<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リバウンド 第1話「やせられない女」

第1話「やせられない女」
デブ人生を歩み続けていた大場信子(相武紗季)は
22歳で体重は78キロ!
しかし恋人・風見研作(勝地涼)にフラレた事を
きっかけに33キロのダイエットに成功。
憧れのファッション誌に就職も果たしたのだが・・・。
ある日、鬼編集長・蘭(若村麻由美)から
人気ケーキ店の取材を命じられ、信子は
親友・瞳(栗山千明)とケーキ屋に向かう。
そこでパティシエ・今井太一(速水もこみち)に
恋をしてしまう。そして信子の体は!


『あなたがはじめて

 幸せの扉をあけたのは いつですか?

 私はもしかしたら

 6歳のあの日だったかも』


信子 6歳 推定15キロ。

ケーキ屋さんにはいって
足をぶつけて泣いていた信子に

「もう泣かないで

 うちのケーキを食べたら

 幸せになるよ」


といってくれるパティシエ。

そのおいしさに幸せの鐘がなりました!

『この時 私は決めた。

 ケーキ屋のお嫁さんになる!

 でも その時 決まったのは

 デブになる運命だった』


家もトンカツ屋さんのため
どんどん食べて、デブまっしぐら。
中学高校もダイエットならず
だけどそんな信子にも彼氏ができて
それでも食べまくっている信子。

そしてついに・・ふられた。

『私は決めた!やせる!

 絶対やせて 

 こんな服が似合う女になってやる!』


そして見事ダイエット成功。
スリムな体になりました。

ケーキをみても我慢!

『私は誓った

 二度と デブには戻らない!』


やせたら運もむいてきて
信子はあこがれのファッション誌エデンに就職。

職場でも妙にハイテンション。
暑苦しいとかいわれてますが、、
デブだったころ、笑いをとろうと
してふるまっていた名残か。

職場のボス 編集長 森園。

「太ったでしょ あなた。

 言ったわよね。

 うちに太った人間は必要ないって。」


と太った部下に厳しい!

「あなた 痩せるまで

会社こなくていいわ。」


二の腕やおなかをつかまれて
怒られる社員。

何かいい企画はないかときかれた信子は
自分の経験をもとに、太っていた女の子が
ダイエットして、それまでできなかった夢を
かなえていく、我慢してたケーキも食べて・・
自分へのご褒美の一日特集みたいな・・
というと、さっそくケーキ屋へ取材に
いくように言われました。

しかし信子はケーキ依存症。

「ひと口でも食べれば
 
 ダムは決壊します。

 一度 ケーキを口にしたら

 あなたの脳には ひとよりも

 何倍も幸せな物質が

 大量に分泌され止まらなくなるんです。」


という主治医。
この主治医もあやしいかんじ・・。

それはイヤ!と友達の瞳に
つきあってくれるように
拝み倒す信子。

なんとかつきあってくれることに
なりましたが店の前にはズラリと
長い行列。

ここは・・幼い信子がたずねてきた
思い出のケーキ屋さん・・。

「ようこそ アンジュへ」

迎えでたのは王子様のような
パティシエ 今井さん。

あのときのパティシエの息子さんでした!

かわりに瞳に食べてもらうことに。
ケーキに心が動く信子ですが

「ひとくちでも食べれば

 ダムは決壊します。」

ケーキが主治医にみえるww

今井さんによると
イチゴのショートケーキは
今はつくっていないそうですが
すすめられるまま
つい食べてしまう信子・・。

ダムが決壊・・しない?!

だけど雑誌に書いた記事には
先代のケーキのときのように
幸せの鐘がならなかったという辛口記事。

それをよんだスイーツ王子が
ブチギレの動画が・・。

「今井太一 略していまいち」

アンジュのホームページは繋がらず
気になってお店にいってみた信子が
みたものは有希にふられている太一。

有希、評判いまいちには用がない?

「雑用終了!」とメールを送信。

隠れてみていた信子は
みつかってしまいました。

おまえのせいで客はこないし
従業員はやめるし
彼女にもふられるし
と信子に怒る太一。

「私は お父さんのショートケーキが

 忘れられないだけなんです。

 食べた瞬間 それまでの悲しい気持が

 全部 吹き飛んで

 頭の中で幸せの鐘が鳴ったんです。」


だからここに来た時
同じものが食べられると思ったのに・・・
という信子に
太一は自分の新作をたべてみろ
とすごみます。

主治医の声が頭にきこえるけど
おしきられて食べてしまいました。

「どうだ?幸せの鐘はなったか?」

「いいえ。」

「お父さんのケーキは

 この世で一番大切な人に

 口では うまくいえない

 自分の思いを何とか伝えたい

 そんな切ない思いや愛情が

 いっぱい詰まってる気がしました。」


だけど太一のは違う・・。


「いまいちっていうな〜〜!」

と結局また怒られました。

食べた分、太ってしまった信子。
瞳は食べてもまったく太らないタイプ!

またまたアンジュにいく信子。

そこへ学校帰り女の子。
ランドセルにブタとかデブとか
かいてありました。

「もう泣くな。

 うちのケーキを食べたら

 幸せになるからよ」


と慰める太一に、昔を思い出す信子。

「あた ました」

頭の文字をいれかえるのは
ムーミンにでてくる言葉。

「『また 明日』だったら

 『あた ました』。

 『お前は ブス』だったら

 『ぶまえは おす』」


「『ぶまえは おす』・・・

  『お前は ブス!』」


そのあとはまた試食。

おいしそうだけど・・
いまいちという言葉にまた怒る太一。

食べたケーキは35個!
体重も増えてる!!

ヤバイと思うのに
試食しなきゃならないケーキがやまほど!!

職場でもちょっと太った?といわれ
森中の視線が怖い。
エレベーターをやめて階段で。

モデル用コルセットをしめて
それでも食べ続け・・・
顔もふっくらと・・

やっぱりもうやめよう、と思うけど
言いだせない。

信子の手帳をみる太一。
昔太っていていじめられてたので
何かちょっとでもいいことがあったら
そこに書いて記念日にしておくという信子。

「じゃあ 俺が

 うまいケーキ作ったら

 そこにデッカく書け。
 
『ケーキ記念日』って」


どんどん太っていくものの
太一が熱心にケーキを作る姿をみていたら
やっぱり断れない・・。

『結局いいだせなかった。

 食べたケーキ 100個。

 カロリー?かんがえたくない!』


職場のみんなからも太ったようにみえて
主治医からの電話(着信音に笑った!)
に嘘をついても見抜かれ・・
コルセットも落ちた!

アンジュへの道を登るのも
息がきれるくらい
太ってしまいました。

今日のケーキは一種類だけ。

鐘がなったーー!!

だけどそれは本をみてつくったものでした。
それはダメ。

イチゴのショートケーキを
作ったらどうですか?といったら
あれだけはダメという太一。

あれは父親が、母に気持ちを
伝えようとして作ったケーキ。

「あのショートケーキはな

 親父がウチの母親に

 いつも仕事で構ってやれねえし

 優しい言葉もかけてねえから

 『愛してる』って伝えたくて

 作ったんだよ。

 だから ウチの母親が

 『うまい』って言ったやつしか

 絶対 店には出さなかったし

 2人が死んでから

 同じもの 作ろうとして

 何回やってもダメだった。

 2人じゃないと

 絶対できねえんだよ あのケーキは。」


だけどこのままじゃ
いつまでたってもケーキはできない。
ものすごく太った姿をかくすのも限界。

撮影の効果につかう風でセットが倒れ
モデルの有希が下敷きになりそうなのを
必死でささえて助ける信子。

ささえて力をこめたら・・

ボタンがはじけとんだ!!!

コルセットの紐もきれて落ちた!!


上着をめくっておなかをつかむ上司。

「明日からこなくていいわ」

『さようなら エデン

 さようなら 王子様

 こんな姿じゃ 二度とあなたには

 あえな・・』


そのとき、店舗売り出しの看板をみて
驚き、中にはいってみると太一がいました。

「やっぱ俺

 ミュージシャンになることにした」


は?

「はじめ〜からわかってた
 
 俺は おやじにはなれない♪」


なんか長々と語ってますが・・・
けっこう不幸?

自分できめると碌なことが
ないらしく、両親が死んだのも
間接的に自分のせい。

太一を必死で説得する信子ですが
太一はもうすっかり投げやり。

信子もキレたw

「そうやって いつまでも

 逃げてりゃいいじゃない ねぇ!

 何が『親父みたいにはなれない』よ。

 『母親が いなきゃ

 ショートケーキは作れない』よ。

 だったら 自分にしかできない

 ショートケーキ作ればいいじゃない ねぇ!」


あんなつらい思いして
やっとやせたのに・・
やりたいこといっぱいあったのに
あんたのせいでこんな体になって
会社もクビ・・
最後は泣きながらでていってしまいました。

『終わった 何もかも終わった。

 あんなつらい思いして

 やっとやせたのに』


悲しそうな信子・・・。

やせたから行こうと思っていた
高校の同窓会にも行けず
出欠のはがきをやぶりました。

街であった元カレには
全然かわらないなといわれました。
今から合コンらしい。

『帰ろう 岐阜に。

 東京にデブは似合わない。』


実家に帰った信子は
父のつくるトンカツをもりもり、

やっぱりトンカツやさんになるのが
一番むいてるのかもという言葉を
喜ぶ両親。

部屋にあったエデンの
自分の記事をみる信子。
父が買ってきたらしい。
とてもやめたとは言いだせない・・。
だけど母はちゃんと察してくれて
ホントに悲しい時は
思いっきり泣いていいと
言ってくれました。

ママはなぜパパと結婚したのか
たずねる信子。

パパといるのが楽しくて
ずっとそばにいたいと思っただけ。
運命というか中毒?

そこへ瞳もきてくれました。

「そうだ ブーコ。

 王子が持ってきた。」

とケーキの箱。

もう関係ないから食べないという信子
ですが、中はショートケーキ。

イチゴのショートケーキでした。

「作ったんだ ショートケーキ」

スマイルもみえました。
てづかみで食べると

鐘がなった!!

『あぁ!

 上品なスポンジケーキと

 みずみずしいイチゴ!

 何とも やさしい

 クリームのハーモニーが〜』


涙を流しながら食べる信子に
太一から電話。

「く・・食ったか?ケーキ」

「はい」

「で・・どうだった?

 親父のとくらべて」


「似てるけど

全然違いますイマイ・・」


「はいはい 

どうせ イマイチなんだろ。」


「いえ!

 今井太一にしかつくれない
 
 完璧なケーキです。

 今頭の中で幸せの鐘が

 カンカンなってます!」


「俺 店売るのやめるわ」

「親父に負けないくらい

 うまいケーキ作って

 『Ange』を今よりも

 何倍も人気のある店にしてみせる。」


信子がまずいといったら
やめようと思ってたけど。

「大丈夫だよ 

 そまえがおばにいれば。」


「え?」

「ムーミンのことばだよ。」

「おまえが そばにいれば」

「これは 

 俺とお前でつくったケーキ。

  俺達にしかできない

 2人のケーキだ。違うか?」


「はい!」

あわてて家をでていく信子。

手帳にスマイルマークをはり

今日はケーキ記念日。

『そしてあの人は

 私の運命の人。

 あなたも愛してくれますよね。

 こんな 私でも。』


顔はぷにぷに。

太一からの電話に
女性の外見を気にするかたずねる信子。

「女はハートにきまってんだろうが」

「ですよねえ〜!」

『バカよねえ 私ったら。

 愛と勇気と信じる力で

 あの人の胸に飛び込むのよ!』


「あっ でも 一つだけ。

 デブは ぜ〜ったい無理!」

!!!

お店にいった信子。

「お前・・まさか」

『お願い 

 デブでもいいって言って。』


「バイトのひと?」

今日はちゃんとコンタクトをしている
太一にはしっかりみえたようです、別人にw



あ〜おかしかった、コメディ。
太った特殊メイクが迫力。
そしてあんなにきれいにやせたのに
あれよあれよというまにリバウンド。

王子でもいまいちで
口も悪い太一がリアルで楽しい。

すっかり評判の落ちてしまった
ケーキ屋復活のためにも
協力しなきゃですよねえ。
あの記事のせいでダメになったも
同然なんだから。

どうやってケーキの誘惑を
しりぞけてまたやせるのか楽しみ!

あの主治医も楽しい!!



大場信子  相武紗季
今井太一  速水もこみち
三村 瞳  栗山千明
風見研作  勝地涼
内藤有希 西山茉希
神谷貴之  半海一晃
大場智恵  伊藤かずえ
大場睦己  石塚英彦
森中 蘭  若村麻由美




2011.04.27 Wednesday 23:50 | comments(3) | trackbacks(10) | 
<< C 第2回 coincidence(暗合) | main | 月刊 flowers (フラワーズ) 2011年 06月号 >>
けろりん (2011/04/27 11:54 PM)
honeyさん、こんばんは!

楽しかったねー!
相武紗季ちゃんの騒がしいおデブっぷりが楽しすぎる〜〜。

口の悪い王子もおかしかったね。
最初の登場のうさん臭さ、どうしようかと思ったけれど、あのギャップはすごい。

あの二人がうまくいったら、ブーコ、一生ケーキ屋なんだよね〜。
痩せるとか無理だと思う(笑)。

それにしても特殊メイクすごい…。
川村 (2011/04/28 12:31 AM)
すっごい丁寧なあらすじというかなんて言うかなかなかないんで、こもわずおめんとしちゃいましたwwwはやんねぇよなぁ
honey (2011/04/28 8:38 AM)
>けろりんさん
 
 こんにちはー。

 とにかく最初からコメディだと思ってたので
 その期待は裏切られませんでした。
 途中ちょっといい話もいれてたけど
 やっぱり最後までコメディで。

 もこみちにあえて「いまいち」を
 持ってきたりふりきってるよね。
 
 そこはやっぱり、ケーキ屋の彼氏がいても
 あの怪しげな主治医の元、
 リバウンドを告白し細い体をキープ、
 ですかね〜〜。


>川村さん

 こんにちは。

 はやらすには放送時間帯が
 おそいかもです。
 小学生なら真似するかもしれないけど。









リバウンド 1話「やせられない女」感想
おーもしろかったー!
| けろりん的ひとりごと | 2011/04/27 11:55 PM |
ドラマ「リバウンド」 第1話「やせられな...
デブデブデブ--------。そういわれ続けた人生。ケーキ依存症で、やせられない女・大場信子登場----------!!うお!!これは面白そうな予感♪「絶対彼氏」コンビの復活♪また縁のあるパテ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/04/28 12:20 AM |
ドラマ「リバウンド」 第1話「やせられない女」
デブデブデブ--------。 そういわれ続けた人生。 ケーキ依存症で、やせられない女・大場信子登場----------!! うお!! これは面白そうな予感♪ 「絶対彼氏」コンビの復活♪ また縁のあるパティシエですけど、それはそれ。 特殊メイクの相武ちゃんはすっ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/04/28 12:20 AM |
絶対減量〜完全無欠の恋人パティシエ〜(リバウンド#1)
2011春ドラマ、何見よう?『リバウンド』優香というより麦芽・小出真保 特殊メイクより相撲取りみたいな声が(爆)岐阜県一番と評判のみそカツ屋「トントン亭」の娘で、静かにして ...
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2011/04/28 12:54 AM |
リバウンド
初回の感想 
| Akira's VOICE | 2011/04/28 10:54 AM |
リバウンド 第1話
6歳の時にケーキ店で、運命的なショートケーキに出会った信子 (相武紗季)はその後、食べることが生きがいの人生を歩んできた。 だが、失恋をきっかけにダイエットし、30kg以上の減量でスレンダー ボディーを手に入れ、憧れのファッション誌を発行する会社に就
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/04/28 3:16 PM |
リバウンド 第1話 やせられない女
『やせられない女』 内容 6歳の時、ケーキ屋で、運命を感じた大場信子 “ケーキ屋のお嫁さんになる!” が。。。その後、岐阜で一番の豚カツを揚げる父・睦己(石塚英彦) 岐阜で一番料理が美味い母・智恵(伊藤かずえ) “デブ”が、中学で人気だったこともあり、
| レベル999のgoo部屋 | 2011/04/28 5:29 PM |
リバウンド(第1話 4/27) 感想
4/27から日テレで始まったドラマ『リバウンド (公式)』の第1話 『やせられない女』の感想。 あらら、意外に速水もこみちさんが… 自慢にもならないが、私は今井太一役の速水もこみちさんのドラマって『ごくせん』しか観た事ない。そこで本作も相武紗季さ
| ディレクターの目線blog | 2011/04/29 5:23 AM |
「リバウンド」第1話の感想
 リバウンドの第1話を観ましたが、面白かったですね。主演の相武紗季さん、本来はスタイルが良いですが、太ってメイクをすると随分イメージが変わるんですね。  人間って、同じ人でも、痩せている時と、...
| 本とTVとDVDの感想日記 | 2011/04/30 11:31 AM |
《リバウンド》#01
なんと言っても見ものは、信子の太った特殊メイクです。 スマスマの「ゴロクミ」をほうふつさせる凄さです。 太るとこうなるのだとすると、痩せさせて見てみたい人は沢山出てきますね( ̄○ ̄;)!
| まぁ、お茶でも | 2011/05/03 9:04 PM |