<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

月刊 IKKI ( イッキ ) 2010年 04月号

[ マンガ ]
月刊 IKKI ( イッキ ) 2010年 04月号

なにしろ初めて読んだもので
(創刊7周年なのに失礼しましたm(__)m
 普段は少女マンガか少年マンガ専門)
連載ものの感想は書くの難しい。
前号までの紹介とキャラ紹介をみながら読んだ
簡単な印象です。



放課後のカリスマ
 
 クリアファイルつき。

 偉人のクローンという設定が
 まずおもしろいです。 
 有名人がいっぱい、そしてクローンだから
 その偉人のイメージをちゃんとひきついでる。
 誰がこんなプロジェクトをやりだしたのか
 先のほうを読まないとわからないけど
 続きを読みたいと思いました。



ストラト!

 音楽は聴く方専門。

 きくところにあると
 やっぱり練習あるのみ、らしいです。


ちょこらん

 この子たち、小1にみえない!

 でも全力でテアミちゃん救出を応援しました。
 あやちゃんは人生をうまくわたっていけそう。


ドロヘドロ

 すいません、グロすぎるのは
 かなり苦手なんで、、、、
 さらに虫も。



長崎亜房列車

 昭和20年代か・・。


新 鉄子の旅

 出身が富山なので
 ものすごく興味深く読みました。 
 市電も懐かしい。
 私はチャリ通してましたが
 友だちは地鉄や市電で通学してる子も
 多かった。

 全編の黒鉄も読みたかったな。


金魚屋古書店

 絵柄のせいもあるためか
 はじめてだけど読みやすい。

 しかし地方の本屋事情。
 一軒もないってことはないけど
 なんか近いものがあります。
 (ちなみにIKKIは3冊しかなかった。)


さらい屋五葉

 途中から過ぎて迂闊に感想書けないその1。
 
 とりあえずアニメはじまったらみてみます。


セックスなんか興味ない

 下の名前も知らない子と
 こんなことするのか?!と
 思ったけど、女の子のほうは
 好きだったわけか。


ブランコ

 ちょっと世界観がつかめなかったのですが
 なんかいい話・・?


高梨さん

 親切なおばさん。
 報われてよかった。



魔Qケン乙

 せっかくの力をそんなことに・・。

 でも原動力なんてそんなものかもしれない。


羣青

 途中から過ぎて迂闊に感想書けないその2。

 迂闊に書いちゃいけない事はわかった。


土星マンション

 地上にもちゃんと人が住んでるんでしょうか。
 これももっと背景つかんでたら
 楽しめそう。


ボブとゆかいな仲間たち

 地球資源は大切に。


ピリオド

 吉野朔美さんなら知ってます。

 お兄ちゃんが危ない!


シャンハイチャーリー

 恋の痛みが通じてない。
 
 その情熱(壁の色塗り)を
 もっとほかにむけるといいことあるかも。


短編4本

 みそらの、いっぱいの鳥が圧巻でした。


ディアマイブルー

 あんなことができるなら
 なんでもできる気がしたけど、
 あの男の子。

 結局病気なのがほんとだったのか?
 それとも一人で死んじゃったのか?
 読解力不足ですいません。


シリ―なコダマ

 女子を敵にまわさないのは大事。


必要とされなかった話

 最終話なので・・。


くま夫婦

 そういわれればフィギュア選手って
 あんまり北海道出身ってききません。


ウームズ

 途中すぎてよくわからない。
 絵はみやすいのでおもしろそうでは
 あるのですが。


お花先生

 え〜と・・ハートウォーミングな話かと
 思ったけど、ギャグマンガだった?


青春ソバット

 高校生カポー。
 メガネはずしてるときは大人っぽい。


ディエンビエンフー

 ベトナム戦争。
 これもちょっと途中すぎて・・。
 戦闘美少女?


本当に一言感想でもうしわけないです。

2010.03.02 Tuesday 16:43 | comments(4) | - | 
<< ドキュメント of ブラッディ・マンディ オフィシャルブック | main | まっすぐな男 第8話「好きだ!」 >>
JUNKO (2010/03/03 9:31 AM)
>honeyさん、こんにちは

こうしてみると、
結構、
IKKIの漫画は衝動買いして、そして売っています。
いや、売るのは置き場所がなくなってしまうわけで、
決してつまらないわけではないです。
むしろアタリが多いくらいです。

「鉄子の旅」続編が始まっていたんですね。

「金魚屋〜」、これを読むと、
その回に取り上げられた漫画も読みたくなるので、
やめました(笑)。
古書店奥のダンジョンは、健在なのですか?

「土星マンション」、
どこか「スピカ」を連想させる、丁寧なつくりの漫画ですね。いい作品と思うのですが、気分的に合わず(^^;)、
1巻だけ読んで、現在挫折中。

「さらい屋五葉」、
これだけは買い続けています。
最初、絵柄などにちょっと退きましたが、
じわじわはまり、
結局オノナツメ名義の作品は、
ほぼコンプリートしてしまいました。
人間関係や心情変化、背景がちょっと複雑ですね。
確かに途中からでは、わからないでしょう。

IKKIに関係ないですけれど、
現在のわたしの一押しは、
アフタヌーンで連載していた芦奈野ひとし『ヨコハマ買い出し紀行』です。随分前の作品らしくアニメ化もされているのですが、私は現在復刊中の新装版で初めて手に取り、読んでいます。温暖化がすすみ環境も生態系も変わってしまった日本で、その状況をまるっと受け入れ、ちょっと楽しみつつ、ゆるやかに穏やかに暮らす人とロボットたちに癒されます。もし読まれていなければ、ぜひ。
honey (2010/03/03 10:34 AM)
JUNKOさん、こんにちは。

私はお恥ずかしながら、雑誌もはじめてみたくらいで。
なかなかつっこんだ感想も書けず本当に印象のみです。

おすすめマンガ、さがしてみます。
青年誌のものは自分ではまず手をださないので
よほど評判がいいものか誰かにすすめられないと
手にとる機会もありません。

今アマゾンさんでみてみたらけっこうな巻数ありますね^^;
ど、どうしよう・・・。
(2010/03/03 9:38 PM)
>honeyさん、こんばんは

私は、このごろ連載誌は読まないですねー。
書店の漫画コーナーで、
心のアンテナにひっかかったものを
衝動買いします。
ikkiとアフタヌーンに掲載されているものが、
アンテナによく引っかかる気がします。

アマゾンなどで評価が高いからと買ったものには、
その期待度の高さからか、
意外と、うーん・・・となることも多いです(^^;)

「ヨコハマ買い出し紀行」も、
アマゾンではすごく高い評価ですし、
wikiによると、賞も2つ受賞しているようですが、
癒し系の漫画なので、
人によっては、退屈かもしれません。

それでも、勧めたい!
コーヒーや草木や潮の匂い、風の流れ、
ゆったりしたメロディ・・・
これほど五感に響く漫画は初めてで、
1巻を読んだときは、少なからず衝撃を受けました。
大急ぎで本屋に行き、2巻を探し回ったものです(笑)

新装版は全10巻で、
毎月1冊ずつ、現在6巻まで刊行しています。
多いといえば多いですが、
「ワンピース」に比べれば・・・(笑)

あー、「ワンピース」は今となっては、
読めそうもないなあ・・・
honey (2010/03/03 9:48 PM)
JUNKOさん、こんばんは。

IKKIはご存じのとおりツイッターがきっかけですが
他にも雑誌は何冊も買ってますね^^;

このへん本屋事情がほんとにいまいちで
書店の店頭で物色ということがほとんどありません。
『このマンガがすごい』とかダヴィンチの投票で
上位にはいってみたものにまず手をだしてみる、
というきっかけが多いです。
タイトルをおぼえておいて、帰省した先で
試し読みとかあったらとびつきます。

そこまでJUNKOさんがおっしゃるのなら
1巻目をぽちっとしようかな。

ワンピースね、もう57巻ですもんね。
近くだったらお貸しするんですけど!!
そのほかもいろいろ。