<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マルモのおきて 第6話「マルモの顔なんて見たくない」

第6話「マルモの顔なんて見たくない」



マルモとキャッチボールをする
薫と友樹。
それをみていた隼人くん。

友樹がまた一人でいるというと
誘ってこいよというマルモ。

二人がさっそく誘いにいこうとしたら
隼人はいってしまいました。

朝、薫の髪の毛をしばってあげるマルモ!

くくった髪の毛、右と左で
高さが違う。
まがってるというよりはゆがんでる〜。
でもかわいい!

学校で隼人をまた
キャッチボールにさそうと
まわりの男子にからかわれ
隼人は薫の悪口・・。
笹倉だからささブタだという隼人。

マルモは牧村さんにバッタリ会い
お礼がしたいと食事にさそってみると
牧村さんは快諾。

「でも 今度は

 置き去りにしないでくださいね。」


好感触。

牧村さんと今度食事・・
わかりやすくいうとデートだと
子どもたちに報告するマルモ
うかれまくり。

だけどなんだか薫がうかない顔。
友樹が言おうとするのを
とめる薫ですが、マルモは
思ったことをいうのがおきてだろ
と言わせ、薫は隼人に
からかわれたことを話しました。

笹倉薫をささブタ薫だといわれたと
きいてもマルモは、
小学生にしてはいいセンスだとか
男の子はかわいい女の子を
からかいたくなるだけだから
気にするなとあっさり片づけました。

だけどそれを彩からは
女心をわかってない!と怒られ
そのうち彩と陽介の親子げんかに
発展し、マルモにまでとばっちり。

マルモは会社で女子社員に
子どもの頃、男子にからかわれたことが
あるかどうかたずねると
それはやっぱり嫌なことにきまってる
と他の人にも言われてしまいました。

そんな中、鮫島さんから
今度お得意さんまわりにつきあうよう
いわれるマルモ。

薫と友樹がキャッチボールをしていると
隼人が邪魔しにきました。

マルモのことを、パパじゃないのに
家族なんて変だという隼人。

仕事が忙しいから子どもだけで
ご飯食べたりするようになる
と自分のことか。

マルモにそのうち捨てられる!と
いっていってしまいました。

「どうせマルモに捨てられる。

 薫はマルモに捨てられる。」


夜、マルモが夕食をつくってくれますが
自分は食べずに明日の仕事の下調べ。

薫は今日もあんまり食欲がなく
忙しいだからさっさと食えとか
せっかく作ったのに食べないわがままなやつは
粗大ごみとしておいだしてやる
というと薫は無理やり口におしこみました。

夜中に友樹と話す薫。

「マルモと一緒にいて楽しい?」

「すっごく楽しい。」

「薫も。

 でも マルモは

 薫たちといて楽しいのかな。

 薫たちは ずっと楽しいけど

 マルモは ご飯 作ったり

 お掃除したり遅くまで

 お仕事したり嫌じゃないのかな。」


翌朝、薫が朝食の準備。

コーヒーメーカーをセットして
目玉焼きをつくって
パンをやいて。

だけどコーヒーメーカーが
ずれていてコーヒーがとびちって
マルモの書類がよごれ
フライパンからは煙が
パンは黒こげ・・。

朝ごはんつくろうと思ったのに・・。

学校で隼人にからかわれても
薫は落ち込んでるからという友樹。
さらにからかう隼人。

「ささブタとマルモは離れ離れ〜」

といわれて思わず隼人をおいかける薫。
隼人は転んで怪我をしてしまいました。

鮫島といっしょにお得意様をたずねるマルモ。
元クレーマーだけど今は社外相談役だそう。

あんまりクレームがしつこいので
上にかけあって改良したんだそうで
今はときどき、この伊達さんと
鮫島さんとふたりで商品について
話し合ってるとか。
マルモのことも印象はいいようです。

そこへ学校から電話があり
あわてていそぐと、薫がけがをしたのではなく
薫がけがをさせたほうだと先生に言われました。

ちゃんとあやまったのか?といっても
「薫悪くないもん」という薫。

するとかわりに頭をさげて
隼人にあやまるマルモ。

隼人の両親は仕事のつごうで来られない・・。

薫と帰るマルモ。
なんであやまらないんだといっても
悪くないもんという薫。

「まだ言ってんのかよ。

 俺は毎日 謝ってっから

  知ってんだよ。

 ごめんなさいは相手の心を開くの。」


「だって 謝りたくない。」

「まず こっちが謝って

 そこから仲良くなることだって

 多いんだぞ。」


「仲良くならなくていいもん。」

「ハァ もう 面倒 見きれねえ。

 がっかりだよ。」


頑固な薫にマルモもお手上げ。

夜になっても薫がむくれたまま
と陽介に文句をいうマルモ。
ですが陽介は笑ってくれました。

ムクレたりするのは家族の証拠。

彩との仲も微妙だったけど
今やっとケンカできるように
なったのだそう。

翌朝。
友樹は学校にいくのに
薫は布団にはいったまま。

マルモは一生懸命説得しますが
反論する薫。

「素直になれないやつは

 きらいだぞ。」


「だって・・」

と隼人がいったことを言いかけたのに
薫の言い分をきいてくれないマルモ。

「マルモなんて大っきらい!

 マルモの顔なんてみたくない!」


マルモも怒ってしまいました。

今日は薫は休みときいて
女子から

「隼人くんがいじめるからよ。」

「サイテー」


と言われる隼人。

おひるは彩がつくってくれました。

「薫たちとマルモって

 家族なんだよね。」


「うん 前にも話したでしょ?

 一緒に住んでるんだから家族だよ。」


「ずっと一緒にいられるのかな。

 もし別々になったら家族は おしまい?」


「えっ? 急に どうしたの?」

「マルモに言わない?」

「隼人君がね

  薫たちはそのうち

 離れ離れになるって。」

「彩ちゃん

 マルモはパパじゃないでしょ。

 だから離れ離れになったら

 家族は もう おしまいなの?」


会社でも薫に言われた言葉をきにして上の空。
職場の女性社員に子どものことを相談。
塩沢さんの子どもも学校にいかないとか
いったことがあるそうで、そういうときは
まっさらの新しいノートを買ってあげるのだそう。

「男の子なんて単純でしょ?」

ノートが新しくなっただけで
何か賢くなったような気がするのか
急に やる気 出して学校
行きたくなっちゃうの、という塩沢さん。

マルモもはげましてもらいました。

それをきいていた鮫島さん。

「いや〜 いい話だったね。

 今の塩沢さんの話。

 文具は ただの

 道具じゃないってことだよね。

 実用性だけじゃなく

 子供の背中を押すような

 わくわくとした文具があるといいよね。」


背中を押す、という言葉に
ヒントをもらったマルモ。

倉庫をさがし、へらない消しゴムを発見。

なかなか帰ってこないマルモ。
とっくに帰ってくる時間なのに
どうしたんだろうと心配するふたり。

マルモは職場でなにやら作業を
していました。

そこへ彩から電話。
昼間、薫からきいた話を
マルモに教えました。

自分が薫に言っていた言葉が
無神経だったことに気付くマルモ。

薫はマルモに電話をしますが
受話器をおいてしまいました。

「このままマルモが帰ってこなかったら

 どうする?」


家でも学校でもマルモを困らせたし
帰ってこないかもしれない
帰ってこなかったら家族はおしまいで
バラバラになってしまう、
うちは特別なんだからという薫。

「僕 マルモといっしょがいい。」


「友樹 ごめんね。」


するとムックがアドバイス。

「薫 マルモのこと 好き?」

「大好き。」

「だったら謝ればいいじゃん。」

「うん。

 薫 マルモに謝りたい。

 友樹 一緒に行こう。」


友樹と薫は外へ。

会社にいこうとまず駅へ。

きっぷの買い方もわからず
路線図をみているふたりを
マルモがみつけました。

ふたりの会話をかくれてきくマルモ。

「友樹。マルモが帰ってきたら

 今度はいっぱい

 お手伝いしようね。」


「うん。

 ご飯は大変だけど

 お掃除とか お洗濯とか。」


「うん。

  好き嫌いも駄目だからね。」


「うん ニンジンも 全部 食べる。

 マルモ 帰ってきてくれるかな。」


「マルモに会ったら

 ちゃんと謝らないと。」


「うん。」

「マルモが隼人君にしたみたいに

 ちゃんと お辞儀して

 こうやって!

 マルモ 朝ご飯

 真っ黒にしてごめんなさい。

 マルモ

  隼人君に謝らなくてごめんなさい。

 マルモ

 大嫌いって言って ごめんなさい。

 それから それから。」


「薫!友樹!」

と声をかけるマルモ。

「お前ら どこ行く気だよ。」

「マルモ〜〜。ごめんね〜〜。」

泣きながらマルモにくっつくふたり。

「おいおい お前らお前ら

 どうして泣いてんだ。」


「マルモが帰ってこなくて

 怖かったから。」


「帰るに決まってんだろ?

 俺は ほかに帰るとこなんかねえんだから。

 お前らも同じ。

 俺たちにはクジラの2階しかないんだ。」


「でもマルモ 薫のこと嫌いでしょ?」

「どうだろうな。

 もしかしたら嫌いって思うときも

 あるかもしんねえな。」


「やっぱり。

 もし嫌いになったら

 一緒に住めないよね。

 離れ離れだよね。」


「はっ? 何 言ってんだよ。

 嫌いになっても

 一緒にいるに決まってんだろ?」


「どうして?」

「俺たちは 家族だから。

 好きだから一緒

 嫌いだから別々なんて

 家族はそんな甘ぇもんじゃないんだよ。

 好きでも嫌いでも

 離れられないのが家族なんだ。

 薫が でっかくなって

 『マルモ 臭え』とか言っても離れないし

 友樹が でっかくなって

 『マルモ 超うぜえ』とか言っても無駄だ。

 俺たちは家族だから。」


「何それ。」

「とにかく ずっと一緒にいる。」

「よかった〜。」

「よし 分かったら ほら 帰るぞ。」

家について
マルモのつくった消しゴムハンコを
みせてくれました。
手作りスタンプセット!

ムックとみんながうつっている家族スタンプ。

今日のおきては

「好きでも嫌いでも 家族」

「よし。はい。」

そのうえにスタンプをおす薫。

「よし!」

3人で仲良く寝てるのが
楽しそうなのでムックも参加!

翌朝、元気に学校にいく薫たち。

隼人のそばにいってあやまりました。

「隼人君

 ケガさせちゃって ごめんなさい。

 マルモが謝り方 教えてくれたから

 練習しただけだよ。」


女子ににらまれて
隼人もあやまった!

「笹倉さん

 からかって ごめんなさい。

 これも練習だけどね。」


そのあと友樹が

「仕方ないよ

 だって隼人君

 お姉ちゃんのこと好きなんでしょ?」

「マルモが言ってたよ。

 男は 好きな女の子を

 からかうもんだって。

 だから隼人君は

 お姉ちゃんのことが好きなんだよ。」


というもんだから
まわりにからかわれる隼人。

隼人の腕にもマルモのスタンプを
おす薫。

家族スタンプの上には

「ごめんね」のスタンプ。

隼人も薫もにっこり。

マルモは新商品を考え中。
耳かきのついたペンを開発?
鮫島に期待されました。

マルモとキャッチボールをしていると
そこへ隼人が。

隼人も強引にキャッチボールに
ひきずりこみました。

楽しく遊んでいると
笹倉さんがやってきました。

双子の母あゆみから
連絡があり、ふたりに会いたい
といっているとのこと。

マルモ、動揺・・。





毎回毎回ほんとうにかわいい子どもたち。
一週間の終わりに癒される〜。

愛菜ちゃんを無理に泣かせなくても
その言動だけでじゅうぶん泣かせるのに!!

マルモは女心わかってないというか
子ども心わかってないけど
独身子どもなしの男性なんて
あんなもんでは。

ケンカしてもまた仲直りして
ますます家族らしくなって
いってます。

いまさらお母さんいらないのにー。









高木 護  阿部サダヲ 
笹倉 薫  芦田愛菜 
笹倉友樹  鈴木福 
ムック(犬) 
畑中 彩  比嘉愛未
畑中陽介  世良公則
青島孝則  小柳友 
塩沢民子  千葉雅子 
尾崎凜花  外岡えりか(アイドリング!!!) 
牧村かな  滝沢沙織 
鮫島勇三  伊武雅刀 















2011.05.29 Sunday 22:34 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 青の祓魔師(エクソシスト) 第7話「友千鳥」 | main | ジャンプ25号感想 >>









「マルモのおきて」第6話
第6話「マルモの顔なんて見たくない」 
| またり、すばるくん。 | 2011/05/30 1:45 AM |
マルモのおきて 第6話 マルモの顔なんて見たくない
『マルモの顔なんて見たくない』 内容 護(阿部サダヲ)とキャッチボールをする薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福) そんななか、クラスメートの谷口隼人(貴島康成)が通りかかるのを見かける。 両親が忙しく、いつも独りぼっち。 一緒に遊ぼうと声をかけようとするが、そ
| レベル999のgoo部屋 | 2011/05/30 5:40 PM |