<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マルモのおきて 第7話「双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー」

第7話「双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー」



子どもたちにつきあって
公園にいたマルモは不審者と
間違われて交番につれていかれました。
幼児つれさりの容疑の男の似顔絵にそっくり・・!

身分証をみせてくれといわれ
もうすぐ双子の誕生日だと気付くマルモ。
その場のいきおいでおっきなケーキを買って
お祝いすると約束!!

何かほしいものがあるかときかれ
サンタさんに頼んだというふたり。
しかも何を頼んだかほかの人には
言っちゃダメとパパにいわれてるそうで・・。

マルモはムックをこっそりよんで
ふたりのほしいものをさぐることに。

こっそり 「ファイト オー」

会社でも、プレゼントに悩んでいると
洋服なんかどう?とすすめられますが
サイズは「風呂にいっしょにはいってるから」
とうっかりいってしまって
あせりまくり。

サンタさんへのお願いの話をきいて
サンタさんへの手紙を書いて
家の中の大事なところにしまってある
という話をききました。

ムックもなんとかききだそうとがんばりますが
ダメでした。

マルモは家に帰ってから
手紙をさがそうとしますが
みつからない。

会社でマルモが企画した
耳かきがでるボールペンも評判よし。

そして牧村さんをデートにさそうマルモ。

薫と友樹が帰宅する姿をみつめる女性。
友樹が自転車にぶつかりそうになって
転んでしまいおもわず飛び出す女性 あゆみ。

絆創膏をはってもらいお礼をいって
帰ろうとすると、ふたりにクッキーを
あげようとする女性。
だけど知らない人からもらっちゃダメだから
とことわりました。

「ごめんなさい。」

「いいのよ。

 ふたりとも とってもいい子たちね。」


二人の頬に手をあてるあゆみ。

「おばさん どっかであったことある?」

そこへ彩が声をかけてきて
二人はバイバイして帰ることに。

ゆっくりとふりむく薫。

薫たちのおじからふたりの母の話をきくマルモ。
育児ノイローゼみたいになって
あの子たちをおいてでていった母・・。

彩から昼間の話をきいて
二人の母親かもしれないというマルモ。
3歳で別れたから顔もおぼえてないし
母親は死んだときかされているらしい。

母親が自分たちをおいてでていったと
きいたら二人が傷つくんじゃないか
と心配します。

ごはんのあとに母のことをたずねてみると
やっぱり覚えていないとのこと。

誕生日にはタコさんウィンナーと
カニさんウィンナーをつくってと
いわれました。

ふたりが寝た後、また手紙さがし。
宝箱にもないし・・これかと思う
箱をみつけたらまた箱。

最後に靴下の中に発見!

「かしゃかしゃがほしいです。

     かおる

 ぷちぷちがほしいです。

     ともき」


よけいわからなくなった・・。

かしゃかしゃぷちぷちと
つぶやきながら歩いていたら
おまわりさんによびとめられました。

古畑マニアのおまわりさんが
暗号をとく!

アナグラム?たてよみ?

ダメダメでした・・。

ムックもふたりから
ほしいものをききますが
これまたかしゃかしゃぷちぷちと
言われるだけ。

彩がきいてもやっぱり内緒。

「ほしいのはママだったりして」

という言葉に
一瞬場の空気が緊張!
あわててフォローする陽介。

マルモは牧村さんとデート。

「す・・」

「すみそ」


月9の小松原さんか!!

でもがんばって交際を申し込みました。
牧村さんからOKをもらいますが

「でも俺 実は・・子持ち・・」

「子持ち? あっシシャモ!

 メニューにありましたよ。」


誤解された。

牧村さんとつきあうことになった
マルモはご機嫌で
ムックをだきしめますが
ムック超迷惑そうw

翌日も、一生懸命
ふたりのほしいものを聞き出そうと
がんばるマルモ。

「カシャカシャの答えは?」

とがんばるものの
友樹がトイレにいきたくなってアウト。

本屋で「一年生」をたちよみして
結局買う羽目になったり
おもちゃや女の子に声をかけて
あれこれ質問して
これこそ不審者・・^^;

仕事中、マルモに二人の母から
電話が・・!

「青木あゆみです。」

あゆみとあうマルモ。

「あの子たちにあったんですよね?」

合わせる顔がないのはわかってるけど
夫が亡くなったときいて
あいにいったらしい。

「気になるだけなら

 そっとしといてもらえませんか。

 引き取りたいとか

 そういうわけじゃないんですよね。

 母親は死んだことになってます。

 もうこの世には いないものとし

 てあの子たちも受け止めてるんです。」


「だったら 

 母親だなんて名乗りません。

 ただ あの子たちの近くで

 時々 顔 見ることさえできれば。」


「そういう中途半端な気持ちで

 会わないでくれって言ってるんです!

 俺の方こそ

 こんなこと言えた義理じゃないの

 分かってます。

 親戚でもないし

 血も つながってないし。

 でも 笹倉が・・

 笹倉がどんな気持ちで

 あの子たちを・・

 育てたかは知ってます。」


「ホントに

 申し訳なかったと思ってます。」

「俺に謝られても。

 謝るなら 笹倉に謝ってください。」

「謝っても謝りきれないと思ってます。」

子育てしていたころは
空回りしてしてしまって
このまま一緒にいたら
あの子たちまでダメにしてしまうんじゃないか
とおそろしくなって
逃げ出したというあゆみ。

「別れてからも ずっと

 あの子たちの顔が

 頭から離れませんでした。

 この4年間 

 後悔しなかった日はありません。」


夜、誕生会の準備をする3人。
いいかげんヒントくれない?
といってしまうマルモ。

かしゃかしゃぷちぷちとなぜ知ってるか
きかれてサンタさんから問い合わせが
あったと苦しい言い訳。

「オテガミ ヨミマシタヨ」

とか片言の真似が笑える!

だけど売ってないとか・・。
明日誕生日なのにまだきまらない。

陽介と彩がはげましてくれますが

「笹倉なら きっと

 あの子たちの欲しがってる物

 分かってあげてたはずなんです。

 笹倉が生きてたら

 手紙なんかなくたって。

 俺 やっぱりホントの親じゃないから。」


と落ち込むマルモを
さらにはげましてくれる陽介たち。

「まあ 血が つながってるか

 どうかよりも あの子たちのことを

 どれぐらい思いやってやれてるかって

 いう方が 大事だろ。」


マルモはアルバムをとりだしてきて
眺めます。

楽しそうな子どもたちの写真。

だけどアルバムの中に空白があって
そこからおちた写真は、母ととったもの。
パパがみせないようにしていたらしい。

さらにみつけた連絡帳。

保育園の先生との連絡帳。

「今日はママと遊んだ話を

 してくれました」

「イチゴをもらったのでかしゃかしゃと

  ぷちぷちで 

 お店やさんごっこをして遊んだと

 二人とも うれしそうでした」



かしゃかしゃとぷちぷち発見。


そして誕生日。
誕生日会のかざりつけが
きれいにできました。

帽子がバースデーケーキ型!!

マルモはいちごをかしゃかしゃぷちぷちで
八百屋に何かヒントがあるはずと
でかけていきました。
お客さんのかいものをみていて

「あ〜〜〜〜〜〜〜!!」

マルモひらめいた!

八百屋さんと花屋さんにもお願い。

陽介が大きな肉をやいてくれて
タコさんウィンナーもあって
そこへマルモも帰宅し
大喜びの子どもたちといっしょに
誕生会。

ハッピーバースデーをうたって
ケーキのローソクを消して・・。

お待ちかねのプレゼントは・・

自分でドラムロールw

包装紙とプチプチ。

ほんとにかしゃかしゃぷちぷち。

ふたりとも大喜びで
ありがとうとマルモにだきつきます。

そのとき、下にあゆみがたずねてきました。

ぷちぷちを床にしいて
その上をころがるぷちぷち天国!

薫はお店屋さんごっこで
さっそく包装紙をつかって嬉しそう。

そこへあゆみがきたと
下によばれるマルモ。

あの子たちと二度とあわないと
約束するので一つだけ
お願いをきいてもらえないかと
いうあゆみ。

ふたりへのプレゼントは
あゆみの作ったお菓子。

「ホントは 何かプレゼントをと

 思ったんですけど

 今のあの子たちに

 何がいいのか全然 分かんなくて。

 4年もたてば色々 変わるだろうし。

 でも お誕生日 祝ってあげたくて。」


プレゼントをあずかるマルモ。

「護さん。

 あの子たちを どうぞ

 よろしくお願いします。」


頭をさげて帰っていくあゆみ。
マルモは複雑な顔。

二階へあがると彩がふたりと
遊んでくれていました。

ふたりに、自分の友だちからの
プレゼントだといって
おかしをわたします。

「これ ぐりとぐらだ!」

「ぐりとぐらだよ!」

荷物の中から絵本をとりだして
マルモにみせる薫たち。

「ぼくらのなまえはぐりとぐら。

 このよでいちばんすきなのは

 おりょうりすること たべること」


絵本を暗唱するふたりをみながら
あゆみの言葉を思い出すマルモ。

マルモは外へ飛び出していきました。

あゆみをよびとめるマルモ。

「変わってなんかいないですよ!

 あの子たち 4年たっても

 全然かわってない。

 ぐっ 『ぐりとぐら』 大好きだし

 あのカステラだって大好物だし

 かしゃかしゃと ぷちぷちも大好きだし。

 一目・・一目 会っていったら。」


笑顔でうなづき
あゆみはふたりに会いに。

「カステラね すごく おいしかった。

 ねっ お姉ちゃん。」


「うん あのカステラね

 すごい大好きだったんだ。

 薫と友樹がね

 ずっと ちっちゃいころに

 食べてたんだよ。」


「うん。

 『ぐりとぐら』のカステラなんだよ。」


カステラの話をきいて
涙ぐむあゆみ。

「これからも

 いい子にして お勉強してね。」


「はい。」

「はい。」

「高木さんの言うこと よく聞いて。」

「うん。」

「あのね マルモはね すごいんだよ。

 サンタさんに お願いしたこと

 全部 分かっちゃうの。」


「うん 。薫と友樹が欲しかった

 かしゃかしゃと ぷちぷち

 いっぱいくれたの。」


「そう よかった。」

「ウ〜 マンボっていう

 お花が咲く おまじないも知ってるし

 キャッチボールもしてくれるんだ。」


「パパと約束してた

 ランドセルも買ってくれたの。

 ハートのマークは

マルモが付けてくれたんだよ。 ねっ。」


「うん僕

 おにぎりのなんだよ。」


さらに泣きだすあゆみ。

「おば・・ちゃん 悲しいの?」

「ううん 嬉しいの。

 おばちゃん そろそろ行かなくちゃ。

 元気でね 2人とも。」


「うん また会える?」

「遠くに行っちゃうから

 もう会えないかもしれない。」


「そうなんだ。」

「元気でね 薫ちゃん 友樹君。」

「うん おばちゃんもね。」

「さようなら」

「さようなら」

「さようなら」

それをみつめるマルモ。
彩は貰い泣き。

バイバイといつまでも子どもたちの声。

また部屋でみんなで乾杯。

今日のおきて

たんじょう日は

家族みんなでお祝いすること


「そう家族みんなでお祝いしたら

 お肉もケーキも

 もっとおいしくなるもんな」


「じゃ マルモの誕生日

 薫たちが お祝いしてあげるね。」


「えっ? うん そうか?」

「ムックのもね。」

ムックの誕生日は?

「ねえ マルモ

 8歳も 9歳も 10歳も

 ず〜っとお誕生日のお祝いしてね。」


「ああ。」

「約束だよ。」

「おう 約束だ。

 ずっと ずっと

 お前らのお誕生日 お祝いする。

 すんなって言われてもするからな。」


「うん。」 「うん。」

マルモもケーキを食べながら
泣きだした。

「おいしいとな

 涙がでるんだよ。」


泣いているマルモをからかうふたり。



実の母がでてきて
ひきとりたいという話になるのかと
心配してましたが、気の毒なくらい
自分をわきまえた人でした。
ほんとなら実の母と暮らすのはありだと
思うのですが、やっぱりこのまま
マルモといてほしいな〜という思いもあって。

顔もおぼえていないくらいなのに
母との思い出はしっかり記憶にきざまれていて
大好きだった絵本は今も暗唱できるくらい
きっと母が育児ノイローゼになるまえに
読んで聞かせてくれたんだよね。
(ぐりとぐらはおぼえやすいので
 私もいまだにそらで読めますが。)

二人の話をきいて思わず母をよびにいった
マルモ・・本当にマルモらしかった。
なんか血のつながりなくても
しっかり「パパ」だよ!

かしゃかしゃとぷちぷち・・
意外なものだったけど
あれはたしかに楽しい!



高木 護  阿部サダヲ 
笹倉 薫  芦田愛菜 
笹倉友樹  鈴木福 
ムック(犬) 
畑中 彩  比嘉愛未
畑中陽介  世良公則
青島孝則  小柳友 
塩沢民子  千葉雅子 
尾崎凜花  外岡えりか(アイドリング!!!) 
牧村かな  滝沢沙織 
鮫島勇三  伊武雅刀 

母・あゆみ  鶴田真由



うちにある「ぐりとぐら」は作者おふたりの
サイン入り(*^。^*)












2011.06.05 Sunday 22:46 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< 青の祓魔師(エクソシスト) 第8話「比(ここ)に病める者あり」 | main | ジャンプ26号感想 >>









「マルモのおきて」第7話
第7話「双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー」 
| またり、すばるくん。 | 2011/06/06 2:06 AM |
マルモのおきて 第7話 双子の実母、ついに現る!
『双子の実母、ついに現る!涙のお誕生日パーティー 内容 ひょんなことから今度の日曜日が、 薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)の誕生日だと知る護(阿部サダヲ) プレゼントをと考える護だったが、 サンタさんにお願いしたからと、言ってくれない2人。 ムックに尋ねて
| レベル999のgoo部屋 | 2011/06/06 5:52 PM |
マルモのおきて
マルモのおきて 日曜 21:00 フジテレビ 2011年4月24日〜  【キャスト】 高木護:阿部サダヲ 笹倉薫:芦田愛菜 笹倉友樹:鈴木福 ムック:ムック(ミニチュアシュナウザー) 畑中彩:比嘉愛未 真島孝則:小柳友 塩沢民子:千葉雅子 尾崎凛花:外
| ドラマQ | 2011/06/07 12:04 PM |
マルモのおきて・第7話
今回は、子どもたちのママが登場。 さあ、どうなったでしょう・・・。 . マルモ(
| 山吹色きなこ庵・きままにコラム | 2011/06/07 12:40 PM |
《マルモのおきて》☆07
マルモたち一家が、公園で遊んでいると、通報を受けた警官が飛んで来た。 幼児誘拐犯の似顔絵にそっくりだと言われた。身分証明書はと聞かれて、双子の保健省模出した。もうすぐ誕生日ですねと言われたが、マルモは全く見ていなかった。 今度の日曜日が、2人の誕生日と
| まぁ、お茶でも | 2011/06/08 11:10 PM |