<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

グッドライフ 〜ありがとう、パパ。さよなら〜 第4話「パパとボクの約束」

第4話「パパとボクの約束」



 大地(反町隆史)は羽雲(加部亜門)の看病に
専念しようとデスク昇進を断り、定時に
帰宅できる資料部へ異動。仕事を終えて
病院に通い、慣れないながらも懸命に
羽雲の世話を続けていた。
 一方、羽雲は同じ病気で入院している
藤本太陽(小山颯)と仲よくなり、病院での
生活にも慣れ始めていた。
母親の美紀(奥貫薫)に甘える太陽の姿を
目にした羽雲は、華織(井川遥)がいないことを
痛感。うらやましさから太陽にすねた態度をとり、
ケンカをしてしまう。ところが、ある日、
太陽の容体が急変。
まもなく息を引き取ってしまう。
 太陽の母親・美紀(奥貫薫)は
羽雲にショックを与えまいと、太陽の病気が
治って退院したと説明。だが、羽雲は
何事かを察したのか、急速に元気をなくし、
食事も摂れず、夜も眠れない日々を重ねていた。
そんな羽雲を見かねた円山(伊原剛志)は
真実を伝えるよう大地に助言するが、
大地は羽雲が傷つくのを恐れて
言い出すことができない。
 そんな折、羽雲の入院を知った慎平(鹿賀丈史)が
病院に現れ、元気のない羽雲の姿を目にして
がく然となる。
 一方、羽雲は太陽の話をあえてそらそうとする
大地に反抗的な態度を取るようになっていた。
ひとり思い悩む大地に七海(榮倉奈々)は、
友だちの死は子どもにも伝えるべきだと助言。
「悲しいときは泣いていい。ちゃんと
泣かせてあげてください」という
七海の言葉を聞いた大地の心に、
ある思いが浮かび…。





隣のベッドでいっしょに闘病していた子が
亡くなるのはこういう病棟では珍しくない。
重症になったらあの部屋に移る、とか
そういうのも知ってるから
子どももいなくなった子がどうなったかは
ちゃんとわかってると思う。
わっくんはここへきたばかりっていうのと
ちょっと年齢にくらべて幼くみえるのも
あるけど・・隠しても気付くよね・・。

ただ前の晩に、ブロックいらないといって
ケンカしたのはまずかった。
あれでいなくなっちゃったら
普通以上に引きずるよ。

太陽君のお母さんの優しい嘘は
温かい心遣いではあるけれど
結果的に不安をかかえてしまった
わっくんには逆効果に・・。

主治医から

「一度 うそがバレると

 二度と信じてもらえなくなる。」


と言われても、
パパは隠し通すつもりだったけど
どんどん元気がなくなっていくわっくん。
パパにも反抗するようになって
行き詰ってしまったパパに
紺野さんがきこえるようにうひとり言。
アメリカでおそわったこと。

「ひとの死は

 忌むべきものではないから

 子供にも

 友達の死をきちんと伝えて…。

 お別れをさせてあげるべきだって。

 それって きっと

 悲しいときは 泣いていい

 ってことだと思うんです。

 我慢は癖になりますからね。

 悲しいことも つらいことも

 1人で我慢してると

 風船みたいに

 どんどん膨らんじゃうから。

 破裂しちゃう前に

 空気を抜いてくれる人が

 必要なんだと思います。

 安心して

 気持ちをこぼせる誰かが。」


自殺未遂をして退職をした部下とも和解し
自分のダメだったところにも
ちゃんと気付き、頭をさげるパパ。

そのあと病院でわっくんに
太陽君が死んだことを
きちんと話しました。

死んだ人はどこへいく?
消えちゃうの?

パパにもわからない。
空の上にいくのか星になるのか
いろんな考えがあるけど
ほんとのところはパパにもわからない。

「でもな 羽雲。

 1つだけ

 ちゃんと わかることがある。

 消えたりなんかしない。」


「お前が つらいとき

 太陽君が

 背中をさすってくれたこと。

 太陽君が手を振ってくれたこと。

 消えない。

 離れ離れになっても

 お前と

 太陽君が友達だったってことは

 絶対に消えない。」


嘘をついたことをあやまって
もう二度と嘘はつかないと約束。

「だから 羽雲

 悲しいときは

 悲しいって言っていい。

 つらいときは

 つらい顔をしなさい。」


ケンカしてあやまれなかったことを
ずっと気になっていたわっくんは
パパの前でおもいっきり泣くことが
できました。

でもこの先もつらそうだなあ・・。

太陽くんにみせられなかった
パズルを空にむかってみせて
手をふるわっくんに涙。

パパとわっくんの二人だけで
話がすすんでいってもいい気がしますが
ママがようやく(遅すぎる)
わっくんが入院していることに気付いて
予告ではあわせてとたのんでました。
まあ当然そうでしょうとも。
パパには子どもを捨ててったように
みえてるけど実際はわっくんが
友達のいないパパのために戻ってきたんだし。

パパはわっくんの闘病生活で
父親としても人間としても
大事なことを学んでいってるけど
夫婦関係をみなおすお話ではないみたいですし
どうなることやら。
普通ならつっぱねるのもありでも
子どもがこんな状況だったら
特別だと思うんだけど。
パパが夜くるならママは昼間ついてあげるとか
(仕事があるけど・・)
でもわっくんのことを知ったら
普通じゃいられないと思う・・。












2011.05.10 Tuesday 23:28 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 蛇蝎 2巻 | main | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第4話「白の、リボンのワンピース」 >>









グッドライフ #04
『パパとボクの約束』
| ぐ〜たらにっき | 2011/05/10 11:32 PM |
ドラマ「グッドライフ」 第4話「パパとボクの約束」
死んだら、どこ行くの----------? 死んだら消えちゃうの? ちいさな羽雲が体験した、初めての死--------。 まさかの太陽くんの死。 突然すぎる友人の死を、子供の羽雲が受け入れられるか? それを話すべきかどうか、迷う大人たち。 続きを読む 第1
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/05/11 2:12 AM |
ドラマ「グッドライフ」 第4話「パパとボ...
死んだら、どこ行くの----------?死んだら消えちゃうの?ちいさな羽雲が体験した、初めての死--------。まさかの太陽くんの死。突然すぎる友人の死を、子供の羽雲が受け入れられるか?そ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/05/11 2:12 AM |
グッドライフ (第4話 5/10) 感想
4/19からフジテレビで始まったドラマ『グッドライフ (公式)』の第4話『パパとボクの約束』の感想。韓国で200万人が涙したベストセラーは未読。 悩み所が違うような… 今回は、大地(反町隆史)が、息子・羽雲(加部亜門)に同じ病気で入院している太陽(
| ディレクターの目線blog | 2011/05/11 10:14 AM |
グッドライフ 第4話
大地(反町隆史)は羽雲(加部亜門)の看病に専念しようとデスク昇進を断り、 定時で帰宅できる資料部へ異動。 毎日病院に通い、慣れないながらも必死に羽雲の世話を続けていた。   一方、羽雲は同じ病気で入院している藤本太陽(小山颯)と仲よくなり、病院 での
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/05/11 3:21 PM |
《グッドライフ》★04
羽雲の化学療法が始まり、すぐに髪の毛が抜けた。 七海が、早めに病室に行けるようになった大地に、羽雲くんは動物博士なんですねと感心したように言った。すでに読んでしまった、本を父がまた買ってきたとも知らず
| まぁ、お茶でも | 2011/05/15 12:35 PM |