<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

桜蘭高校ホスト部 エピソード3

エピソード3



雨続きの日。

ハルヒはホスト部の部室へ急ぎます。

「扉をあけるとそこは

 南国美男の楽園でした。」


殿がアラブの王子みたいな格好して

他のみんなも南国コス。

ホスト部サマーパーティーに
むけて
準備がすすんでいるらしい。

ベストドレッサー賞の賞品はキス。

環の投げキスをいやそうに
手でかわすハルヒ・・。

しかしハルヒはホスト部を休みたいと
いいだしました。

この間の定期試験で首席から落ちてしまった
とのこと。

いきなりあらわれた猫澤からは
ホスト部は大殺界に突入している
と不吉な予言。

特待生の条件は首席キープ。
追試で挽回できなければ
ハルヒは退学!

殿からおまもりのくまちゃんを
おしつけられて拒否するハルヒが
追試まで部を休ませてほしいというと

ホスト部のみんながメガネを着用。

「どの先生を ご指名かな?」

メガネがきら〜ん!!

鏡夜は2年の首席 殿は次席

光は1年の5番 馨は4番

モリ先輩は3年の次席 ハニー先輩は首席


みんな家庭教師に立候補。

「さあ 選べ。」

とせまられ必死で辞退。

結局、城之内綾女が家庭教師をすることに。
鏡夜のクラスの副委員長。

ハルヒに拒否された殿は
またわかりやすくいじけていました。

だけど環のクマちゃんとシャーペンが
行方不明になったと騒ぐ殿。

うるさいので綾女から
きつ〜〜く注意されました。
台詞一気!!

「あの人 どこで息継ぎしてんだ?」

ききおわったみんなが
酸欠になるくらいに!

そのトークはまるで
モールス信号のよう。

「あだなはとりあえず きまりだな。」

「モールス女子」

お茶とメロンパンを差し入れ。

「メロンの味がしないことが

 涙をさそうが

 形だけでも高級感に

 浸りたいという

 庶民のいじらしい

 願いの結晶なんだよ。」


だけど綾女にまたバッサリ
きられて殿死亡・・。

「あの〜 環先輩に恨みでも・・?」

綾女は環を生理的にうけつけない?
環のことが大嫌いときいて
せっかく蘇生したのにまた倒れた。

環はクマちゃん捜索の
チラシを女子生徒にくばっていました。

そこへまたあらわれた猫澤。

「雨の呪いに

お気をつけください〜。」


環のチラシをひろった綾女。

環の手描きクマちゃんのイラスト
徹夜で200枚描いたと鏡夜から
きいて、チラシをグシャっとする綾女。

「どうして印刷という手を

 思いつかないのかしら!」


髪がメデューサのようにうねる!!

ハルヒの勉強を教える綾女が
この環境で首席をキープしてきた
なんてすごいというと

「あまり まわりを気にしたことが

 ないので」


というハルヒ。

「自分には 弁護士になるという

 目標があるので

 自分なりに できるところまで
 
 がんばりたいだけです。

 他の人とかは 関係なくないですか?」


「そりゃ・・そりゃ私だって

 できれば周囲に邪魔されたくないと

 思ってるわ。」


「環先輩と何かあったんですか?」

「あれは2年前

 中等部3年のことよ。」


鏡夜が委員長 綾女が副委員長のクラスに
転入してきた環。

「まっすぐで とてもきれいな髪だね。

 君の心も その髪のように

 まっすぐできれいなんだろうね。」


「一瞬でも 王子様みたい・・・

 だなんて思った私がバカだった。」


同じような言葉を他の女子生徒にも
次々ささやく殿をみて
キレる綾女。

この分だと 頭のできもたいしたことない
だろうと思ったのに
殿は綾女より上の学年2位。

きっと放課後は家に帰って
必死に勉強しているんだと思ったのに・・

「勉強どころかホスト部よ!

 あんなふざけた男

 絶対に認めたくないと思ったわ。

 あのときから

 私の嫌いなもの第一位になったの。」


だけど本当にそうなのかというハルヒ。
綾女の話だと、環のことを
よく観察しているようにみえると
いわれ、必死でいいわけ。

綾女たちの様子を
着ぐるみに入ってうかがう殿。
だけど話はきこえないらしい。

綾女が窓をあけると
風がふいて髪がゆれました。
そこへ近づいてきた双子。

「綾女姫 

 実はすっごいくせ毛でしょう」


と髪にさわられてキレた。

「よけいなお世話よ!

 どうせ私の髪はゆがんでるわよ!

 だから 雨なんて嫌いだって

 言ってるの!」


殿と目があいました。

「あなたのせいよ。

 あなたが勝手に間違えるから。

 おかげで まめに

 美容院にいかなきゃ
 
 ならなくなったんじゃない!

 あなたのせいで こっちは 

 なんだかいつも落ち着かないの。

 もういいかげんにしてよ!

 これ以上 人の気持ちまで

 ゆがませないで!」


興奮した勢いで
テーブルからおちた綾女の
ペンケースから環の
くまちゃんシャーペンが・・。

部屋からでていってしまう綾女。

「あの子 本当は
 
 タマちゃんのこと

 大好きなんだね。」


綾女のロッカーには環のクマちゃん。

ハルヒにみんながかまっている間
床におちていたクマちゃんを
拾ってきたらしい。

「大っきらいだって言ってんのよ!」

泣きながらクマをなげつける綾女。
さらになぐりつけます。

「なんであたしが こんなもの

 大事にしまっとかなきゃなんないのよ!

 どうせ どうせ

 おぼえてるわけないのに。」


初めてあったときに言われた言葉。

「誰にでも言ってるのに。」

「まっすぐで とてもきれいな髪だね。」

とそこへやってきた環。

「きっと 君の心も

 その髪のように

 とてもまっすぐなんだろう。

 ごめんね。

 でも ほんとにそう思ったんだ。」


「悪かったわね。

 どうせ 私は

 髪も心もゆがんで・・。

 だから 雨は嫌いなのよ!」


綾女の手を後ろから握る殿。

「こういうの知ってる?

 雨はきれい晴れるための

 準備期間なんだって。

 だから もし 今

 君の心が ひどく雨ふりでも

 それは とびっきり

 きれいになれるっていう

 合図なんだ。

 だから 君も 

 もっときれいになれる。」


「ほんとに?」

「うそだと思うなら

 今度のサマーパーティーに

 きてくれないか。

 その答えを おしえてあげる。」


そして当日。

「ホスト部サマーパーティーに

 ようこそ!」


ロングドレスを着た綾女。
髪はゆるやかなウェ〜ブ。

綾女のひざまづいて手をとる殿。

「ようこそ 綾女姫。

 雨の日にこそ 美しいお姫様。」


その手にキスをする殿。

綾女の髪型もみなに好評。

「雨降って 地固まる か」

「はい」

ダンスタイム。
楽しそうに踊る綾女と殿。

ベストドレッサー賞は綾女姫!

賞品は祝福のキス。

「キング・・」

「出番か」

「・・を変更しまして

 藤岡 ハルヒ!」


「えっ?!」

ハルヒ、前におしだされ

『まあ ほっぺならいっか』

とその気に。
追試も無事おわったようです。

「ハルちゃん 
 
 ファーストキスじゃないかな?」


という言葉に殿動揺!

「そのキス!待ったぁ〜!」

ととびだしておしたおかげで
ほんとにくちびるに
キスしてしまった・・!

「きいてくれ!

 おとうさんは

 おまえのファーストキスを守ろうと!」


「おかげさまで
 
 今のがファーストキスでした。」


ハルヒの冷たい目!!

殿が阻止したかったのは
自分がキスしたかったキス魔だからと
いう声をきいたハルヒに

「変態!」

とさけばれまたまたとんでいきました!!





綾女、好きになって
勝手に暴れてるようにしか
みえなかったけど
そういう人にもやさしいホスト部。
というか殿の態度。
一対一であれやられたら
好きなのかも?と思ってしまうでしょー!

南国王子たち、あのかっこうで
おもてなししてるところも
みたかったw



藤岡ハルヒ  川口春奈
須王環    山本裕典
鳳鏡夜 大東俊介
銛之塚崇   中村昌也
埴之塚光邦  千葉雄大
常陸院光   高木心平
常陸院馨   高木万平

猫澤梅人   竜星涼

東條千春   小川ももえ
西條夏樹   広村美つ美
南條秋奈   東亜優
倉賀野百華  清野菜名
桜塚希美子  nicola










2011.08.11 Thursday 11:12 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< Betsucomi (ベツコミ) 2011年 09月号 | main | 海街diary 4巻 >>









【ドラマ版】桜蘭高校ホスト部 episode.3
桜蘭高校ホスト部の第3話を見ました。 【送料無料選択可!】桜蘭高校ホスト部 BD-BOX [Blu-ray] / アニメ価格:22,260円(税込、送料別) episode.3 「何ですか?その格好は」 「雨で鬱陶しいこんな日...
| MAGI☆の日記 | 2011/08/12 6:22 AM |