<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第13話(最終話)

第13話(最終話)

山梨県本栖湖畔に出現したMは久里浜によって
「フルドネラ」と名づけられ、
最大級のモンスターMM9と推定された。
一方、つくば気象研究所から無断でMの卵を
持ち出したさくらは、ワンボックスカーで万里とともに
「フルドネラ」の進路へと向かう。
卵を親に返そうというのだ。
しかし、車の中で卵が変化し、幼体が誕生してしまう。
途中の封鎖箇所で警官に車内の幼体を発見され
足止めされた2人を意外な人物が助けに来る・・・!




記者会見にでる部長。

Mはフルドネラと名付けられました。
近くにはM警報や注意報が発令。

モンスターマグニチュードは
MM9と推定されると
いうとざわめく記者たち。

その画面を何度もさくらが
リピートしていました。

名前が間違ってるそうで、、。
だけど部長の発表=正式名称に
なるという灰田に文句をいうさくら。

フルネリュージン=フルネドラゴン

略してフルネドラ


なのにというとみかづきにも
うるさいと言われてしまいました。

「みかづきとみずかきくらい違うのに

 なんで無頓着なのかなあ?」


「いっちゃったもんは

 とりけしきかないの。

 エベレーターとかコチョレートとか

 とうもころしとか 誰にでもあるでしょ。」


さくらは不満そう・・・。

そのとき気特隊に荷物がとどきました。
大きな箱。

品名 粗品

送り主は気特対ファンクラブ


うさんくさいからあけないというみかづきに
灰田も賛成。
さくらはまたまた不満そう・・。

箱のサイズが卵とおなじくらいじゃないか
といっても、みかづきに怒られるだけ。

ここで前回の続きへ。
車の中で孵化しそうな卵。

Mのそばでは灰田と悠里が観察中。

たまごをカメラにうつしおくると
Mと呼応している様子。

たまごはどんどん小さくなっているらしい。
質量は?ときかれさわると動く・・。

孵化するためには卵の殻をやぶらなければならず
それがとんでもない方法だとしたら
本来宇宙規模でおこることが
車の中でおこるかも?という悠里。

山際さんが車のルートを指示。

さくらの手は卵から離れなくなってやばい。
ゲーセンでナンパされたの
断るんじゃなかったと嘆くさくらの発言から
みかづきが彼氏とわかれたという話に。

そしてまたさっきの続き。

箱をもちあげた灰田と課長。
中から音がきこえ、ファイバーカメラで
みてみたら、蜂がはいってました!!

また車の中。

右手がピリピリするというさくらのために
車をとめるというみかづき。
実はトイレが限界だそう。

パーキングエリアでいったん停止。
さくらの手から卵ははずれましたが・・

「うまれた」

と車をゆびさすさくら。
みかづきが車のドアをあけると
いましたMの赤ちゃん。

デカっ!!

生まれたばかりなのに
あんな卵は小さかったのに。

気特対からの電話に
生まれたと報告。

また現在。

たずねてきた氷室。
みかづきにおみやげを手渡し
食事に誘いますが
さくらと約束してると嘘をついてことわったうえ
おみやげのたぶんタルトをそのままさくらに。

またまた車。

「なんとかもったね」

「家に帰るまでが遠足です。

 気をぬかない。」


車の後ろではMの子どもが
動いています。

「おこってほしくないことは

 かならず起こる。

 決まって最悪なタイミングで。」


道路で検問がおこなわれていました。

車をとめさせれて絶体絶命。
気特対でフルドネラのところまで
緊急で行かなくてはといっても
ひきとめられ、車のドアをあけてしまう
警官。

Mの子どもが外へ出ていき
発砲されそのまま逃げていってしまいました。

詳しく話を・・といわれたときに
親のほうのMのはげしい咆哮。
みんなが耳をふさぐくらい。

Mは子どもの方へ動き出したらしい。

気特対からの電話も警官に
通話は許可できないと
とりあげられてしまいました。

「気特対が」

とバカにした言い方。

そこへあらわれたヘリには氷室が!!

二人を乗せてMのところへ
飛んでくれました。

気特対にも連絡し
灰田たちと合流してフルドネラを観察しろと
いわれます。

「なんで 氷室君がでてくるわけ?」

「以前 現場をみたいといっていたから

 場所を私が。」


と部長にこたえる課長。

夕陽の中、湖の上を移動中のM。

美しい。


それをみまもるさくらたち。

「感動の対面かあ。

 もうすぐだよね。」


「このまま

 親子そろって お帰りいただければ
 
 一件落着なんだけどな。」


「こっちだって

 武器をいっさい使用せずにすむなら

 ありがたい。

 かつかつの予算でやってるのはどこもいっしょ。

 バカ高いんだぜ。うちの消耗品。」


と氷室。

「きた!」

Mの子どもがあらわれて
一声鳴きました。

親もそれにこたえ、感動の親子対面?!

親のほうへちかづいていく子M。


笑顔でみつめるさくら。

親子ともどもMのからだに縄文模様のような
模様がうかびあがります。

感動の親子対面?のはずが
親Mにかみつく子M!!

親のMを子のMが食べていました。

「たまごからうまれるのは

 セノウミの神

 そういうことか。」


金枝篇・・老いて力の弱くなった神は
若者に殺されることで
神としての魂が転位して
新たな肉体と力を得る
ということだそうで
たべられてしまうM。

「なんか かわいそう。」

「そんな言葉で片付けるな。

 彼らはきっと 何千年も

 何万年も これをくりかえしてきたんだ。

 かわいそうというのは失礼だ。」


と灰田。

同じくMをみつめている謎の少女。

老いたMは湖に沈んでいきました。

それを見守って立ち去ろうとする
少女の前にあらわれた誰か。

また現在。

報告書をしあげたさくら。
チェック中に、部長がやってきて
さっきの箱のカメラを
ひっぱりだしてしまいました。

あわててみんな外へ避難。

おくってきた相手の心あたりは
たしかではないけどたぶん、つくば
だという灰田。

結果的にさくらの判断は正しかったけど
それじゃ納得しないのがあの男。

結局ハッキングは問題にしない
けど、むこうの腹の虫がおさまらないから
これでよかったんじゃないかという部長。

「じゃあ 藤澤が

 ハチにさされたことにして

 何かの折につたえましょう。」


「ああ そうしてあげて。」

同じく避難していたさくらたちの前を
とおりすぎていった誰か。

「あの人誰?

 他の課の人?」


「あれが気特隊の主

 曽我部さんだよ。」


4か月ぶりにあったとか
みかづきもあったのが二度目とか。

そのとき空を飛行機がとんでいき・・
落ちた!

さっそく調査にいくことに。
調査にはいくけどさくらの報告書は
今日中だといわれてしまいました。

部屋を出るときデータをセーブしたっけ?
とあわてるさくらを「バーカ」といいながら
かわいがるみかづき。




最後、親子の感動の対面と思いきや
そうもってきたか。
さくらはてっきりそのために
がんばってきたと思うのに
灰田はそのへんさすがベテランです。

湖の上の夕陽にてらされたMは
美しかったです。
Mにとっては住みにくい環境に
なったのでしょうね、今は。

謎の少女がSなのはわかったけど
あいにきたのは誰なのか、、
視聴者にいろんな知識がないと
楽しめないような話も多かったなあ。

でも、M以外に気特対のメンバーの日常なども
おもしろく、毎回楽しくみていました。

今期ドラマの中では一番よかった(^。^)




藤澤 さくら(19) - 石橋杏奈
機動班。新人1年目。
朏(みかづき) 万里(25) - 尾野真千子
機動班。4年目。
灰田 涼(28) - 高橋一生
機動班・班長。
森橋 光一郎(27) - 中村靖日
情報分析班。新人オペレーター。
山際 俊夫(35) - 松尾諭
情報分析班。ベテランオペレーター。
室町 洋二郎(43) - 皆川猿時
対策課・課長。
案野 悠里(35) - 加藤貴子
数学者。オブザーバーとして所属。
久里浜 祥一(48) - 松重豊
特異生物部・部長。
淡島 貴一(27)
機動班。北海道に長期出張中。
曽我部 健介(年齢不詳)
情報分析班。社内引籠もりオペレーター。
つくば気象研究所 [編集]
四元 良成
特異生物部・監視研究課・課長。

謎の少女 - 橋本愛















2010.09.30 Thursday 22:48 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 7人のシェイクスピア 2巻 | main | 「ガラスの仮面」コミック・ファンブック >>









MM-9 -MONSTER MAGNITUDE−#13[Final]
最終回はアバンなしで、OPタイトルからスタートということで、これまでとは少し違う雰囲気でスタートしたが、前回のような緊張感に乏しく、全体的にはコメディ・テイストを取り入れたものでした。また、今回は回想形式で描かれていたが、それならそれで、もう少し上手く
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2010/09/30 11:46 PM |
MM9 第12,最終話
MM9 -MONSTER MAGNITUDE- 第12,13話 第1話の「卵」の後日談の,神様の代替わりを描く特撮巨編。 以下読みたい方だけどうぞ。 MM9 DVD-BOX I(仮) 【期間限定版】...
| Kyan's BLOG IV | 2010/10/03 6:09 AM |
「MM9-MONSTERMAGNITUDE-」第13話(終)
 第十三話(終)気象庁・プレスルームに登壇してくる久里浜。山梨県本栖湖湖畔にM1号が出現し、記者会見が行われた。M1号は「フルドネラ」と呼称され、周辺各市にM警報とM注...
| 日々“是”精進! | 2010/10/03 9:19 AM |
MM9 -MONSTER MAGNITUDE-
最終回の感想 
| Akira's VOICE | 2010/10/03 11:00 AM |
MM-9 #13[Final](補追・BS-TBS版)+α
MBSでの放送バージョンとBS-TBSでの放送バージョンとに、僅かな違いがあったため、BS-TBSバージョンについて記しておく。と言っても、物語本編ではなく、エンドロール終了後の違いであるということを最初に断っておく。(来週からの放送番組の関係も含んでいる。) MBS
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2010/10/03 11:01 AM |
MM9-MONSTER MAGNITUDE- 第十一話 第十二話 第十三話
ラスト三話を一気に視聴。巨大なMの記憶、そして1話から登場した謎の卵の物語の完結。ここのところのまったりから、一気にボルテージの上がるストーリー展開に身を乗り出す。個人的に9月の終わりが恐ろしく忙しくて、録画だけして見る機会を損失していたMM9。ここに来
| 不惑にして特撮に惑う | 2010/10/05 9:33 PM |