<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リバウンド 第4話「決められない女」

 第4話「決められない女」




『小っちゃな頃からケーキ依存症

 15歳で「ブ〜子」と呼ばれた私は

 決死のダイエットで

 78kgから45kgになり

 子供の時 ケーキ屋のお嫁さんになると

 決めた店で幸せの扉を開けた。

 と思ったら…

 今度は 彼が百漢デブ。

 すっかり いじけてしまった王子様を

 愛せるか散々 悩んだけど…

 私への愛がこもったケーキを

 彼が作って もうデブでも関係ないと

 彼の胸に飛び込もうとしたら

 まるで魔法のように…』


太一も無事やせて元通り。

『これで もうハッピーエンド!

 2人の未来に 不安なんか

 これっぽっちもないって思ったのに・・』


やせた二人はラブラブで
さっそくベッドイン!

「太一・・ってよんでいい?」

朝からふたりでジムで運動。
そのあといっしょにプールいかないか
とか昔のデブ時代の話をしながら
楽しそう。

お店にいたとき、信子に研作から電話。
またさそわれますが、
今つきあっている人がいるからと断る信子。
太一が元カレ?とやきもち?

そのとき、ふたりのおなかがなって
ケーキに手を伸ばしますが

我慢我慢!!

バカップル・・。

機嫌のいい信子は仕事もはりきってやってます。

太一が痩せたときいた有希は
また太一に興味をもちますが
信子がつきあっているといっても

「太一の事が好きだし

 よりもどしたいと思ってる」


でもそれは冗談。
二人を応援してるからがんばってね〜
といいながら、バカップルにむかついてる。

編集長からも、バカップルの話なんか
よんでもおもしろくないと
原稿をかえされてしまいました。

「バカップルのおのろけ聞いて

 読者が喜ぶと思ってんの?」

「幸せなんて 長く続かないから

 面白いんでしょう。

 早く2人を不幸にして。」

「まぁ イージーだけど

 どっちかが浮気するとか

 あっ また片方が

 リバウンドするほうが面白いか。」


ともう好きなことを言われました。

結局その日は残業。
待たされた太一は文句言ってたのに
信子には言わない・・。

だけど映画館で居眠りしそうになったり
ゲーセンでも、
そのあとの食事の店でも
なんとなくうまくいかない。

何このわがままな男・・
と思ったけど

「俺は 信子に喜んでほしくてさ。」

ってただ慣れてないだけ?

でもデートのあとはぐったり。

「デートって

 こんなに疲れるもんだっけ?」


やらなきゃいけないことが
いっぱいあるのに・・・。

瞳と仕事の話になって
結婚しても仕事を続ける気満々の信子。

翌日 お店にいった信子と
太一はやっぱりバカップル。

店番していたら信子のことが好きな
あの男・・。
太一が男に信子のことを
婚約者だといったと
店をしめて、
太一がつれていったのは結婚式場。

まだ正式にプロポーズもされてないし
というとその場でプロポーズ。
でもロマンチックじゃない。

ウェディングドレスを試着して

「のれいだよ きぶこ」

そして母親の形見の指輪。

「信子 俺と結婚してくれるよな」

嬉しいシチュエーションのはずなのに
どんどん勝手にすすめる太一に
いまいち喜べない信子。

太一は信子の実家にいって
両親に挨拶。

だけど・・仕事のことで
合意ができていない。

信子は仕事を続けたいけど
夢はケーキ屋のお嫁さんだったはず・・
しかも実家のトンカツ屋を継ぐ話まで。

ダイエットの薬を飲んでいたら
母からネットの噂のことをきき
心配になった信子は医者へ・・。

ネットで問題になっているのは
いうことをきかずに一日に
たくさん飲んでいた人だけ。

信子は自分のことだとはいわないけど
きっとバレバレ。

信子と入れ違いに医者にやってきた太一。
こっちも「俺の友達が・・」

ふたりとも「過剰摂取の疑い」

職場でも太一のことが気になっていた信子は
うっかり編集長に

「人ってなんで結婚するんでしょう?」

といってしまい、次の原稿は
それでいきなさいといわれます。

さらにパリコレの取材に
つれていってもらえることになって
すごく嬉しそう。
過去の自分を思い出してうっとり。

『あ〜 タイムマシンがあったら

 昔の自分に教えてあげたい。

 23歳になったら

 こんなに痩せて

 『パリコレ』に行けるのよ〜って』


過去の信子たちがバンバンバンと登場!

やっぱり結婚は当分無理と
言うために太一のところへいくと
また新作ケーキをみせてくれますが
なんと

ピンクのウェディングケーキ!

「『ムーミン』に出て来るような

 ケーキをモチーフにして

 ウエディングケーキだけど

 色は ピンク

 てっぺんに星を付けて

 『大好きな信子へ』と書いた

 プレートを付けてみました!」


そして

「けれと おっこんしよう」

だけど信子はしばらく結婚する気はなし・・。

信子といっしょにケーキ屋を
やっていきたい太一と
まだまだ仕事がしたい信子。

また信子がキレたw

「だぁ〜… そうでちゅか

 どうせ 悪いのはぜ〜んぶ

 私でちゅよ。」

「ったく 男ってやつは 何で…。

 ったく 男ってやつは何で

  いつまでたっても頭が固いのよ ねぇ。

 女は 結婚したら

 家庭に入るのが当たり前だとか

 思っちゃってさ 

 女だって仕事を応援してほしい人が

 たくさん いるってことが

 どうして分かんないかな?

 私はねあんたのママじゃないんだよ

 それとも何か?

 私は あんたの面倒を見るために

 結婚すんのか?

 あんたは 家政婦が欲しいのか

 それとも店員が欲しいのか?

 確かにケーキ屋のお嫁さんになるのが

 夢だったけど

 今の私にとって

  ファッションだって編集の仕事だって

 とっても大事で

 『パリコレ』って

 分かんないかもしれないけど

 大っきなチャンスがあるのに

 もう ホントに

 愛してくれてるんだったら

 もっと こっちの気持を

 考えてくれたって…。

 私が 今 欲しいのは

 こんなケーキじゃ ない!」


またやってしまった・・。

帰って瞳にも、
「人を愛したことないんじゃないの?」
ときついことを言ってしまいました。

「別にいいんじゃない。

 あたってるから。」

ちょっと言いすぎ・・。
またまた反省。

翌日、太一のところへいってみると
太一も落ち込み中。

太一から信子がここにこないから
もうケーキはつくれないと
いわれたけどほんとなの?
と愛ちゃんにいわれてしまいます。

箱の中には今までつくったケーキ。
ショートケーキにシュークリームに
チョコレートケーキ・・。

『結婚とは・・

 自分の大事なものを捨ててもいいと

 思える人とするものなんだ。』


パリコレの予定をとりけし
「太一と結婚すると決めた日」
とかきなおし、仕事より太一をとって
パリコレのチケットもかえし
退職願を・・。

編集長はお怒り。

「どうやら 私の

 見込み違いだったようね あなた。

 いっとくけど 私

 こういう結論 出す女が

 世の中で一番 嫌いだから。

 仕事 頑張ってる女をバカにして。」


それをかげからみていた研作は
ツイッターで相談。

そのあと信子を強引にひっぱっていく太一。
瞳もいっしょにつれていかれました。

やってきたのは教会。

「今から式をあげよう。」

瞳にも証人になってもらいたいという太一。
信子も了承し、教会へ・・。

そのままの服装で式をあげるふたり。

愛を誓った後

「この結婚に異議がある者が

 いれば 名乗り出よ。」


との言葉に、研作もいましたが

叫んだのは太一。

「異議あり!!」

「お前さ それで

 ホントに後悔しないのか?

 お前はホントに

  どうしたいんだよ!?

 このまま 俺と結婚して

 本当に後悔しないのか?

 本当は 仕事を

 辞めたくないんじゃないのかよ!」


神父様からケーキの箱をうけとって
それを信子にわたし
中をあけるとモンブラン。

幸せの鐘の音が・・!

「でも どうしてモンブランなの?」

「バカ野郎

 フランスといえばモンブランだろうが。」



スイスです。

「ぱってこい いりに」

「ただし 約束しろ。

 これから思ったことは

 何でも正直にいうって。

 本当は 俺に いろいろ

 いいたいことがあったんだろ?

 デートの時もさ。」


デートのときもほんとは楽しくなかった・・
けど・・

言いすぎ!!!!!

「でも 大好き!!」

また抱き合ってるバカップル〜。

研作はあきらめたもよう。

信子がパリにいくとおもってるので
太一と瞳が空港までお見送り。

『どうしよう〜〜

 今さらパリにいかないなんて

 言えない。』


見送りをここでいいというと
太一はもう泣いてるw

「信子!」

「向こうに着いたらすぐに電話しろよ!

 パリで浮気なんかすんじゃねえぞ!」

「それから!

 太って帰って来たら別れるからな!」


それはお互い様。

けっこういいとこあるじゃんと
瞳にもいわれました。

指環をみつめてちょっと考えながら
「パリコレ出発?」を消し

「太一の愛をいっぱい感じた日」

とかく信子。

『結婚ってまだ

 よく分からないけど

 今回みたいに愛が深まって行けば

 いつか自然にできるものなのかもしれない。

 いろいろあったけど

 これからは何でも言い合えるし…

 今度こそ もう 大丈夫と思ったのに…』


太一のもとには有希が!

『やっぱり 幸せの扉は

 そんなに簡単には開かない。』


パリにもいかず、おなかはなり・・

そこに研作が!

「うち くれば?」

「え?」

「いくとこないんだろ?今日。」

「なんで 知ってんの?」

「フフフ・・。」



おつきあい=即結婚したい男と
まだまだ仕事したい女。
結婚願望の強い女の子だったら
ぴったりですぐさま教会の鐘がなるんだろうけど
こうもかみあわないふたりでは・・。

外見はやせても中身はいまいちな王子を
みてると結婚前につきあってるだけで
嫌になってきそうだけど・・いろんな
欠点があっても「でも大好き!」だから
いいのか。
ど〜も魅力を感じない・・
ちょっとだけ最後にいいとこみせたけど。

三角関係四角関係も今さらなあ。
元カレが信子が太ってても
いっしょにいるとほっとするって
いってたからともかく
有希は完全に見た目だけなうえ
幸せそうなカップルを妬んで
ちょっかいだしてるだけにみえるし。

ぜひコメディ路線をつらぬいて
いっぱい笑わせてほしいな〜。
医者と編集長ももっと出番を。



大場信子  相武紗季
今井太一  速水もこみち
三村 瞳  栗山千明
風見研作  勝地涼
内藤有希 西山茉希
神谷貴之  半海一晃
大場智恵  伊藤かずえ
大場睦己  石塚英彦
森中 蘭  若村麻由美



2011.05.18 Wednesday 23:31 | comments(2) | trackbacks(5) | 
<< 銀魂カードウエハース BOX | main | べるぜバブ 第17話「魔界の宿題どうでしょう?」 >>
けろりん (2011/05/18 11:46 PM)
honeyさん、こんばんは!

ホント、今さらなんで三角だか四角だかやっているんだろうねえ…。引っ掻き回す…かも…というのは一人くらいで充分だよね。

honeyさん、冷静にスイスです、ってツッコミ素晴らしい!私、瞳が言うまで気づかなかった!だめだ、王子と同じレベル(笑)。

王子がねえ〜。
いくら毎回信子のキレた叱咤で少しましになったとしても、後から後からだめなところが出て来そう…。本当、残念だよね…人間外見じゃないわー!あれなら 小松原さん > 王子 だもん!

編集長とか医者とかは私ももっと出て欲しい!
特にあの医者あやしすぎ(笑)。
honey (2011/05/19 5:25 PM)
けろりんさん、こんにちはー。

リバウンドだけが目玉で10回とか
11回ひっぱるの難しいんだろうけど
ごちゃごちゃした恋愛ものを
期待してるわけはないもんね。

うん・・中身が残念な王子。
初デートでこれだけ文句いうところが
あったら続かないよ。

医者は活躍してほしいですよねえ。









リバウンド 4話「決められない女」 感想
あれー?そっちにいってしまうのか…。なんだかなあ。
| けろりん的ひとりごと | 2011/05/18 11:37 PM |
ドラマ「リバウンド」 第4話「決められな...
昔デブだった者同士励ましあって、もう二度と太らない宣言----!!しあわせオーラ出しまくりで、周りに迷惑になるくらいバカっプルだよ、こいつらぁぁぁぁ〜(><)二人なら何でも...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/05/18 11:56 PM |
ドラマ「リバウンド」 第4話「決められない女」
昔デブだった者同士励ましあって、もう二度と太らない宣言----!! しあわせオーラ出しまくりで、周りに迷惑になるくらいバカっプルだよ、こいつらぁぁぁぁ〜(><)&lt;emoji code=&quot;h262&quot; /&gt; 二人なら何でも乗り越えられる〜♪
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/05/18 11:56 PM |
リバウンド 第4話
蘭(若村麻由美)は、信子(相武紗季)が連載している好評の日記を 「ハッピーエンドなんてつまらない」 と切り捨て、太一(速水もこみち)との交際がダメになると言い切る。 信子はそれを否定するが、太一との初デートで不吉な予兆が見られる。 太一が見たい映画に
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/05/19 3:01 PM |
バカップルのおばちゃん・おじちゃん(リバウンド#2・3・4)
『リバウンド』ちっちゃな頃からケーキ依存症、15でブー子と呼ばれた醜い女・大場信子@相武紗季は、決死のダイエットで78kg→45kgになりゴールデンプロポーションを手に入れたが、ケ ...
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2011/05/19 5:57 PM |