<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

タンブリング 第5話

第5話

帝都大学に合宿に行くことになった烏森新体操部。
そこで待ち受けていた帝都大学のコーチ高杉は
とても厳しく航たちに倉庫の片付けや窓拭きをさせ、
新体操の練習をさせない。それ所かマットにも
上げさせてくれない。そんな高杉にイライラしつつも
言われた通りに作業をこなして行く。そんな時、
水沢のある秘密が部員逹に知られてしまう…。



今度の連休、帝都大学で合宿できることになったと
知らせる柏木先生。

女子も参加するときいて俄然やる気をだす航。
態度の差に悠太の目線が、、、

2人ひと組の柔軟で木山に柔軟をおしえてやるように
いわれた水沢が、なんか態度もおかしく
部室へいってしまいました。
部室では木山くんの写真がはさんである
水沢の生徒手帳をみてしまう聡史。

航の家のお店でみんな夕食。
合宿をみんな楽しみにしている中、
いかなくていいか?とたずねる水沢。

そして合宿。
ふざけている航たちに厳しく注意する
帝都大学のコーチの高杉。
赤い髪の航はさっそく目をつけられたようです。

鷲津学園の新体操部もいて
さっそく衝突しそうな雰囲気。

火野くんだけ鷲津高校といっしょに練習するように
いわれ、後の部員は倉庫の荷物運びをするように
高杉からいわれます。
文句をいっても指導方法は祥子からまかされている
と反論を許さず。
みんなしぶしぶ荷物運びをしますが
カリカリして机を蹴飛ばし
体育館にいく航。

「おい 俺たちにも練習させろ」

と直談判しにいくと
航たちをマットに上げるつもりはない
文句があるなら帰れというコーチ。
コーチをにらみつけて
「帰って練習したほうがましだよ」という航。
するとコーチは、不良という言葉を持ちだして
バカにして、煽った・・のかな。
悠太がかわりにあやまりますが・・

意地になってますますはりきって荷物運びをする航たち。
まんまとのせられているなあ。

そんな中、やっぱり水沢の態度がおかしい。
木山限定。

そのあと、せっかく運んだ荷物を
元にもどせという高杉。
ひとりたりないからまにあわない、と
水沢がサボったせいで
もう一回荷物運び・・。

その水沢は聡史が重い荷物をもっているのをみて
それをうけとり、そのときに木山のことを
きかれました。

誰にもいわないでくれ、という水沢。

高杉から演技をつまらないと
いわれてしまう火野。

「おまえ、なんのために

 新体操やってるんだ?」


食事のときに、水沢の態度を注意する悠太。
聡史がかばおうとがんばりますが
悠太は厳しい。

水沢に、ほんとのことを
いったほうがいいんじゃないか
という聡史。
でも男が男を好きだなんて
きもちわるがられるだろうという水沢。
ほんとうに木山くんのことが好きなのか。。。

でもその会話を鷲津の生徒に
きかれてしまいました!

高杉にちゃんと練習をさせてくれるようにいう
柏木先生ですが、高杉にその気はなし。

夜、体育館のマットの上にいた航に
マットがどんなに大事な場所か
航に今このマットの上に立つ資格があるのか
おまえはそれだけの汗をかいたのかという高杉。

翌日も雑用をいいつけられますが
一番に元気よく返事をする航。

かかとをあげてガラスふき。
筋肉きたえてる!

火野に声をかけたのは先生。
器械体操の元オリンピック選手で
今は代表コーチ。

「哲也 もうみんなに

 迷惑かけんじゃないぞ」


という父。

そのあと挨拶した柏木に、火野くんの話をします。

兄とともに器械体操をしていたけど
兄と違って成績が伸びず
火野くんは器械体操から逃げ出したらしく
息子に冷たい父。

鷲津の生徒が水沢のことをからかいにきて
女子部にも噂がひろまってしまいました。

気まずいムード・・。

木山くんに迷惑かけたことをあやまる水沢。
木山くんはなにも答えず。

水沢くんの気持ちをしってとまどうみんな。
正直キモいとか、もう帰るとか
またばらばらになりそうな危機。

水沢が嫌いなわけじゃないけど
いまさらなにもなかったことにはできないと
いう亮介。

外でひとり考え込む水沢に声をかける航。

「正直 いっていいか
 
 俺よくわかんねえんだ」


「まじで木山のことを好きなのか?」

とたずねると

1年のときはじめてみたときから
気になり始めたと話す水沢。
最初はそんなはずないと自分にいいきかせ
女の子ともつきあってみたけど
やっぱり好きらしい。

「自分でもわかってる

 俺 キモいよな

 でも でも どうしようもないんだ。

 どうしようもないんだよ」


そのあと、マットの整備をする航。
高杉に、明日の演技会に自分たちもやらせろと
いいますが、お前は団体をわかってないという高杉。

「おまえひとりの汗なんて

 なんの意味もねえ」


翌朝、水沢の荷物がなくなって
姿を消した水沢。

帰ってしまったのなら
しょうがない、
これでよかったんだよという声に怒る航。

これ以上迷惑かけられないからやめるという水沢が
残していったノートには、
ひとりひとり、みんなへのメッセージが・・。

キモいといった亮介には
「おまえにはうらやましいほどのセンスがある」
という言葉。
日暮里にも「おまえの努力は必ず報われる日がくる」
木山には

「いろいろとすまなかったな。

 でも 俺はおまえが新体操部にはいってくれて

 本当に良かったと思ってる。

 これからもがんばってくれよな」


という言葉。

悠太へのメッセージは涙で読み上げられない悠太に
かわって、金子が読んでくれました。
悠太とはずっと最初からいっしょだったので
より絆が深いようです。
最後はありがとうとしめてあり
涙をおさえられない悠太。

「キャプテン どうするよ?」

という航。

水沢はくんはバス停に。

ひとり残った火野はノートに
書かれたメッセージをよみかえしていました。

バスに乗ろうとしている水沢のところへ
みんながやってきました。

水沢の気持ちにはこたえられないけど
同じ部員として教わりたいことがたくさんある
という木山くん。

「俺に新体操 おしえてくれねえか」

「俺たちにはおまえが必要なんだよ」

しかしバスに乗り込んでしまう水沢。

航が走っておいかけます。

「このままあきらめていいのかよ!」

新体操で6人で大会にでるのが
夢だったんじゃないのかよと叫ぶ航。

「おめえは カラ高の新体操部員だからな!

 俺たちはずっと 
 
 ずっと待ってるからなあ!」


すると、バスが止まって水沢がおりてきました。

「俺 俺 やっぱ

 新体操 続けたい

 新体操 続けたい!!」


演技会の会場へ戻るみんな。
鷲津高校が文句をいいますが
「うるせえ」とだまらせ
演技をはじめます。

水沢も入れて6人で演技。

「なんで 練習してないのに」

という声に

「やりましたよ」

という高杉。

返事をするときに手を挙げるのも
重い荷物をはこぶのも
窓ふきをするのも
雑巾をしぼるのも
すべて筋肉をきたえる動き。

満足そうに見守る高杉。
鷲津の監督は、カラ高の成長のスピードに
油断しないようにと部長に注意。

演技が終わってみんなから拍手が!

航たちも嬉しそうな笑み。

高杉にお礼をいう柏木先生。
しかし高杉は祥子から
こうするようにたのまれたそうです。

「柏木さん

 根性のある いい選手もちましたね。

 彼らがこれからどんな演技見せるのか

 楽しみです。」


といってくれる高杉。
航も口は悪いけど
高杉とはいい関係が築けたようです。

そして帰る前に火野くんにも
忠告してくれる高杉。

「火野。

 お前には 圧倒的にたりないものがある。

 それを克服しない限り

 おまえに優勝のふた文字はないぞ。」


家に戻ってまたみんなで夕食。
航ママに気になる電話。

「もう電話してこないで」って元夫?

その後、水沢に普通に接してくれる木山。

みんなが体育館にいくとマットが!
高杉が、新しいマットにかえるからと
ゆずってくれたそう。

みんなが練習をしようとすると
火野が自分にさきにつかわせろといい
航がかみつきます。

「文句があるなら

 鷲津のに勝ってから言え」


という火野。




そろそろ火野くんにもスポットが当たる番か。

今日はまさかのボーイズラブでびっくりしました。
先週、生徒手帳に写真はいってるのをみて
どういう理由があるのかと思ってたけど
ほんとに好きだったのか・・。
一話完結らしくあっさり決着ついたけど
(展開の速さに感心した。)
現実にはそんなにすっきり
わりきれるものではないんだろうなあ。
あくまでもさわやか青春なドラマでした(^o^)




東 航 … 山本裕典
竹中悠太 … 瀬戸康史
月森亮介 … 三浦翔平
木山龍一郎 … 大東俊介
火野哲也 … 西島隆弘
土屋聡史 … 冨浦智嗣
水沢 拓 … 柳下 大
日暮里圭児 … 賀来賢人
金子 敦 … タモト清嵐
里中茉莉 … 岡本あずさ
浅倉 葵 … 岡本 玲
赤羽礼治 … 伊阪達也
鶴見暁彦 … 中土居宏宜
田代茂雄 … 佐藤二朗

江崎祥子 … 国仲涼子

柏木 豊 … AKIRA
東 奈都子 … 大塚寧々










2010.05.15 Saturday 21:13 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー 公式ガイドブック<ゼロノス編> | main | 怪物くん 第5話 >>









タンブリング 第5話
主題だった水沢→木山の恋慕の情。 一部には強烈にアピールするであろうものの見る人を選ぶネタを敢えて持ってきたのは,作り手側がそれだけ作劇に自信があるということなのでしょうかね?
| Kyan's BLOG IV | 2010/05/15 9:18 PM |
「タンブリング」第5話
水沢くん、マジそっち系?!8時台ドラマでまさかのBL展開!しかも爽やかに解決した〜(笑
| fool's aspirin | 2010/05/15 10:07 PM |
タンブリング 第5話:失われた信頼…汗と涙の合宿
高杉コーチ、いい人や〜(o≧▽゚)oニパッ お古マットとは言え、買えばお高いんでしょうに〜{/face_ase2/} 最初は高杉コーチ@神保悟志ってイヤな奴かと思われたけど、片手を上げての返事、 荷物運びに窓拭き等、全てがトレーニングだったんですねー{/ee_3/} てか、
| あるがまま・・・ | 2010/05/15 11:07 PM |
「タンブリング」第5話
タンブリング5男子新体操部は顧問の柏木の骨折りで、帝都大学での合宿練習をすることになる。航や亮介は気乗りしないが、女子新体操部も参加すると聞き、渋々合宿することにする。...
| 日々“是”精進! | 2010/05/16 8:48 AM |