<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

黄金の豚 -会計検査庁 特別調査課 第6話

第6話
東京国立大学の遺伝子工学のスター教授
・響ゆかりの科学研究費を調査する事になった芯子たち。
当の響は人当たりのいい女性だが、研究室で
出会った彼女の親衛隊のような学生軍団
「響ファイブ」は、相当響に心酔しており、
芯子たちに不遜な態度をとる。
怪しいとされた領収書は研究のために
響ファイブにバイト代として支払ったもので、
この世界ではよくあることだという。
しかし響の同僚の教授が芯子たちの前に現れ
ある密告をする…


感想のみ


響ファイブというネーミングも
存在もおかしい。
あんなのがまわりにいたら目立つってw

研究費のうちわけがアルバイト代といわれても
その金額の多さをきいたら
怪しまれるのも当然。

何年もかかる研究なのに
1年でうちきりとか
研究者にも言い分はあるでしょうが
本棚の裏にびっしりと隠された現金を
みると・・。

100億の価値のある研究なら
3億程度着服せずとも
自分で稼げばいいではないですか。

栄転だったはずの課長補佐が
とばされた先は気の毒すぎる場所でした。
こういう職場で正義をつらぬきとおすって
根性いります。
さっそく折れそうになっていた
新課長補佐だけど、芯子たちの前で
そんなことはできませんよね。

工藤、はやくも告白してしまって
どうなることやら。












2010.11.24 Wednesday 23:09 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< いとしのニーナ 4巻(完結) | main | 古代少女隊 ドグーンV(ファイブ) 第8話「妖怪 ドカちん 登場」 >>









黄金の豚−会計検査庁特別調査課− 第6話
『美人教授の虚飾に喝内容明珍(生瀬勝久)が去り、角松(大泉洋)が課長補佐となった。そんななか、金田(桐谷健太)が、大学の科研費に違和感を感じる。東京国立大学の遺伝子工学...
| レベル999のマニアな講義 | 2010/11/24 11:22 PM |
黄金の豚 -会計検査庁 特別調査課- #06
『美人教授の虚飾に喝』
| ぐ〜たらにっき | 2010/11/24 11:28 PM |
ドラマ「黄金の豚」第6話「
今度のターゲットは科学者---------!!明珍が特別捜査課を出たことで、なんと次の課長補佐の課長は角松が勤めることに!!おめでと〜♪「頼りない上司だけど、今まで通りよろしく頼む...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2010/11/24 11:29 PM |
「黄金の豚」無駄遣い回収係6研究費は2位ではダメなんですけれどやり過ぎもダメなんです!
24日ドラマ「黄金の豚」第6話を視聴した。 今回は科学研究費の不正を調査する事になった 芯子たちは早速東京国立大学の遺伝子工学の教授を調べるが 怪しいと思われた領収書も研究費のバイト代という事で 不正が見つからない。 そんな中5人の学生が教授を守って
| オールマイティにコメンテート | 2010/11/24 11:56 PM |
黄金の豚 第6話
芯子(篠原涼子)たちは、科学研究費を使う東京国立大学の遺伝子工学の教授・ 響(鈴木砂羽)を調べる。 怪しいとされる領収書は研究のため、学生たちにアルバイト代として支払ったもの だった。 芯子たちの前に響の同僚・栗田(袴田吉彦)が現われ、響について訴え
| ぷち丸くんの日常日記 | 2010/11/25 1:57 PM |