<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Q10(キュート) 第3話「私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体」

 第3話「私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体」
教室は男子が着替え中。
体操服を中においてきて
困っている河合さんのために
平気で中に入ってとってきてあげるQ10。

男子びっくり。
平太の体もみながら
体操服をとってでていきました。

「ねぇ?なんで なんでなの?」

と影山くんにきかれて首をひねる平太。

『Q10には 嫌なことはないのだろうか。

 尻込みしたくなるような・・

 恥ずかしくて 

 思わず声をあげたくなるような

 とりかえしがつかないような・・。』


教師から、文化祭の前夜祭に踊る
上半身裸の受験祈願「天下取りの舞」のビデオを
みせられる男子たち。
この学校が男子校だったころからあるそうです。

「去年 学年1位だった堀内くんは

 『ばかばかしい』といって

 これを欠席しました。

 で どうなったか。

 はい。入試日にインフルエンザ。

 すべてがパァ〜。」


そんなバカなww

平太はまた冷めた顔。

女子たちは誰が一番いい体型かを噂中。

「平太だけ

 平太だけ マークがついてました。」


というQ10。胸の手術のあと。

『文化祭は嫌いだ。

 去年の文化祭は

 病気を口実に欠席した。

 その前の年も・・。』


いっしょに歩いていた彼女に
手を組んでもらってたのに
友達の姿をみてその手をふりはらってしまった平太。
彼女は逃げて行き、そのあと友達に
なぐさめて涙している姿を目撃。

『文化祭は 普段忘れていることを

 思い出させる

 二度と同じ風に

 吹かれることはないのだという

 とりかえしのつかないような

 あのむなしいかんじ』


久保君の御見舞いにきた平太。

「そういや お前って昔から

 嫌いだよなあ

 花火とか小説とか」


「だって 終わるとさびしいじゃん。」

文化祭は今年も休もうかな〜という平太。
前夜祭の日、ここにとまろうかなと
言い出しました。

そした「夜の看護婦」が見れるかもという久保君。
夜にみまわりにくる看護師さんだそうです。

『同じ風は 2度と吹かない。

 柴田京子のことは もう

 好きでもなんでもないのに

 みかけるたびに 息が苦しくなる。

 取り返したくても 

 取り返せないものがあるということを

 思い出して そのむなしさで 苦しくなる。

 この気持ちは たぶん

 Q10にはわからない。』


すれちがってふりかえり、見つめあう平太と京子。

クラスではミスコン出場者を募り
河合さんが推薦されました。
受験勉強があるといっても
クラスのみんなはかなり強引。

影山くんも賛成しているのをみて
そのあと文句をいいにくる河合さん。

「だって 河合さんかわいいじゃん」

といったのに、河合さんはからかわれてると
思ったらしい。

校門のそばで
ルービックキューブをしている富士野さん。
そばにいた京子は平太に声をかけ、
ミスコンの代表にえらばれたという京子。

「もし 私が 1番になったら・・
 
 ごめん なんでもない。」


「『つきあって』っていいたかったんじゃない?

 ずいぶん待ってたよ。

 あ、私 富士野。 富士野月子です。」


とでてきたのはひきこもりの月子。

「どこかな?3年B組」

もう授業終わってるからというと

「いいのいいの。人がいないほうが。

 でないと

 エネルギーにやられちゃうから」


といって去って行きました。

平太の傷跡のことを小川先生きくQ10

「パフ!」がかわいい。

手術の傷跡をみられるのがいやで
文化祭欠席するのかと納得いった小川先生。

その会話を中尾くんもきいていて
そのあとQ10といっしょに下校。

「傷があるのって

 そんなにやなのか。

 かっこいいのになあ」


教室に入った富士野さん。
黒板には文化祭の計画がびっしり。

「すげぇ ムンムンしてる

 こんなとこ 無理だよ」


街で西先輩に声をかけられる藤丘。
何もしなくても金がずんぐりずんぐりはいってくる・・
というあきらかにヤバイ仕事ににさそわれ、
金をポケットにねじこまれました。
3万円。

「考えといてよ」

そのお金をみていったん財布にしまおうとしたけど
Q10と中尾くんがみているのに気づき
ゴミ箱に捨てていってしまいました。

久保君のところへやってきた平太。
前夜祭にいっしょに遊ぶグッズを大量にもって
きました。

そこへ怪我をしたQ10が!
腕には傷。

「どうしたんだよ?これ!」

「今 中尾君もやられています。」

あわてて平太がいくと中尾くんも
額に怪我。
とびかかっていく平太ですが・・
特殊メイクのお店でした。

平太が傷を見られるのがいやで
欠席してそれでもし入試失敗したら
取り返しがつかないし
だったら平太より深い傷をつくればいいと
思ってのことらしい。

なんでそこまでするんだという平太に

「深井だって僕のこと心配して

 走ってきてくれたじゃない!

 走っちゃいけないのにさ。」


という中尾君。
平太、何もいえませんでした。

平太は久保君に連絡をいれて説明。
文化祭には出るけど
夜の看護婦をみるために
病院にはいくといいました。

ゴミ箱をあさってさっきのお金をさがす藤丘くん。

神社におまいりして
厄除けのお守りをQ10にあげる平太。

「お金を捨てても いいのですか」

「あれは捨ててんじゃないよ

 おさい銭。」


「藤丘くんも 捨ててました」

「へ〜 あいつも拝んだりすんだ」

「3万円」

「3万!?」

Q10にそのときの映像をみせてもらう平太。
耳にコードをつないで
手でまきもどしたり再生したり。

「こんなことも できるんですね」

これは絶対にやばい仕事だというと

「やらないように いいます」とQ10。

「でも やるなとは言えない」という平太。

「お金があれば 藤丘は

 やばい仕事をせずに

 すむのですか?」


でも平太の財布には1千円とちょっと。

と、落花生のはいっていた袋をひっくりかえし
中をからにするQ10。

「藤丘のために みんなに

 ここに お金を捨ててもらいます」


「みんなって?」

「今から会う人 みんなです」

「捨ててください」

「えっ?俺も?」

「パフ」

藤丘は仕事は無理だと西先輩に言ったのに
また同じ金額をもらってしまいました。

「もう一回 ちゃんと考えろよな。」

あの捨てたお金は西先輩が拾っていました。

「お金を捨てて下さい」という
のぼりをたててお金を募集するQ10。

「友達が やばい仕事に

 顔をつっこみます。
 
 お金を捨ててください。」


河合さんは、ミスコンにでるのに
服を買いたいからお金をかしてくれないかと
兄に相談。
だけど代表に選ばれたのは

「おまえみたいなブスが

 代表だなんて ありえないだろ」


とブスを笑おうっていういじめだ
絶対でるんじゃねえぞという兄。

そこにいた山本さん。

「でるべきだよ。」

兄の言っていたこともほんとのことだし
という卑屈な河合さんに
お兄ちゃんが言うことが間違ってるかも
しれないじゃんと山本さん。


「河合さんは きれいだよ」


「そんなはずない・・。

 絶対にそんなはずない。」


「そっか。

 私の言う言葉は信じられないか」


店からでていった山本さんをおっていく河合さん。

「違うの!

 山本さんのこと 

 信じてないわけじゃないの。

 信じたいよ。

 でも 信じらんない。

 だって 私は・・。」


「河合さんてさ

 『違う』ことは『違う』って

 声に出して言ってこなかったんだね。

 『違う』っていわないと

 間違ったことが本当になっちゃうよ。

 自分で大声で言わないと。

 かわりに誰も言ってくれたりしないんだから。

 大声で言おうよ。

 私は キレイだって。

 人にバカにされたっていいじゃん。

 『そうじゃない』って

 大声でいおうよ。」


Q10は道端に座り込んでいました。

「友達が ヤバイ仕事に首をつっこみます

 助けてください。」


悪そうな人がお金をいれてくれました。

「ありがとうございます。」

歌を歌う山本さんをみている河合さん。
そのあと、着なくなった服を
かしてくれました。

その服をかかえてひとりつぶやく河合さん。

「私はブスじゃない

 私はブスじゃない

 私はブスじゃな〜〜い!」


小川先生の家による平太。
Q10はボロボロになって帰宅したそうで
袋の中にはお金。

「マジだったんだ・・。」

前夜祭の日。

Q10はまた道端に座りこんでいました。
男にからまれて反応していたら
ショートしてしまった!!

体から煙が!!

そこへとおりかかった平太の父が
家につれてかえり冷やしてあげることに。

酔っぱらってるからよくわかってないようです。

「大丈夫れすか〜・

 しかし その実態は 鶴だったりして・・

 ふはははは」


ふすまをあけると、
背中を開いて熱を放出しているのを見て
驚いて失神・・・。

学校にやってきた小川先生のお母さん。
あわてて外へ連れだす小川先生。

グラウンドで話す二人。
小川先生のミスで甲子園にいけなかったという
過去があったようで、あんな大事なときに
ミスするなんて、恥ずかしくて
とても生きてけないと思ったけど

「案外 生きていけたね。

 お前も 私も」


「まあね。」

ミスコン用にかりたワンピースを洗濯されてしまい
もうでられないという河合さん。
それをとめる山本さん。

「お兄ちゃんの言うとおりだった。

 私がこんなの 出ること自体

 間違ってたんだよ。

 山本さんがなんと言おうと

 私は ブスなの。」


「お兄ちゃんを信じるの?

 それとも 自分を信じるの?

 この先 どっちを信じて生きてい行くの?」


「自分を信じたい。」

涙声になる河合さんを支える山本さん。

合格祈願の前にビデオ撮影を
柳先生に頼む影山くん。

「ここんとこ 押すだけ?

 簡単なんだ。」


「人もそれくらい

 簡単だったらいいのに」


「何?」

「いや 言葉も通じないし

 抱きしめるわけにもいかないし

 そんな時はどうすればいいんでしょうね。」


「最後は 情熱よ。

 君のね ここんとこが

 フツフツフツフツわいてきて

 ポ〜ンって ふたが飛ぶのよ。

 それが相手に コツンって 当たるの。」


「そんなにうまく当たります?」

「当たることは考えない。

 ただただ 飛ばすことだけを念じるの。

 ほら ピュ〜ン」


とカメラのふたを投げる真似。

ほら貝の合図で踊りがはじまりました。

「て〜んか とーる!!」

廊下にいた西先輩をみかけて
声をかける校長。
西先輩にかえさなきゃならないものがあると
優勝トロフィーを渡します。

いまさらいいという西先輩に
次々渡します。

「これだけのことを

 ほんとにお前 良く頑張ったよなあ」


裸踊りには平太も参加!

河合さんをひっぱってつれていく女子たち。

「河合はキレイだ〜!

 河合はキレイだ〜!」


と叫んでいる影山君!!!

河合さんの腕をひっぱりささやく柳先生。

「入試どうなってもいいって覚悟で

 いってんだから

 顔あげてきいてあげたら。」


影山くんをみつめる河合さん。

「あっ そうだ。

 これ 影山くんにかえしておいてくれる?」


とビデオのカメラのキャップを
渡されました。

不思議そうにうけとり
着替えおわった影山くんに返す河合さん。
だまってさしだして去って行きました。

「えっ?もしかして当たった?」

平太は京子の言葉を気にしながらも
帰ろうとしますが
校門をでたところに富士野さんがいました。

「ミスコン見ないで帰るの?」

「約束あるから」

「見てあげなよ」

「見たって

 何かが変わるわけでもないし」


「そうかな?

 今は 今しかないのにな」


とまた中へもどっていく富士野さん。

舞台袖で待つ河合さんに
山本さんが服を持ってきました。
他校の制服。

「コーディネイトして

 この世にたった一つの制服を作る」


平太からおそくなるという
メールをもらう久保君。

河合さんは山本さんといっしょに舞台へ。

緊張気味に挨拶し
山本さんのギターで
「風」を歌いだす河合さん。

京子のところへやってきた平太。
校舎の壁の傷をさわっている藤丘くん。
トロフィーを横に
シューズを手にする西
河合さんをみつめる影山君。
バットを振る小川先生。

平太と京子。

「あの日 私が腕を払われても

 『平気だよ』って笑っていたら

 私たち 今もつきあってたかな?

 ミスコンで優勝したら

 取り返せるかもしれないって思った。

 『取り返せるよ』って言ってくれるかな。

 嘘でもいいから・・。」


涙声。

「俺たちがもう一回 つきあえば

 それで取り返したことになるのかな。

 きっと そういうことじゃないよな。

 そうじゃ ないって

 わかってるもんな。

 取り返すっていうのは

 たぶん・・。

 次に行けるってことだよ。」


歌がおわり、拍手をあびる河合さん、
京子の番だとよばれました。

京子の手をつかむ平太。

「俺の手 はらいのけてさ 

 あっち 行けよ。

 行って 全部 とりかえそう。」


平太の手をはらう京子。
涙が流れます。

「これで おあいこだね。」

「うん。」

校長に挨拶する小川先生のお母さん。

お母さんが持っていた魔よけのお守りに
ふれたら校長の犬が苦しみ始めました。

人間以外のものがふれたら
ちりあくたになって消えさるというお守り。
それをきいてあわてる平太。

「どうしよう 俺 これQ10につけた!」

「ものすごくきく」といわれたところに

雷が落ちたというニュース。

「まさか Q10に・・」

校庭にいくと燃えていて
手が・・お守りが・・!

とりみだして泣きながら
Q10の名を呼ぶ平太。

その様子をみつめている富士野さん。
地面をたたき、泣きだす平太。

「あ Q10」

Q10が歩いてきました。無事。

ほっとして脱力した平太は

「うごくんじゃないぞ」

とお守りをむしりとりました。

「だ〜いじょう〜ぶれすか〜?

 だ〜いじょ〜ぶれ〜すか〜?」


ひっくりかえった平太に手を伸ばすQ10。

「勘弁してよ」

その手をつかむ平太。

久保君の部屋には違う看護師さん。
夜の看護婦さんはは結婚したそうで
今はイタリア。

平太の母と姉が帰宅すると
平太父は眠っていました。

「鶴 どうした?」

という父。

「鶴がきたんだよ ここに!

 メカでできた鶴女房。」


しかしとなりの部屋には誰もいない。

「いたんだって ここに!」

「夢みてたんだよ」

「飲み過ぎよ」

といわれておしまい。

「大丈夫れすか〜」

西先輩のあとをついていく藤丘に声をかけ
お金を渡す平太。

「Q10が集めてくれた。

 お前が ヤバイ仕事しないようにって。

 悪いけど 先輩とのやりとり

 きいちゃってさ。」


「こんなはした金じゃ 

 どうにもならないよ」


「そうかもしんないけど」

「だから お前には関係ないんだって」

「そうだ 関係ないよ。

 でも 踏みにじられるのが嫌なんだよ。

 おまえだって嫌だろ?

 誰かが踏みにじられんの

 黙って見てんの 嫌じゃないか?」


「西先輩は

 俺を踏みにじったりしないよ。」


「もう なんなんだよ!

 お前 ほんとにバカだな。

 お前の捨てた金

 ひろったの俺だよ。

 そうだよ。こいつの言うとおりだよ。
 
 お前を踏みにじろうとしたんだよ。

 こんなん持たされてたんじゃ

 嘘つきとおせねえよ。」


と行ってしまう西先輩。

「大丈夫れすか〜?」

というQ10。

お金を見つめる藤丘くんの
胸を小突く平太。

眠っている久保君の部屋にやってきた柳先生。

「久保君 お待たせ〜」

目に特殊メイク。

「深井くんからたのまれたの。
 
 かわりに

 夜どおしゲームしてくれってさ。」

そのあと二人でゲーム。

「平太は終わるのが嫌いでさ。

 終わるのがこわいから
 
 何かをはじめるのもの苦手で。」


「そんなこといったら

 生きていけないじゃんねえ。

 人間は100%死ぬんだから。

 みんな・・それ わかって生きてんだから。」


「平太にそう言ってやってよ」

ゲームで死んだキャラを
生き返らせてと頼む先生。

「結局 ずっと学校じゃん。」

とつぶやく平太。

アクシデントで大友がとばした
カッターがQ10の腕にささって
光ります。それを抜いて返すQ10。

「だいじょ〜ぶれすよ」

「そんなん どこでおぼえんだよ?」

その様子を中尾くんが目撃していました。

お金の中には励ましのメモが

「まだ取り返せる!頑張れ!」

「戻って」

「遅いってことはないんだから諦めないで」

「もう少しだけ ガンバレ」


『同じ風は 2度と吹かない

 その中で 俺たちは生きている』


河合さんの手をつなごうとする影山くん。
手を放しますが今度は河合さんから
つないでくれました。

誰かに電話している富士野さん。

「そう 号泣してんの。

 あんなの初めてみた。

 気持ち悪いって思ったけど

 なんか 感動した。」


Q10のそばで寝ている平太。

『夢を見た。

 Q10が人間で 俺はロボットだった。

 なんで 自分は人間じゃないんだと

 嘆いていたら

 Q10がそばに来て

 こういった。

 『人間であるとか ないとか

 そんなことどうでもいいことだ

 今 私も 平太も 人間になりつつある。

 誰かに心配されたり

 誰かを心配したりできる

 愛すべき人間になりつつある。

 それだけでいいじゃないか。』

 Q10の言葉がやさしくて

 俺は 夢の中でも号泣した。』


弟に食べ物を買ってあげる藤丘くん。
特殊メイクをはずして一休みの
中尾君。
お金集めをしているQ10の写真もはってある
そばでは、号泣している平太の姿の
ビデオも流れていました。



平太がロボットのQ10のおかげで
どんどん人間らしい感情を
取り戻していく。

学校内や街頭であんなことしてたら
現実だと問題になりそうだけど
そんなことはどうでもいいくらい
Q10のまっすぐな行動が素敵でした。

ぐれてしまった先輩も、昔の気持ちを
思い出してくれたみたいだし。
藤丘くんはバイトでもしたらいいんじゃないのかな。
私立校の学費ぶんは稼げないかもしれないけど。

富士野さんはまだ謎な人。

影山くんと河合さんの話はとてもよかった!
影山くん、がんばったねえ。
手をつなぐシーンはほのぼのです。

平太はあんなクールにしてても
ミスコンに出るくらいのかわいい彼女が
いたんですねえ。さすがです。
京子とちゃんと話するところもいいシーンでした。

ところで、もしや毎回、佐藤健くんの
上半身裸のサービスショットがあるの?
前回は雨に濡れて着替えるところだったし。
このドラマでそういうのいらないように
思うけど。

深井平太  佐藤健
久戸花恋(Q10)  前田敦子(AKB48)
山本民子  蓮佛美沙子
影山聡  賀来賢人
藤丘誠  柄本時生
河合恵美子  高畑充希
中尾順  細田よしひこ
富士野月子  福田麻由子
深井武広  光石研
深井ほなみ  西田尚美
深井千秋  松岡璃奈子
久保武彦  池松壮亮
小川しげ  白石加代子
小川訪 - 田中裕二(爆笑問題)
小野武彦 岸本路郎
柳栗子   薬師丸ひろ子




















2010.10.30 Saturday 23:35 | comments(0) | trackbacks(23) | 
<< バクマン。第5話 「夏とネーム」 | main | 天装戦隊ゴセイジャー 〜epic37 「エキサイト・モネ」 >>









【Q10(キュート)】第3話
キュートにはイヤなことはないのだろうか。恥ずかしくて、取り返しが付かず、どこか隠れたくなるような。平太は文化祭が嫌いだった。一昨年の文化祭、平太は付き合っていた柴田京子...
| 見取り八段・実0段 | 2010/10/30 11:42 PM |
Q10 第3話:私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体
だ〜いじょーぶれすよo(*´∇`*)oパフッ Q10かわええのぉだけど、腕に刺さったカッターナイフを普通に抜いたとこ 中尾くんに見られたけど、大丈夫なん? ...
| あるがまま・・・ | 2010/10/30 11:49 PM |
ドラマ「Q10」第3話「私はブスじゃない...
同じ風は二度と吹かない----------。ようやくQ10の事が好きだと自覚した平太。今度の学校行事は文化祭。でも、文化祭が嫌いな平太。男子は全員裸になって受験の合格祈願をする事に...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/10/30 11:54 PM |
ミスコンガールズ!!〜わたしたちの文化祭(Q10#3)
『Q10(キュート)』ヘイタダケ マークガツイテイマシタマークじゃなくて手術の痕だし、だからって特殊メイクで真似せんでもwロボットには恥じらいの感情がないのね!Q10@前田敦子は河合恵美子@高畑充希の体操着を取りに、着替えをしている男子の中に突入した・・・
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2010/10/30 11:55 PM |
Q10(キュート) #03
『私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体』
| ぐ〜たらにっき | 2010/10/31 12:39 AM |
日本テレビ「Q10 キュート」第3話:私はブスじゃない! 文化祭でおきた奇跡とQ10の正体
富士野月子が平太のことを話していたのは、誰なのでしょう。なぜ月子が? 平太とQ10の出会いは、偶然ではなかったのでしょうか…。
| 伊達でございます! | 2010/10/31 1:14 AM |
Q10 第3話
Q10の第3話を見ました。文化祭の準備で校内はざわついていたが、平太は文化祭に切ない思い出があり、憂鬱な気分なために前夜祭をさサボって久保の病室に泊まろうと考えていた。一方...
| MAGI☆の日記 | 2010/10/31 6:22 AM |
「Q10」第3話
 第3話文化祭を前に平太は憂鬱な気分だった。受験祈願の踊りも憂鬱だし、一年のとき互いに意識しあっていた女の子との苦い思い出がよみがえるのだ。そんな中、クラスの河合がミス...
| 日々“是”精進! | 2010/10/31 6:33 AM |
Q10(キュート) 第3話 奇跡
『私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体内容男子校だった頃の名残の受験祈願の踊りを行うことになった平太(佐藤健)たち。だがそんな裸踊りよりも、休んだ1年前。...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/10/31 7:30 AM |
Q10(キュート) (第3話 10/30) 感想
10/16から日テレで始まった『Q10(キュート)』(公式)の第3話 『私はブスじゃない! 文化祭でおきた奇跡とQ10の正体』の感想。 面白いだけに、もったいない! 先週でリタイアしそうだったが、何となく気になるのがロボット・ドラマ。期待しなかった分、よ
| ディレクターの目線blog | 2010/10/31 9:15 AM |
「Q10」第3回〜前田敦子のセリフが少なめで・・・
「Q10」第3回 【 河合と民子 】  河合恵美子(高畑充希)が、文化祭のミスコン代表者に選ばれた。  ファミレスで、兄にミスコンの衣装代を無心するが、「ブス」には不要だと冷たく突き放す・・・。  たまたま店にいた民子(連佛美沙子) が恵美子に「出るべ
| 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2010/10/31 11:39 AM |
ドラマ『Q10(キュート)』第3話
違う って言わないと、間違ったことが本当になっちゃうよ。大声で自分で言わないと。人に笑われたっていい。今季、一番ちゃんと観ている民法連ドラかもしれません。土曜ドラマ Q...
| strの気になるドラマ 気になるコト | 2010/10/31 11:57 AM |
「Q10」第3話
Q10の存在で、変わりつつある平太。誰かを心配したり、心配されたりするのが人間。&nbsp;そう…自分も他人を支え、他人に支えられて生きていることを、もっと若者は気づくべきなんだよなぁ…(<しみじみ
| fool's aspirin | 2010/10/31 2:05 PM |
『Q10(キュート)』 第3話
佐藤健君の泣き叫ぶシーンは見事でしたね〜。迫真の演技に、思わず岡田以蔵が過りましたよ。もうすっかりみ〜んな高校生に見えるんですけど、細田よしひこ君の動きが可笑しくて〜。22歳で頑張る彼(笑)『ライフ』での佐古君が印象強すぎて、その後も彼には不気味さを期待
| 美容師は見た… | 2010/10/31 4:01 PM |
「Q10」 第3話 私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体
 今回も泣けた・・・(ノω・、) ウゥ・・ 亀の甲羅のような私の心をも動かすこのドラマって、何なんだ・・・ も〜〜グイグイ入ってきますわ〜  男子が着替え中の教室に堂々と入ってきたQ10(前田敦子)を見た平太は思う・・ 『キュートには嫌なことはないんだろうか
| トリ猫家族 | 2010/10/31 6:22 PM |
【Q10(キュート)】第3話と視聴率「私はブス...
【第4話の視聴率は11/1(月)追加予定】影山聡(賀来賢人)君、素敵だったです♪皆が「天下取れ」と受験祈願の踊りを踊る中、一人、「河合は綺麗だ」と言って踊り続けました♪これっ...
| ショコラの日記帳 | 2010/10/31 7:27 PM |
Q10(キュート) 第3話
文化祭を前に平太(佐藤健)は憂鬱だった。 男子生徒が上半身裸になってやる「受験祈願の踊り」も憂鬱だったし、一年の文化祭 の時にお互いに意識しあっていた柴田京子の手をとっさに払いのけてしまった苦い 思い出も蘇るのだった。 そんな中、クラスメイトの恵美子
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/10/31 7:49 PM |
Q10(キュート)#3
Q10(キュート) 平太は、やっと元カノである柴田京子との関係に終止符を打った。平太はQ10のことを 気になりはじめた。 その気持ちはたとえQ10がロボットであろうと関係ない。 河合は スコンに出て自分に自身が持てたようだ。本当によかった。 やばい仕事に手を
| JAOの趣味日誌 | 2010/10/31 9:07 PM |
Q10(キュート) 私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体
毎々、心の底が「ざわざわ」したり「胸の奥がキュンする」ドラマですよね。Q10(キュート)喋りと、例のパフッ♪が癖になってくると、この喋り方やビジョンでなければ描き出せなかった諸々に感心させられます。 今回の学校行事は文化祭。だけど、文化祭が嫌いな平
| のほほん便り | 2010/11/02 8:23 AM |
ドラマ Q10(キュート)第3話 
私はブスじゃない!文化祭でおきた奇跡とQ10の正体今回のキュートは、大活躍でしたよね。教室の前で困っている河合、そこに通りかかるキュート男子の着替えている場面に、教室に入り...
| 「大阪発」わたしは働く総務課員(共働きで... | 2010/11/03 3:46 PM |
[ドラマ]ドラマ Q10(キュート)第3話 
私はブスじゃない! 文化祭でおきた奇跡とQ10の正体 今回のキュートは、大活躍でしたよね。 教室の前で困っている河合、そこに通りかかるキュート 男子の着替えている場面に、教室に入り込むキュート。 河合の体操着を捕獲して、なんともなかったように出て行くキュート
| 総務課員のひとりごと(はてな分室) | 2010/11/03 4:05 PM |
「Q10」(第3話:「私はブスじゃない! 文化祭で起きた奇跡とQ10の正体」)
10/30に放送された「Q10」(第3話)は、河合恵美子(高畑充希)が文化祭のミスコンに出場する、というのが主なコンテンツである。彼女がミスコンに出場した事に対して、鉄火丼の出した結論とは…?
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2010/11/06 8:58 PM |
≪Q10≫#03
同じ風は二度と吹かない。 毎年あるい文化祭でも決して同じ風ではない。 柴田京子の事は、もう好きでも何でもないのに 見かけるたびに息が苦しくなる。 入院中の久保に、花火や長い小説が嫌いだったなと言われた。 終わるのが嫌で嫌いだった
| まぁ、お茶でも | 2010/11/07 11:34 AM |