<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ブルドクター 第4話

第4話



20歳の女性がクモ膜下出血で緊急搬送された。
その後、脳死判定を受け臓器移植をすることに。
同じ頃、バイクに乗った男がすれ違う女性に
ラリアットを食らわせ気絶させるという
危険な事件が連続発生。
実は、臓器移植を予定している女性も、
この事件の被害者かもしれないという。





脳死になった女性が心臓移植のドナーで
移植の相手は母。
だけどもし事件性があると思われたら
司法解剖にまわされて移植はできないという
たいへん難しいケース。

迷いに迷ったものの、事件性があると
思った知佳は見過ごせない。

「私が…事件性があると見なして

 司法解剖に回したばかりに

 紺野さんが 娘さんの心臓を

 適合している心臓を

 移植できなくて

 生きられなくなるかもしれない。

 その上 解剖の結果

 事件性なしだったなんてことになったら

 私 どうすればいいんですか!」


「警察官の仕事は 何?」

そう問う珠実はまんまと知佳を
足止めし、移植手術を行った後に
司法解剖をすることに成功。

「心臓がなくても私が 必ず解明する。

 くも膜下出血の原因が

 病気か打撲によるものか。

 だから どんなことをしてでも

 司法解剖の許可をとって。

 絶対に死因を究明する。

 私達なら できる。」


移植もして、事件も解明する、
さらに、心臓移植の後に司法解剖するために
裁判所への申請を故意にずらすことも千佳にさせず
その時間 知佳を足止めさせるという
お見事な手腕でした。

娘さんの心臓をもらった母親は
嬉しさも半分かもしれないけど
あの状況で考えうる限り
一番いい結果になったのではと
思います。

珠実からの

「良縁達成」



「監禁教唆」

でかえした知佳。
やっぱりいいコンビ。

美亜は母親から腎臓移植を
受けていたという過去がありましたが
父の状態のほうが今はやばいのでは。





2011.07.27 Wednesday 23:12 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 仮面ライダーW(ダブル) RETURNS 仮面ライダーエターナル【DVD】 | main | べるぜバブ 第27話「魔法少女と呼ばれて」 >>









ドラマ「ブルドクター」第4話感想「解剖v...
良縁達成-------------!!神社で偶然釜津田が遭遇した女性。彼女がその帰りに路上で倒れているのを発見してしまう。突然のクモ膜下出血。脳死判定を受けるのだが、彼女には臓器提供の...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/07/27 11:28 PM |
ドラマ「ブルドクター」 第4話 感想「解剖vs心臓移植!究極の選択」
良縁達成-------------!! 神社で偶然釜津田が遭遇した女性。 彼女がその帰りに路上で倒れているのを発見してしまう。 突然のクモ膜下出血。 脳死判定を受けるのだが、彼女には臓器提供の意思があった。 しかも彼女の母親は心臓移植を待っている。 外傷は
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/07/27 11:29 PM |
「ブルドクター」遺体の真実4珠美は命を救い口紅強奪事件も解決させ命の決断をした
「ブルドクター」第4話は珠実の家に康介が知佳を書道の友達として連れてきた事に驚くが、珠実の家族と知佳は食事を共にした。翌日知佳は神社で祈願をしたあとに若い女性が倒れて ...
| オールマイティにコメンテート | 2011/07/28 12:01 AM |
「ブルドクター」第4話
episode4「解剖vs心臓移植!究極の選択」  
| またり、すばるくん。 | 2011/07/28 10:18 AM |
ブルドクター (第4話 7/27) 感想
7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター (公式)』の第4話『解剖VS心臓移植!究極の選択』の感想。 やっと、「死因究明ヒューマンドラマ」になった! 第4話にして、やっと「死因究明ヒューマンドラマ」になったようだ。「死因究明」と言う共通項を持つ
| ディレクターの目線blog | 2011/07/28 11:02 AM |
ブルドクター 第4話
珠実(江角マキコ)の家に行った翌日、知佳(石原さとみ)は神社で倒れている 若い女性を見掛け、救急車を呼ぶ。 瑠璃(ゆき)というその女性は、くも膜下出血で脳死状態に陥る。 彼女はドナーカードを持っていて、心臓を親族優先で提供する意思表示をして いた。
| ぷち丸くんの日常日記 | 2011/07/28 3:01 PM |