに
セイラをさがしてこいといわれて
俺は嬉しかったというカイト。

「一緒に働こう セイラ。

 俺、セイラいないとつまんないよ。

 な、帰ろう」


雨がやみ、カイトがセイラの手をとって
またすぐ放しますが、足をひきずるセイラを
おぶってくれました。

「大丈夫?カイトくん」

「大丈夫だよ。ちっちゃくて軽いし」


院長は、鈴村の寄付の条件の話をセイラに話します。

「あんな小さい子にそこまでさせるとは」

とまるでセイラが路美にいわせたかのような言い方。
さらに、お世話になった院長たちに
挨拶もなしに、黙ってでていったことを
責めました。

ただあやまるセイラ。

「なんかさ

 ちょっとだけ院長先生とセイラと

 似てるなと思った。

 なんていうかさ

 絶対に自分を曲げないところ」


というカイト。

厨房はにぎやかな声。
なんとカイトの幼馴染のゆかりがいました。
小沼さんの肩をもんだり
ものすごく気にいられていました。

裏の屋敷でアルバイトをはじめたそうで
ここへ挨拶にきて、仕事を手伝ってくれたそうで
小沼夫妻がほめまくり。
ゆかりはてみやげにお酒と団子まで
もってきてさらに取り入る気満々。

ゆかりをカイトの部屋につれていき
何しにきたのかというと
カイトをつれもどしにきたというゆかり。
部屋でもさわがしい。
セイラとの秘密の合図にやきもちをやき
ネミィとズミィもでてきました。
ごはんがないというともどっていきました。

まさみにまで挨拶するゆかり。

「こんばんは。

 セイラには負けませんので

 よろしくお願いします」


「誰?」

ほんとに誰?!だよ。。

まさみはセイラのために湿布を
もってきてくれました。
自分の知らないところでいろいろおきてるし
まさみに何もいわずにでていったことを
怒っていましたが、お別れをいうのが
つらかったというと機嫌をなおしました。
でもゆかりのことはムカついているようで
カイトをめぐって三角関係みたいというまさみ。

幽霊・・?じゃなく日出子がうめいていました。
おなかが痛くてつらいようですが
団子の食べすぎ?それともわざと?

厨房ではゆかりが朝食の支度をしていました。
パンの給仕もセイラからむりやりひったくって
自分がするゆかり。

セイラは足をひきずりながらスープを
はこびますが、ゆかりが足をひっかけて
転ばせました。

「もうしわけありません。

 すぐあたらしいものをお持ちします」


とすぐにもってきました。

「いくらなんでも早すぎるんじゃないの?」

「いくらなんでも早すぎるでしょ」

そこへ院長がはいってきて
ゆかりは元気にあいさつし
院長も小沼夫妻からきいたと笑顔。

セイラがせんたくものをもって階段を
おりているとわざとぶつかって
転ばせるゆかり。
選択がおわったあとみてみると
青い色に染まっていました。

料理、まどふき、掃除も
みていておかしいくらい
ゆかりにはりあうセイラ。

頑張れプリンセスと控えめに声援をおくるアラン先生。

もうやめない?とゆかりにいうセイラ。
カイトのことを好きだから
つれもどしにきたというゆかり。

「そして 

 カイトもあなたのことを好きだから。

 あなたは?」


でもこたえないセイラ。
使用人の仕事ではりあっても
カイトにはかんけいないんじゃないかという
セイラですがその「〜かしら?」言葉遣いも
感じ悪いといわれてしまいました。

まさみに恋についてたずねるセイラ。


「どんなかんじなんだろう。
 
 男の人を好きになるって。

 なんかね 胸のここのところが

 ちょっと痛いな〜って」


まだ足をひきずっているセイラから
水差しをうばうゆかり。

生徒たちは集団でゆかりをよびだし
痴話げんかは外でやってくれと忠告。
真里亜が代表生徒として
いわせてもらうと、でていきました。
代表生徒の説明もしたうえで

「学院から消えていただけない?」

とずばり。

「あなたたちのくだらない争いで

 私たちの学院を汚さないで」


「やめません。

 やめませんから。私」


ゆかり、真里亜相手に強い。

ひきだしから宝石のついたブローチを
とりだす真里亜。
院長のものだったようです。
ブローチがないとさがす院長。

ゆかりはそれをゴミ箱に捨て
目撃したセイラ。

朝食の席にあらわれた院長のブローチが
ないことにみな気づきますが
たいしたことないという院長。

こっそり笑みをもらすゆかり。

「あなたなの?」

「さあ」

「さあじゃないわ。

 あなたじゃないの?ゆかりさん」


この学校が大嫌いで吐き気がするというゆかり。
お高くとまってむかつくといい
カイトの待遇もひどいし
セイラだってお金持ちじゃなくなったら
こんなひどい目にあって腹が立たないのというと
それとブローチは関係ないというセイラ。

「あなたにだってあるはずよ

 大切なものが。

 あれは 三村千恵子という人が

 精一杯一生懸命頑張った証なの!

 だからとても大切なの。

 大切なものを大切だと思う心に

 お金持ちも何も関係ないわ!

 かえしなさい!」


「いやだ!」

「返しなさい!」

「いやだっていってるでしょ!」

セイラ、ゆかりをひっぱたきました!!

「わかった?カイト

 あの人は あっち側の人だよ」


姉がどんなにブローチを大事にしていたか
知っているという笑美子が
代わりに泣いていました。

院長の回想。
がんばった千恵子が
今年の総代にえらばれ
当時の院長からブローチがおくられました。

「あなたはほんとによくがんばりました。

 精一杯努力しましたね。

 あなたは 自分でも気がつかないうちに

 一番になっていたのですよ」


「今日 私どもは

 ブローチをあなたにおくります。

 大切なのはものではありません

 自分が精一杯努力したという

 誇りと自信をを

 決して失ってはいけません」


「はい。院長先生」

祝福の拍手。
セイラママも笑顔で祝福。
涙する千恵子をだきしめてくれる院長。

院長は笑美子に

「いいのです。

 もういいのです。

 たとえブローチが

 誰かに盗まれたのだとしても

 その誇りは私の胸の中にあります。」


と笑顔で語りました。

よどおしごみの中をあさっていたセイラは
ブローチを見つけ出しました。

「あった・・」

ゆかりは帰ってしまったようで
日出子も復帰。

カイトは何か複雑な顔でセイラをみていました。

セイラにお給料を渡す院長。
これで正式にセイラは使用人になったということだ
といい、セイラはお礼をいってでていきました。

そのあとひきだしの中に
ブローチをみつける院長。
嬉しそうな笑顔。

お給料を手にこちらも笑顔のセイラ。




いつにもまして無理やり感がありました。
高校在学中なのに隣のお屋敷に働きにきたとか
隣の屋敷に勤めてる設定なのに
ミレニウス女学院で一日働くとか
しかもブローチ盗んで捨ててって犯罪ーー!
さすがにそれをセイラになすりつけることはしなかったか。
カイトをめぐっての三角関係というには
ちょっと弱い気がしました。
セイラがちょっと胸が痛いかな?くらいで
あんまり恋の話にはみえませんでした。

自分はセイラをいじめてたくせに
ゆかりにはしっかりいってくれる真里亜が
よかった!!

院長も、学生時代にすでにむくわれているではないですか。
いつもいつもセイラママに敗北感と劣等感を抱いて
いたようにみえたのに、最後にちゃんと
先生方がみていてくれたんだから
それでもうコンプレックスなんか
なくなりそうなものなのに。
誰にも盗めない宝もの
がんばった誇りをちゃんと胸にもっているのに
あんなカリカリしなくとも。
学院経営のたいへんさで心が疲れてしまったんでしょうか。

ゆかりをひっぱたくセイラは
本当に院長に似てるかも。




黒田セイラ … 志田未来
三浦カイト … 林 遣都
亜蘭由紀夫 … 田辺誠一
 
東海林まさみ … 岡本杏理
水島かをり … 忽那汐里
武田真里亜 … 小島藤子

黒田龍之介 … 谷中 敦
黒田薫子 … 黒川智花
小沼誠一郎 … 大和田伸也
小沼日出子 … 広岡由里子
 
三村笑美子 … 斉藤由貴
三村千恵子 … 樋口可南子




2009.11.28 Saturday 21:16 | comments(4) | trackbacks(4) | 
<< DVD付き限定版 のだめカンタービレ 第23巻(完結) | main | サムライ・ハイスクール 第7話「悪代官と一騎討」 >>
けろりん (2009/11/29 5:07 AM)
honeyさん、こんばんは!
ていうか、おはようございます^^

最初に言っておきますが、今日は早起きですのでご心配なく〜。

しかし,確かに今回本当、いつも以上にありえないよ、って感じでしたよね〜。
隣のお屋敷のご主人は何をやっているのでしょう?
冬休み期間だけ?田舎の高校生を雇うって、あり得ないですよね。

そうそう、カイトをめぐっての三角関係っていうのが、本当に「?」でしたよね。
カイトはともかく、セイラにとってカイトってそこまででもないような感じだし。

それに、私も院長先生はあれで満足だったんじゃないの?と思いましたがねえ。
セイラママより総代にふさわしいって認められたわけだし、立派なブローチも言葉ももらって、セイラママたちに祝福されて…ねえ。
なんであんなに歪む必要があるのでしょうね。

関係ないけれど、真里亜も、セイラがいたとしても総代に選ばれそうですよね。
努力の人だし。今週はきっぱりとかっこよかったですねー。
honey (2009/11/29 1:09 PM)
けろりんさん、こんにちは〜。
早起きすぎますよーーー。

つっこむまいつっこむまいと思いながら
つっこまざるを得ない設定でしたよねえ。
むりやり設定にも限度が。

院長はいまだにあんなコンプレックス抱く理由が
ないですよね。昔の院長やみんなが
しっかり認めてくれているのに。
それを思い出したことでセイラに対しての態度が
やわらぎませんかね。

真里亜、がんばってますよねー。
一時期の意地悪はダメだけど。
えぐしよ (2009/12/06 11:40 AM)
こんにちは

セイラ役がんばりますね

これからもがんばれ

できれば返信よろしく
honey (2009/12/06 1:04 PM)
えぐしよさん、こんにちは。

セイラ、おもしろいですね。









メイドでかっ!ツンだけが女の勲章(小公女セイラ#7)
『小公女セイラ』  「プレミアムブログ」 「スタッフブログ」セイラがいない!!!黒田セイラ@志田未来が帰ってこないと、多額の寄付金が水の泡(爆)ミレニウス女学院院長・三村千恵子@樋口可南子は焦っていたセイラは学院に貢献しているから許してやれと、笑美子
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/11/28 9:39 PM |
小公女セイラ 第7話:誰も盗めない宝物
千恵子、どうしちゃったの?(*'ω'*)ん? 今回は、笑美子の「セイラさんはもう充分学院に色んな物を与えてるんじゃないかしら」 という言葉を肯定したり、大切なブローチが無くなったというのに いつものヒステリーを起こすでなく、セイラに給料まで渡しちゃったよぉ
| あるがまま・・・ | 2009/11/28 11:31 PM |
「小公女セイラ」 第7回
 ちゃんとお給料くれるんだ〜(´・∀・`) これで、コインシャワーにも行けるし、下着やおやつも買えるわね〜 しかし、やらしい話いくらもらったんだろ・・・  さて、鈴村(安田顕)が寄付金の条件としてセイラ(志田未来)をずっと学院に置くように言ってきたも
| トリ猫家族 | 2009/11/29 1:19 AM |
小公女セイラ 7話 感想
今週はカイトの田舎で会った、自称カイトの婚約者登場!
| けろりん的ひとりごと | 2009/11/29 5:08 AM |