<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

百姓貴族 1巻

[ マンガ ]
百姓貴族 1巻
荒川 弘さんの農家エッセイマンガ。
おもしろかったです(^^)

こんなものすごい環境で育った方から
あのたくましいキャラたち(筋肉もりもり&精神的にも強い)
が生まれたのがものすごく納得できます。

農家の生活のなんと忙しくかつ過酷なことか。
自然に囲まれてのどか・・などというものではありません。
私たちの食生活は農家の皆様のがんばりあってこそ、と
感謝の気持ちを抱きます。

農業高校の生活もすごいスケジュール。
ほんとに農家のみなさん、ありがとう〜と叫びたく
なりました。

さあ、牛乳を飲みましょう。









2009.12.15 Tuesday 09:45 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< NEEDLESS 第22話 「666人委員会(トリプルシックス)」 | main | ライアーゲームシーズン2 第6話「謎の秘密兵器」 >>
JUNKO (2009/12/21 5:43 PM)
honeyさん、こんにちは

こちらのレビューでこの本を知って、買ってみました。
本屋で、置いてある場所が分からず店員さんに尋ねて
持ってきてもらい、それからさらに店内一周した後に
レジに行ったら、
店員さんが「鋼の錬金術師の人でしょ、面白いよねー」と
話しているのが聞こえ、
なんとなくまた、店内一周しちゃいました(^^;)

ハガレンで、
ごめんなと言ってウサギを殺して食べているシーン、
命とは何かをきちんと描いているように見えて、
印象にのこっているのですが、
その元がわかった気がします。

ここから話がずれますが、
私、今年は北海道出身の作家の作品との出会いが
2つありました。
荒川さんのハガレンと、
もう一人は西村淳さんの「南極料理人」シリーズ。
タイトル通り、南極観測隊の料理人さんのエッセイです。
豪快料理と、笑える冒険がお好きなら、
本著をおすすめいたします。新潮文庫から出ています。
過酷な状況の中で何かしら楽しみを見つけるあたり、
「百姓貴族」となんとなくかぶっていて、
興味深いです。北海道人って、すごい!たくましい!

話がずれたついでに、映画「南極料理人」も大プッシュ。
原作とはかなり雰囲気は違いますが、
2時間たっぷり、ひさしぶりにお腹が痛くなるほど笑い、
海老フライを猛烈に食べたくなりました。
再来月DVD化されるそうなので、機会があれば是非。
honey (2009/12/21 6:49 PM)
JUNKOさん、こんばんは。

私はネット徘徊してるときに発売するのを知って
手にとったのですが、予想を裏切らないおもしろさでしたね。
鋼にはたくましい人たちがいっぱいでてきますが
まさにそんなかんじ。

農家の方はかわいそうだから殺せないとか
言ってられませんもんね。
うわっつらだけじゃないその真実が
作品にも生かされていると思います。

南極料理人は風水さんが映画をごらんになった話を
見た覚えがあります。
こちらではやってなかったのですが
DVDがあったらみてみたいです。
本も年末にさがしてみますね〜。
(このあたりの本屋事情はますます悲惨になって
 アマゾンさん利用率が高いです)