<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

うみねこのなく頃に 第25話「EpisodeIV-VII forced move」

第25話「EpisodeIV-VII forced move」

12年後の世界 1998年10月。

六軒島へやってきた縁寿。
当時の船着き場をみても
何も思いださないそうです。

六軒島には一つしか船着き場が
ないことになっているけど
それは表向き。
島の裏にもうひとつの船着き場があり
その存在を知っていたのは金蔵、源次さん
船の関係者、南條先生や熊沢さんたち。
子どもや孫は、船着き場が2つあることも
もうひとつの屋敷の存在もしらなかったとのこと。

屋敷はクワドリアンという名前しかしらず
そこにベアトリーチェが住んでいるという
噂があったそうです。
船長がクワドリアンへ運んだ雑貨には
女性物があり、その話を本当だと思っているという船長。
そこへの出入りは30年前(1968年)にぷっつりと
途絶え、雑貨も食料も届けなくてよくなって
ベアトリーチェが亡くなったと考えたようです。

その放置されていたクワドリアンに
1986年のあの日、なぜかエバだけが
逃げ込んで難を逃れたそうで
台風の最中、どうやって
屋敷から2Kmも離れたクワドリアンへ
たどりついたのか?
たとえば地下通路があったのか?
という縁寿。

縁寿は花束を持ってお参りに。
天草はそこで待つことに。

小さい頃は魔女がすんでいるから
近づくなと言われた場所。

「感じるわ。

 魔女の存在を感じる」

「ここがこの旅の終着点みたいね」


マモンとさくたろうがでてきました。

縁寿は最初は死ぬための旅だったけど
今は何かを成し遂げるための旅に
かわっているという縁寿。

右代宮家最後の娘で
マリアージュ・ソルシエールの最後の魔女。

「今こそ全部理解したわ。

 私たちの魔法はきっと

 ささやかで身近にあふれている。

 でもそれは 誰の目にも

 見えるものではない。

 魔法とは 

 ええ はっきり言えるわ。

 愛がなければ見えない」


マリアの日記を広げる縁寿。
マリアの魔法は、
最初はやさしいものだったのに
どんどん人を傷つけるようなものに・・。

「私がお姉ちゃんを傷つけたから

 マリアージュ・ソルシエールは

 こんなふうになってしまった。

 だから私がお姉ちゃんを

 黒き邪悪な魔女から

 白き無垢な魔女に戻してあげるわ。

 そのために私はここへ来たの。

 お姉ちゃん 聞こえてる?

 私の前にその姿を見せて」


そこへ現れた部下をひきつれた須磨寺霞。
あっというまに囲まれました。

霞に生意気な口をきく縁寿、
ひっぱたかれました。
霧江に恨みがあるらしい霞は
部下に縁寿を傷めつけさせます。

霧江が背負うはずだった須磨寺の家を
いきなりおしつけられ
厳しい教育をうけさせられて
自由な時間はなく、
親戚からは姉の行動のせいで蔑まれ
好きな男とも別れさせられ
霧江が結婚するはずだった相手と
無理やり結婚させられたらしい。

でも霧江が右代宮家と繋がったため
須磨寺家は安泰で霧江はおとがめなしで
霞だけが貧乏くじ。

ボコボコにされる縁寿。
姉が幸せそうにわらっていたと
涙をためていう霞。

「だから何?

 あたしにやつあたりすると

 どうあんたが幸せになるわけ?」


「私ね 考えたの。

 これをなしとげたら

 すべての恨みを忘れて

 やり直せるってね」


霞をみて、自分のたどった人生が
よく似ていると思う縁寿。
そしてエバもまた同じかもしれない
と思い、それはローザも同じ。

「人は 背負わされた苦しみを

 誰かにおしつける

 右代宮家の長女としての
 
 さまざまな苦しみを味わってきた

 エバおばさんは

 そのうっぷんを 

 妹のローザおばさんにぶつけた。

 ローザおばさんは

 自分のうっぷんを

 娘のマリアお姉ちゃんにぶつけた。

 そうしなければ

 その苦しみから

 逃れられなかったから。

 だからこそ

 マリアお姉ちゃんの魔法はすごかった。

 彼女は 自分の怒りや悲しみを

 誰にもぶつけようとしなかった。
 
 すべて魔法で癒し

 とかしたのだ。

 右代宮家に続いてきた悲しみと苦しみ

 いったいどれほどの長きにわたって

 受け継がれ 

 おしつけらてきたかわからない

 その悲しみと苦しみの連鎖を

 マリアお姉ちゃんの魔法は

 断ち切ったのだ。

 エバおばさんも同情すべき人なのだ。

 白い魔法を学んでいれば

 その後の人生は

 かわっていたかもしれないのに」


憎悪の対象でしかなかったエバが
理解できるようになった縁寿。

事件のあと、連日マスコミで
犯人のように扱われたエバの
そばに白い魔放使いがいたら
エバは救われたのにと思う縁寿。

「これが私のするべき

 仕事だったんじゃないの?」


ただひとりの肉親として
エバの気持ちをわかってあげる
べきだったんじゃ・・と思うと
縁銃の前に魔女が。

エバのそばには黒い魔女がいたと
ようやくわかりました。

縁寿がまだ霞にいたぶられていました。
それをあおるベアト。

マリアの日記帳を霞に教え
日記をさげすみなさいというと
文章をよみあげ
霞がページをやぶきます。

煉獄の七姉妹もさくたろうも
やぶかれました。

大好きなママと仲直りする魔法
「うーうー」をバカにして
ページをやぶいて
日記をふみにじります。

魔法をつかってみせると
立ち上がる縁寿。

まだバカにする霞に手下たち。

「さあさあ おいでなさい

 煉獄の七姉妹」


男がひきがねをひくと
その男から血がふきだしました。

煉獄の七姉妹があらわれましたが
霞にはみえません。

「あなたには見えない。

 愛がないから」


今こそマリアの魔法を護るために
魔法をつかうという縁寿。

男たちが次々とやられます。

「ありえない!あんた何者なの?!」

「魔女よ。

 あんたと違って本物の」


「そんなバカな。

 認めないわ。

 魔法なんてあるわけない!」


「魔法はある!魔女はいる!

 そして 幸せへの扉を開く

 鍵にできるの。

 あんたなんかに

 それを否定させない!」


銃をむける霞。

「こんなのは認めない!」

縁寿に向かって発砲した霞も倒れました。

あとにのこったのはベアトだけ。

笑いだすベアト。

「私もあなたに魔法をみせてあげる」

ベアトがエバの姿になりました。

死んでからも心残りがあって
戻ってきたそうで
縁寿を殺すことが遺言だったらしい。

縁寿はもう魔法はつかえない
奇跡はもう二度とおこらないと
ひきがねをひくと、銃が暴発。
顔がぐちゃぐちゃ。
エバにとどめをさす縁寿。

ビルの屋上の縁寿とぺルンカステル。

「おめでとう。

 縁寿・ベアトリーチェ。

 あなたは旅路の末に

 すべての魔法を理解したわ」


「ええ。

 私はマリアージュ・ソルシエールが

 生み出した魔法世界を継承した

 最後の魔女よ」


「あなたにしか

 ベアトリーチェの世界は切り裂けない」


「私は あなたが

 嘘をついているんじゃないかって

 疑っていたことがあったわ。

 私は1998年の縁寿だから

 家族を助けても

 1986年の縁寿が救われるだけ。

 この私は救われない。

 そう思っていた」


「そのとおりよ」

「でも 私は理解したわ。

 あなたは 私に

 家族の取り戻し方を

 結局は教えてくれたもの」





結局、縁寿が勝っても
すでにすべてはおわっている話・・?

名門一家なうえお金もありそうだけど
どの人もみな不幸な人ばっかり・・・。





2009.12.18 Friday 15:43 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 仮面ライダーWキャラクターブック「悪魔と相乗り」 | main | デカワンコ 4巻 >>









(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第25話 「EpisodeIV-VII forced move」
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション 初回限定版 Note.02 [Blu-ray]クチコミを見る 六軒島へと向かった縁寿。しかし、そこで彼女を待ち受けていたのは・・・。 *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/12/19 1:26 AM |
◎うみねこのなく頃に第25話「forcedmove」
12年後の世界のエンジェが六軒島へ行く。船着場は二つあり、屋敷は二つあった。クアドリアンという屋敷があるらしい。ベアトリーチェが住んでいるといわれていた。30年前にベアトリーチェが死んで放置された。しかし、惨劇のときエヴァだけ逃げて助かった。エンジェ
| ぺろぺろキャンディー | 2010/03/13 4:24 PM |