<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

私が恋愛できない理由 第3話「恋に臆病!?こわい!?枯れ女達に大波乱!?」

第3話「恋に臆病!?こわい!?枯れ女達に大波乱!?」



木崎(中村竜)から“重い女”と言われた
真子(大島優子)は、彼を振り向かせるため
“軽やかな女”になろうと決意。
一方、恵美(香里奈)は優(田中圭)と一緒に
ハロウィーン・パーティーに使う
カボチャ狩りに出掛け、楽しい1日を過ごす。
帰り際、優が結婚のことでひかり(倉科カナ)と
擦れ違っていると知った恵美は、彼への気持ちを
隠したまま彼を励ます。そのころ、
咲(吉高由里子)は拓海(萩原聖人)への
思いを募らせていた。



優の彼女のひかりがお見合いをしているのを
目撃してしまった恵美。

職場へいくとハロウィンの準備で
かぼちゃをくりぬいているみんな。

仕事中に携帯を気にする咲は
店長から注意をされました。

恵美にはまた母から電話で
彼氏もいないんだからと
お見合いをすすめられました。
さっさと断る恵美。
もう一回かかってきた電話は
優からで、かぼちゃ狩りに誘われました。

美鈴は産婦人科で検診。
特に異常はないようですが
セックスレス夫婦?

優にあいにいった恵美は
ペアルックのように
服がかぶってました。

雑誌で「軽やかな女になる」特集を
みている真子。
重い女は卒業すると決心。

拓海のアドレスが気になる咲。

そこへ採用試験の結果の電話がきて
役員面接の連絡。

喜んだ真子は報告だもん、と
理由をつけて拓海に電話。

拓海のいる家に帰ってきた美鈴。
家を建てるのも自分の名義で
ローンを組めばいいという言葉に
拓海はなにかひっかかる・・。
さらに子どもが欲しいといいだす美鈴。
前は子どもはいらないといったのに
リミットが近づいてきたら
考えがかわったらしい。

「俺って なんなんだろうな」

と部屋からでていってしまう拓海。
自室で携帯をみると咲からの
留守電がはいっていました。

かぼちゃ狩りにきた優と恵美。

「昔の恋をリセットするには?」

咲は実家に戻り面接にうかったことを
仏壇の父に報告。

そしてお金を母に渡します。
出版社につとめて高給取りということに
なっているまま。

かぼちゃ狩りのふたりは
仲も良くおじさんに彼女と
間違われました。

「でも似合ってるよ

 そのペアルック」


ほんとはひかりとくるはずだったけど
急に風邪をひいたとかでキャンセル。

医者のあととりがほしいひかりの親には
優はあまりよく
思われていないらしい。

真子の妹が突然たずねてきて
泊るようですが姉のお小言に
顔つきがまじめ。

帰ってきた優と恵美。
そこへひかりがたずねてきて
恵美といっしょにいったことが
ショックらしい。
優が親とあってくれなかったり
二人の仲をみんなに秘密にしたりするので
本当に私のこと好き?というひかり。

ひかりは帰ってしまい
とまどう優をはげます恵美。

仕事の打ち合わせがおわっても
「おつかれ」と他人行儀な拓海。

優とひかりはなんかぎくしゃく。

軽い女チェックをする真子。
他の男性とも仲良くする・・
というのをみたあとに
他の男子社員に声をかけられました。

職場のみんなで食事をしながら
拓海と美鈴が夫婦にみえないという話しから
結婚の話に・・。
指輪を外では外す田村。
結婚指輪が輝いて見えるのは
最初だけとか・・。

するとその場でひかりの手をとって

「俺たち 結婚することにしました」

と宣言する優。
ひかりは嬉しくて泣き
笑顔をつくる恵美。

拓海に電話する咲。

「おめでとう」

といわれ、会う約束をとりつけました。
拓海が車を出そうとしているところに
美鈴がきて話をしたいといわれますが
それを断っていく拓海。

ハロウィンイベントの準備をしているところへ
美鈴がたずねてきました。

拓海の車に乗り込む咲。

恵美といっしょにやってきた美鈴。
迎えた真子が挨拶。

拓海と咲は卓球をしにいき
恵美と咲と美鈴はいっしょに食事。

咲の料理をほめてくれるふたり。

女子会みたいでいいといわれると
夫婦の食卓もうらやましいという真子。

そのあと夫とのなれそめを話す美鈴。
自分がチーフをまかされたところに
バイトできた夫と知り合い
話があうなと思って・・。

そのころと今はまた別。
恋と結婚は別、好きなだけじゃダメ。

これから先出会いがあるかなあという
恵美に、出会おうとしていないんじゃないか
という美鈴は
シンデレラの話をしてくれました。

「シンデレラが どうして 王子さまに

 声を掛けてもらえたか 知ってる?

 男ってね まず動きに 引き付けられるの。

 例えば 足を組み直すとか耳に 髪を かけるとか。

 シンデレラは12時が 気になって

 しょっちゅう 時計を見ていた。

 だから 下を向いてかしこまっていた姉たちを

 差し置いて王子さまと 視線を合わせて

 にっこり ほほ笑むことができた。」

「何もしないで 出会いがない

 恋ができないなんて

 言ってるだけじゃ

 カボチャと 一緒。

 畑に転がってるだけで
 
 一生シンデレラには

 なれないってこと。」


真子からはいつものチェーさんの
言葉も。

「男と交際しない女は

 少しずつ 色あせる」


家のそばまでおくってもらった咲。
玄関からでてきた美鈴。

お互い気づかず!!

咲も美鈴に挨拶し
美鈴は帰っていきました。

仕事場で、恵美にお礼をいう優。
ひかりからもいっしょにお昼にと
さそわれました。
ひかりはご機嫌。

ひかりに、この間目撃したお見合いの
ことをたずねる恵美。

最近父の体調があまりよくなくて
将来のことが不安になっていて
会うだけでもいいからといわれ
お見合いしたとのこと。

優がちっとも結婚の話をすすめて
くれないからあせってたのもあったけど
昨日優がちゃんといってくれたことで
お見合いは断るというひかり。

咲は面接ダメだったようで
祈られてしまいました。

仕事場で、美鈴のほうが上というのを
みせつけられて嫌そうな拓海。

真子は男性社員にさそわれますが
ことわりました。

ハロウィンイベントで仕事中の恵美たち。
下へおりていくとカップルばっかり・・。

シンデレラのガラスの靴に目がいく恵美。

武居に話しかけられました。

「どうも こういった場所は

 立ち位置が 分からなくって。

 何か 緊張しちゃうんですよね。」

「ああ。 私もです。

 シンデレラも

  舞踏会で緊張したんですかね?」

「えっ?

 あっ。 ああ。 うーん。

 緊張したんじゃないですかねぇやっぱ。」

「そうですよね。

 緊張したら 周りのみんなを

 畑のカボチャだと 思えって

 高校の先輩に よく言われたなぁ。」

「それ 自分も 言われました。

 結婚式の スピーチんとき。」

姉の職場にやってきたけど
もう真子は退社したあとで
ふられた桃子は
そこで出会った木崎に
あからさまに誘いをかける・・・。

美鈴は拓海の忘れ物の
ペン(咲の)をわたされびっくり・・。

咲と拓海はまたあの場所であいました。
卓球をしたので筋肉痛になったらしい。
面接がダメだった咲は弱気。

「時々ね 逃げ出したくなるの。

 友達とか 家族とか
 
 いろんなことから 全部。」


「逃げてもいいんじゃないかな。

 そういうこと あるよ」


拓海にキスする咲。

「ごめん」

「なんでそっちがあやまるの?」

「オレ 結婚してる。」

「なんだ〜もう。 結婚してるんだ。

 ハハッ。

 まあ もともと そういうつもりで

 会ってたわけじゃないしさ。

 あっ。 ただの 暇つぶしだよ。

 やだ。 本気にしちゃった?フフフフ。

 ハァー。

 じゃあ これでおしまいってことで。

 貸して。なかったことに するから。」

といいながらやはりショックそう。

携帯のアドレスを削除する咲。
拓海のぶんも・・。

「ハァー

 帰ろう。

 明日はきっと雨だよ。」

真子に桃子から電話。
木崎とホテルいっちゃってた。

イベントの片付けをする恵美たち。
落し物をみつけました。
武居の財布。

「なんか まつりのあとって

 かんじですね」

「ですねえ。」

鐘がなりました。

「終電 大丈夫ですか?」

「えっ?俺 シンデレラじゃないんで。」

「フフフフ。」

「そちらこそ大丈夫なんですか?」

「あ私も シンデレラじゃないんで。

 まあ どちらかというと

 畑のカボチャってとこですかね。」

「カボチャですか?」

「はい。

 私が 履いてんのは

 ガラスの靴じゃないし。」


「いいじゃないですか カボチャ。」


「えっ?」

「自分は 好きです。」

「出会いがない、というけれど

 出会った事に気づいてないだけかもしれない

 見過ごしがちなその瞬間を、

『恋の始まり』だと気付けるかどうか・・」


木崎といっしょに帰ってきた妹を
目撃する真子。

恵美と武居。

「好きです。かぼちゃうまいし。

 あれ?何か おかしかったですか?」

「いやいや。 そうですよね。

 おいしいですもんね カボチャ。」



なんかまったりと進行・・
恵美と優はお似合いすぎたけど
むこうがひかりのことを好きなら
武居さんでいいじゃん。
咲は好きな相手は既婚者だけど
あの夫婦はすでに亀裂はいってて
今さら愛が再燃しそうにもみえないし
離婚してつきあえばいいじゃん。
(美鈴さんはきれいだし
 年下のイケメンがあらわれるという設定で)
真子は木崎のどこがいいんだか
さっぱりわからないので
話もあいそうな弁当男子の山本さんでいいじゃん。

とドラマの流れ
(優と恵美が最後にくっつくのかなあ?)
を無視して思った今日の展開でした。

真子の妹は姉とは似ても似つかないですね。

シンデレラの話は美鈴さんの話とは
違うけど同意。
ディズニーのシンデレラをみたとき
シンデレラに靴をはかせまいとする
意地悪姉にめげず
「私にもはく権利があるはずよ」と
お城の使いに進み出ていたのをみて
さすが欧米女子!と感心したのを
思い出しました。
待ってるだけじゃダメなのね、やはり。





藤井恵美  香里奈
小倉 咲  吉高由里子
半沢真子  大島優子
白石美鈴  稲森いずみ
長谷川優  田中 圭
高橋健太  中尾明慶
田村淳一  勝村政信
木崎俊哉  中村 竜






2011.10.31 Monday 22:22 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< 7人のシェイクスピア 5巻 | main | ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜 第17話 >>









ドラマ「私が恋愛できない理由」第3話感想...
新しい出会い----------------!!お見合いをしているひかりを目撃してしまった恵美。何も知らないであろうそれを優には言い出せない。でも、優は相変わらず恵美を女扱いはしていないよ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/10/31 11:35 PM |
ドラマ「私が恋愛できない理由」 第3話 感想「恋に臆病!?こわい!?枯れ女達に大波乱!?」
新しい出会い----------------!! お見合いをしているひかりを目撃してしまった恵美。 何も知らないであろうそれを優には言い出せない。 でも、優は相変わらず恵美を女扱いはしていないよう。 服の趣味も全部同じなのに、自分は彼女にはなれないのだ・・・。
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/10/31 11:35 PM |
私が恋愛できない理由 #03
『恋に臆病!?こわい!?枯れ女達に大波乱!?』
| ぐ〜たらにっき | 2011/11/01 12:10 AM |
私が恋愛できない理由 (第3話 10/31) 感想
10/17からフジで始まったドラマ『私が恋愛できない理由』(公式)の第3話『恋は傷つくから嫌!? 枯れ女達の大逆転!?』の感想。 美鈴に「恋の指南役」なら、3人と分離しないとダメ! 前回レビューで...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2011/11/01 8:47 AM |
月9「私が恋愛できない理由」第3話〜吉高「明日はきっと雨だよ。」
月9「私が恋愛できない理由」第3話 狙って複数のエピソードを複線で進すすめつつ、もつれさせたり交差させたりしてる様子だけど、欲張り過ぎじゃないのかな? こま切れシーンの連続で、なんか落ち着かないわ。 −◆− 順不同で・・・。 夜景がキレイな海辺で
| 世事熟視〜コソダチP | 2011/11/01 12:11 PM |
私が恋愛できない理由 - 香里奈 吉高由里子 大島優子
私が恋愛できない理由 月曜 21:00 フジテレビ 2011年10月17日スタート [キャスト] 香里奈 吉高由里子 大島優子(AKB48) 田中圭 倉科カナ 中尾明慶 加賀美セイラ 中村竜剛力彩芽 勝村政信 萩原聖人 稲...
| 新ドラマQ | 2011/11/01 1:49 PM |
私が恋愛できない理由 第3話:恋に臆病!?こわい!?枯れ女達に大波乱!?
信じられん!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ… ほぼ初対面、しかも姉の職場の人の前で「あ〜お腹すいた」とご飯をおごってほしいのが 見え見えな態度をするだけでも失礼なのに、その後ホテルまで行ったらしい桃子。 んで、その誘いに乗る木崎も木崎や〜 これまた今、
| あるがまま・・・ | 2011/11/01 4:15 PM |