<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

のだめカンタービレ フィナーレ 第3回 Lecon 3

第3回 Lecon 3

千秋とのすれ違いで落ち込んでしまうかと
思われたのだめだったが、サロンコンサートに
向け日々熱心に練習に励んでいた。
のだめとは対照的に、ルイは思い描いていた
パリ留学生活と現実との違いに悩む毎日を
送っている。
頼み込んでやっとレッスンを受けられる様に
なったオクレール先生にも、どこか
あしらわれている感じがしていた。
そんな時、タイミング悪くルイの母が
ルイに出演依頼を受けるようパリに説得に現れる。
ルイは母とケンカをしてしまい、家を飛び出し、
千秋に相談を持ちかけるのだが…?!



のだめはサロンコンサートにむけて
ピアノの練習。
千秋のにおいで充電。

ママとケンカしてとび出したルイは
千秋をよび出しました。
ルイは子離れしてくれないママを嘆きますが
ルイがパリにきたのは別の理由。
本当はピアノから離れたかったから・・
でものだめの演奏をきいてしまって
気持ちには変化が・・・。

食べ物に詳しい千秋が
おいしいものを作った時に
喜ぶ顔が好きというのをきいて
それならわかると思うルイ。
ピアノをうまくひくと
ママが喜んでくれたから・・。

シュトレーゼマンと共演したとき
お互い助けられていたというふたり。
ルイは何気に失礼な発言をしておりますが、、

でも二人とも楽しかったという気持ちはいっしょで

ルイにハートが・・・!!

『なに?これ・・何?』

ルイは千秋を誘ってみますが瞬殺。

家に戻ると、春巻きがつくってあって
ママは居眠り。
ルイが一番喜ぶものをつくってくれていたことに
気付き、ピアノを弾き始めるルイ。
ママも目をさましました。

翌朝、帰るママ。

「ルイが 本当にピアノが

 やりたくてやってるなら

 それでいいの。

 あなたのピアノがきけてよかった。

 きけばすぐにわかるから。

 昨日は最高の演奏だったわ」


ママにコンサートにでてもいいと
いうルイ。
パリのオーケストラといっしょに
そして指揮者は千秋がいいというと
ママ、びっくり。

12月。
世界的指揮者が亡くなったときいて
すっかり落ち込むミルヒー。

ルイとウィルトールオケで共演ときいて

ショックなマルレのみなさん。。。

のだめのコンサートにライバル心をもやす
ユンロン。

サロンコンサートの前ののだめ。
背中のファスナーが上がらない!

千秋は地下鉄の中で
ヴィエラ先生に遭遇!

ヴィエラ先生は、情熱的にだきついてきて
すごく懐かしんでくれました。

のだめが千秋をギャボンと言わせるはずだったのに
千秋はヴィエラ先生の方へ・・。

千秋が来られないときいても
こんなんで動揺してたらプロになんか
なれませんよね、という頃
プロのミルヒーがわがまま全開。

夏よりもさらにすばらしい演奏をするのだめ。
ファスナーはあいてるけど・・・。

サロンのご婦人がたにコンクールをすすめられますが
先生がオクレール先生だというと
私たちがよけいなこといわないほうがいいわね、
とひきさがっていきました。

のだめは執事さんとおおげさな別れをおしみ
帰途へ・・。




のだめ、地味だけど着実にがんばってます。
実際コンサートをきいたひとには
すでに魅力が伝わっているし。

ルイもちょっと迷いを抜けたようだし
他のみんなもがんばれ。



 


野田 恵 … 川澄綾子
千秋真一 … 関 智一
ターニャ … 伊藤 静
フランク … 浅沼晋太郎
黒木泰則 … 松風雅也
ソン・ルイ … 大原さやか
ユンロン … 日野 聡
ジャン・ドナデュウ … 森川智之
シャルル・オクレール … 清川元夢












2010.02.03 Wednesday 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< まっすぐな男 第4話「損する女」 | main | 銀魂 第193話 「料理は根性」 >>