<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

桜蘭高校ホスト部 エピソード1

エピソード1



桜蘭学院は、金持ちばかりが集まる超セレブ高校。
特待生として入学したハルヒは、ある日、
勉強場所を探して彷徨っているうちに
ホスト部に迷い込んでしまう。
豪華絢爛なホスト部の様子に圧倒されるハルヒ。
そしてうっかり飾り物の壷を割ってしまう。
その壷は、時価800万のものだった。
部長の環はハルヒに迫る。
「今日から君はホスト部の犬だ!」
ハルヒは、雑用係として酷使されることに!



「私立桜蘭学院

 ここは1に家柄 2にお金

 両家の御子息 御令嬢が通う

 日本有数の名門学院にございます。」



高級自家用車で送り迎えされる
お嬢様方の中、地味な格好
(なぜか男子の制服)のハルヒ。

放課後の図書館ですら静かな環境ではなく
ここの人たちとは深くかかわらず
3年間勉強だけに励むと誓います。

黒フードで不気味なオーラをだす
猫沢から、すれちがいざまに

「この先へいくと

 あなたの運命が

 かわるかもしれませんよ」


と予言をされました。

ハルヒは静かな環境を求めて
第三音楽室の扉をあけました。

しかしそこは・・きらびやかな空間。
高そうな壺も。

「いらっしゃいませ。

 桜蘭ホスト部へ ようこそ。」

「ホスト部とは

 暇をもてあます われわれ美男子6人が

 同じく暇な女子6人を

 もてなし 潤す

 華麗なる 遊戯集団なのだ。」


「あれ?つーか こいつ 

 うちのダサ岡じゃん。」


という光と馨。

でもホスト部は男も歓迎。

「気を悪くしないでくれたまえ

 特待生の藤岡ハルヒくん。」


世にもまれな特待生。
奨学金をもらっているのは
ずぶとい神経とか
貧乏万歳とか言いたい放題。

「だが 男色家だったとは

 意外だな。」


「男色家?!」

「どんなのがお好みかな?」

 クール系 鳳鏡夜

 禁断の双子系 常陸院光と馨

 ラブリー系 埴之塚光邦

 ワイルド系 銛之塚崇  


「それとも 王子系のこの俺

 にしてみる?」


とせまる須王環。

「自分はただ

 静かなところを 

 探してただけですから!」


と拒否した勢いで
あの高そうな壺をわってしまいました。

時価800万〜!

無理!

「藤岡くん。

 こういうことわざを御存じかな。

 郷にいったら郷に従え。

 金がなけりゃ 体で払え。

 今日から君は

 ホスト部の犬だ!」


『あんまりです。おかあさん。

 自分はわけのわからん軍団に

 捕まってしまいました。』


ホスト部の下僕なってしまったハルヒ。

「扉をあけると 

 そこでは ホスト部が
 
 華麗な遊戯を

 くりひろげておりました。」


環にうっとりする女子。
ウィンクに投げキッス。

「うるわしい〜〜。」

「どこが?」

部長の須王環 

 NO.1でホストキング


隣にいるのが綾小路姫。

さらに双子にうっとりの女子。

「女は美系同士のホモが好きだ。

 光と馨はそのうえ

 双子というこの上ない禁断度を

 武器にしたプレイが 売りなんだ。」


「わからない。」

そしてケーキを食べる姿も
ラブリーなハニー先輩と
その横に座るモリ先輩。

ハルヒをみるとハニー先輩が
とびついてきました。
それをひきはなしてつれていく
モリ先輩。

「今なんか 

 小さくなったような気が?!」


「ははは。なんのことかなあ?

 見間違いじゃないか?」


いやいやいや!

小さくなってました!!


モリ先輩は一言もしゃべらないけど
寡黙さが人気。

ハルヒが逃げようとしても
いろんな隠し撮り画像をみせて
ハルヒをおどす

副部長の鳳鏡夜。

悪魔の笑み。

ホスト部モットー三ヶ条 その一

 強く、家高く、麗しく!


ホスト部の心得をとこうとする環に
外見など関係なく中身が大事とハルヒがいうと
環が外見の大事さを語りだし・・

「ウザい」

というと環が壁にめりこんだ!!

ホスト部のみんなには感心されました。

そのときたのまれて買ってきた
インスタントコーヒーをみて
環が壁から復活。

「まさか お湯をそそぐだけで

 できるっていう

 庶民のあれか?!」


セレブのみなさんに
インスタントコーヒーは
たいへんめずらしかったらしい。

綾小路姫はハルヒを
よくおもっていないよう。

「庶民コーヒー実演大会」

「お湯をそそいで

 かきまぜて できあがりです。」


「おおお〜〜!」

ただのインスタントコーヒーが
イベントになっているww

インスタントコーヒーを躊躇する
女子生徒に

「飲めない人は 口移しだ。

 どうかな?」


「のみます!」「のみます!」


「帰りたい・・。」


静かなところで勉強したいと
思ったのにというハルヒ。
家では夜勤の父が寝ているため
できないし、母は10年前に病気で・・。

それをきいて

「なんてかわいそうな身の上なんだ。

 しかも 

 800万の借金まで背負って〜。」


と、おいおい泣きだす環。

「そうだ!いい方法がある。

 貧乏な生活から抜け出して

 借金を返す方法だ。

 手に職をつけるのだ。」

「ホストになれ。

 おれが 徹底的に指導してやろう。

 そうだな。君なら せいぜい100人。

 100人の指名客を集められたら

 800万円もチャラにしてやろう!」


『いやだ〜〜!』

さっそくはじまった環のホスト指導。

ホスト部モットー三ヶ条 その二

 あくなき研究こそが

 いい男へのしるべなり!


テクニック以前にビジュアルが
問題、とメガネをとったら
みんなびっくり。

髪型をかえ、仕立てやをよび
コンタクトレンズにすると

かわいい顔のホストが出来上がり!

つい「かわいい。」とつぶやく環。

「いや、すべて俺の計算通り

 明日から ホストデビューだ。」


イメチェんになったハルヒは
女子生徒にも大人気。

ホスト部でもさっそく女子にかこまれます。
電車通学も、お金の管理も
すべて感心してもらえ
母のエピソードも涙を誘います。

母の残してくれたレシピをみて
料理をつくるという話に
女子の人気もうなぎのぼり。

「天然だな。」

「テクいらず」

「もうひとりいるぞ。

 天然パワーにやられてるやつが。」


環もその天然ぶりにやられ
ハートが飛び出していました。

ハルヒに近づく猫沢。
暑そうだとフードをとると
悲鳴をあげて逃げていく猫沢。

猫沢は光が苦手だそうで
何か悪いことがおきなきゃいいが
と心配する先輩たち。

するとさっそくロッカーの鏡が
割れているのを発見。
かばんもなくなっていました。

ハルヒのかばんが水になげこまれていました。

「これって いじめってやつ?」

「誰かがあなたを呪っています〜。

 金欠の相も出ておりますよ。

 お気をつけください〜。」


といっていく猫沢。

そこへ近づいてきた綾小路姫は
ハルヒに敵意むき出し。

かばんはひろったものの財布は見つからず。
そこへやってきた環。

生活費1万円の入った財布がないと知り
上半身脱いでいっしょにさがしてくれる環。

水がしたたるいい男!

ほかのホスト部のみんなも
いっしょにさがしてくれました。

モリ先輩、魚つかまえてる!!

翌日、ハルヒを指名する綾小路姫。
環にかわいがられているハルヒに
嫉妬して、水をかけますが
ハルヒをかばった環にかかりました。

「水もしたたる いい男。」

かばんを捨てた画像もばっちり
とらえられていました。

「残念だけど

 うちの部員に手だすやつは 

 客じゃない。」


「環さまのバカ!
 
 こんな庶民かまって 何が楽しいわけ?

 生活費くらい弁償するわよ!

 それでいいんでしょ!」


と財布を投げつけていきました。
その財布をもってあとをおうハルヒ。

「何よ?たりない?

 いっとくけど

 あんたのひとつきぶんの何倍も・・」


「いえ そうではなく・・

 うけとれません。おかえしします。

 もともと 財布をちゃんと

 身につけていなかった

 自分が悪かったんです。

 それに・・

 たかが1万円でやりくりするのも

 自分はけっこう嫌いじゃないんです。」


ホスト部のみんなもでてきました。

「すっげえな ハルヒ。」

「おまえマゾなんじゃねえの?」

「ハルちゃん かっこいい」

「筋金入りの庶民・・だな。」

「よし きめた!

 来週は大々的に

 庶民コーヒー試飲会を開くぞ。

 ホスト部モットーその3だ ハルヒ。

 おもてなしの精神こそ

 ホスト部の真髄なり。

 そちらの姫も

 おまねきしてもかまわないだろう?」

 
「はい。」

綾小路姫からは
1年分の庶民コーヒーが
おわびとしてとどきました。

環、明け方までかかって
ハルヒの財布をみつけてくれたよう。

「ありがとうございます。」

その笑顔にやられて
財布をおとした殿。

財布の中の学生証だとハルヒは女。

「ハルヒ おまえ 女なのか?」

「はい。一応。」

「ああ そうか・・えええー?!」

知らなかったのは殿だけ。

「驚かせてすいません。

 別に 男に思われてるなんて

 それでもいいかと思ったんです。

 外見に興味ないし。

 でも 昨日の先輩は

 かっこよかったですよ。」


殿のハートに矢がささって

倒れた・・・。

「もしかして タマちゃん

 恋しちゃった?」


『天国のお母さん

 やっぱりここの人たちは

 わけがわかりません。』




ホスト部楽しそうー。
ぜひおもてなしされてみたいです。
ハルヒ、男装しても女子にしか
みえないかわいさ。

壁にめりこんだり
意味もなく上半身裸になる殿がおかしい〜!
インスタントコーヒーであんなにもりあがる
セレブ感覚もおかしい。
次も楽しみです(^^)





藤岡ハルヒ  川口春奈
須王環    山本裕典
鳳鏡夜 大東俊介
銛之塚崇   中村昌也
埴之塚光邦  千葉雄大
常陸院光   高木心平
常陸院馨   高木万平

猫澤梅人   竜星涼

東條千春   小川ももえ
西條夏樹   広村美つ美
南條秋奈   東亜優
倉賀野百華  清野菜名
桜塚希美子  nicola










2011.07.28 Thursday 14:37 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 月刊 flowers (フラワーズ) 2011年 09月号 | main | それでも、生きてゆく 第4話「明かされた真実…」 >>









桜蘭高校ホスト部 #01
エピソード1
| ぐ〜たらにっき | 2011/07/28 7:56 PM |
【桜蘭高校ホスト部】第1話
今期の「女子男装してイケメンの中に潜り込む」ドラマの中で、 キャスト発表の段階では1番の安心感・・・・ 「桜蘭高校ホスト部」(おうらんこうこうほすとくらぶ)です。 原作つきのドラマ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011/07/28 8:51 PM |