<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA弐 第五話 『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』

第五話 『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』

筆頭の六爪(ろくそう)のひとふりが
どうしてもみつからないという部下に
ノープロブレムという筆頭。

筆頭は小十の部屋へ。
そこから回想。

「この小十郎 

 腹をきらねばなりませぬ。」


人取橋での戦い、勝ちはしたものの
背中をお守りすると誓った筆頭に
怪我をおわせた責任をとって
死んでお詫びを・・と刀をぬくと
介錯はひきうけたという筆頭。

腹を切ろうとした剣をとばし
腕をつった布をやぶり
なぐろうとして・・痛みを感じうめきます。

「いつまでも ガキ扱いするんじゃねえ。

 おまえはオレの右目だ。

 オレが右手をなくしたときは

 なくしたときは

 腹なんかかっさばいてねえで

 オレの右手にもなりやがれ!

 このとおり 

 背中には一太刀もあびてねえ。

 おまけに 明日からもかわらず

 オレはこの六そうをふるえる。
 
 なんらかわりねえってことだ。

 クールにいこうぜ。」


「もうしわけ ございませぬ。

 この小十郎 
 
 なお一層の覚悟をもって

 お仕えいたす所存。

 あらためて 奥州平定

 おめでとうございます。」


と手をつく小十郎。

回想終わり。
現在の部屋には小十郎の姿はなく
床の間にかざってあった小十郎の刀を手にする筆頭。

「梵天成天翔独眼竜」

という文字が刻んでありました。

「小十郎。」

剣を自分の腰にさす筆頭。

「Are you ready,guys?

 Hurry UP!

 Burning UP!」


「Yeah〜!」

「We go therer!」

すると瀬戸川の向こうには
やまほどの上杉軍。

謙信様の姿も・・・!


OP



上杉軍は何をいってもうけつけず
道はふさがれ、
謙信様の姿もみえないと報告する部下たち。

「人取橋か・・。」

とらわれの小十郎の部屋へやってきた半兵衛。
筆頭が四軍のはさみうちにも
屈しなかったと、いかにすごいかを語りました。

「あたりめえだ 

 正宗様をなめるんじゃねえ。」


しかし秀吉に直接奥州へいってもらうことに
なったといい、
筆頭がどうなったか・・と
筆頭の刀をみせる半兵衛。

いますぐ組してほしいとはいわないが
これまでつかえた相手がもういないと
いうことをよく考えてほしいと
筆頭が生きていることは教えずに
ひっかけるようなことをいう腹黒さ。

秀吉はそのようなこそくはいらないといいますが
彼は必ず君の役にたつという半兵衛。
秀吉を奥州へいかせたことを
悪いことをしたというと
半兵衛が気にしていたから出向いたという秀吉。

秀吉が筆頭にとどめを刺さなかったのは
意外だったけど
仕損じるにはそれなりの理由があったのだろう
と半兵衛。

そして豊臣軍は四国へ攻めいることに。
秀吉の言葉にこたえる豊臣軍。

筆頭の刀を前にし、考える小十郎。


CM


一息つく伊達軍。
筆頭の兜に鳥がとまるくらいのんびりです。

上杉謙信の姿が川向こうにみえました。

謙信はかすがから、
豊臣が毛利とともに四国をせめるようで
慶次は大坂へとむかったとの
報告をうけました。

「わたしの美しき剣

 そなたの優しき心根を

 まこと いとしく思いますよ。」


かすがのエクスタシー。

川を隔てた伊達軍にも
かすがの放つピンクのオーラがみえているのに爆笑。

慶次は出陣する秀吉をみておっていき
前田との同盟を破棄してくれ
話をきいてくれと叫ぶも
秀吉は無視していってしまいます。

近づいてきた半兵衛から

「君はちっともかわらない」

と言われてしまいました。

「秀吉は世界をみている。

 風と 気の向くままに生きる

 放蕩ものの言葉など

 たとえ 耳元で叫ぼうと

 彼には 聞こえないよ。

 住む世界が違うということさ。」


といって半兵衛もいってしまいました。

幸村はまた男手のいないさびれた村をみて
心をいため、小山田に声をかけられて
先へすすみます。

天下をねらうために
どれだけの人々が犠牲になっているか・・

『くっ!おしえてくだされ おやかたさま

 平和な日の本は

 まこと この先に・・

 戦いの果てに

 あるのでございましょうか?!』


そこへ豊臣の旗印をかかげた軍をみかけます。
毛利との同盟が成り四国を攻めるのかも
ときき、おやかたさまの命を思い出しました。

『なんたること!

 それがし いつしか 使命をおろそかに・・

 もうしわけございませぬ

 おやかたさま〜〜〜!!!』


伊達軍はのんびり。
剣をふるう筆頭は刻んである文字をみて
またまた
小十郎との回想。

人取橋のあと、なぜ腹をきろうとしたか
たずねる筆頭。
筆頭に怪我をおわせたからということに
なっていましたが
実はその戦のとき出陣に反対をしていた小十郎。

結果は勝ちだったけど
大きな犠牲があったらしい。

「あなたさまに

 本当の喪失感を味わっていただくつもりで

 ありました。

 戦いに勝っても

 後を 共に生きるものがなくては・・。

 この小十郎

 まだ若いあなたさまに

 右腕を失うことで

 それをさとっていただこうと。」


「シャーラップ!!

 つけあがるんじゃねえ!!」


と剣をつきつける筆頭。
しかしその剣に刻まれた文字をみて
はっとします。

「ハッ。おまえにゃかなわねえ

 そういうこったな。」


「めっそうもございませぬ。」

「伊達軍は もう誰一人かけさせねえ」

「正宗様」

回想終わり・・。

上杉軍が撤退していきました。

謙信さまは伊達軍を足止めさせるべく
ここにいてくれたらしい。

ここは伊達が奥州を統べる際
もっとも大きな犠牲をはらった戦場。

「血気にはやった竜の心を静め

 その身の傷をいやし

 力を蓄えさせられるのは

 この地をおいて 他に・・。」


包帯をはずす筆頭。

「ちょいと礼をしにいくぜ。」

なぜそこまで伊達にしてやるのかと
たずねるかすがにこたえる謙信様。

「そうですね・・・
 
 独眼竜 伊達正宗

 かの者こそ ほかならぬ甲斐の虎が

 手塩に掛けし 若虎(わこ)の好敵手にして

 人のある限り 縷々続く人の争いを

 止める者のひとりと思わん・・」


そこへかけてきた筆頭をみて馬をだす謙信様。

橋のうえで激突!

「クールダウンさせてもらったぜ。」

「百折不撓。

 あとはその天命と器量次第。」


「おつなまねしてくれるじゃねえかと
 
 言いたいところだが

 恩にはきねえ。後悔するぜ。」


「そなたが戻らぬ時

 奥州は私が統べましょう

 そこから天下をめざしてみるのも

 悪くはありません。

 ゆえに 憂いなく。」


「あんたもくえねえなあ

 どこか甲斐の虎に似ていやがる。」


「それは誉なこと。」

進軍する伊達軍。

「Ok, Be enthusiastic!」

「Yeah!」

「Prepare the trigger!」

「Yeah〜!」

「Got it!

 お待ちかねのパーリーだ!」


「Yeah〜!」

瀬戸内では長曾我部 毛利の闘いが
はじまっていました。

「やっこさんが豊臣と手を結ぼうが

 関係ねえ。

 とっとと カタをつけてやるぜ。

 見ろ!連中 先手をうたれて

 あたふたしてやがる。

 十一尺の巨砲(おおづづ) 完成なった

 この富嶽で 一気に毛利を倒し

 一気に天下へうってでるぜ!

 いいな?!野郎ども!!」


「アニキ〜!」

「長曾我部の要塞 富嶽

 あれはよいものよ」


とつぶやく元就。

 


謙信様の素晴らしい人柄が
際立っておりました。
謙信様と並び立つおやかたさまも。

あの二人にくらべると
幸村も筆頭も
まだまだひよっこという気がしますねえ。

小十郎のいない筆頭を
よくぞおさめてくださいました!!

囚われの小十郎、刀があったからって
筆頭がそんな簡単にやられるわけないと
信じるよね・・?!
小十郎の筆頭が(おい)
黙っていくわけない。

瀬戸内も楽しい!
















Newtype (ニュータイプ) 2010年 09月号 [雑誌]

アニメディア 2010年 09月号 [雑誌]

アニメージュ 2010年 09月号 [雑誌]
2010.08.08 Sunday 19:01 | comments(0) | trackbacks(40) | 
<< 朝日放送の仮面ライダーダブルの放送日 | main | ジャンプ 36・37合併号 感想 >>









戦国BASARA 弐 第05話「誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!」
政宗、REstart
| 記憶のかけら*Next | 2010/08/08 7:10 PM |
戦国BASARA弐 第五話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
 のんびりしすぎの幸村に和みました。
| つれづれ | 2010/08/08 7:11 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」 【感想】
再び奥州を平定した政宗は大坂へ出陣する。 そこに立ちはだかったのは、上杉謙信。 人取橋で迎え撃つその真意は何か。 一方、半兵衛は小十...
| 失われた何か | 2010/08/08 7:12 PM |
戦国BASARA弐 第5話 感想
戦国BASARA弐 第五話 『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』
| Kyan's BLOG IV | 2010/08/08 7:18 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
片倉小十郎が帰ってきてる!? え、切腹!?やめてー 「お前はオレの右眼だ!クールに行こうぜ!」 っていう夢だったとさ\(^o^)/ ただの...
| 空色きゃんでぃ | 2010/08/08 7:24 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印! 独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
回想でもいい、小十郎の出番があるだけで嬉しくて泣ける!
| 見ていて悪いか! | 2010/08/08 7:25 PM |
戦国BASARA2 5話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
小十郎が戻ってきたΣ(゚Д゚)?!  と本気で思ってしまったwあれは1期であった話なのかな? 以下ねたばれです
| 欲望の赴くままに…。 | 2010/08/08 7:32 PM |
アニメ「戦国BASARA弐」 第5話 誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!
TVアニメーション「戦国BASARA弐」戦国トラベルナビ~奥州編~(2010/08/25)森川智之 中井和哉中井和哉商品詳細を見る 小十郎……。 「戦国BASARA弐」第5...
| 渡り鳥ロディ | 2010/08/08 7:38 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
「絆」
| マリアの憂鬱 | 2010/08/08 7:41 PM |
『戦国BASARA弐』#5「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
「伊達軍は、もう誰一人欠けさせねぇ」 梵天成天翔独眼竜 まだ闘いの傷が癒えないうちに、出陣の用意をはじめた伊達勢。 しかも政宗の一振...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2010/08/08 7:42 PM |
バサラ2 #05 誓願の刻印!
テレビ版の 『戦国BASARA弐』 を見ました。 (以下 「誓願の刻印! 独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」 のネタバレです。まだご覧になっ...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2010/08/08 7:52 PM |
戦国BASARA弐第5話「誓願の刻印!独...
伊達の敗北--------------。竜の右目を奪われ、更に六爪のうち1本を奪われた政宗。あぁ、政宗さま(><)伊達屋敷に戻った政宗は、そこで小十郎の愛刀・黒龍を眺め、昔を思い出す。政...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/08/08 7:54 PM |
「戦国BASARA弐」第5話
  第五話『誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!』自ら奥州へ出向いた秀吉の更なる猛攻を受けた伊達軍勢。苛烈な戦いをくぐり抜け、伊達屋敷に戻った政宗は、小十郎の居室へと...
| 日々“是”精進! | 2010/08/08 7:56 PM |
誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!
クールに行こうぜ★  d(`Д´)bウホwどーにも話についていけない、記憶もあやふや・・・いつの間にやら小十郎が帰ってきたんだとばかりwwwあぁ;;これは前にこんなシーンがあ...
| 烏飛兎走 | 2010/08/08 8:00 PM |
天下取りの船出に 「戦国BASARA弐」 第5話の感想。
「乗り遅れるんじゃねえ!!」 ・ 今回のイラストは、ラストでどっかんどっかんぶっぱなしたアニキですが。 第5話 「誓願の刻印!...
| あるアッタカサの日常 | 2010/08/08 8:06 PM |
戦国BASARA2 5話感想
パーリィー始まって終わってまた始まったなちょっとキャンプ帰りなんで疲れてる・・・・簡単にやろう・・・・
| 遊乙日記GO NEXT | 2010/08/08 8:08 PM |
戦国BASARA弐 第5話 『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』
やっと元親の兄貴登場!!(*・∀・*) 長かった…ちゃんとした登場まで長かった…!! 今回はこじゅまさ…というか、政宗さまの回想シーンが大...
| ティンカーベルをください | 2010/08/08 8:25 PM |
戦国BASARA弐5話
遠目にも見えるピンクオーラ。というわけで、「戦国BASARA弐」5話戦国ピクニックの巻。筆頭と小十郎の固い絆、熱いなぁ。命を賭けて主を諭そうという覚悟、忠臣ってレベルじゃねーぞ。...
| アニメ徒然草 | 2010/08/08 8:26 PM |
戦国BASARA弐 第05話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
正宗と小十郎の絆いいね。
| 瞳にアル世界 | 2010/08/08 8:31 PM |
戦国BASARA弐 #05
「誓頭の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙」 スミマセン… 今日は酷く疲れてるので  サックリと感想いきたいと思われますw 今回はアレですね! 小十郎を思うが故に筆頭の回想シーンが多かったっすね( *´艸`) 小十郎の自らの腹切り  筆頭の前で腹切り
| あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w | 2010/08/08 8:41 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
お待ちかねのパーリィだ――! 奥州を統べた際の、小十郎と筆頭の回想シーン。 政宗に傷を負わせたことで切腹しようとした小十郎。 その刀...
| SERA@らくblog | 2010/08/08 8:48 PM |
戦国BASARA弐 第五話 誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙! レビュー キャプ
クリックで別ウインドウ原寸大表示 伊逹屋敷に戻った政宗達。しかし、ダメージはけっこう大きく なんといっても摺上原では六爪の一本を見つける事ができず 落ち込む部下達… No Problem…これだけありゃあ上等だ そう言う筆頭だけど、見ていて痛々しい…背中の斬り
| ゴマーズ GOMARZ | 2010/08/08 8:54 PM |
戦国BASARA弐 第5話 「誓願の刻印! 独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」 感想
自ら奥州へ出向いた秀吉の更なる猛攻を受けた伊達軍勢。 苛烈な戦いをくぐり抜け、伊達屋敷に戻った政宗は、小十郎の居室へと足を向ける。 ...
| ひえんきゃく | 2010/08/08 9:02 PM |
戦国BASARA弐 第5話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
「お前には敵わねぇ、そういうこったな」 小十郎との過去を思い出す筆頭…! そして、ついに秀吉の軍勢が出陣、瀬戸内でも戦いが始まったー! ...
| WONDER TIME | 2010/08/08 9:29 PM |
戦国BASARA弐 5話 誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!
ラブラブカップル!ヒャッハー!!
| Ηаpу☆Μаtё | 2010/08/08 11:28 PM |
戦国BASARA弐  第五話  感想
誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙! 深手を負い、ボロボロの状態で屋敷へと戻った政宗。 そこで待っていたのは小十郎。 政宗が利き腕に傷を負ったことを自分の責任として、 死んでお詫びをと言う。 政宗は介錯をすると見せかけて、自害用の小刀を弾き、怪我を
| サンショウ魚のしっぽ | 2010/08/08 11:35 PM |
戦国BASARA弐 第05話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
いつまでもガキ扱いするんじゃねぇ!
| LIV-徒然なるままに | 2010/08/08 11:40 PM |
戦国BASARA弐 「誓願の刻印! 独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
上杉と戦うのかと思った
| 説得能力はない | 2010/08/09 12:25 AM |
戦国BASARA弐 #05「誓願の刻印! 独眼竜対軍神人取橋の対峙!」
 苦い凱旋に政宗はかつて奥州を納めた時の人取橋での熾烈を極めた戦いを思い出していました。その時は小十郎が切腹の準備をして政宗を待っていましたが、今度は小十郎が居ません。政宗は休息のそこそこに大阪に向けて出陣しました。  政宗の愛刀の「六爪」のうちの
| たらればブログ | 2010/08/09 1:11 AM |
戦国BASARA弐#5「誓願の刻印!独眼竜...
竜の右目は竜の右腕にもなれ!!!戦の後の誓い。「誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!」あらすじは公式からです。自ら奥州へ出向いた秀吉の更なる猛攻を受けた伊達軍勢。苛烈...
| おぼろ二次元日記 | 2010/08/09 2:08 AM |
戦国BASARA弐 #05「誓願の刻印!独眼竜対軍神人取橋の対峙!」
総評!山までピンクにwうーん。正直なところ、シリアス路線に進みすぎてつまらないですね。筆頭と小十郎の過去の話と現状をうまくつなげていたところはまあ良くできていたと思います...
| 生涯現役げーまーを目指す人。 | 2010/08/09 6:57 AM |
戦国BASARA弐 第5話
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD](2010/10/06)中井和哉保志総一朗商品詳細を見る 秀吉との戦いで一双 太刀を失った政宗。 失った分の穴埋めは小十郎の太刀...
| こじこ脳内 | 2010/08/09 8:12 AM |
(アニメ感想) 戦国BASARA弐 第5話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 自ら奥州へ出向いた秀吉の更なる猛攻を受けた伊達軍勢。苛烈な戦いをくぐり抜け、伊達屋敷に戻った政宗は、小十郎の居室へと足を向ける。そこで想起された過去は、政宗が奥州を統べる前・・・多大な犠牲を払った末に勝ちを得
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2010/08/09 8:13 AM |
戦国BASARA弐 第五話 『誓願の刻印...
ちょうど今視聴し終わったところです〜ネタバレ注意ってほどでもないですが一応感想なのでご注意ください政宗と小十郎の関係に萌える・・・・って記事をよく拝見してたんですが今回...
| 徒然”腐”日記 | 2010/08/09 3:43 PM |
戦国BASARA 弐(ツー) 第五話『誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!』
過去5話を通して、もしかしたら一番お気に入りになっているのは 謙信公かもしれない…などと思ってみたり。 年長者らしい言動、語りすぎない格好良さ。かすがはお目が高いっすな! 戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD
| 風庫〜カゼクラ〜 | 2010/08/09 9:25 PM |
今週の戦国BASARA弐「第5話 誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
正宗のリフレッシュスタートに、四国勢の対決。面白くなりそうな予感です
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2010/08/09 10:22 PM |
戦国BASARA弐 第5話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」
大阪への出陣の準備を整えるため、奥州へ戻った正宗。 摺上原で六爪の一本を見付けられなかった事を詫びる部下に対し気にするなと言いま...
| 黄昏温泉旅館 | 2010/08/09 10:33 PM |
戦国BASARA弐 #5
今回はポリ宗メイン。・大怪我をして本拠地に戻ってきたポリ宗。ポリ宗が帰ってきたら古十郎が・・・古十郎は切腹する勢いで、そんでもってポリ宗はマジで古十郎をぶん殴った!しか...
| COLONYの裏側 | 2010/08/10 10:28 AM |
戦国BASARA弐 5
冒頭の小十郎のシーンは回想なんですか?いつ戻ってきたのー?って思いました着物の合わせが逆だったのは切腹前提だったから???なんで伊達さんは英語をしゃべるんだろう・・・部...
| しなもにあ | 2010/08/11 9:55 AM |
◎戦国BASARA弐第五話「誓願の刻印!独眼竜対軍...
マサムネのところにカタクラもどってた?ていうか、いつのまに救出したんだ。そして、カタクラ自害しようとする。マサムネ介錯はひきうけたぜというが、結局殺さない。そして、怪我...
| ぺろぺろキャンディー | 2010/12/20 3:48 AM |