<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

東京DOGS 第10話(最終話)「決着のクリスマス」

第10話(最終話)「決着のクリスマス」



高倉奏(小栗旬)は、勝手に甲斐崎ヒロト(水上剣星)
の病室に行った松永由岐(吉高由里子)に怒りをぶつける。
工藤マルオ(水嶋ヒロ)や西岡ゆり(ともさかりえ)が
とりなそうとするが、奏は本気で
由岐の身を心配していたようだ。

特殊捜査課は、捕らえていた神野京介
(仲村トオル)の部下から、
麻薬の巨額取引の日時を探り出す。それは、12月24日で、
神野が由岐と再会の約束をした日だった。
ニューヨーク市警からは指揮官、三上真一郎(別所哲也)
らが来日。三上は、今後の神野捜査の指揮権と由岐を
自分たちの監視下に置くと宣言。
由岐は身柄をホテルに移された。

神野の取引相手と、その場所はなかなか判明しない。
だが、三上はアメリカの麻薬王、デイビッド・ロッシの
極秘来日情報をつかむ。三上は、神野とロッシの
取引の可能性を示唆するが、奏は頷けない。
神野とロッシは、敵対する関係だからだ。

奏とマルオは、捜査課がつかんだ神野とロッシの
会食場所を見張っていると、何者かに狙撃されてしまう。
どうやら、警察の動きが読まれていたらしい。
あるいは、偽の情報をつかまされたのか…。

そして、運命のクリスマス・イヴがやって来る…。



甲斐崎が神野に殺され
由岐はゆりにあったから無事だったものの
無茶をした由岐に怒る奏。
でもそれは由岐を心配してのことでした。

神野にあおうとしたのはなぜだときかれ
部屋にこもってしまう由岐。

神野の部下から、24日に麻薬取引が
あるという情報がひきだされますが
場所も相手も不明。

日本にやってきた三上。
合同で神野の捜査に加わりますが
三上がその指揮をとるといい
必ず神野を逮捕すると宣言。
警視総監の許可ももらっているそうです。

NYの件は奏が悪いんじゃなく
奏の力をかいかぶっていた自分の責任だと
ムカつく発言。
さらに由岐を自分の監視下におくといいました。

由岐はホテルにうつされますが
生活の場&取り調べの場だと
その厳しさに文句をいうマルオ。
でも由岐はここでいいといい、
ふたりは捜査にいくようにいわれます。

「由岐 何かあったら連絡しろ」

という奏。

奏がまたNY市警の人に逆戻りしたというマルオに

「俺はずっとNY市警の人だ」

と硬い表情で答える奏。

奏が部屋へもどると
冷蔵庫にふわふわオムレツの作り方が
メモしてありました。
前に奏がおしえてあげたレシピ。

奏に由岐がいないとさびしいんだろと
マルオが言ってもクールな顔をくずさない。

鈍感のどんちゃん

どどどんのどんちゃん


と言われてしまいました。
最後にはケンカする気もなくなったマルオも
自室へ。

豪華だけどひとりの部屋で
奏とマルオとの日々を思い出す由岐。

三上がつかんだ情報では
麻薬の取引相手はロッシではないかとのこと。
奏は何か意見があるようですが無視されました。

奏に由岐が神野の情報も素直に話すし
新居の居心地もよさそうだと
わざわざいう三上。

堀川はまだ入院中。
いっしょにいた真紀から
由岐が、自分のせいで大好きな人たちが
傷つくのがいやだから神野をとめたいと
いってたときく奏。
泣きながらしゃべる真紀のフルーツ山盛りに
「動物園なみだ」というデリカシーのない男。

由岐をたずねてきたマルオ。
奏はさそったけど捜査の資料をみておく
必要があると断られてしまったらしく
奏の真似をして由岐を笑わせてくれました。

「ごめんね さびしくってさ

 先生もさ 

ふわふわオムレツのレシピ

 ずっと見てたよ」


由岐はやっぱり奏の話には反応します。

ロッシの資料をみている奏。
ロッシは神野と敵対している
ので不思議に思うようです。

帰ってきたマルオに
コーヒーを運んできた奏。
受験生のお母さんみたい。
ほんとは由岐の話をききたいくせに

「別にききたいわけじゃない」

「言いたいならきいてやってもいいぞ」

何?この人ツンデレだっけ?いや、ツンツンか。

奏とマルオは情報のあった場所を二人で張り込み。
神野があらわれるかもというところへ

ママ電。

「死んじゃうかもしれないの。

 ママのたまごっちが」


家に帰ってうんちを流してとか
3人目の弟とか言われても・・。

そのあと狙撃される奏とマルオ。
応戦しようにも銃の性能が違いすぎ。

神野に動きをよまれたことを怒って怒鳴る三上。
しかしボスは偽の情報をつかまされたのではないかと
言ってくれました。
三上は不機嫌そう。

マルオは由岐のホテルへ奏をつれてきて
卓球のラケットを持って行ってやれと
無理やり車からおろしていきました。

由岐の部屋へいってラケットを渡すと
由岐、意味がわからない様子。
マルオに騙されたと思って
すぐに帰ろうとする奏を、お茶でものんでいって
とひきとめる由岐。

でもマルオがいないと会話がはずまない。

あのマンションに男ふたり

「きもいわ〜」

と言われてしまいました。

「帰るか?」

「帰らない」

奏は口うるさいし
二人のケンカ聞いてたらイライラするし
と心にもないことをいう由岐。
本当はふたりに迷惑かけまいと
思ってのことでしょう。
奏は帰ってしまいました。

退院した堀川にあいにホテルのラウンジに
おりた由岐。
ホテルマンから、由岐に
メッセージカードが届けられました。

「クリスマスイブ

 由岐を自由にしてあげる

 約束の場所で待ってる」


と書いてある神野からのカード。
昔の記憶がよみがえり、倒れてしまいます。

ロッシの組織員たちから
取引の場所を割り出したという三上。
しかし神野の目的は麻薬取引ではなく
ロッシの命ではないかという奏。
目的など関係なく、神野とロッシが
あらわれたら身柄を確保するという三上。

由岐は約束の場所を思い出したようです。
イブからクリスマスに日付がかわるとき
教会の鐘がなり、そのそばに大きな
クリスマスツリーがあり、鐘といっしょに点灯する
その鐘をいっしょにきこうと約束したらしい。

そこへ入ってきた三上が由岐に取引の場所を話せと
無理やりつめより、それをとめる奏。

由岐の意志で連れて帰るというと

「帰りたい」 という由岐。

三上は立腹ですが由岐は二人とともに。

「安心しろ。
 
 おまえは 俺たちが守る」


由岐とマルオが車に乗った後
行くところがあるとひとりでいってしまう奏。

奏がいったのは実家。
クリスマスツリーのかざりつけをする
妹&彼氏。

そこへやってきたマルオと由岐。

「油断したね。奏ちゃん」

奏のうろたえぶりがすごい。
無理やりマルオをひっぱって
帰ろうというと
3人にお守りを渡すママ。

ママはそれで銃弾をふせいでもらう気だったらしいけど

「これは貫通しますよ」

でした。。。

そのあとマンションに帰った3人。

「明日で 決着つくんだね」

「ああ」

「なんか 楽しかったな
 
 ここでの生活。

 さみしいな。

 もうおわっちゃうなんて」


神野に逃げられたらまだ続くとマルオが言いますが

「終わりだ。

 明日 神野を逮捕する」


と奏。

「由岐」

「何?」

「約束の場所 

 本当に思い出せてないんだな」


「うん」

「わかった」

そして24日 クリスマスイブ。
みんなはそれぞれ配置に。
益子はコンサートにいけないのが
すごく残念そう。

車の中でも資料をよむ奏。
資料の中にさっきのクリスマスコンサートの
チラシにあった名前を発見。

それはロッシの娘。
ロッシは必ず娘のコンサートに
いっているそうで、奏はボスに連絡。
取引の情報は手薄にするための罠で
神野はそこでロッシを殺すつもり。

シンフォニーホールへ急ぎます。

取引をはる三上。

コンサートをみにきているロッシ。

取引が開始され警官隊が突入。
同じころコンサートがはじまり
ホールには神野の姿が。

特殊捜査科の人間がいないと怒る三上。

奏たちもシンフォニーホールへつきました。
神野と部下たちはロッシの見える部屋を占拠。
スナイパーが銃を準備。
奏たちはホールに入って神野の居場所を探します。

ホールの照明がおとされ
スナイパーがはいってきたのをみつけた奏が
阻止します。
明かりがついて人々が騒ぎ出すと
神野はプランBに変更と指示をだし
奏が神野をみつけます。

奏の部下ともみあいになるマルオ。
危ないところを助けてくれたのは堀川でした。

益子の妻子も無事でしたが
妻にこっぴどく怒られました。
鬼嫁?

ミサを助けてたのは鈴江。

奏も神野の部下と殴り合い。
マルオがかけつけて手錠をかけました。

そこへ由岐がいなくなったとゆりから電話。
たぶん約束の場所へいったというのをきき
その場所へ急ぐ奏とマルオ。
日付のかわるときに点灯するツリーを
マルオはしっかり知ってました。

「でも 由岐ちゃん なんで?」

クリスマスツリーの前で会う神野と由岐。

「由岐 やっと会えたね」

「どうして?

 どうしてあの日・・」


神野をおどかそうとして
クロゼットの中に隠れていた由岐。
神野がマフィアのボスだときいて驚きます。
そして撃たれて死んだと思ったらしい。

でもそれはすべて組織の中の
裏切り者をあぶり出すための作戦。
その計画を知っていた部下が
由岐を助けてくれたそう。

「神野さんが

 マフィアのボスだったなんて」


「言えなかった。

 君は初めて信じあえた人だったから」


神野はロッシを暗殺してすべてを
手に入れる予定だったから
由岐と約束したというマルオ。

「ずっとこの日を待ってたってことか」

「俺もだ」

由岐と神野。

「行こう。由岐」

「神野さん。

 あなたは 私を救ってくれた

 あなたといる時間は

 ホントに楽しくって

 わたしもあなたが大切だった

 でも わたしは・・

 今・・

 今 わたしが一番大事な人があなたのこと

 追ってる

 あなたはその人のこと

 殺そうと思ってるんでしょう?

 そんなのたえられない

 だから・・だから」


ナイフをだす由岐。

「悲しいよ 由岐。

 君も私を 裏切るんだね」


由岐に銃をむける神野。

「やめろ!神野!」

奏とマルオがやってきました。

「彼らをえらぶのか?

 わたしじゃないんだね?」


「もうおわりだ 神野」

「父のかたきか
 
 美しい話だな」


「俺はおまえを追い続けてきた。

 おまえを逮捕することだけを

 考えてずっと」


「もちろん 知ってたよ。

 君の父親もしつこかったが
 
 君には負けるな。

 だが 礼を言おう。

 由岐をまもってきてくれてありがとう」


「ふざけるな!」

「ふざけてなんかいない。

 私は本気だ」


「17年前

 お前は俺から大切なものを奪った。

 もう二度と

 お前に俺の大事なものを

 奪わせはしない!

 あきらめろ 神野!」


「由岐は誰にも渡さない」

二人とも発砲。

奏が撃たれます。

「いいから早くかくれろ!」

「大丈夫?」

「大丈夫だ。

 おまえは俺が護ると約束しただろ!」


「大丈夫じゃねえだろ!」

奏の血をみて

「俺がやってやる」

ととび出したマルオも撃たれ

「もうやめて!神野さん!」

とふたりの前にたつ由岐。

奏がでていって
神野を撃ちました。
神野にまた撃たれる奏。

「神野」

奏は必死で神野のほうにはっていき
たちあがってのぞきます。

「神野」

「神野」

「うつな マルオ!」


神野を殴り、その腕の傷をたしかめる奏。

「生きて 罪を償え」

手錠をかけました。

その場に倒れ込む奏の目から流れる涙。

その後、奏もマルオも元気に出勤。
奏にはNY市警に戻るように
そして復帰要請があったそうです。

「実は惚れてた

 刑事としてよ」


ミサの衝撃発言。

堀川は真紀と結婚する報告。

「よかったじゃん 戻れて」

というマルオ。

奏は屋上で大友に挨拶。
久しぶりに父と仕事をしているようで
夢のようだったという大友に
お礼をいう奏。

「NYでミスったら いつでも戻って来い」

奏の見送りに空港まで来るマルオと由岐。

「NYいって相棒がいなかったら
 
 俺 よんでくれていいぜ」


「おまえとは二度とごめんだ」

「あたしの料理食べたくなったら

 遠慮なく電話して」


「自分でつくったほうがうまい」

素直じゃない奏。

「ふっ。俺やっぱ あんた 嫌いだわ」

「俺もだ」

そのまま搭乗口に行ってしまう奏。

「いいのかよ?由岐ちゃん。

 このまま行かしていいのかよ?

 俺はぶっちゃけ・・

 抱きつきてえ気分。キモい?」


「奏!」

走って言って奏に後ろからだきつこうとした由岐を
暖かくみまもるマルオ。

由岐、投げられた・・。

「えええ〜〜〜っ!」

「最後に投げられたー

 女の子だどじ」


「だから背後をとるなといったろう!」

パトラッシュの話になったけど
そのごたごたで荷物をうばわれ
おいかけるふたりでおしまいでした。



最後にヒロインなげられるドラマなんか初めて見た!

やっぱりコメディーだったのか・・。

神野も捕まえ父のかたきもうててすっきり
大友も悪い人じゃなかったし
あっさりハッピーエンドでしめました。
由岐が記憶をなくしてずっとひっぱっていたけど
そこまでの謎でもなかったかなあ。

奏はこのまま東京でマルオとコンビを組んで
由岐とラブラブになる・・のは視聴者の想像に
おまかせなのは奏が最後までツンツンだから?



高倉奏 … 小栗旬
工藤マルオ … 水嶋ヒロ
松永由岐 … 吉高由里子
堀川経一 … 勝地涼
益子礼二 … 東幹久
鈴江光男 … 志賀廣太郎
田中真紀 … 臼田あさ美

西岡ゆり … ともさかりえ

甲斐崎ヒロト … 水上剣星
蒲田シゲオ … 矢崎広
高倉カリン … 川口春奈
中谷祥太 … 吉村卓也

高倉京子 … 田中好子(特別出演)
舞島ミサ … 大塚寧々
大友幸三 … 三浦友和









2009.12.21 Monday 22:48 | comments(0) | trackbacks(11) | 
<< ネット版 仮面ライダーディケイド オールライダー超(スーパー)スピンオフ | main | 東京DOGS 奏の「ふわふわオムレツの作り方」 >>









「東京DOGS」エリート&野獣コンビラストミッション神野との直接対決で17年越しの逮捕を実現させ奏はNYへ旅立った
「東京DOGS」最終話神野がついに表に現れた。麻薬取引の現場を押さえるべく奏とマルオら特殊捜査班はマフィアと神野を逮捕しようと動こうとする。そんな中由岐が完全に記憶を取り戻し、約束の場所へ向かおうとしていた。神野の動きを読んだ奏とマルオは神野が向かったオ
| オールマイティにコメンテート | 2009/12/21 10:51 PM |
ドラマ「東京DOGS」第10話(最終回)「決着のクリスマス」
最後の決戦----------!!このドラマがはたしてどんな決着を迎えるのか?最後までギャグとシリアスどっちつかずの中途半端だったらどうしようかと思って心配してましたが、どうやら上手くまとまったようで。それだけでこのドラマ、見続けたかいあったかなって思えました
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/12/21 11:00 PM |
東京DOGS 第10話(最終回)「決着のクリスマス」
最終回!ママからの電話はあるのか!? 由岐はケガナッシング! あれ?甲斐崎ヒロト(水上剣星)のとこに行ったのに、都合よく西岡ゆり(...
| 空色きゃんでぃ | 2009/12/21 11:02 PM |
東京DOGS 最終回 感想
『決着のクリスマス』
| ぐ〜たらにっき | 2009/12/21 11:29 PM |
フジテレビ「東京DOGS」第10話(最終回):決着のクリスマス
最終回ぐらいは、魅せてくれるかと思いきや、そこは連続ドラマ。最後まで外したまま、終わりました。役者陣ががんばっても、魅力に欠けるストーリーは、いかんともしがたく。
| 伊達でございます! | 2009/12/21 11:46 PM |
「東京DOGS」最終回
最終回でしたね。 結局、奏vs神野の対決は、双方撃ち合いながら致命傷にはならず、 神野が逮捕されて、幕を閉じました。 「由岐とクリ...
| TOKYO☆JUPITER | 2009/12/22 2:03 AM |
「東京DOGS」第10話(終)
 10(終)奏は、勝手にヒロトの病室に行った由岐に怒りをぶつける。マルオや西岡がとりなそうとするが、奏は本気で由岐の身を心配していたようだ。特殊捜査課は、捕らえていた神野の部下から、麻薬の巨額取引の日時を探り出す。それは、12月24日で、神野が由岐と
| 日々“是”精進! | 2009/12/22 6:31 AM |
東京DOGS 最終回
奏(小栗旬)は、勝手に甲斐崎(水上剣星)の病室に行った由岐(吉高由里子) に怒りをぶつける。 マルオ(水嶋ヒロ)やゆり(ともさかりえ)がとりなそうとするが、奏は本気で由岐 の身を心配していたようだ。 特殊捜査課は、捕らえていた神野(仲村トオル)の部下
| ぷち丸くんの日常日記 | 2009/12/22 3:20 PM |
【東京DOGS】最終回(10話)感想と視聴率
【最終回視聴率追加済】(12/22)最終回の視聴率は、前回の13.3%より少し上がり、14.0%でした。平均視聴率は、15.8%です。この月9枠では、『CHANGE』(2008年4月期)以来、5作品ぶりの15%越えとなりました。この秋クールのドラマの中では、『JIN』『相棒』に次いで
| ショコラの日記帳 | 2009/12/22 4:04 PM |
東京DOGS#10
東京DOGS - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表] ついに、神野を逮捕した奏。 ニューヨーク市警に変えることに、不器用だが由岐ちゃんへの気持ちは 表現できたようだ。 マルオが二人を応援する気持ちが何故かせつない。 マルオが由岐ちゃんが好きなのは誰でも知っ
| JAOの趣味日誌 | 2009/12/22 8:59 PM |
《東京DOGGS》最終話
神野は甲斐崎を始末した。 その前に由岐がそっと会いに行っているので、奏は心配した。
| まぁ、お茶でも | 2009/12/23 5:17 AM |